★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 780.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
あなたは鳥なの 山村に口笛で話す人々、ライバルは携帯〜トルコ北東部の山奥/朝日デジ
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/780.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 8 月 20 日 19:56:16: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

川を挟んで両側の山肌に民家が点在する峡谷にオルハン・ジベレクさんの鳥言葉がこだました=2019年7月20日、クシュキョイ、其山史晃撮影

あなたは鳥なの 山村に口笛で話す人々、ライバルは携帯〜トルコ北東部の山奥/朝日デジ
クシュキョイ=其山史晃 2019年8月20日09時00分
https://www.asahi.com/articles/ASM7Y7X55M7YUHBI03N.html?iref=comtop_8_05


トルコ北東部の山奥に「鳥言葉」と呼ばれる口笛言語が伝わる村がある。古くから住民同士が連絡を取り合うために使われてきたが、近年は携帯電話の普及に押され、話せる人が減っている。存続の危機を乗り越えようと、継承に向けた取り組みが始まった。(クシュキョイ=其山史晃)

 ピーピピッピー

 トルコ北東部ギレスン県。黒海から20キロほど内陸に入ったところにある村、クシュキョイの峡谷にオルハン・ジベレクさん(38)の口笛が響いた。山の中腹に立つ自宅の庭から民家が点在する標高約1千メートルの山々に向けて数十秒の間隔で3回。「誰か姿を見せてくれ」と吹いたのだという。

 すると、かすかに口笛の音が聞こえた後、川を挟んで数百メートル離れた山肌の家の屋上に女性が現れ、こちらに白い布を振った。クシュキョイで生まれ育った母親のズルフィエさん(62)は「昔は1度吹けば、すぐに返事がきたんだけどね」と不満げだった。

 鳥のさえずりを思わせる音色から地元で鳥言葉と呼ばれる。口笛言語はスペイン領カナリア諸島やエーゲ海の島などにも残るが、その起源ははっきりしていない。トルコ政府によれば、起伏に富んだ山地に民家が点在する黒海地方の各地で、口笛が意思疎通に使われてきたことは確認されているという。

記事の後半では、動画で「鳥言葉」の音を聞くことができます。鳥言葉は流行だと話す若者もいるようです。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ