★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 708.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
勧善懲悪と毒は毒で持って制す 海外ドラマに見る犯罪捜査のあり方の変化
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/708.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2019 年 2 月 14 日 15:26:09: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

日本では、「水戸黄門」はじめ、
様々な勧善懲悪のドラマがある。

海外に目を向けると
勧善懲悪の世界観が時代遅れになりつつあることを
ひしひしと感じる。

ゲーム・オブ・スローンズも
シーズン7までは、勧善懲悪ではない。

そして、既に紹介したブラックリストも


FBIがレイモンドという巨悪犯罪者の
情報的提供で
操られ

悪のルビコン川を渡るのである。

このときにFBIの捜査員に
ココロのよりどころが必要になる。

それが
「毒は毒で持って制す」である。

悪に対峙する時に
正義や善で対峙しても
無力なのだ。

FBIの捜査員は

最初はレイモンドのこの方法論に
嫌悪を示したが

圧倒的なパワーで
次々と凶悪犯罪者が
レイモンドの
「毒は毒で持って制す」

言い換えれば、
「悪は悪で制す」

で成果を生み出す姿に
圧倒され
ひれ伏し

結果的に
FBI郵便局は

レイモンドの舎弟になるのである。

わかりやすく言えば、

きれいごとでは

極悪犯罪人を追い詰めれないし
捕まえることはできない。

大義名分なんて掲げた時点で

悪党どもに返り討ちにあって
FBIの捜査官は
殉職するのである。

海外ドラマ「ブラックリスト」は

現代の西部劇である。

悪党どもを
初老のレイモンドが
一瞬たりとも躊躇せず
射殺する。

レイモンドの正確無比な早撃ちは
シェーンに匹敵する。

わがままレイモンドを
補佐するのが
デンベ、
デンベほど口数が少なく
目で語ろうとする
男も少ない。
一見すると銃の達人、
格闘の達人で
単なる黒人マッチョのコワモテ用心棒のようだが
デンベはインテりである。

まあ、日本では、勧善懲悪がまだまだ
お茶の間のスタンダードだが、

やがて、

勧善懲悪など過去の遺物になるような勢いで

アメリカドラマ界は

悪を極めようと、
悪は悪でもって制すに

シフトし始めている。

でも、現実の世界はこのようになっているのだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年3月05日 18:09:09 : Zp5kwxTNvA : Skdvb2dQMjRObVE=[9] 報告
麻薬組織は資金が豊富なんで武器とかしこたま買い込んで武装しているね、
対立組織を残忍な方法で皆殺しにして目立った所に放置なんてのはメキシコ
麻薬戦争で画像探索すれば嫌になるほど残酷な動画や写真を見ることが出来る。
映画ボーダーライン見てこれはフィクションでは無く実話に近いでしょとか
思ったりしてね、トランプさんが国境に壁とか違法移民締め出すとか
言ってるのはその麻薬組織の温床になってるからなんだよね。
何故善は弱く悪は強いのかと言うと資金力の問題も有るけれど、
善は法律に縛られるが悪は縛られないのでやりたい放題なんだよ、
手下は麻薬なんかやってるんで武器持たせればそれこそやりたい放題
やりだす、恐怖支配すれば逆らう者も出ずらいし金が有るんで警察だって
買収出来るし、取り締まりに加担した者はさらってバラバラなんて誰でも
嫌でしょうに。
ロドリゴ・ドゥテルテ大統領もその実情が分かっているので取締りには
邪魔な法律考えないで力で潰しているんだがもともと貧困状態の人達が
食う為に手を染めてるのが実情でしょうからなかなか無くならんみたいね。

麻薬はいけませんですよ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ