★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 852.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
柔道で銀メダルに終わった小川という人物は、相手と組んでいるとき、腰も膝も伸び切って何と無防備なと思っていたところ、案の定…
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/852.html
投稿者 仁王像 日時 2020 年 11 月 22 日 10:02:26: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

柔道で銀メダルに終わった小川という人物は、相手と組んでいるとき、腰も膝も伸び切って何と無防備なと思っていたところ、案の定…

 柔道で銀メダルに終わった小川という柔道家がいた。その準決勝の試合をチラッと見たが、自分より背の低い相手を上から被さるようにして組んでいた。
 小川の腰も膝も伸び切って重心が高く、下半身にバネが不足、素人目にも何と無防備なとハラハラしていた。相手はむしろ腰、膝にバネを蓄えているように見えた。案の定、その後間もなく一本負けした。

 帰国時、彼だけは首にメダルを掛けていなかった。記者団にそのことを問われると、自分の本意ではなかったからと応えた。その後、彼はプロレスラーに転じて、高級車に美女を乗せて走り回ったり羽振りが良いようだったが…。

 つまり、 素人目にも危なっかしい組手をしたアスリートがいたということ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 仁王像[2862] kG2JpJGc 2020年11月22日 10:08:10 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[98] 報告
(本文補足)

 小川直也;1992年 - バルセロナオリンピック2位。

2. AN[1506] gmCCbQ 2020年11月22日 17:51:08 : 7TkzMLzxKM : cGh5emt2eldjV2M=[10] 報告
そういえば、取り組み直前のポーズが、”ヒグマが敵を威嚇するときのポーズ”だったかな?(ほんとにヒグマがあんな格好するのか知りませんが)。
 巨漢の割に、小顔だったのが印象的です。
3. 斜め中道 (-_-メ)[2972] js6C35KGk7kgKC1fLdIp 2020年11月24日 10:19:44 : 460ZVzz1ys : SDZ2LjR6cm1sVk0=[6060] 報告
そんなに悪い柔道家じゃなかったと思います。
木偶の坊(棒)じゃ、銀メダルはとれませんよ。
4. 仁王像[2866] kG2JpJGc 2020年11月29日 09:51:58 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[102] 報告
 小川は金メダル確実との確信があったのだろう。だから自分より上背の低い相手と組手をした時、油断した。素人目にも「おい、大丈夫か」と思っていたやさき、やられてしまった。
 彼はそんな自分が許せず、同じ銀に終わった井上らが柔道界に残っても彼はそこを去りプロレスに転じたと見る(つまり柔道界に身を置くことを恥じた)。
5. 斜め中道 (-_-メ)[3010] js6C35KGk7kgKC1fLdIp 2020年11月29日 12:12:59 : 460ZVzz1ys : SDZ2LjR6cm1sVk0=[6098] 報告
>>4 さま
そんなことはないでしょう。
1996年 - アトランタオリンピック5位までやってるし。
JRAの監督の関勝治には小さい相手ともよく練習しておけと言われたらしいし。

相手が強かっただけです。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ