★阿修羅♪ > 国際9 > 288.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[CML 033196] ナチスのジェノサイドの生還者、および生還者と犠牲者の子孫たちは、ガザにおけるパレスチナ人の集団
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/288.html
投稿者 gataro 日時 2014 年 8 月 16 日 19:24:34: KbIx4LOvH6Ccw
 

[CML 033196] ナチスのジェノサイドの生還者、および生還者と犠牲者の子孫たちは、ガザにおけるパレスチナ人の集団殺戮を全面的に非難する
檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2014年 8月 16日 (土) 12:01:07 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2014-August/033248.html


■ナチスのジェノサイドの生還者、および生還者と犠牲者の子孫たちは、ガザに
おけるパレスチナ人の集団殺戮を全面的に非難する
http://palestine-heiwa.org/library1/20140815a.html


拡散歓迎


京都の岡真理です。


イスラエルは「世界のユダヤ人のための祖国」を自称しています。
しかし、世界には、イスラエルという国のありようを肯定しないユダヤ人が大勢
います。


イスラエルはまた、「ホロコースト犠牲者であるユダヤ人の国」と自称しています。
しかし、今、そのイスラエルが、アラブ人に対するジェノサイドを公然と叫び、
それを実行するなど、比喩ではなく文字どおり、かつてのナチ スドイツの似姿
となっています。


「ホロコーストの犠牲者であるユダヤ人がなぜ、同じことをパレスチナ人
に…?」という問いをよく耳にします。その問いに端的に答えるな らば、「二度
とこのようなことを繰り返してはならない」というホロコーストの教訓が、シオ
ニズムにおいては、「二度とユダヤ人がホロコー ストのような目に遭ってはい
けない」と解釈されている、ということです。


シオニストにおいてホロコーストとは、世界中のいかなる者の上にもこのような
悲劇が二度と起きてはならない、という普遍的教訓としてで はなく、シオニズ
ム国家を維持するためにイスラエルがパレスチナ人という他者に対して行使する
あらゆる暴力を正当化するための資源として 利用されている、ということです。


しかし、この地上のいかなる者の上にも、このような暴力が二度と繰り返されて
はならない、ホロコーストを経験したからこそ、あるいは、 ホロコーストの犠
牲者の子ども、孫だからこそ、それを人間の普遍的教訓として、自らの信念とし
て生きているユダヤ人が大勢います。


以下にご紹介するのは、今般のイスラエルによるガザ攻撃を非難する世界のユダ
ヤ人の声明です。署名者は現在300人を超え、今なお、増 え続ています。生還者
38名に、生還者や犠牲者の子どもたち、孫たち、ひ孫たち、生還者や犠牲者を親
族にもつ者たちが署名しています。


本文中、作家のエリ・ヴィーゼルが指弾されています(エリ・ヴィーゼルは自身
のホロコースト体験をつづった自伝小説でノーベル平和賞を 受賞していま
す)。ヴィーゼルは、英米の主要紙に6万ドルの意見広告を掲載し、その中でハ
マースを非難し、イスラエルを擁護しました。 「私は、自らの人生で、ユダヤ
人の子どもたちが火の中に投げ入れられるのを目にした。今、私が目にしている
のは、ムスリムの子どもたちが 人間の楯に利用されてる姿だ。どちらの場合
も、それを行うのは、死の崇拝者たちだ」、「今日、私たちが耐え忍んでいるの
は、ユダヤ人対ア ラブ人の戦闘でも、イスラエルとパレスチナの戦闘でもな
い。それは、生を讃える者たちと、死を称揚する者たちのあいだの闘いなのだ。
それ は、文明と野蛮のあいだの闘いなのだ」


ヴィーゼルの意見広告については以下で読むことができます。
Elie Wiesel Condemns Hamas for Using Children as Human Shields, Calls on
Gazans to Reject Hamas’s Child Sacrifice


以下、イスラエルのガザ攻撃を非難する世界のユダヤ人の声明です。


ナチスのジェノサイドの生還者、および生還者と犠牲者の子孫たちは、ガザに
おけるパレスチナ人の集団殺戮を全面的に非難する


ナチスのジェノサイドの生還者として、また生還者および犠牲者の子孫として、
私たちは、ガザにおけるパレスチナ人の集団殺戮と、歴史的 パレスチナの継続
する占領および植民地化を全面的に非難する。私たちはさらに、合衆国がイスラ
エルに対し、この攻撃を行う資金を提供して いること、そして、西洋諸国がよ
り広範に、イスラエルを非難から守るためその外交手腕を利用していることを非
難する。ジェノサイドは、世 界が沈黙することによって始まる。


私たちは、イスラエル社会において、パレスチナ人に対する極端な人種主義的非
人間化が、熱狂的なレベルにまで達していることに不安を掻 き立てられてい
る。イスラエルでは、政治家も評論家も、ザ・タイムズ紙やエルサレム・ポスト
紙で公然と、パレスチナ人のジェノサイドを訴 え、右派のイスラエル人は、ネ
オナチの記章を自分たちのものとして使っている。


さらに、イスラエルが総力を挙げてガザを破壊し、何百名もの子供を含む
2000人近くものパレスチナ人を殺害しているという、決して正 当化しえな
いことを正当化しようとしてエリ・ヴィーゼルが、露骨な嘘を広めるべく、これ
らの紙面で私たちの歴史を悪用していることに対 し、私たちは嫌悪と怒りを覚
える。国連のシェルターや家や病院や大学を爆撃するのを正当化できるものなど
何一つ存在しない。人々から電気 や水を奪うことを正当化するものなど何一つ
ない。


私たちは、私たちの集団的声をあげ、現在進行中のパレスチナ人に対するジェノ
サイドを含むあらゆる形態のレイシズムを終わらせるために 私たちの集団的力
を行使しなければならない。私たちは、ガザに対する封鎖を即時、終わらせるこ
とを訴える。私たちは、イスラエルに対する 全面的な、経済的・文化的・アカ
デミックボイコットを訴える。「二度と繰り返さない」というのは、《誰の上に
も二度と繰り返さない》とい うことを意味するのだ!


[翻訳:岡 真理]


(編注:原文では本文の後に署名が続きますが、署名は増える可能性があるので
詳しくは原文のサイトをご参照くださ い。原 文サイト
<http://ijsn.net/gaza/survivors-and-descendants-letter/>)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 五月晴郎 2014年8月17日 01:32:17 : ulZUCBWYQe7Lk : r2hkpE6I9E
シオニストとユダヤ人を区別すべきです。ーーー> 阿修羅記事投稿者およびコメント者中の一部の方々
良い投稿ありがとうございます。

投稿者さんが、こちらに投稿しないでください、とのコメントを入れた記事のほうに上記をコメントしてしまいましたので重複でコメントを入れさせていただきます。


02. 2014年8月17日 10:24:11 : AQLSPLIkCw
五月さんのコメントに補足の形になりますが、IRIBイランイスラム共和国・国際放送やプレスTVでは、シオニストを非難していますが、「シオニスト・イスラエル」と表現しています。決して「シオニスト・ユダヤ」と言いません。これで失敗したのが、かつてユダヤシリーズの一連の著作で有名になった宇野正美氏。人種差別と受け取られて、締め出されてしまったのです。

IRIBの報道についてですが、こちらをご覧ください。

2014/08/16(土曜) 22:15
イスラエルの数十の会社が破産寸前
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/47703-

(転載開始)

イスラエルの数十の会社が破産寸前

シオニスト政権イスラエルの乳製品加工会社数十社が、EUのボイコットにより、破産寸前に追い込まれています。

シオニスト系新聞マアリブによりますと、EUが、加盟国によるシオニスト入植地からの乳製品の輸入を全面的に禁止したことを受け、イスラエルの乳製品会社数88社が破産寸前にあるを迎えているということです。

この報告によりますとこれ以前に、EUは、入植地からEU加盟国に輸出されている全ての製品を明らかにするためにそれらの上に印をつけることを決定していました。

この決定は、あらゆる入植地製品の輸入を禁止する政策の幕開けとなる可能性があります。

さらに、「このボイコットの影響で、イスラエルの経済に与えられたダメージは、年間3000万ドルに達している」とされています。

(転載終了)

●どこにもユダヤとは書いておりません。

シオニストについて、こちらのリンクをご覧いただくことをお勧めします。

シオニズムを批判するユダヤ人たち
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd100.html


03. 2014年8月17日 14:09:45 : JFBcDRs0dM

世界の人々はもっと国や社会の権力に対して人道的配慮とその行使を求めて連携するべきです。

有史以来、世界中のあらゆる権力の目的は行使と維持を両立させることでした。

権力は人間により評価されて歴史をつくってきた側面もあることを忘れてはならないと思う。

権力と権力の対立構造がある場合でも、民衆は権力を諌めるため協調して立ち上がるべき。

どんな正当理由があろうとも民衆を虐殺するのは間違った権力行使と断罪されねばならない。

歴史の進歩とともに世界中の人々は勇気と連帯で権力行使を思い止まらせるため働きかけよう。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ