★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 696.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
男性器は女性器を出発点としてつくられる 男の本質はそもそもは女である!
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/696.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2019 年 1 月 28 日 08:06:19: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

我々の性は受精した精子がY染色体を持っていた場合は男。
X染色体を持っていた場合は女になる。

卵子側X染色体のみ

精子側X染色体と
Y染色体の二種類

受精卵がXXなら女(Xの染色体を持つ精子が受精)
受精卵がXYなら男(Yの染色体を持つ精子が受精)

しかし、
受精直後にその受精卵が男女どちらかの
顕著な性の特徴を持った受精卵として振舞うのか?
といえば、決してそうではない。

おおよそ、
受精後7週くらいまでの胎児の生殖器の構造は
男子も女子も大雑把に言えば、
未発達の女性器の構造をしている。

この時点では男になる予定のXY染色体の胎児にも
立派な女性の証であるワレメがある。
(男の黎明期にワレメがあった証拠は後で示す)

※この時期の胎児を通常は胎児とは呼ばないが
論文ではないので胎児と書かせていただく

さらに胎生7週を超えた辺りから、
Y染色体にあるSRY遺伝子が
作用して未発達の性腺を精巣に「改造」すべく働きかける。

一方、
女の胎児の方における未発達の性腺は
Y染色体由来のSRY遺伝子の影響下に晒されないので、
なにもせずともそのままの「成り行きまかせ」で
卵巣になるようにプログラムされている。
この「成り行きまかせ」で
未発達の性腺が卵巣になるというところがキモである。

SRY遺伝子により、
性腺が精巣になると
精巣から男性ホルモンの分泌が始まり
じわじわと男性器(ペニスや睾丸等)が作られる。

男性ホルモンは
ステロイドホルモンだから
細胞内の核に作用し
遺伝子を起動させて
男性器を作る。

男の胎児の性器も結局は、
未発達の女性器からスタートするから
女性特有のワレメをどうにかしないと
男になれないのである。

※男になるには初期設定の女性器を
抜本的に改造し男性器にしなければならないのである。

具体的には
その最初からある「ワレメ」を
「縫合(縫い合わせ)」し閉じる必要がある。
この女のシンボルである「ワレメ」があると
決して男とは言えないだろう。

※女の胎児は既にある
そのワレメをそのまま改造する必要なく
そのまま使えばいい。
ワレメの内部の下腹部空間に勃起した男根を
受け入れその男根を思う存分膣内で暴れさせ
快感の絶頂時に
ペニスから勢いよく射精させ
精子を受け取る(膣、子宮、卵巣などの)為の
女性器を成り行き任せで
作ることができる。

さらに、女性器はその「ワレメ」をそのまま
「大陰唇」と「小陰唇」に例によって
「成り行きまかせ」で成長させるだけでいい。
女は女性器を作るのは極めて楽でいい。
「成り行き任せ」で女性器が完成するのだ。

そもそも、人間の本質は女だから
人間がそのまま成長すれば女になるのである。

一方、男には最初からベースになっている
女性器を改造して無理やり
男性器に改造し作り変える
手間と負担が待っている。
男の胎児の7週目くらいの時点では、
未発達のベースになる女性器に「クリトリス」ようなものがあるが、
このクリトリスが男性ホルモンの作用により
巨大化してその内部に尿道を通し「ペニス」になる。

立派な男らしいペニスを作るには、
クリトリスを巨大化させて、
海綿体をペニス内部に構築し
最後にワレメを縫合する必要がある。

女性器のワレメである「小陰唇」を縫合し
クリトリスを巨大化させ
内部に尿道を通し
海綿体を内包させたものがペニスなのである。

クリトリスとワレメ(小陰唇)と海綿体から作られるのが
ペニスということである。

その証拠も確認できる。
それは、
ペニスの裏側に見える見事な縫合の跡である。
それは小陰唇(ワレメ)が
神によって縫い合わされた名誉の縫合痕である。

神は
「男がそもそも女であったこと」
そして
「男は女から作られること、
女を改造して創られること
そして生物はそもそも
無性生殖の時代からメスであり。
そのメスが有性生殖を行う目的の為に
メスを改造してオスを創ったこと」

※生殖とは英語やフランス語では「再生産(reproduction)」と表記する。
簡単に言えば、細胞が分裂してひとつの細胞が二つになることが「再生産」であり生殖の
基本概念である。(無性生殖)。

※わが国では雌雄の交わりによる新しい子孫の創造を生殖と表現し、生殖と言えば有性生殖をイメージすることが多い。有性生殖も無性生殖も広い意味では「再生産」というカテゴリーになる。

※ミジンコなどは、通常は「無性生殖」を行うが、環境が悪化するとオスを産み、そのオスと交尾して「有性生殖」を行う。
わかりやすく言えば、ミジンコの本質はメスであり、環境が悪化するとオスを産み、そのオスとセックスして子どもを作るのである。ミジンコはある意味、生命を自由に操る神だろう。

話をもとに戻す。
神は
ペニスはワレメとクリトリスから作られるという証拠を
わざわざ我々に証拠として残してくれたのである。

誰しも幼い頃からペニスの裏側を見て
「誰がオレのペニスを縫い合わせてくれたんだろう?」
と不思議に思ったに違いない。

私なりの神が創られしその神話物語のレトリックは
以下のようになる。


男が女であった時代には、
男にも立派なワレメがあったのだ。

男が女だった時代に、
小陰唇というワレメを男も携えていたが、
ある日、神はやむなく、
小陰唇を縫合して男になる改造を女にしたのである。

なぜ神は女を改造して
女から男を創ったのか?
答えは簡単だ。

女だけの世界だと
新たな生命を神が創ることになる。
(ヒトはミジンコのように神になれなかったのである)

ようするにこれだと

神が多忙になる
神の手を煩わせないようにするには、
神が人間を創造するのではなく
人間が人間を生み出す術を会得させる必要があったのである。

すなわち
人間同士で人間を創造する必要があるのである。

そうなれば神は忙しくなくなる。

その為には
人間の半分を女から男に
改造する必要がある。

その為に神は

女と男にセックスを与え、
そのセックスに究極の快感を付加したのである。
なぜなら、
そもそも怠惰な人間には
究極の快感というニンジンをセックスという生殖活動に付けてあげないと
人間は生殖活動を積極的に行わないに違いないと
神は最初からわかっていたのである。

その手始めに、
神は女達の前で、
一人の大柄な女を捕まえ
クリトリスをペニスに改造し、
卵巣を体外に下ろし、
大陰唇で袋詰めして、
睾丸に改造し、
睾丸で精子を作れるようにした。

そして、女から男に改造された女に対し、
「お前は今日から男である!」
「好きな女を捕まえ、
その女の膣にいきり立つお前の勃起した
ペニスを挿入し
女の膣の中でそれを
激しく暴れさせ
究極の快感が訪れた時に
思いっきり女の膣内で
お前の精子を射精して
その女を孕ませよ!」

こうやって、
神は自らの仕事であった
人間の創造をやめ、
女ばかりだった人間社会にその女達を改造して男達を作り、
セックスという快感を与え、
女と男に人間創りを委ねたのである。

さて、私の神話はさておき

そのペニスの裏側は小陰唇を縫合したものだから、
セックスのときに女性に舐められるとひじょうに気持ちがいい。

あたりまえだが、
女性の左右両方の小陰唇をひとつに縫い合わせたわけであるから、
男も女も小陰唇や小陰唇を縫合したペニスの裏側は気持ちがいいのである。

女の性器はワレメを排尿と生殖の出入り口(尿、ペニス、精子、血液、胎児)
にして内部に膣、子宮、卵巣などセックスと生殖に関わる小宇宙を構築させたものである。

一方、男はペニスと睾丸を外部に露出させ、
内部には何もない。

ひたすら精子をコンスタントに作り
ひたすらコンスタントにできうる限り射精したがる
決して枯渇しない欲望を創造した。

ひたすら射精したがる枯渇しないこの欲望のことを
我々は性欲と言うのである。

さて、女を改造して作られた男の問題点を考えてみよう。

男女の性器のベースが未発達の女性器をベースにスタートしているのであるから、
その時点で男は既に負荷や負担を強いられ女より圧倒的に不利である。
女性器を男性器に改造するのに、
SRY遺伝子や大量の男性ホルモンが必要になり、
それらで男性器をいちから作ることに関して

その同化エネルギーは甚大なものになる。
男の胎児にとったら男性性器の創造は人生最初の大事業になるのである。

この間、
胎児は成人男性と同じくらいの男性ホルモンを浴びることになる。
性器以外の脳にも大量の男性ホルモンシャワーが浴びせられ
男性脳を創造する。

一方、女性の胎児の方はといえば、
SRY遺伝子の作用がない
さらに、
大量の男性ホルモンのシャワーを受けるわけでもなく、
ごく微量の女性ホルモンを申し訳程度に浴びるくらいで
女性器を作るために遺伝子の影響や
大量のステロイド系のホルモンの影響に晒されず、
脳にステロイドホルモンのシャワーは浴びることはない。
まさに、
プログラムどおり、
ゆっくり牧歌的に未発達の女性器をベースに
子宮、卵巣、膣などを作り上げるだけでいいのである。
ワレメはそのまま小陰唇と大陰唇になり
クリトリスもそのままでいいのだ。

女性をベースに性は創造されたので
女性はひじょうに手間がかからず有利である。
「成り行き任せ」で立派な女性が誕生するのである。

まさに、
男は生(受精した時)を受けた時から
改造された性として神から
大きな負荷や負担がかかるように
プログラムされているのである。

女の胎児は、
男のように体外に飛び出たペニスや睾丸を
作るわけではないので、
胎児の時期の負担や負荷はほとんどかからない。

生まれてくる男の胎児に問題があったり、
死産だったり、
男児がひ弱だったりすることが圧倒的に多いが、
性分化によるSRY遺伝子の影響と
大量の男性ホルモンのシャワーによる影響で
生命として生物として大きな負荷と負担が
胎児の時期に母体内で
かかっていることが大きな原因である。

これは、出産後も続く。
出産直後にも
大量の男性ホルモンのシャワーが待っているのだ。

男の子は育てにくく、
扱いにくいが
女の子は育てやすく扱いやすい。
女の子は、
成長に優れ、
言葉の習得や認知能力が高いのは、
女子の胎児期の性分化に
ほとんど負荷がかからないことが大きな原因なのである。

私も娘がいるが乳児さんの時、幼児さんの時と、
ひじょうに手がかからず、
楽であった。

繰り返すが、
男は女を改造して作られた改造人間である。
女になり損ねた人間が男ということである。
改造にはそれなりの痛みやダメージやストレスや不利が内包されている。
成人するまで女子の方が成長や成熟が早く、
ませているのはこの為である。

さらに、
世界中どこに行っても女性の方が寿命が長く、
癌の発症率が男より女の方が少ないのも
SRY遺伝子と男性ホルモンが大きく影響している。
同年代でも女性の方が肌が綺麗で若々しいのもこの為である。

人間の本質は女である。

有性生殖がスタートしたので仕方なく
Y染色体を利用して
メス(XX)がオス(XY)を創造したのである。

男で何か、
問題が発生すると簡単に女性化して女に戻ろうとするが
これも人間の本質が女であり、
男が女の改造人間だという証拠である。

男の場合、去勢したり、
去勢せずとも女性ホルモンを投与するだけで、
(妊娠や出産はできないが)、
たちまち女に戻ることが可能である。

おっぱいも大きくなるし
声も高くなる
お尻も大きくなって
色も白くなり
肌も綺麗になる。

男がニューハーフになったり、
完全性転換して女になるのは
人間の本質がそもそも女だからそんなに難しくはない。


ニューハーフや女に完全性転換した男達は
通常の女性より時として女っぽくもあり
美人である。

あなたの奥様より
ほとんどの場合、
美人ではないだろうか?(笑)

世界的に
女になりたがる男は後を断たないのも
もともとの女に戻りたい強烈なベクトルが働いているからである。
(先祖がえり)

たとえば、
本人が女になりたいと思っていなくても
男は肥満すると、
簡単に女性化が進む。
なぜなら、
男が
肥満した場合、
その脂肪が結果的に女性ホルモン合成に繫がり、
体内に大量の女性ホルモンを分泌させることになるのである。
肥満すれば肥満するほどその肥満男子の女性化が進む。

肥満した男子は女性化が進むから、
肥満タイプの男のペニスは収縮してどんどん小さくなる。

肥満している男が巨根というのはまずありえないし、
肥満するとほとんどの場合、男の性欲は低下する。

肥満している男と肥満している女を
全裸にして並べてみてみると
どっちも女に見えてくる。

そもそも女性ホルモンは肥満を促進する。


一方、
女の場合はそう簡単に男になることはできない。

そもの人間のベースの性が女だから、
その女が、男になりたいといっても、
女に戻る強烈な重力やベクトルが強く働いている。

男は簡単に女になれるが、
女は簡単に男にはなれないのである。


やはり、男になりたい女性は、
神に手紙を書いて、
神の手で
クリトリスを巨大化させ
クリトリスに尿道を導き
そこに海綿体を内包させ
ペニスを小陰唇を縫合して包み込み
ワレメを閉じ
勇ましいペニスを作ってもらうしかないだろう。

そして不要になった


膣と子宮を閉鎖し
卵巣を精巣に変換して、
体外に下ろし大陰唇で
精巣を包み込んでもらうしかないだろう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. BRIAN ENO[1201] QlJJQU4gRU5P 2019年1月28日 10:41:09 : KYFDWqdXuQ : tTvR5lxFwPQ[5] 報告
男性ホルモンも女性ホルモンも
ステロイド由来のホルモンで
細胞の核内に受容体があり
遺伝子の発現に作用する。

ステロイドホルモンは
作用後に必ず活性酸素を発生させ
細胞に炎症を引き起こす。

さらに、活性酸素は
変異原として
DNAに損傷を与え
癌発生の原因になる。

活性酸素が陽性の線虫と
活性酸素が陰性の線虫の寿命は
大幅に違う。

活性酸素陰性のほうが
活性酸素要請より二倍の寿命を謳歌可能である。

男の寿命が女より
世界中どこに行っても
短いのは性ホルモンシャワーの絶対量が
多いからである。


2. BRIAN ENO[1203] QlJJQU4gRU5P 2019年1月28日 12:09:20 : KYFDWqdXuQ : tTvR5lxFwPQ[7] 報告

訂正

>活性酸素陰性のほうが
活性酸素要請より二倍の寿命を謳歌可能である。

正しくは、

活性酸素陰性のほうが
活性酸素陽性より二倍の寿命を謳歌可能である。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ