★阿修羅♪ > 医療崩壊4 > 490.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
医療崩壊 つんく、おにぎりダイエットで発がんする! 何をやろうと自由だが・・・
http://www.asyura2.com/14/iryo4/msg/490.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2015 年 4 月 10 日 09:26:37: tZW9Ar4r/Y2EU
 

おにぎりダイエットは、

がんになる為のダイエットである!

悪いことはいわない、

そんな怪しげなカルト・ダイエット、

今すぐ、おやめなさい!


糖質を摂取しながらダイエットを行うと言う、

摩訶不思議なダイエット法があるらしい、

その危険性を本日は指摘する。

いつも書いているが、

人間には、
二つのエネルギー産生装置がある。

ひとつは、
糖をエネルギーにする解糖系のエネルギー産生装置。
(瞬発力や細胞分裂の為のエンジン)

もうひとつは、
酸素を利用し、
脂質をメインに、
ある時にはタンパク質もサブ的に
利用するミトコンドリア系のエネルギー産生装置。
(生命維持のための持続力のエンジン)

以上、この二つがある。

解糖系は通常、体内では
ほとんど日常的には、
利用されない。
(ただし、赤血球では、例外的に24時間利用されている)

解糖系が利用されるのは、
重い物を、息を止めて持ち上げるような緊急時でだけである。
(普通の日常生活ではほとんどないであろう)

あとは、成長期の子どもの細胞分裂等で利用される。

ミトコンドリア系は、
60兆個の細胞内で、
24時間営業、
年中無休で酸素と脂質を利用して稼働しているのである。

ミトコンドリアの活動そのものが、
生命維持ということであり、

我々が呼吸し、
心拍があり、
生きていることができるのも、
ミトコンドリアが働いてくれているからである。

もし、
視床下部があなたの全身の60兆個の細胞内のミトコンドリアに、
「止まれ!」と、
停止の命令を出すと、
我々は死ぬのである。


さて、
本題の糖質を摂取しながら、
ダイエットするという無謀なダイエットの
危険性の説明について書く。


おにぎりは米である。
米は糖質である。
糖質は、
体内でグルコースになり、
さっきも説明したが、
解糖系で利用されるのだが、

糖質ばかり摂取して、
タンパク質や脂質を減らした
食事制限(ダイエット)を行うと

脂質やたんぱく質が不足するので。

以下のような、プロセスで、
糖が代謝されることになる。

<糖代謝のフローチャート>

グルコース→ピルビン酸→アセチルCoA→TCA回路(ミトコンドリア)
    (解糖系)        (酸素)

しかし、人間は、
先に説明したが、
酸素と脂質を利用して、
ミトコンドリアで、
持続可能な
エネルギーを産み出す生物なのである。
そうすべき生き物なのである。


本来の人間のあるべき
酸素と脂質によるフローチャートを
以下に記す。

<酸素&脂質の代謝>

脂肪酸→β酸化→アセチルCoA→TCA回路(ミトコンドリア)
            (酸素)

この、
解糖系を利用しない
酸素と脂質による代謝が、
人間の本来あるべき代謝なのである。

なぜなら、

解糖系は、
何か息を止めて踏ん張る時に、
出番が回ってくるべき、
 緊急時の(たとえば火事場の馬鹿力のようなもの)
エネルギー産生装置なのであって、

本来は、
持続的に継続的に
活用するエネルギー産生装置ではないのである。
解糖系では、持続可能なエネルギー産生は不可能なのである。


<糖代謝のフローチャート>

グルコース→ピルビン酸→アセチルCoA→TCA回路(ミトコンドリア)
    (解糖系)       (酸素)


糖質摂取に重きを置いた
食事制限やダイエットを行うと、
どうなるか?

この糖代謝のフローチャートで、
解糖系をフル稼働させると、
どうなるか?

本来、
息を止めて踏ん張る時くらいしか、
活躍の場がなかった「解糖系」が、
突如、目覚めるのである。


そう、ご主人様が、
糖質ばかり、
食いやがるから、
糖の代謝を重点的に
フル稼働するよう変化するのである。


本来、
ミトコンドリアが、
細胞内の支配権(イニシャチブ)を
持っているのだが、

あまりに、
脂質やたんぱく質の摂取が少なく、
糖の摂取に偏った食生活を行うと、
休眠中の解糖系が目覚めて、
「嫌気的解糖作用の亢進」を引き起こし、
「がん細胞」になってしまうのである。

※これは、過去の私のがんの記述で
 多く説明しているので、
 興味のある方は、
 そちらをご覧ください。

悪いことは言わない、

おにぎりダイエットなどという、
出鱈目ダイエットはすぐにやめて、
脂質とタンパク質と酸素を利用した
糖質制限ダイエットに転向すべきである!

ただ、がんになりたいというなら、
あなたの自由である。

私は止めない!

何を食うのも自由!

がんになるのも自由!

糖尿になるのも自由!

〜今日のポイント〜

過剰な糖質の摂取で、
解糖系が目を覚まし、
台頭し、
ミトコンドリアを制圧し、
「嫌気的解糖作用の亢進」を招き
がんに至るのである。

本来は、

解糖系を経由しない以下の脂質主体のエネルギー産生が、

人間の理想の代謝フローチャートである。

脂肪酸→β酸化→アセチルCoA→TCA回路(ミトコンドリア)
            (酸素)

しかし、おにぎりダイエットのような
糖質過剰摂取の場合、

必ず、
最初に解糖系を利用する代謝フローチャートになり、
本来、休眠していなければならない
解糖系がフル稼働し、
やがて目覚め、
嫌気的解糖作用の亢進を招き、
がんに移行するのである。

<糖代謝のフローチャート>

グルコース→ピルビン酸→アセチルCoA→TCA回路(ミトコンドリア)
    (解糖系)       (酸素)


※必ず解糖系から始まる代謝になり、
 解糖系がフル稼働状態になり、
 それが臨界に達し、
 嫌気的解糖作用の亢進が始まりがんになる。


蛇足だが、

ミトコンドリア病と言う特殊な難病がある。

この病は、糖尿病の患者1%に存在する病だが、

基本は、
ミトコンドリア遺伝子の、
遺伝疾患と言われている。

ミトコンドリアは全て母系遺伝子である。

だから母型を遡り辿れば、
ある程度、
わかるが、

この病の場合、
ミトコンドリアが機能しない
(筋肉や心筋等において)

この場合、

ミトコンドリアが機能しないので、
本来、頼るべきではない「解糖系」に
エネルギー産生を頼らざる負えなくなる。


そうすると、
すでに述べたように、
解糖系のエネルギー産生は、
瞬発力であり、
持久力や持続力にかけるので、

患者は、強烈な倦怠感に
継続的に苛まれることになる。

さらに、解糖系に依存しているので、
その代謝物である乳酸やピルビン酸で、
細胞内が満ちてくるのである。


ツンクが信奉したという、
「あにぎりダイエット」も、
解糖系依存の代謝にシフトしているので、

強い倦怠感に苛まれ、
血糖値の上昇で、
インシュリンが分泌され
その結果、
不自然な形で脂肪酸の合成(中性脂肪)が
行われるので、
この代謝の過程で、
さらなる倦怠感が全身を襲うことは必至である。


知性があるなら、
おやめなさいといいたい。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. BRIAN ENO 2015年4月10日 14:13:49 : tZW9Ar4r/Y2EU : xeeQ8NNpCA
つんく 発がんの 経緯を想像してみる。

@おにぎりなどの糖質の過剰な摂取による
 嫌気的解糖系の亢進。

A夜更かし、睡眠不足、不規則な生活で、
 嫌気的解糖作用の亢進。

B飲酒や喫煙(これは未確認)による
 嫌気的解糖作用の亢進。


C仕事上およびプライベートな生活におけるストレスによる
 交感神経の亢進による嫌気的解糖作用の亢進。

D声帯に負担のかかる歌唱法を
 続けたことによる声帯の中長期に渡る
 炎症が原因で嫌気的解糖作用の亢進。

あとは、持病を持っていたか否か等の不明な点が
多いので、
このあたりにしておく。

皆さまも、
お気を付けください。

補足ですが、

幕内という人物が、
糖質の摂取を薦めたという情報もあるようだが、
未確認である。



02. 2015年4月11日 17:12:46 : b5JdkWvGxs
また嘘言ってる

癌は発癌物質が体内に蓄積されるのが原因

糖質は関係ない


03. 2015年4月11日 21:00:58 : b5JdkWvGxs
米食の日本では明治時代以前は胃癌と子宮癌以外の癌はなかった

冷蔵庫が普及してから胃癌は激減

内風呂が普及してから子宮癌は激減


旧来の日本食を守っていれば癌にはならない



04. 2015年4月12日 08:59:28 : shezvtqT1U
で、この投稿者はどれくらいの学術的知識があるの?
学術的知識があるとすればどこで仕入れたの?
怪しげな健康食品のセールスレベルにしか見えないんだけど。

05. 2015年4月13日 16:53:56 : q6BezHx53c
テレビで緒方洪庵(福沢諭吉の師匠)が(記録が残っている中で初の)乳がん切除を行った事を絵師が描いた絵を見たぞ。ガンは昔からあったってことだ。

06. 2015年4月15日 11:47:38 : b5JdkWvGxs
乳がんはホルモン異常が原因だから糖質とは関係ない

07. 2015年4月21日 20:43:27 : LBtbDXFoS6
癌になるならないは別の話だが、昔の日本人だって米ばっかり食ってたわけじゃない。
というか、税金(年貢)や武士の給料にもなってた米を好きなだけ腹いっぱい食えていた人はむしろ少数だろう。

米だけで補えないエネルギーを利用可能なありとあらゆるもので補っていたはずだ。戦前戦後の話だが、山の麓で育ったうちの母の思い出話だと、川魚獲ったり、沢ガニ獲ったり、ウサギやニワトリ育てたり、祖父さんが山仕事の合間にマムシ獲ったりして来たそうだ。(もちろん、みんな食べるためね)

もっと山奥へ行くと罠仕掛けたり、鉄砲ぶったりして、イノシシとか獲って鍋る(なべる)の当たり前だったと同世代の友人から聞いて驚いたこともある。

それからもっと日常的な摂取で、忘れちゃいけないのが大豆を含む豆類ね。畑の肉ともいわれる蛋白源で、動物蛋白を摂れない坊さんたちの考えた精進料理の主役的存在。
肉を食わないならせめて豆を食わないと。


8. 2016年10月16日 22:05:45 : RhUsUjYELI : SdalhQSY7EE[1]
まぁ本人は「おにぎりダイエットのルール」なんて得意気にブログに書いてたからね
おにぎりのせいで癌になったのかは分からんけど
偏った食事はよくないってことね

9. 初惠[1] j4mcqA 2017年6月29日 03:36:57 : VBnFf06Sj2 : i3UwzfUWoNc[1]
米と癌は全くの無関係です。
誤解を招くような記事はやめていただきたい。

10. 2020年1月07日 16:28:44 : qXuPVYJPnQ : L0QuQ0FCUS5CbkE=[19] 報告
戦前の日本人は米を4合くらい一日で食べてたけど、ガンは少なかったよ。

むしろ、戦後、外食が増えて、米を一日に1合食べるか食べないかになってきたけど??

米のせいではないでしょ。明らかに。

11. 2020年1月08日 20:54:56 : Wakj4OTlPw : UmtkU0tXQU00RHc=[6] 報告
本来の小麦の遺伝子を
いじりまくった挙句の輸入小麦や、
除草剤成分が混入した小麦や他の農作物
のほうが遥かに危険そうですね。

がんとは明らかに、電磁波、放射性物質の体内摂取、
安易な健康診断、
日用品や食料品に加えられている
毒物・化学物質などによる、
複合的な、環境・体内汚染が結果でしょうね。
まだまだ学ばなくては。

みなさんの情報に感謝して、
周りの人たちに警戒するよう伝えます。

12. 2020年1月08日 21:22:07 : Wakj4OTlPw : UmtkU0tXQU00RHc=[7] 報告
とてもよい動画がありましたので
お時間ありましたらぜひ見ておいて下さい。


小麦製品における農薬「グリホサート」残留調査 1st by農民連食品分析センター
https://www.youtube.com/watch?v=r_0nQLnJ-7I

調査して下さった方に感謝申し上げます。

13. 2020年1月17日 20:22:26 : dd6UOO1Iuc : bWtPU1Q1c0xwdGs=[1] 報告
炭水化物を多くとったからガンになるのではなく、ガンの食べ物が炭水化物であるということ
14. 2020年1月27日 14:24:11 : qXuPVYJPnQ : L0QuQ0FCUS5CbkE=[24] 報告
>>炭水化物を多くとったからガンになるのではなく、ガンの食べ物が炭水化物であるということ

それ単なる屁理屈でしょ。

なら、肉だけ食べてればガンにならないと言うことかよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊4掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊4掲示板  
次へ