★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 717.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の少子化は「人災」だった(中) 政府主導で「産むな殖やすな」 料理・編み物とセットで「計画出産」講習
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/717.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2019 年 2 月 25 日 08:06:43: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

占領期、連合国軍総司令部(GHQ)の仕掛けによる「人口戦」に敗れた日本に訪れたのは、人工妊娠中絶ブームだった。その勢いはすさまじく、出生数激減に反比例するように増え続けた。

 中絶の届け出件数は昭和24(1949)年の10万1601件が、翌年には32万150件と3倍増となり、28年には100万件を突破した。「民族の滅亡」という政府首脳の懸念をよそに、多くの国民は産児制限に強い関心と期待を寄せていたのである。

 当時の中絶数と出生数を足し算すると興味深い数値になる。第1次ベビーブームの最終年となった24年の279万8239に対し、28年は290万を超え、むしろ増えていたのだ。

 歴史に「もしも」はないが、爆発的な中絶ブームがなければベビーブームはもっと長く続き、現在の少子社会はかなり違った様子となったことであろう。


https://www.sankei.com/premium/news/160208/prm1602080016-n1.html

吉田茂内閣が24年に産児制限を受け入れて以降、終戦直後のように産児制限を「民族の滅亡」と懸念した声は次第に聞かれなくなり、むしろ政府は国民の要望に応えようと、普及に大きくかじを切った。

 優生保護法の再改正(27年)で受胎調節実地指導員制度が発足すると、優生保護相談所を中心に各地で宣伝普及活動が進められた。

 産児制限はやがて「家族計画」と言い換えられ、GHQによって始められた生活改善運動に乗って地域ぐるみの取り組みに発展していった。家族計画は、受胎調節の技術指導を行うだけでなく、生活水準の向上や母体保護の知識普及、子供の教育など幅広い意味の中で使われたのである。


https://www.sankei.com/premium/news/160208/prm1602080016-n2.html

「政府としてはこれまでは母体保護の見地から指導してきたが、今後は人口抑制の見地に立ってさらに強力に普及推進したい」

 吉田内閣の草葉隆圓厚相は29年10月5日、厚生省の会議で日本政府が産児制限を人口抑制策として推進する方針を明確に打ち出した。それは、GHQが日本人の手で行ったことにしようと腐心した「人口抑制策としての産児制限」という目的を、日本政府が受け入れたことを意味した。

 産児制限を取り上げた『昭和33年版厚生白書』は、「われわれが健康にして文化的な生活を営むためには、自らの手で家族設計すなわち適当な家族構成を考えて行くことが必要となる」と記している。「単に子供の数を減らすということではなく、現在と将来を考え、適当な時期に適当な数の子供を生む自主的な計画をいうのであるが、このような家族計画を実施するための手段が受胎調節なのである」との説明だ。

https://www.sankei.com/premium/news/160208/prm1602080016-n3.html

厚生白書がわざわざこのような記載をしたのは、当時の日本人に避妊知識が十分に浸透しておらず、産児制限とは人工妊娠中絶のことであると誤解している人が多かったためだ。

                  
□   □
 

 政府は、避妊知識をどう国民に普及させていけばよいか頭を悩ませていた。そこで考え出されたのが、国立公衆衛生院による「計画出産モデル村」事業だった。“子宝思想”が根強く残っていた農村部を通じて、日本人に適した避妊方法を探し、中絶をどれくらい減らせられるかを調査しようという試みだ。

 専門家が頻繁に現地に出向いて、地元の保健師などと連携して計画出産と受胎調節の指導を行った。この事業は25年から7年間にわたって続けられた。


https://www.sankei.com/premium/news/160208/prm1602080016-n4.html

企業にも広がり、厚生省人口問題研究会の関与のもと保健師らが従業員の妻を集めて指導を行った。企業側には、計画出産によって家庭の負担が減れば夫が仕事に専念できて生産性は向上し、医療費や家族手当などの負担軽減になるとの思惑があった。

 社員や妻の抵抗感を和らげるため、受胎調節の指導は「新生活運動」と呼ばれ、栄養料理の作り方や洋裁・編み物、家計簿の付け方、電気器具の取り扱い、美容体操や子供のしつけなど多彩な講習会とセットで実施された。講師派遣型のカルチャーセンターといったところだ。多面的に家庭生活を近代化する取り組みとしたのである。

 これらの動きを見ると、戦前の「産めよ殖やせよ」から一転して、まさに国を挙げて「産むな殖やすな」という“少子化推進運動”を展開した印象である。


https://www.sankei.com/premium/news/160208/prm1602080016-n5.html

32年には10人の子供が生まれてくる間に7人の胎児は中絶されるという異常事態となった。これには、政府も動揺を隠せなかったが、「出産はコントロールできるもの」であることを知った国民の価値観を変えることはできなかった。 (論説委員 河合雅司)

https://www.sankei.com/premium/news/160208/prm1602080016-n6.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年2月25日 19:40:15 : i5i044U9pY : dk9xU1dIb1NkNEU=[1] 報告
少子高齢化の割に無計画に子供を虐待死させる親が多過ぎる
今は子供が貴重なのだからもっとよく考えて産んでくれ
育てられないなら避妊も考えなさい
2. 2019年2月25日 20:20:54 : kTVuvagX4U : QlBsNG94RVlYWms=[1] 報告
中学生に性交の知識はあっても出産後に何をすべきかの知識はなさすぎる
若い夫婦に知識がないが故に出生率は上げても労働力人口になるまでに死なせるケースの何と多い事か!
中学卒業したら高校進学する子も多いが、早ければ高校卒業直後には出産する
出産自体は性交で出来ても労働力人口を増やすには、それなりに色々な事が必要なんだ
出産すれば自動的に労働力人口になる訳ではありません
皆もっと出産と育児を勉強して、そな時になってうろたえないで欲しい
3. 2019年2月25日 20:40:00 : EeRCR0IvlQ : NEs1ODBaaGRXVEU=[1] 報告
当然だが社会でまともに使える人間になるには、教育と訓練が必要だ。産みっぱなしで放置してまともな人間に育つわけがない。

どの程度の人間に育つのかは親も含めた周りの大人がどれだけの時間と費用と神経を子供に投入したかにかかっている。一人で図書館にこもって科学者になれた者など現代では聞いた事もない。科学者一人を育てるには親と教師と同級生のコラボが必要なのだ。一つ欠けても優秀な者には成れないだろう。

そして科学者に成れなかった者がサラリーマンに、サラリーマンに成れなかった者が労働者に、労働者に成れなかった者から犯罪者に成っていく。産みっぱなしで放置するのが如何に反社会的かである。

4. 2019年3月05日 00:07:12 : jFq55VHkZ2 : VS84RWFxN3JibC4=[4] 報告
ある時期までは子供が多いのは遅れた国、経済的にマイナスという考えが大きかったからね。
5. 2019年3月25日 00:30:05 : i3OVszqivY : ZkxYUjhhZGZUc2s=[1] 報告
最近ペアーズばっかりやってる
ペアーズを必修にしたら少子化は解決する
男は有料だけどな
https://koikatsu-hajimekata.com/archives/162

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ