★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 711.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ひとりの女性に複数の男達が短い間隔で膣内射精することで人類は自然淘汰を行っていた!
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/711.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2019 年 2 月 21 日 09:33:52: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

人類の心や身体のプログラムは
今から10万年くらい前に完成したと言われている。
(諸説あり)

本能、本性がこの頃に完成して
連綿と現代に引き継がれている。

さて、哺乳類の自然淘汰は、
ほとんどの場合、
強いオスがメスを独占して
メスの独占的な交尾権を獲得して
強いオスの強い遺伝子が受け継がれ
結果的に強い種の繁栄に
繫がっている。

強いオスは当然弱いメスとも交尾するが、
弱いメスとの子孫は淘汰されることが多いので
結果的に
しっかり自然淘汰が秩序だって行われている。

一方、人類の自然淘汰を
現代を軸に考えてみよう。

哺乳類の中で、
自然淘汰を行っていないのが
人類くらいなものである。
(ボノボについては後述する)

具体的に言えば
生物学的に
強い男が女たちを独占していない。

さらに生物学的に
弱い男達と弱い女達が
普通に生殖活動を行い
弱い子孫を連綿と引き継がせている。

生物学的には
これを続けると
きわめて弱い種が蔓延り
生物学的に
著しく退化した固体で
満ち溢れ
種の絶滅危機がやがて訪れる。

現実的に、
人類は生物学的に退化し、
弱体化している。

具体的には

心身の病の氾濫
新手の疾患の夥しい数での発症
免疫力の極端な低下による
感染症の氾濫
新生児において
奇形児、障がい児が
異常な勢いで増加している。

これら脆弱化した
形で誕生した新生児が
医療技術の恩恵で生き延びている。

人類はひたすら生物学的に言えば
ひよわな種として退化し続けている。

ただ、人類に自然淘汰を行っていた
歴史がないのか?

と言えば、

あったのである。

今から10万円前くらいから
小麦の栽培が始まる
1万年くらいの間で

人類は自然淘汰を行い

強い男の遺伝子を
代々引き継いでいたのである。

具体的に説明しよう。

今から10万年くらい前は
50人前後の小集団で
移動して狩猟採集により
生活を営んでいた。

おおよそ、
20人の男たち
20人の女たち
10人程度の子どもや小年少女達

で50人前後の運命共同体を形成していた。

基本的には女系社会で
基本コンセプトは、

愛情
セックス
平和
平等

である。

暴力や争いを極端に嫌い

集団内で男同士で争いや喧嘩が起きそうになると

指導的立場の性的魅力に
満ち溢れた熟女が登場し、

「喧嘩はおやめ!」

「喧嘩より私と
楽しいこと
気持ちいいことしよう!」

と喧嘩の仲裁に入り
暴力沙汰を徹底的に排除した。

喧嘩寸前で興奮した
男達は
この熟女の登場で
闘争興奮から
性的な興奮に
変換させられる。

暴力で相手を傷つけるより
性的魅力に満ち溢れた
熟女とまぐわうことに
心を切り替える。

まず、一番好戦的な
男が一人目の男として熟女とまぐわう。

それを見ている男達は
もう既に喧嘩のことなど
どこへやら
熟女とまぐわう
二番目の男は
オレだとばかりに
己のペニスをしごきしごき
思いっきり勃起させる。

三番目の男も
四番目の男
シコシコやっている。
この場合のセックスは
短時間で射精することが目的だ。
射精の目的は
男の喧嘩の心を終息させる目的だから
皆、短時間で射精する。

当たり前だが
10万円前に
避妊という概念なんかないから
全員が思いっきり
熟女に膣内射精する。

だから、
複数の男とセックスしても
熟女の膣内が
乾くことなんてない。
男達の大量の精液が
男のラブジュースになって
熟女の膣内は
複数の男達の精液で
溢れこぼれる
とは言っても
ペニスのカリで
前任者の精液はことごとく
かぎ出される。

熟女の膣口から肛門に
男達の精液が滝のように
流れるのである。

熟女と男達のセックスは
10人くらいは続く、

残りの10人は、
別の熟女に大量の膣内射精を行っている。

こうやって、
熟女たちは

一気に10人くらいの男に
膣内射精させて

膣の中で10人の男たちの
精子競争、精子戦争を催し、

膣内で複数の男達の精子をカクテルして

たった一個の精子を自らの卵子に
受精させていたのである。

集団内で
強い男が女たちを独占する自然淘汰は
争いや暴力を招く、

それを回避するには

集団内の男達が平等にセックスできる関係を
構築することが重要だったのである。

実際に生まれる子どもは、
正直誰の子供かわからないが
男達は生まれてくる子どもを
平等に愛したのである。

子どもたちの父親は
20人になり、
母親は20人になる。

こうやって
愛に満ちた
セックスに満ちた
平和で暴力ない
集団形成を行いながら

人類は密かに
女性の膣内で精子の自然淘汰を行い
強い男の遺伝子を引きつできたのである。


当時の女性の男性観は
特にないが、
セックスにおいてのポリシ−はあった。
そのポリシーは
セックスにおいては
一度に多くの男を導き
大量に男達に膣内射精させることを最優先に
行っていた。

女性の本質はコレである。

そうすることで、
膣内で強い男の精子が勝利して
強い遺伝子を持つ子孫が引き継がれるのである。

男は、一度に何度も射精できないから
女たちが複数の男たちに膣内射精するのを
ただただ賢者タイムモードで見ているしかないのである。


男も女も
10万年前は乱交で乱婚状態が
正常であり、
人間のセックスの本質も乱交であり
乱婚になる。

一夫一婦制などという
ばかげた制度は
権威が大衆を支配する為に作った
人間の本能や本質や本性を否定するしきたりであり
人間の自然淘汰の仕方を真っ向否定し
人間を退化させひ弱にするおろかな制度である。

一夫一婦制などという
ばかげた制度のせいで

世界中どこに行っても

不倫、浮気、離婚、再婚がとまらないのである。

乱交して乱婚して
一人の女性の膣内に
複数の男が射精して
やっとこさ、
膣内での複数の男達の精子戦争で
自然淘汰が実現して
強い男の遺伝子が引き継がれてきたのである。

現代人の未来は
生物学的に
悲観せざる終えないと
思うのは何も私だけではないだろう。

P.S.ボノボも10万年前の人類のような
    乱交、乱婚で女系社会で、  
    争い、暴力、殺戮は皆無である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. BRIAN ENO[1204] QlJJQU4gRU5P 2019年2月21日 09:44:12 : gIvMSU21lQ : 0[457] 報告
間違いの訂正

>今から10万円前くらいから
小麦の栽培が始まる
1万年くらいの間で

正しくは
今から10万年前くらいから

>当たり前だが
10万円前に
避妊という概念なんかないから
全員が思いっきり
熟女に膣内射精する。

正しくは

当たり前だが
10万年前に

>男は、一度に何度も射精できないから
女たちが複数の男たちに膣内射精するのを
ただただ賢者タイムモードで見ているしかないのである。

正しくは、

女たちが複数の男たちに膣内射精されるのを

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ