★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 730.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
IUS (産婦人科学) ・子宮内避妊器具 ウィキより
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/730.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2019 年 3 月 06 日 08:13:29: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

セックスの時に
様々な避妊法があるが、
セックスの真髄を極めるには
男は露茎状態のペニスで
カチカチに勃起させ


亀頭をむき出しにして
落差の大きなカリで
女性の膣内のヒダヒダを
ヌルヌルのラブジュースの中で
摩擦させ、

女性をオーガズムに導いた時に
膣の強烈な締め付けで
思いっきり膣内射精することである。

露茎のペニスで
カチカチに勃起させ
膣内をヌルヌルにして
生でセックスを行い
膣内射精するのが
本来のセックスのあるべき姿である。

上記のようなセックスをやっていないカップル
(例えばコンドームを使っていたり
膣外射精したりするセックス)がいたとしたら
もうそれは擬似セックスであり
そのセックスそのものにネガティヴなストレスが発生して
満足のいく絶頂の快感に到達できていないのである。

これは心身にきわめて良くない。

セックスパートナーが閉経している場合は
心置きなく生での膣内射精を謳歌できるが、

閉経していない女性の場合は
出産にはいたることはほとんどないが、
妊娠はする。

50代の女性の人工中絶は毎年わが国でも
20件くらいある。

50代でも確実妊娠するのである。

ということで、
閉経していなければ
妊娠のリスクはある。

事実、40代の妊娠中絶はひじょうに多いのである。

ようするに、
四十代になってセックスのベテランのカップルと
思われる世代においても
正しい避妊法に関し
ひじょうに無知なのが
日本の中年夫婦の特徴なのである。

日本人は年代に関係なく
避妊知識においては
後進国並の知識しかもっていないのである。

人工妊娠中絶は
12週〜22週にかけての
費用は50〜60万の費用負担になる。

一方、私が本日、紹介する避妊法は、
5〜6万円で、5年間有効である。

何が悲しくて

いい歳した熟年夫婦が
避妊に無知なために
人目をはばかり
産婦人科に入院して
60万の大枚をはたくのか?

私が紹介するISUなら
装着後、5年間
生で膣内射精三昧に浸れる。

一年間換算で1万円のコスト負担
一ヶ月で800円の負担である。

一ヶ月 800円で、
5年間
生で、中出し、やり放題である。

こんないい話はないだろう。

妊娠の可能性は99.9%ない。

生理の時の出血量も減り
生理のときの身体の負荷が軽くなる。
ナプキンの節約にもなるし
貧血の解消にもなる
ホルモンバランスも良くなり
体調もよくなる。


妊娠したくなったら
IUSを抜けばいいだけの話。

もし、パートナーが閉経していないなら
この避妊法で

究極の快感に浸れるセックスを
短い人生、
皆さんに謳歌してもらいたいものである。

IUS(子宮内避妊器具)を
ぜひともお勧めしたい。

以下、IUSのウィキによる説明。


産婦人科領域においてIUS(英: Intrauterine system)とは、子宮内に留置して黄体ホルモンを長期間にわたって放出し続けるように設計された製剤である。日本では処方箋医薬品としての規制を受けており、日本では初めて「子宮内避妊システム」としてレボノルゲストレルを主薬とする「ミレーナ」が製造承認を取得し、2007年より自由診療で用いられていた。同薬は2014年に過多月経および月経困難症の適応が追加され、避妊以外の適応には保険診療が適用されている。


目次 [非表示]
1 概要
2 特徴(IUDとの違い)
3 ミレーナの製品概要 3.1 開発の経緯
3.2 作用機序
3.3 注意事項

4 参考文献
5 関連項目
6 外部リンク

概要[編集]

[icon]
この節の加筆が望まれています。


特徴(IUDとの違い)[編集]

IUSは子宮内に装着することにより長期間避妊効果を発揮する点では、子宮内避妊器具(IUD)と似ているように見える。しかし、IUDは医療機器であるのに対し、IUSは医薬品である。IUSの「ミレーナ」は「レボノルゲストレル放出子宮内システム」という、従来と異なる新しいタイプの避妊法である。過多月経、月経困難症 にも適応がある。ただし過多月経の場合、器質性過多月経の患者では、原疾患の治療を優先することが必要とされる。
「薬物を子宮内に放出する」ために薬剤放出部を留置する器具としてIUDのT型フレームを使用。
経口避妊薬と同等の避妊効果と子宮内避妊用具の特長である長期間にわたる避妊が可能。
過多月経の女性には推奨できないIUDと異なり、月経時の出血量が軽減。
出産経験があり、これ以上妊娠を希望しない女性、次の出産まで期間をあけたい女性、長期にわたり避妊を望む女性に使用できる。
装着期間は最長5年間で長期間にわたる避妊が可能。

ミレーナの製品概要[編集]
開発国:フィンランド
開発会社:Schering Oy社(現 Bayer Schering Pharma Oy社)
商標名:ミレーナ®52mg(英: MIRENA®)
発売会社:バイエル薬品

開発の経緯[編集]
1970年代後半 - 子宮内避妊器具に黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルを用いることにより、高い避妊効果と長期間にわたる避妊効果が可能である製剤の開発を開始。
1990年 - フィンランドにおいて世界で初めて承認・発売
2007年 - 日本で子宮内避妊具として承認・発売(処方箋医薬品、自由診療)
2014年6月 - 日本で過多月経の適応追加
2014年11月 - 日本で月経困難症の適応追加

作用機序[編集]

避妊
レボノルゲストレルを子宮内に持続的に放出することにより、子宮内膜に作用
子宮頸管粘液の粘性を高めて精子の通過を阻止

過多月経、月経困難症
子宮内膜への形態学的変化をもたらす作用により、月経血量を減少させるとともに、月経困難症の症状を軽減させると考えられている。

注意事項[編集]
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には装着させない。妊娠した場合は原則として除去するが、その際自然流産の可能性があることを充分に説明する必要がある。
本剤を「避妊」の目的で使用した場合には、保険給付の対象とはならない(自由診療)。
HIV感染(エイズ)及び他の性感染症(梅毒、性器ヘルペス、淋病、クラミジア感染症、尖圭コンジローマ、腟トリコモナス症、B型肝炎等)を防止するものではない。コンドームの使用が有効であることを使用者に充分説明すること。

参考文献[編集]
丸尾猛ほか:診療と新薬 43:1157(2006)
“『MIRENA®(levonorgestrel-releasing intrauterine system)』FDA承認:患者向説明文書(英語) (PDF)”. Bayer HealthCare Pharmaceuticals Inc.Wayne,NJ07470 Manufactured in Finland (2009年10月). 2010年3月28日閲覧。
バイエル薬品株式会社・メディカルインフォメーション (2014年11月). “ミレーナ52mg”. PMDA. 2018年3月2日閲覧。

関連項目[編集]
子宮内避妊器具
避妊
レボノルゲストレル
月経困難症

外部リンク[編集]
子宮黄体ホルモン放出システム ミレーナ - バイエル薬品

執筆の途中です この項目は、薬学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:薬学/Portal:医学と医療/Portal:化学)。

執筆の途中です この項目は、医学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:医学/Portal:医学と医療)。

カテゴリ: 医薬品
避妊
子宮
婦人科
産婦人科

https://ja.wikipedia.org/wiki/IUS_(%E7%94%A3%E5%A9%A6%E4%BA%BA%E7%A7%91%E5%AD%A6)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. BRIAN ENO[1205] QlJJQU4gRU5P 2019年3月06日 08:15:46 : KYFDWqdXuQ : dFJuWlRpT05BU1U=[1] 報告
訂正

>閉経していない女性の場合は
出産にはいたることはほとんどないが、
妊娠はする。

正しくは

閉経していない高齢の女性の場合は、
出産にいたることはほとんどないが、
妊娠はする

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ