★阿修羅♪ > 国際8 > 544.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
あのスノーデン氏が“地底人類”の存在を暴露していたのか? (神州の泉)
http://www.asyura2.com/14/kokusai8/msg/544.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 29 日 01:01:04: igsppGRN/E9PQ
 

あのスノーデン氏が“地底人類”の存在を暴露していたのか?
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2014/04/post-7f85.html
2014年4月28日 神州の泉


驚いた!あのスノーデン氏が“地底人類”や“白人宇宙人”の存在を暴露したのか!?

元CIA職員のスノーデン氏のことを調べていたら、ふとこんな記事が目に着いた。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1404/15/news064.html

「元CIA職員のエドワード・スノーデン氏がNSAの極秘情報のリーク先に選んだ英Guardianと米Washington Postが、2014年のピューリッツァー賞の金メダルを受賞した。」というものだった。

また、今年の1月、ノルウェーの元環境大臣からノーベル平和賞候補に推薦されたという話もある。よく分からないのだが、こういう扱いはウィキリークスのジュリアン・アサンジ氏と同系統のものとして踏襲されているのだろうか。

ウィキペディアによれば、エドワード・ジョセフ・スノーデン氏の経歴は、アメリカ合衆国の情報工学者であり、中央情報局及び国家安全保障局の局員として、アメリカ政府による情報収集活動に関わっていたという。

2013年6月、香港で複数のメディアを通じてアメリカの国家安全保障局(NSA)による個人情報収集の手口を告発した。すぐあとに米司法当局により逮捕命令が出され、いろいろな経緯があったが、今はロシアに滞在中という。

スノーデン氏の米国NSAの個人盗聴体制の暴露は、ガーディアン紙とワシントンポスト紙という、世界的にも有名な大手一般紙が取り上げたから、またたくまに全世界にそのニュースは広がった。

しかし、大国によるそのような傍聴体制・通信傍受体制というのは昔から常識的に知られていて、有名なものが“エシュロン”の存在である。この暴露の件が、世界伝播というニュース性を持ったのは、スノーデン氏が国家安全保障局(NSA)に勤めていて、かなり高度な国家機密情報にふれる機会があったという、その一点だろう。

それはいいとして、神州の泉はスノーデン氏にかかわることとして、最近まで知らなかった情報を一月ほど前にみてびっくりした。

http://news.livedoor.com/article/detail/8130077/

http://news.livedoor.com/article/detail/8132008/

それは、インターネットのニュースサイト『インターネット・クロニクル』に掲載された情報である。(その時点はよく分からない。2013年なのか?)

内容は「地球の地下に、人類よりさらに"知的な現生人類"が存在することを記した文書をスノーデンが明らかに」というものだった。

上記サイトに出ている超常現象研究家・並木伸一郎氏が述べていることを引用すると。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

UFOについての政府公式見解として発表されて来た『風船』や『自然現象』はもはや無理がある。いくつかの秘密文書は、我々よりはるかに高度な知的生命体の存在を示している。最も確実で不可解な観測は、海底の熱水噴出孔へ入って行ったり、太陽の軌道に入って行ったりする"乗り物"だ。

(その"乗り物"を操っている存在については、)弾道ミサイル追跡システムと深海ソナーの情報が、国家機密になっている。機密に触れられる国防高等研究計画局の請負業者のほとんどは『地球のマントルに我々よりはるかに知的な生命が存在する』と確信している。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

というものであり、スノーデン氏はこの地球のマントル部分に高度な生命体が存在していて、UFOは彼らが飛ばしているという驚くべき話なのである。東洋経済オンラインは『インターネット・クロニクル』自体の信憑性を疑っているが、それはさておいて、この話は実に興味深い。

地底人とUFOにかんしては、日本でもそうとう以前からライターの飛鳥昭雄氏も言及していて、神州の泉も信憑性判断は抜きにして興味深く読んでいた。同じ構図の話が全く無関係な二人から別個に出てきていることは面白い。

神州の泉が言いたいことはこうである。

スノーデン氏発の2種類の情報が、米国家安全保障局(NSA)にかんする方は大々的に世界で注目され、取り上げた英米の大手一般紙はピューリッツァー賞の金メダルまで受賞しているのだが、“地底人暴露”の方は、なぜほとんどが、論評などでだんまりを決めこんでいるのかということだ。

普通に考えれば、同じ人物が発した2種類のリーク情報は両者とも同じ重要度、同じ関心度で見ないと変だろう。むしろ、マントルに地底人がいて、そこからUFOが飛んできているということの方がはるかに興味深いと思うのは自分だけではないと思う。

論理的に考えて、後者のリーク情報をデンパチックなトンデモ情報だと決めつけるなら、最初のNSA関連情報もトンデモだと決めつけなければ筋がとおらないことになる。もし地底人情報がスノーデン氏を囲っているロシアから出た似非情報だとすれば、それもなにか筋がとおらない。

なぜなら、スノーデン氏が握っているのはアメリカの秘密情報であって、ロシア側がその情報の確度を攪乱情報で希釈することは考えにくい。盗聴システムなどだれでも知っていることであり、ロシアが独り占めする理由はない。


それにしても、理解の範疇外にあるものは徹底して無視しようということなのか(笑)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月29日 01:16:00 : dp4XTYfT2A
それをスノーデン氏が言ったかどうかは知らないが、マントルあたりにどうやっても人間が住めるとは思えないのだが?マントルの温度とか対流とかはどうするんだ?

02. 2014年4月29日 01:47:17 : 5Hz0vcyLgo
SnowdenはBob Lazarに似て来た感がある。
この両者の対談とか実現しないものですかね

>>01
外国の記事を見ると、みなin the mantleとなっているから、マントル内部のことらしいですね


03. 2014年4月29日 21:47:05 : VA5cI7DRlM
精神生命体みたいな奴で 地表なんぞにまったく興味が無くて
人類みたいな蚤には気が付いて無いし 興味も無い生命体なんだろうね

04. 2014年4月30日 13:45:22 : OlPkqG2p32
エンリケ・バリオス著「アミ小さな宇宙人」という本の中で、スノーデン氏の言うとおり
地球内部に我々より高度に進んだ人類が住んでいるという、全く同じような話が出てきますが、こういったファンタジーや昔から伝わる童話などには、もしかしたらある意味真実が含まれているのかもしれませんね。
我々人類が、この広大な宇宙において人類こそが一番進んでいる種という、何の根拠もない自惚れと勘違いがあるので、受け入れがたい事実を少しでも受け入れやすいように、童話やファンタジーで提示ひているような気さえする時があります。
まあ、前途の本にはスノーデン氏が某露したような話が出てきますが、事実かどうかはともかく、その地球内部に住んでいる人達は、我々人類が地上に現れるずっと以前からそこに
住んでいるとの内容。
ファンタジーに事実が合致したら、それは素晴らしく面白い。

05. 2014年4月30日 18:03:31 : rrhrFN6JLd
世銀だったか退官した女性もマントルに住む地底人の事を暴露していたと思う。

06. 2014年4月30日 19:12:04 : AFeDNVWSIk
スノーデンのトンデモ炸裂

07. 2014年4月30日 21:14:42 : Fz9HdhePO6
仮に地底人類が存在したとして、
一般大衆の目から隠す意図が解らない。

聖書の記述と矛盾するとか?


08. 2014年5月01日 01:18:31 : IrRFTlYWOg
ヨーロッパとアジアを比較すと、ヨーロッパはその地理的要因から自然災害が圧倒的に少なく、それ故に文明の維持と科学の発展に有利だった。
アジアは常に自然災害にさらされ、しばらく「猿の時代」が続いたわけだ。
だから、自然災害から逃れるという目的で地下にもぐる文明も選択として有りかもしれない。

09. 2014年5月01日 07:08:37 : 85kpqqjgic

地球の内部が空洞とかチテ人が住んでる論などナンセンス。

ソーラーシステムの成立は猛烈な速度でスパイラル運動をするチリやガスが基になっている。

重力が生まれ始めて惑星が成立する過程において内部に空間が生まれる余地などない。

マンホールじゃあるまいし、高圧で緻密なマントルに人が住むなど馬鹿の妄言でしかないだろ。

人間が地上に住んで進化を遂げたからこそ文明を築いているのが真実だ。

まったくカルト脳の花畑は非科学的で非現実的な妄想しか育たない。

hahahahahahahabaka




[12削除理由]:言葉使い&アラシ

10. 2014年5月01日 07:32:30 : Fz9HdhePO6
>>08さんへ

なる程面白い考え方です、
地表面で発生し、進化した生命体が
その後、太陽光の届かない洞窟や地底湖等で独自進化した例として
体が白く目の退化した魚類とか、光るキノコとか居ますが。
人間のように既に高等進化した生命体がそのような環境下で
生きていけるものなのでしょうか?

食料一つ取ってみても、米や野菜が暗闇の中で満足に育つとは思えません、
地球内部には巨大空間が広がり、
太陽も海も存在するという説も有りますが、
そのような快適な世界をアジア人が発見したのなら、
ヨーロッパから世界中に散って行ったキリスト教宣教師や、
大航海時代の人々が見つけられないというのは無理が有るかと?
発見されればたちまちのうちに侵略されてしまいそうなものですが、
その頃には既に彼らは侵略者が手出し出来ない程の科学力を基礎に
強大な軍事力を獲得していたと?
それならば尚の事に恐れ、追い越そうと努力し、現在でも続いている筈です。
逆に彼らの側が、中国やモンゴルのように覇権を広げようと
地上侵攻して来ないのも不思議です。

そしてやはり一度発見した地底に住む民族と、彼らの文明とを
一般大衆の目から隠す合理的理由が不明です、
コッソリと一部特権階級が恩恵を受けているとか、
既に世界を影で操っているとかの説は、
世界史に照らし合わせて無理が有るかと思いますが?


11. 2014年5月01日 15:11:00 : OqyX7mHgv2
>スノーデン氏発の2種類の情報が、米国家安全保障局(NSA)にかんする方は大々的に世界で注目され、取り上げた英米の大手一般紙はピューリッツァー賞の金メダルまで受賞しているのだが、“地底人暴露”の方は、なぜほとんどが、論評などでだんまりを決めこんでいるのかということだ。


これは確かにおかしいですね。

地動説を唱えて異端審問にかけられ有罪になったガリレオの時代からそうですが、結局、人類はいつまでたっても進歩がないということでしょうか?

コペルニクス的転回は十分にまだまだ起こりえるでしょう。

むしろ、宇宙のすべてを分かっていると思うほうが不自然です。

それに、実際に地球内部に高度な文明が存在したと仮定した時に、その存在を隠す理由が見当たらないという意見も多いですが、私は隠すほうが自然だと思います。

だって、何千年もかけても未だに同じ種同士で殺戮しあっている人類という非常に遅れた野蛮な文明に何故遥かに進化した存在がその存在を明かす必要があるのでしょうか?

それは、我々が言葉も通じないような未開のジャングルに入っていくようなものなのではないでしょうか?

私が、地球内部の存在なら絶対に関わりあいたくありません。同じ種同士での無意味で野蛮な殺戮を繰り返すことを止めるくらい成長したときに初めて考えるでしょうね。


12. 和楽踊り 2014年5月01日 22:05:45 : 9hkFjVd/uY9Ag : FtSnptafMA
ロシアに逃げたものの、アメリカ育ちのSさんには暮らし辛い。
かくして地底生活を夢想しているのか?
それともアメリカ軍の奪還を怖れて、ICBMの格納庫で暮らしているのかも!!

13. 2014年5月02日 13:23:05 : 85kpqqjgic

スノーデン氏の言葉に何らかのメッセージ性は感じ取れるのだろうか。

思い当たることは人それぞれ異なるかもしれない。

例えば、スノーデン氏はアメリカの情報機関で勤務していた経験があるから、世界の思想を大まかに捉えていたと考えられる。

  >>地球の地下に、人類よりさらに"知的な現生人類"が存在することを記した文書

その文書の内容の真偽はともかく、文書の存在自体を否定せずに考えるとしたら、世界三大宗教の一つである仏教において重大な根拠があると指摘することができる。

即ち、釈尊が説いた法華経二十八品のうち、妙法蓮華経従地涌出品第十五(じゅうじゆじゅつぼんだいじゅうご)という仏教の経典が文献として現存し、複数の国々がその研究成果を修めている現実があります。

もちろん、阿修羅でも法華経を否定する人間もいれば、誹謗する人間も少なくないことも現実ではあります。そもそも法華誹謗の学者らが言う謬説は妄語の如しの通り、仏教の惑乱する現実を以て信じるに値しないということである。

その従地涌出品第十五の大意といいますのは、釈尊がつらつらと説いてきた妙法蓮華経安楽行品第十四(あんらくぎょうぼんだいじゅうし)に至るまで、衆生を化道(けどう)してきたところ、いよいよ仏教を世界に伝道すべしと菩薩の道を喚起しようとするのですが、我らこそはとエリート意識を持つ皆々が釈尊に請い願っても、釈尊はこれら迹門を修めただけの迹化(しゃっけ)の菩薩らには弘教を許さなかったのであります。

そして当然のように衆生に戸惑いのような道執生疑(どうしゅうしょうぎ)が起こります。やる気満々だった優秀な就学僧らは釈尊から仏教の伝道を断られたのですから、白けるは怒りが込み上げるは、疑念が湧くはで意気消沈でもしたのでしょうか。

そして迹門の大地を破って、上行(じょうぎょう)、無辺行(むへんぎょう)、浄行(じょうぎょう)、安立行(あんりゅうぎょう)の四菩薩を上首として本眷属(ホンケンゾク)であるところの六万恒河沙の菩薩衆を召して涌出させたのであります。(ろくまんごうかしゃ:恒河はインドのガンジス川、沙とは砂のように無数にあるという意で、その六万倍の無数をいう。)

法華経の二処三会(にしょさんね、にしょさんえ)といって、法華経は妙法蓮華経序品第一から見宝塔品第十一(けんほうとうぼんだいじゅういち)の半品までは霊鷲山(りょうじゅせん:古代インドの魔訶陀国の首都の東北に位置する山の名)において実際に説法されていますが、上行菩薩を上首とする地涌の菩薩に法華経が付嘱される儀は虚空会(こくうえ:仏と一切衆生が住在する人間の意識で感ずる世界)において行われたことを、仏教学者など多くの人間が理解しなければならない仏教の本質的なことであろう。

地より涌き出るとは、一般の人間が高い位にある僧などより、本心から仏教の真実の教えを世界に広めようと不退転の決意をする人間に対し、如来の本眷属たる菩薩であることを教えるための虚空会の儀式の壮大さを言い表しているのではないでしょうか。



[12削除理由]:言葉使い&アラシ

14. 2014年5月05日 12:33:49 : 85kpqqjgic

  >>二処三会(にしょさんね、にしょさんえ)について

どなたかノアの箱舟を出してくれませんか !?


Good luck !!



[12削除理由]:言葉使い&アラシ

15. 2014年5月24日 03:34:34 : AiChp2veWo
■「マントルあたりにどうやっても人間が住めるとは思えないのだが」。あすか氏によれば亜空間ということだ。つまり同じ地球内部でも、次元が違う物質空間があり、そこに彼らはいる、こういう事だ。フィラデルフィア実験の話がある。物質を(この場合は戦艦)原子状態のばらばらにして、遠方にテレポートさせるというやつだ。それが失敗して甲板やその他の金属などと兵士が融合してしまって阿鼻叫喚の恐ろしい惨状になったらしい。物質が物質を通過させる事もできるという事だ。同じ場所に二つの現実世界が共存できるというわけだ。ところでここで自分が感じているのは、強力な原発事故などはこの亜空間にも影響をおよぼすのではないかと懸念している。時間軸も破壊しかねない。義ある優秀な天体物理学の専門家の方に説明を願いたいものだが。

16. 2014年6月16日 22:14:35 : Eh2nkojvQU
>強力な原発事故などはこの亜空間にも影響をおよぼすのではないかと懸念している。時間軸も破壊しかねない。
プラズマに関するブログの中に、大震災の折、複数の人がいわゆる光る雲の中でそれを見たというのを読みました。つまり、被災地を車で進んでいる最中に乗車中の車両が光るモヤのような霧に突っ込み、その時現代にはあり得ない風景を車の周りに見たという証言が多数あるようです。もっとも、賢明な>15氏は既にそれを知っているでしょうが、参考までに。

17. 2016年9月04日 22:25:35 : nrNpN2FpMw : uct@LITvnMc[1]
都市伝説の作り方

.....ってスノーデンが暴露したらしいよ


18. 2017年1月24日 11:10:31 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[568]
この地球(上ではない)には、我々を指す人類の他に、二つの人類が共存しているというソースは、実は46,7年前から在る。普通の人たちは安易にトンデモとスルーできる内容だろうが、そもそも地球の歴史のほとんどの真実を我々は知らない。ただ解釈にて真実を覆い隠して防御膜を張っているだけだ。数万年前の歴史の痕跡さえ、我々は正しく認識する理解を何らもてていないのだから当然と言えば当然だ。かといって無視出来るものでもない。ピレネー山脈の地下に広がる大空洞は、前前史人類の遺産をのちに発見したある宗教一派が信仰の聖地として洞窟修道院化した(それで意図せずカモフラージュされた)ものだしね。その内、大きな歴史的発見もリークされる筈だ。スノーデンを検索していて辿り着いた。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧