★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 877.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
やまゆり園での採火中止を 遺族ら相模原市に要請「鎮魂の場を祭典の場にするのは許せない」(東京新聞・共同) 
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/877.html
投稿者 蒲田の富士山 日時 2021 年 4 月 12 日 20:22:38: OoIP2Z8mrhxx6 ipeTY4LMlXiObY5S
 

2021年4月12日 19時18分

https://www.tokyo-np.co.jp/article/97620

 相模原市が東京パラリンピックの聖火を、2016年7月に入所者ら45人が殺傷された知的障害者施設「津久井やまゆり園」で採取すると発表したことを受け、遺族や被害者家族が市や神奈川県に採火の中止を求めることが12日、分かった。

【関連記事】聖火リレー 大音量、マスクなしでDJ…福島の住民が憤ったスポンサーの「復興五輪」
       https://www.tokyo-np.co.jp/article/94041

 事件で犠牲になった美帆さん=当時(19)=の遺族の代理人弁護士と、長男が重傷を負った尾野剛志さん(77)が連名で、13日付の要請書を県と市に送付した。要請書によると、遺族は「家族が犠牲になった場所で採火が行われるのは違和感がある」として、再考を求めている。尾野さんは13日、市の担当者に直接、会場変更を求める予定。

 県と市は3月31日、施設での採火を正式発表した。共生社会の実現への誓いを込めるとしているが、事前に遺族らへの説明はなかった。尾野さんは「遺族や被害者家族は寝耳に水で、憤りを隠せない」とし、「関係者の心の傷は癒えておらず、鎮魂の場を祭典の場にすることは到底許せない」と批判している。(共同)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 斜め中道 (-_-メ)[3920] js6C35KGk7kgKC1fLdIp 2021年4月13日 17:47:10 : ZHvBssUSUE : d1BJYlVSdTRTTTI=[29] 報告
「津久井やまゆり園」の再建計画にもちょいと関係したが、
俺も反対する。

違和感というよりも、不快だ。

2. 蒲田の富士山[613] ipeTY4LMlXiObY5S 2021年4月13日 21:07:54 : ThU5Gy6dsg : UWU5VlZ1UlRBak0=[41] 報告
【全文】「津久井やまゆり園」での採火式中止を求める要請書(東京新聞)

2021年4月13日 19時58分

https://www.tokyo-np.co.jp/article/97822

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で東京パラリンピックの聖火を採取することについて、遺族や家族が中止を求めて相模原市と神奈川県に提出した文書は以下の通り。

    ◇    ◇

要請書
2021年4月13日

相模原市長
本村賢太郎 殿
神奈川県知事
黒岩祐治 殿

「美帆さん」遺族代理人 弁護士 滝本太郎
利用者尾野一矢 家族 尾野剛志


拝啓、ますますご清祥のことと存じます。

 2016年7月26日発生の、津久井やまゆり園事件に関しては、事件の後、さまざまな調整・ご努力を頂きありがとうございます。

 相模原市と神奈川県におかれては、日本国のものと比較して、より最重度の知的・重複障害者も生きる権利があると読めるメッセージを出していただいていることはありがたく存じます。

 ただ、相模原市と神奈川県にあっても、この事件が福祉国家を目指していた筈の日本の政策に正反対の、為政者による「偽りの安楽死」政策を求めてなされたテロ事件であるということを直視されておらず、その点が残念です。

 また、これらメッセージが、神奈川県が相応に関与して成立した「社会福祉法人かながわ共同会」における職員の育成の過誤・監督不十分による要因が確実にあったと思えるこの事件の後になってのこととなってしまったこと、まして、その他の問題を含めて、事件の背景となった利用者に対する虐待めいた事実が、同法人にあって未だ存在したと聞くにつけ、残念です。

 さて、本書では、今回のパラリンピックの「採火」の場所として、相模原市では神奈川県と協議して再建予定の「津久井やまゆり園」にてなすという計画であるとのことなので、この機会に下記の通り、要請します。

 本書は、遺族また被害者・家族らとして、それぞれにまとまった集まりをもつものではないため、一故人の遺族と一被害者家族の要請に止まりますが、おそらくは多くの遺族また被害者・家族らも同じ気持ちではではないか、と考え ます。

 要請者である「美帆さん」遺族は、殺された19人にはそれぞれに人生があったことを現実感をもって社会に示し、法廷で陳述もすることにより、あの刑事裁判を形ばかりの、あの被告人の思うままにさせなかった者であり、要請者である尾野剛志は、あの法廷で、被告人質問まですることによって被告人に対峙し、社会にも伝えてきた者です。

要請の趣旨

1 「津久井やまゆり園」でのパランピックの採火は、止められたい。

2 日本国に対し「最重度の知的・重複障害者も生きる権利がある、このようなテロ行為は決して繰り返させない。」と、7月26日の機会などに現地で宣言するなどしていただけるよう、強く働きかけられたい。

3 1の要請にも関わらず、ここでの採火を実施しようとする場合は、上記2の日本国の宣言が実現することを大前提とし、遺族や被害者・家族等々とも相談しつつ、採火式の開始前から採火した後まで終始、決してこれは「フェスティバル」ではない、「レクイエム」としての「採火」だと公然と、明白に分かり、その記憶として残るように、式次第、音楽、歌、言葉、鳴り物、衣服、車両、報道、記録等々、万事全般にわたり遺漏なきものとされたい。

要請の理由

1 要請者らが、この事実を知ったのは、3月23日の報道につき問い合わせがあったことによります。最初、なんのことなのか訳が分からず当惑するばかりでした。

 「美帆さん」遺族は結局、代理人を通じて、3月24日 「想像もしていなかったので驚きました。言うことはありません」というコメントを出したに止まりますが、これは正式に連絡などない段階で滅多なことを、まして公には言えず、もとよりオリンピック・パラリンピックとも本当に開催されるのか分からない状況でもあり、定めたコメントです。

 すなわち、同遺族は、これを知った当初から、下記の通りの感想を持ったものです。代理人弁護士への同日朝のメール内の文章から抜き出します。

@ 家族が犠牲になった場所で採火が行われるのは違和感があります。遺族の気持ちがないがしろにされるようで悲しい。残念に思う。

A 丸5年をむかえる今も悲しみは変わらない。歳月は関係ない。どんなに歳月が過ぎても悲しいままです。悲しいまま日々過ごしています。

B パラリンピックの採火を決めた方々には、感覚のズレを感じます。事件で自分の家族が犠牲になったらどんな気持ちになるか考えたことがありますか?どんな気持ちで日々いるのか考えたことがありますか? 自分の家族に 置き換えて考えて頂きたいです。

2 その後、3月末の正式発表の後の、4月に入ってから、神奈川県からは、下記の一文を含む「3月」付の文書が、全遺族あてとして届きました。

  3 東京2020 パラリンピック聖火リレーにおける採火式

 ・県では、県内の全市町村で生み出された火を一つに集める集火を行い、一つになった神奈川県の火を「ともに生きる社会かながわの火」とし、パラリンピック聖火リレートーチに点火して東京へと出立させる「集火・出立式」を実施します。

 ・市町村の採火式の具体的な内容については、各市町村において検討しているところですが、相模原市については、共にささえあい生きる社会の実現を願いながら相模原市の火を作ることとし、その採火式を「津久井やまゆり園」で実施することとしています。

 ・上記については、3月31日に記者発表いたしますので、その旨ご承知おきください。

 さらに、4月7日、「津久井やまゆり園園長」名の4月6日付文書が届き、そこには、
「事後報告となり申し訳ありません。別紙を添えておきましたので、お目通りをお願い致します。今後、相模原市からのお知らせ等が整いましたら、ご連絡させていただきますので、何卒よろしくお願い致します。」
とあり、そこには相模原市長の
「本市では、8月15日に津久井やまゆり園において、採火を実施することといたしました。」
なる記載を含む市長コメントの写しが届きました。

 これは、いったいいかなる経過なのでしょうか、まったく理解に苦しみます。ないがしろにされている、と感じます。

3 重要なことは、この事件が、43人が65分間の間に殺意をもって元職員に刺された事件であり、うち19人が亡くなったこと、それは一方的な「安楽死」政策をとるよう、男が国に求めたテロ行為の一環であったことです。

 一方、パラリンピックはまさに「祭典」です。「フェスティバル」の一環としての採火になってしまいます。これを完全に払しょくして「鎮魂・レクイエムとしての採火」にするのは、ほとんど不可能なことだと思われます。この点から遺族や被害者・家族はもちろん、多くの国民が違和感をもつことは、ごく自然のことです。

 上記のことから、ここで「採火」することは許し得ず、要請の趣旨に記載1の通り求めます。

4 もともと、パラリンピックは、その経緯・由来からして、知的障害者が参加できる余地は少なく、まして津久井やまゆり園の利用者のような最重度の知的・重複障害者が参加する余地はありません。

 それを、相模原市及び神奈川県は、分かっておられましょうか。

 どう工夫してみても、「フェスティバル」の一環としての採火になってしまう可能性が高いのに、ここで採火されるのでしょうか。43人の利用者が、一方的な「安楽死」政策をとるよう国に求めたテロ行為の一環として刺され、うち19人が亡くなった事件の場所で、探火するのでしょうか。
あの男や、一部にはいるとみられる同調者は、いったいどう感じ、どう記憶するでしょうか。

5 日本国は、未だ「最重度の知的・重複障害者も生きる権利がある、このようなテロ行為は決して繰り返させない。」という宣言をしてくれていません。 津久井やまゆり園の前でのみならず、首相や厚生労働大臣が示したどのメッセージにもそれがありません。あの男が要請した一方的な「安楽死政策」を、明白かつ明確に否定する言葉を、未だ示していないのです。
 事件は、障害者わけても自らの意思を明確に示すことなどできない最重度の知的・重複障害者の命という、まさに基本的人権の中核に関することであったことから、国内はもとより、世界に対して衝撃的な、歴史に残る事件であって、日本国と日本社会には、歴史的な課題として突き付けられたものでした。
 よって、要請の趣旨の2記載のとおり、求めます。

6 それでも、これを実施しようとされましょうか。もしするのであれば、せめて要請の趣旨3に記載の通り、するよう求めます。
すなわち、相模原市、神奈川県においてはもちろん、要請の趣旨2記載のとおり、日本国からも「最重度の知的・重複障害者も生きる権利がある、このようなテロ行為は決して繰り返させない。」との明白かつ明確なメッセージを、機会をとらえて発しさせて下さい。これが大前提です。

 そして、その上で、遺族や被害者・家族等々とも相談しつつ、採火式の開始前から採火した後まで終始、決してこれは「フェスティバル」ではない、「レクイエム」としての「採火」だと公然と、明白に分かり、そのとおりの記憶として残るように、式次第、音楽、歌、言葉、鳴り物、衣服、車両、報道、記録等々、万事全般にわたり遺漏なきものとされたい。

 以上の通り、要請します。

敬具

3. 蒲田の富士山[616] ipeTY4LMlXiObY5S 2021年4月14日 08:06:13 : ThU5Gy6dsg : UWU5VlZ1UlRBak0=[44] 報告
津久井やまゆり園のパラ採火式、別の遺族も反対表明 相模原市幹部「見直しあり得る」(東京新聞)

2021年4月13日 21時34分

https://www.tokyo-np.co.jp/article/97879?rct=national

 2016年7月に入所者ら45人の殺傷事件が起きた相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、東京パラリンピックの聖火を採取することに遺族らが反対している問題で、別の遺族も本紙の取材に、反対の考えを明らかにした。被害者遺族らの反対表明は3人目。一方、反対が多ければ再考もあり得ると市が考えていることが分かった。既に反対を表明している被害者家族らは13日、市に中止を直接申し入れた。(曽田晋太郎、杉戸祐子、志村彰太)

【関連記事】「津久井やまゆり園」での採火式中止を求める要請書全文

◆「障害者というだけで結び付けるべきではない」

 新たに反対が明らかになったのは姉=当時(60)=を殺害された男性(62)。取材に、パラリンピックについて「祭典は明るく皆が楽しめると良い」と考えているとしつつ同園は入所者19人が殺害され、職員も含めて26人が重軽傷を負った「事件の現場」だと指摘。「スポーツの祭典と痛ましい事件の現場を、障害者というだけで結び付けるべきではない」と強調した。

 さらに、昨年3月に刑事裁判は終わったが「障害者への差別など解決しない問題が残った。前進はなかった」と実感を語る。公判で大半の被害者の実名が公表されなかったこともあり「採火を園生(入所者)や職員が明るく囲んで見送れる状況なら前進だが、ただ『共生』と声高らかにスタートするだけなら(採火を)認めるわけにはいかない」と話した。

 また、事件で重傷を負った尾野一矢さん(48)の父剛志たかしさん(77)と、事件で犠牲になり公判で名前だけ明かした美帆さん=当時(19)=の遺族の代理人弁護士は13日、市内で市担当者と会い、採火中止を直接求めた。

 尾野さんと美帆さんの遺族は既に中止を求める要請書を市と神奈川県に提出しているが、この日、尾野さんは「穏やかに暮らしたい被害者側の気持ちを全く考慮していない。どんなに厳かな式にしようとしても自然とお祭り騒ぎになる」とあらためて決定の再考を求めた。

◆市側「検討したい」

 市側は「要請を持ち帰り他の遺族らの意見も丁寧に聞いた上でどのように対応するか検討したい」と話し、再考を明言しなかった。

 ある市幹部は取材に「市の考えや思いを伝えて理解してもらえるように努めたいが、反対意見が多ければ決定を見直すこともあり得る」と明言した。

 同県の黒岩祐治知事は13日の定例記者会見で「市の方針を尊重する。被害者や遺族の気持ちを踏みにじってまで強行することではない」と述べた。

4. 斜め中道 (-_-メ)[3922] js6C35KGk7kgKC1fLdIp 2021年4月14日 11:30:22 : ZHvBssUSUE : d1BJYlVSdTRTTTI=[31] 報告
「市の方針を尊重する。被害者や遺族の気持ちを踏みにじってまで強行することではない」
・・・当たり前じゃ!! 
(・・・が、まぁ、それができないKKの中では、今回はまともな意見か・・・)
5. 蒲田の富士山[623] ipeTY4LMlXiObY5S 2021年4月21日 14:16:12 : ThU5Gy6dsg : UWU5VlZ1UlRBak0=[51] 報告
やまゆり園パラ採火中止を検討 相模原市長、遺族らに陳謝(東京新聞・共同)

2021年4月20日 17時34分 (共同通信)

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/877.html

 相模原市の本村賢太郎市長は20日の定例記者会見で、2016年7月に入所者ら45人が殺傷された知的障害者施設「津久井やまゆり園」(同市緑区)で予定していた東京パラリンピックの聖火採取を「場所の変更を含め総合的に判断したい」と述べた。遺族らが市に中止を求めていた。

 市は3月31日、施設で8月15日に採火すると発表したが遺族らに事前説明はなかった。本村市長は会見で「配慮や寄り添う気持ちが足りなかった」と陳謝。遺族らにおわびの手紙を送り、採火について意見を集めていると明らかにした。今月26日ごろまで意見を募り、早ければ月末には実施か中止かを判断するという。

6. 蒲田の富士山[628] ipeTY4LMlXiObY5S 2021年4月26日 07:58:49 : ThU5Gy6dsg : UWU5VlZ1UlRBak0=[56] 報告
やまゆり園での聖火採取に批判 遺族「大会盛り上げへ利用」 背景に当事者不在の障害者施策(東京新聞)

2021年4月26日 06時00分

https://www.tokyo-np.co.jp/article/100459?rct=national

 2016年に入所者ら45人が殺傷された相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」での東京パラリンピックの聖火採取に、批判が広がっている。市は決定前に事件の遺族や入所者らに相談していなかったことを謝罪し、場所変更を含めて再検討している。専門家は「当事者不在の障害者施策の表れ」と指摘する。(曽田晋太郎)

【関連記事】やまゆり園での採火中止を 遺族ら相模原市に要請「遺族の気持ちないがしろ」
      https://www.tokyo-np.co.jp/article/97620

◆「遺族の気持ちをないがしろ」

 「家族が犠牲になった場所で採火が行われるのは違和感があります。遺族の気持ちがないがしろにされるようで悲しい」。昨年、被害者を匿名で行われた植松聖死刑囚の裁判員裁判で名前のみ明かした美帆さん=当時(19)=の遺族は、市や神奈川県への要請書で、園での採火中止を求めた。

 姉=当時(60)=を殺害された男性(62)は取材に「スポーツの祭典と痛ましい事件の現場を、障害者というだけで結び付けるのは認められない」と不快感を吐露。重傷を負った尾野一矢さん(48)の父剛志たかしさん(77)は「大会を盛り上げるために園を利用しているように思えて許せない」と話す。

 反対の声は園関係者にとどまらず、市によると、これまで市には電話やメールで障害当事者や家族らから意見が100件以上寄せられた。多くは園での採火中止や再考を求める内容だった。

◆相模原市長は陳謝

 市は、共生社会の実現を目指すパラリンピックの理念に沿うと考え、事件を風化させない誓いも込めて実施を決定。園を管理する県と、運営法人の「かながわ共同会」から了承を得た。オンラインで反対署名を募っている脳性まひの実方裕二さん(61)=東京都世田谷区=は「園関係者に事後報告で押し通そうとする姿勢自体、共生社会を語る資格はない」とする。

 市は当初、具体的な採火方法や参加者を決める段階で「遺族らに相談し理解してもらおうと考えていた」(担当者)という。しかし批判の高まりを受け、本村賢太郎市長が20日の定例記者会見で「本来ならば遺族や家族、利用者(入所者)に一番寄り添わなければいけなかった。配慮が足りず、反省している」と陳謝に追い込まれた。

 市幹部は「ある程度の批判は想定していたが、ここまで世間を騒がせる事態になるとは思っていなかった」と明かした。

 一方、入所者の家族会長の大月和真さん(71)は個人の考えと断った上で「悲惨な事件を2度と起こさず、共生社会を目指すというメッセージや再建した園での新しい生活を発信する機会になる」と話すなど、理解を示す声もある。

◆識者は「同じ目線で対話を」

 問題の本質はどこにあるのか。大阪府立大大学院の三田優子准教授(障害者福祉)は「日本ではこれまで、弱者を守るとの趣旨で一部の知的障害者らに十分な判断能力がないとレッテルを貼り、教育や生活の場などで障害当事者が意思表明する機会や自分で選ぶ権利を奪ってきたことが背景にある」と指摘する。

 その上で「当事者側の意見や意思を無視して一方的に『共生』や風化防止を掲げても意味がない。当事者不在で決めてしまった経過を検証し、当事者に真剣に寄り添い、同じ目線で対話して障害者にまつわることを決める機会をつくるべきだ」と話している。

7. 蒲田の富士山[639] ipeTY4LMlXiObY5S 2021年5月01日 10:28:25 : ThU5Gy6dsg : UWU5VlZ1UlRBak0=[67] 報告
脳性まひの男性が「やまゆり園」でのパラ採火中止求める署名2000筆以上集め提出(東京新聞)

2021年4月29日 19時30分

https://www.tokyo-np.co.jp/article/101229?rct=national

 2016年に入所者ら45人が殺傷された相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で東京パラリンピックの聖火を採取しないよう求める署名活動をしていた脳性まひの実方じつかた裕二さん(61)=東京都世田谷区=が28日、神奈川県庁と同市役所を訪れ、オンラインで集めた2000筆余の署名と中止を求める要請書を提出した。

【関連記事】やまゆり園遺族から批判「大会盛り上げへ利用、許せない」
      https://www.tokyo-np.co.jp/article/100459

 同市役所では、対応した担当者に「なぜ園での採火が共生社会実現につながるのか。2000人以上がおかしいと思っているのでやめてほしい」と訴えた。

 採火を決めた市は現在、遺族らから意見を募り、場所の変更を含めて再検討している。(曽田晋太郎)

8. 蒲田の富士山[824] ipeTY4LMlXiObY5S 2021年7月27日 15:00:44 : ThU5Gy6dsg : UWU5VlZ1UlRBak0=[252] 報告
母親「美帆に会いたい」、相模原 45人殺傷事件から26日で5年(東京新聞・共同)

2021年7月26日 03時01分 (共同通信)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/119286?rct=national

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、45人が殺傷された事件は26日、発生から5年を迎えた。事件で娘の美帆さん=当時(19)=を亡くした母親は、代理人弁護士を通じ「美帆に会いたくてたまらない」との思いを報道各社に寄せた。

 事件では元職員の植松聖死刑囚(31)が施設に侵入し、刃物で入所者19人を殺害するなどした。横浜地裁は昨年3月、死刑判決を言い渡し、その後確定した。

 美帆さんの母親は「(美帆さんと)最後に会った7月24日に連れ帰っていれば、園がしっかりと植松に向き合っていてくれたならと今も思います」との心境を明かした。

9. 2021年8月14日 11:54:17 : iFn8MDLkzI : MDE3MTROVWk5anc=[1140] 報告
2016/03/26(土)11:25:37 hef

昔、小学生だったころ1人swバスに乗ってイベントに行った。
1日中遊んで買い物して楽しんだ。
帰りのバス代のため500円だけ残してた。
バスを待っている時に両替するのは面倒だなと思い自動販売機でジュースを買うことにした。
(バスは降りるときにお金を払い、つり銭が出ないので払うときに両替する必要があった)
で、ジュースを買おうとした自動販売機が2機連結したような奴で右の販売機にお金を入れて左の機械からジュースを取り出す感じになった。
取り出し口からジュースを取っている時にチャリンチャリンとおつりが出てきている状態でおつりが全部出るのを待っていたら
30過ぎぐらいのおっさんがつり銭取り出し口からお金を取ろうとした。
その時も別に自動販売機から離れたわけではなくすぐにおつりを取れるようにしてたので俺のだと言うのはわかるはずなのだが
必至になって「ドロボー」と叫びながらつり銭を回収したら、このおっさん「違う、それは僕の!僕が先に見つけたの!」って俺から小銭を奪い取ろうとして来た。

これを取られたらバスに乗れず家に帰れないので必タヒで握りしめながら「助けて!ドロボー!誰か助けて!」と叫んでいた。
殴られて、突き倒されて、指を1本づつ引きはがすようにされてもうダメだってところで警察が来て相手を取り押さえてくれた。

正直、助かったと思ったのだが、なんだか様子がおかしい。
警察署に連れて行かれたのだが、まるでこっちが悪者かのように尋問される。
最初は俺が嘘をついて小銭を盗もうとしてると思われてるのかと思って必死で説明したんだが
どうやらそうではなくてちゃんと事情は把握してるみたいだったのに「君が悪い」って感じに持っていこうとしてる。
おっさんの親が迎えに来たらさっさと帰らせようとしたから「なんで?泥棒だよ?捕まえてよ」って言ったら
「障碍者なんだから罪にはならないんだよ」って説明された。
それでもおかしい、捕まえろ、こっちは殴られてるって訴えたら
「たかだか数百円で大人げない」って叱られた。大人げないって小学生に対して使う言葉だったっけ?
「このお金を取られてたらバスに乗れなくて家に帰れないところだった。」と言ったら、「考えなしにお金を使うからそういう事になる」って説教された。
ちゃんと考えてたよ? 計画的に使ったよ? バス代残してたよ?
泥棒に襲われてお金を奪われた時のことまで考えとかないと考えなしなの?

母親が迎えに来たんだが、母にまで説教をしだして母も「ご迷惑おかけしました」ってぺこぺこしてわけが分からなかった。
「なんでお母さんが謝るの? 僕なにも悪いことしてないよ。泥棒にお金取られそうになっただけだよ?」って訴えたんだが
「しょうがないでしょ相手は障碍者なんだから!」って怒鳴られた。
殴られたといってもあんたが素直にお金を渡さないからだって言われてお金渡したらバス代ないから帰れないって言ったら考えなしに使うからと言われた
ちゃんとバス代残してたのにそれを取られそうになったと言ったら、バス代は別にしてちゃんと隠しとけと言われた

障碍者は犯罪をしても罪にならないのは止めろと言いたい。

10. 蒲田の富士山[896] ipeTY4LMlXiObY5S 2021年9月06日 19:01:19 : ppIazu1xKw : RkNTU081dXc1ci4=[11] 報告
↑スレの主旨からして、すごく、つまんないコメだ。
あんたのその事件のあとで、あんたの人生が、暗転して、不幸になったのか?
そういう事は、あるけど、仕方がない、と考えるべきだ。
なんで、相模原のこの記事に、コメントするのか?

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ