★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 725.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
カリ首 ウィキより
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/725.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2019 年 2 月 28 日 14:01:51: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

カリ首(かりくび、英: Corona of Glans penis)または単にカリ (英: Corona) は、男性器の一部。陰茎先端部のエラの張った、陰茎と亀頭の間に位置するくびれた部分のことである。亀頭溝または亀頭冠(きとうかん、中: 冠状溝)とも呼称され、漢字では「雁首」と表記する。


目次 [非表示]
1 発達
2 第二次性徴以降
3 脚注
4 関連項目

発達[編集]

第二次性徴によって成長する。男性器のタナー段階IVで陰茎が長く太くなり、陰茎亀頭が発達し[1]、この頃から勃起時には包皮から完全露出できるようになる。通常時も包皮を剥いて亀頭を露出させておく癖(剥き癖)をつけると亀頭はより成長し、だんだんと陰茎部との段差(くびれ)が生じてくるとともに、いわゆるズル剥け(露茎)になることがある。逆に、この時期に包皮を剥き亀頭を露出させておく癖(剥き癖)をつけなかった場合は、亀頭の成長が妨げられることから包茎になりやすい。そしてタナー段階Vで成人型になる。(露茎になった場合、平常時は常に陰茎から亀頭が常に出ている状態になる。)

(包茎の場合、成人型でも平常時は常に皮が被った状態になる。) [1]

第二次性徴以降[編集]

陰茎部段差の形状は不安定である。

亀頭の露出状態により、刺激による陰茎部段差の成長により変わる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

1.^ 思春期の発現・大山健司

関連項目[編集]
陰茎亀頭冠 (面図)
陰茎亀頭
海綿体
包皮
陰茎
陰核亀頭
フォアダイス
真珠様陰茎小丘疹
勃起

[隠す]

表 ·
話 ·
編 ·

生殖器系
女性器


外性器
陰核 - 陰裂 - 陰核亀頭 - 陰核包皮 - 陰核小帯 - 外陰部 - 処女膜 - 陰唇 - 大陰唇 - 小陰唇 - 膣口 - スキーン腺 (分泌:スキーン腺液) - バルトリン腺 (分泌:バルトリン腺液) - 会陰

内性器
陰核脚 - 陰核海綿体 - 膣 (分泌:膣分泌液) - 膣円蓋 - Gスポット - 尿道 - 子宮頸部 (分泌:子宮頚管粘液) - 子宮 - 子宮内膜 - 輸卵管 - 卵管膨大部 - 卵管漏斗 - 卵巣 - 中腎傍管 (ミュラー管)

男性器


外性器
陰茎 - 陰茎亀頭 - 陰茎亀頭冠 - 陰茎包皮 - 陰茎小帯 - 陰嚢 - 会陰

内性器
陰茎脚 - 陰茎海綿体 - 陰茎ワナ靭帯 - 尿道 - 精巣上体 - 精細管 - セルトリ細胞 - ライディッヒ細胞 - 精巣輸出管 - 輸精管 - 精嚢 (分泌:精嚢分泌液) - 精管膨大部 - 射精管 - 前立腺 (分泌:前立腺液) - 尿道球腺 (分泌:尿道球腺液) - 精巣網 - 精巣 - 精巣小葉 - 中腎管 (ウォルフ管)


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E9%A6%96

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ