★阿修羅♪ > 国際9 > 274.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自身を排除する動きを警告されていたマリキは首相指名を拒否する大統領の公邸を治安部隊で包囲(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/274.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 8 月 11 日 18:02:05: igsppGRN/E9PQ
 

自身を排除する動きを警告されていたマリキは首相指名を拒否する大統領の公邸を治安部隊で包囲
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201408110000/
2014.08.11 17:18:47 櫻井ジャーナル


 次期首相の指名をめぐってヌーリ・アル・マリキ首相とフアード・マアスーム大統領が対立しているイラクで新たな動きがあった。議会の第1勢力から首相を指名することを拒否している大統領をマリキは批判、治安部隊をバグダッドの中枢部に展開し、大統領の公邸を包囲したという。

 4月に行われた選挙の結果、第1勢力はアル・マリキを支える「法治国家連合」。全328議席のうち92議席を獲得した。ムクタダ・サドルが率いる勢力の34議席とイラク・イスラム革命最高評議会の31議席を加えたシーア派連合は157議席に達し、スンニ派連合の59議席、クルド連合の55議席を大幅に上回る。本来ならマリキが次期首相に指名されるのだが、それを大統領は拒否している。

 こうした事態を招いた一因は同盟者の間での対立にあるのだが、その背後にはアメリカ政府が存在する。4月の選挙結果はアメリカにとって好ましいものではなかったのだ。選挙の前月、マリキ首相はサウジアラビアやカタールを反政府勢力へ資金を提供していると批判しているが、こうしたペルシャ湾岸の産油国はアメリカやイスラエルと同盟関係にある。これは本ブログで何度も書いたことだ。つまり、マリキは暗にアメリカを批判していた。

 北部の油田地帯やダムを制圧、バグダッドに圧力を加えているIS(ISIS、ISIL、IEILとも表記)は現在、サウジアラビアのアブドゥル・ラーマン・アル・ファイサル王子が資金を出している、つまり雇っている。制圧した地域の武器庫から武器/兵器を持ち出しているだけでなく、アメリカ/NATOから武器を調達、2012年にはヨルダン北部に設置された秘密基地でCIAや米軍の特殊部隊から主要メンバーを軍事訓練をうけたともいう。マリキが行った批判は正しいということだ。

 6月の始めにISは大攻勢をかけてモスルを制圧、銀行から約4億2900万ドルを奪い、保有する総資産は20億ドルに達したと言われている。その際、イラク軍の指揮官は戦闘を回避したようで、マリキ首相はメーディ・サビー・アル・ガラウィ中将、アブドゥル・ラーマン・ハンダル少将、ハッサン・アブドゥル・ラザク准将、ヒダヤト・アブドゥル・ラヒム准将を解任した。

 そうした中、登場したのがロシア。ウラジミル・プーチン大統領はマリキを支援すると表明、マリキの政敵が「西側」の後ろ盾や地域の有力者からの支援を目論見ながら彼を排除する工作を進めているとも伝えたようだ。そして6月下旬、中古ながら5機のSu-25近接航空支援機をイラクへ運び込んでいる。こうしてみると、今回、マリキがとった行動は反マリキ派の動きを睨み、周到に準備されたものだったと考えるべきだろう。

 ウクライナでもそうだが、イラクでも外国勢力に買収された軍の幹部に対する怒りが兵士の間で高まっている。その怒りを味方につければ、マリキはアメリカ/イスラエル/サウジアラビアの攻撃に打ち勝てるかもしれない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月13日 16:25:06 : FGyGJ1TwO2
議会の多数派が首相になって組閣しなけりゃ行政は動かないだろう、マリキの怒りは当然のことで、こんな非民主的なやり方をすれば増々イラク政府は弱体化するに決まっている。
アメリカの都合ばかりで世の中が動くとまだ思っているオバマは馬鹿だ。

02. 2014年8月13日 21:57:56 : sUVFuNQi1Q
イラクで権力者が生き残るとすれば残念ながら米国やロシアなどの大国の力にすがっては生き残ることはできない。

権力闘争では軍を握ること。
そして権力を握ったら軍を遠ざけること。
周りを地縁血縁で固めること。
そのために出自の地域から宗派民族に限らず、これといった者を登用すること。
軍の重要ポストには本来敵対しているといわれる宗派民族から部族を通して上に吸い上げて懐柔策を講じること。
部族を活用し、部族の長に取り入り微に入り細に入り要望困りごとに耳を傾け、適所に適えて信頼関係を築くこと。
少数宗派、少数民族を保護し、反体制派及び民族主義者、宗派主義者を監視摘発すること。
とくにイスラエルの諜報活動には秘密警察と監視の目を市民を通して告発密告制度を築き上げること。
そのためには軍事独裁は不適切であり、一党独裁が適していること。

以上、かつてサダム・フセインとバース党がイラクを支配してきた要因を書いてみた。


03. 2014年8月15日 06:41:44 : Ed0D1MhLBs
イラクのマリキ氏が続投断念、次期首相候補アバディ氏に支持表明
2014年 08月 15日 06:25 JST
[バグダッド 14日 ロイター] - イラクのマリキ首相は次期首相候補に指名されたハイダル・アバディ氏に対する支持を表明し、続投を断念した。

イラク国営テレビが14日、報じた。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ