★阿修羅♪ > 国際9 > 213.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「毒食肉」の源はアメリカ?:あの胸が悪くなる状況は上海福喜食品の米国親会社OSIの米国内工場も日常茶飯事でより過激!
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/213.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 7 月 29 日 16:53:08: Mo7ApAlflbQ6s
 


 日本で対米従属根性(“米国に気遣い米国からのお褒めをいただくことを期待する精神性”と柔らかい表現で言ってもいいが)がもっとも強い分野の一つである大メディアは、あの胸が悪くなる食肉加工シーンを繰り返し報道しているが、渦中の「上海福喜食品」が米国系資本の中国子会社であることにはまったくと言っていいほど触れていない。

 日本マクドナルドなどの日本企業が、“食の安全についてはあやしい”と考えている中国からでも大々的に輸入を行ってきた大きな理由は、「上海福喜食品」が米国OSIの子会社であることに尽きるだろう。

 米国マクドナルドは、映像に撮られていれば「上海福喜食品」のそれよりも見る人に衝撃を与えるはずの所業を行っているOSIとの取引を継続するようだという。

========================================================================================
『ニューズウィーク日本版』2014−8・5
P.17

「毒食肉」の源はアメリカ?

 中国と日本、アメリカのファストフードチェーンに使用期限切れの鶏肉と牛肉を販売し、多くの取引先と消費者を激怒させた上海の上海福喜食品。ケンタッキー・フライドチキンやゼザハットを傘下に持つ米ヤム・ブランズなど大口顧客を次々と失うなかで先週、同社幹部ら5人が刑事拘束された。

 これを受け、上海福音食品の親会社である米イリノイ州の食材卸大手OSIグループは声明を発表。「心からおわびする。再発防止に全力を挙げる」と謝罪した。シェルダン・ラビンCEOは一連の問題について、「絶対に許されないことで、衝撃を受けている」と強調した。

 しかし、OSIの問題は上海福喜に限ったことではなさそうだ。先週まで6年間、ウエストシカゴにあるOSIの巨大な食肉加工工場で働いていたローザ・マリア・ラミレスは「床に落ちた肉を拾って生産ラインに戻すのは日常茶飯事」だった、と言う。それどころか「肉に唾を吐いたり、顔の汗が垂れるままにしたり、かんでいたガムをうっかり落としても見つからなければそのままにした。生産エリアに入る従業員は全員手を洗うことになっているが、ほとんど誰も洗わない」と言う。

 ラミレスの話は、匿名を条件に取材に応じた元従業員の話とも一致する。生産ラインのチームリーダーをしていた元従業員も、食品安全や労働法上の違反は「毎日のように」行われていた、と語る。「誰かが床に落ちた肉をラインに戻したらすべての肉を捨てる規則だが、上司に言っても相手にされなかった」

 牛の毛の処理も問題だったと、元従業員は言う。牛を処分するとき、どうしても肉に毛が入り込んでしまう。生産ラインで毛を見つけたら肉ごと捨てる決まりだが、実際には毛だけ取り除いてそのまま流してしまうこともある。こうした異物を取り除く作業の前後にも、手袋を替えることはほとんどないと言う。

 また労働規則も無視されていたと2人は口をそろえる。OSIは、在職期間の長い従業員にはイリノイ州の最低時給8.25ドルを上回る10ドルを払っていたが、ラミレスによると労働環境は最低で、「ラバのように働かされた」と言う。
 米マクドナルドは、上海で問題が発覚した時点ではOSIとの関係は維持するとしていた。まだ気は変わらないだろうか。

コナー・シーツ」

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月29日 17:43:47 : nJF6kGWndY

>大メディアは、あの胸が悪くなる食肉加工シーンを繰り返し報道しているが、渦中の「上海福喜食品」が米国系資本の中国子会社であることにはまったくと言っていいほど触れていない

別に反米反日でも気にはしないが、取りあえず事実を見た方が良いだろうな


http://www.asahi.com/articles/ASG7S4PY9G7SUHBI00W.html
中国の食品会社「上海福喜食品」が期限切れ肉を使っていた問題は、中国でも衝撃をもって受け止められている。消費者から信頼されていた外資系企業が引き起こしたためだ。背景には外資系が「たたかれやすい」中国の事情もある。

 上海福喜は、米国の食品卸売り大手OSIグループ企業だ。中国の有名な外資系ファストフードチェーンのほとんどが取引をしていたため、影響はさらに広がっている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140723/chn14072317180007-n1.htm
外資たたき? 中国紙、「米子会社」を強調
2014.7.23 17:18 [食の安全] 
上海福喜食品の工場で、手持ちぶさたにしている従業員=20日、上海(AP)

 上海の食品会社「上海福喜食品」が使用期限切れの鶏肉を販売していた問題で、23日付の中国英字紙チャイナ・デーリーは社説で同社が米企業の子会社であることを強調し「外資だからといって危険な行為が見逃されるべきではない」と批判、「外資たたき」の一面ものぞかせた。

 上海福喜食品は、米食肉大手OSIの子会社。チャイナ・デーリーは、外資系企業であることを念頭に「中国では(衛生管理などで)手を抜いても、支払う代償は小さいと思われてしまう」と指摘、関係者の厳正な処分が必要だと訴えた。

 中国では国営メディアを中心に、外資系企業がやり玉に挙げられることがある。中国で自国商品の品質や当局の監督への不信が高まる中、外資でも同様の問題があると強調し、焦点をぼかす狙いがあるとも指摘される。(共同)


http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140724/269168/
上海福喜は、米食品卸売会社OSIグループの中国法人、中国福喜の子会社の1つ。OSIは厳しいサプライヤー基準を設ける世界企業にも商品を納入しているだけに、衝撃は大きい。
7月24日の財新メディアによると、上海福喜から商品を調達できなくなったことを受けて、中国のマクドナルドが河南省廊坊にある、河南福喜の工場から原材料を調達すると発表したのだ。河南福喜は、2013年秋に最新設備が稼働し始めたばかりだという。安全を見込んだ上での決定なのだろうが、疑いのかかっているグループ会社に仕入れ先を変更するなど、日本ではまず考えられないことだ。


02. 2014年7月29日 21:10:24 : TCwCktZZpU
>>01

何が言いたいのか不明。
アメリカの親会社は悪くないとでも言いたいのかね。


03. 2014年7月29日 22:59:40 : cQ79uxHmns
▼肉骨粉のレシピ
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/133.html

04. 2014年7月30日 01:24:24 : yf2Iw0rBDE
>>02は超低能?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ