★阿修羅♪ > 国際9 > 102.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
拷問や虐待で「自白」 イラク問題の背景に人権侵害〈AERA〉
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/102.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 02 日 16:22:35: igsppGRN/E9PQ
 

拷問や虐待で「自白」 イラク問題の背景に人権侵害〈AERA〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140702-00000011-sasahi-m_est
AERA 2014年7月7日号より抜粋


 イラクで、政府軍とアルカイダ系武装組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の戦闘が激しさを増す。その背景にあるものとは。

 イラク北部の同国第2の都市モスルがイスラム過激派のアルカイダ系ISISに制圧された。6月10日、市内に現れた武装集団を前に、軍も警察も総崩れになって逃げ出した。

 全くの不意打ちだった。2011年末に米軍がイラクから全面撤退して以来、シーア派主導のマリキ政権の下で政治も治安も安定していた。中東の強権体制が次々と倒れた「アラブの春」でも揺るがなかった。4月末に投票があった議会選挙でマリキ首相の会派が第1党となった。そんなイラクの安定が、あっけなく崩れた。

 ISISはモスルからさらに南のティクリートを制圧し、シーア派の聖廟があるサーマッラに迫り、さらに「バグダッドを目指す」と宣言した。マリキ首相は、「国民はすべて銃を持ち、テロリストと戦え」と、訴えた。それに呼応するように、シーア派最高権威の大アヤトラ、シスターニ師は「ジハード(聖戦)」を宣言した。

 マリキ首相は国をあげての「テロとの戦い」という構図を示し、米国にISIS支配地域への空爆を要請した。

 しかし、スンニ派から出てきたのは全く別の図だった。スンニ派の、ハシミ元イラク副大統領は、今回の危機について、「ISISの動きの背後には、抑圧され、排除された者たちの反乱がある」とする。スンニ派の最高宗教指導者リファイ師も、衛星放送のアルアラビアに登場し、「マリキ政権に対するスンニ派部族の反乱である。政権は人種差別体制である」 と非難した。同師はアルカイダなど過激派の宗教者ではなく、伝統的な宗教者である。

 マリキ政権の人権侵害について、国際的人権組織「アムネスティ・インターナショナル」は、13年の死刑執行が169人で、イラク戦争後最多とし、「死刑判決の被告は弁護人を付けることができず、拷問や虐待で得られた“自白”による」と報告書で批判した。

 今回の危機の背景に人口の4分の1を占めるスンニ派の不満があり、マリキ政権の国内統合の失敗という構図が浮き上がる。それを武力で排除するならば、シーア派対スンニ派の内戦にもなりかねない。米国は「テロとの戦い」から距離を置いて、空爆は行わず、300人の軍事顧問団の派遣にとどめている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧