★阿修羅♪ > 国際9 > 336.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“緊急事態” エボラ出血熱 〜感染拡大は止められるか〜/NHK・クローズアップ現代(@動画)
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/336.html
投稿者 gataro 日時 2014 年 8 月 27 日 09:14:14: KbIx4LOvH6Ccw
 

“緊急事態” エボラ出血熱 〜感染拡大は止められるか〜/NHK・クローズアップ現代
http://www.at-douga.com/?p=11853

2014年8月25日に放送された、NHK・クローズアップ現代「“緊急事態”エボラ出血熱 〜感染拡大は止められるか〜」を紹介します。
(所要時間:約26分)









 


動画の内容

西アフリカで患者が増え続けているエボラ出血熱。初めて人口が密集する都市にまで感染が広がり、死者は1300人を超えている。

WHO=世界保健機関は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言。医療施設やスタッフの不足も深刻で、感染の拡大に歯止めがかかっていない。

去年(※2013年)12月、ギニアの奥地の村で1例目の患者が出たといわれる今回のエボラ出血熱の流行を、なぜ早期に抑え込むことができなかったのか。

都市に広がってしまった感染を今後どう食い止めていくのか。

患者が増え続けているリベリアの首都モンロビアで医療支援を行う日本の医師の活動や、最前線で治療に当たる国際NGO「国境なき医師団」の医師の証言などから、エボラ出血熱の新たな脅威を明らかにする。

引用元:クローズアップ現代


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月27日 09:45:38 : nJF6kGWndY

エイズ同様、じきに大したニュースにもならなくなるのは時間の問題



02. 2014年8月27日 10:03:46 : nJF6kGWndY

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/08/post-3366_2.php
エボラ蔓延の真の元凶は文化格差
Complicated by Culture
西アフリカ諸国では西洋医学に対する不信感や誤った噂が感染拡大を助長
2014年8月25日(月)12時19分
インドラニ・バス

印刷

最前線の壁 医療スタッフは命懸けで感染拡大防止に取り組んでいるが、障害は多い(リベリア) 2Tango-Reuters
 史上最悪となっている西アフリカでのエボラ出血熱の流行による死者は、WHO(世界保健機関)によれば7月末時点で700人を超えた。

 血液や汗、その他の体液を通じて広まるエボラ熱の致死率は、最大90%に及ぶ。しかし現地の援助関係者に言わせれば、最も多くの死者が出ているシエラレオネとギニア、リベリアでエボラ熱の感染をここまで拡大させた大きな原因は、西洋医学への敵意だ。

「人々の姿勢が問題を大きくしている」と語るのは、この3カ国でエボラ熱予防活動を進めるユニセフ(国連児童基金)のファビオ・フリシア。彼によれば西アフリカでは、エボラ熱を病気ではなく「呪い」と考える人が少なくない。そのため医療関係者は、患者に治療を受けさせるのに大変な苦労をしている。「医療関係者が追い出されている地域もある」と、WHOの報道担当ダニエル・エプスタインは言う。

 ギニアとリベリアでは医療関係者だけでなく、患者の隔離施設も襲撃を受けた。ギニアでは医療センターを暴徒が襲撃する恐れがあったため、国境なき医師団(MSF)のスタッフが患者を避難させる事態も起きた。

 しかし現地住民の反応は、必ずしも驚くようなことではない。「想定の範囲内だ」と、フリシアは言う。「住民は(西アフリカでは)誰も知らなかった病気に襲われているのだから」

社会に広がる噂と誤解

 エボラ熱が比較的新しい病気であり、ここ数カ月で死者が急増していることから、西アフリカでは噂や誤った情報が広まりやすくなっている。多くの住民がエボラ熱を超自然的な病だと信じており、欧米の医療専門家に対する不信感が根強い。エプスタインによれば住民の間には、死の淵にあるエボラ熱患者から医師が臓器を摘出していると怖がっている人たちがいる。

 病院に連れていかれれば殺されると思い込んでいる人もいるし、エボラ熱は性的乱交に対する罰だと考えている住民もいる。乱交の報いだという見方はエボラ熱の蔓延からエイズを連想しているためだと思われるが、こうした噂のためにエボラ熱患者が汚名を着せられていると、フリシアは言う。


 ロンドンを拠点とするシンクタンク海外開発研究所(ODI)の研究者リサ・デニーは、エボラ熱は致死率が高いため、多くの人が治療を受けても無駄だと考えていることも問題だと指摘する。

 彼女と同僚のリチャード・マレットは、栄養失調に関する調査の一環でシエラレオネを訪れた。住民たちと交流するうちに彼らは、エボラ熱に付きまとう汚名も人々が治療をためらう大きな要因であることに気付いた。感染性が高いため、住民は感染者と判明した人には寄り付こうとしなくなる。

 治療に対する不信感を和らげ、地元との協力関係を強化するには、地域に根差した祈祷師や宗教指導者と手を結ぶしかないと、マレットは言う。シエラレオネでの現在の取り組みは公共の医療機関に偏っているため、「もっと古くから地域に根付いている経路」を活用すべきだと、彼は指摘する。

 地元のリーダーであれ、地域の医療関係者であれ、エボラ熱の予防と治療に携わるすべての人々が同じメッセージを発信することが極めて重要だと研究者たちは考えている。政府の支援活動には「住民たちの行動に影響を及ぼすあらゆる人を取り込むような、幅広い対策を取る必要がある」と、ODIのデニーは言う。

 西アフリカの伝統的な葬儀にまつわる風習も、エボラ熱封じ込めの障害になっている。埋葬前に大勢の人が遺体を洗って清めることが多いのだ。

「文化的な慣習は根強い」と、マレットは言う。「何世代も受け継がれてきたことをやめさせることは、非常に難しい」

感染抑止のゴールは遠い

 ユニセフではラジオ番組を放送し、エボラ熱についての意識の向上を図り、感染を予防する方法を広めようとしている。MSFも医療センターや隔離施設内部の様子を紹介するビデオを制作し、住民たちの恐怖心を和らげようとしている。

 ほかにもさまざまな組織が協力して、住民の不安を和らげるために活動している。赤十字やMSF、国連機関の関係者など合わせて約150人が、西アフリカ各地で感染拡大を食い止めるために活動している。赤十字国際委員会のスタッフは各地を回り、村の中央の広場で住民に呼び掛けを行っている。


 それぞれの国際組織が、互いに密接に協力しながら危機に対処しようとしている。「上からものを言うのではなく、住民と同じ目線で対話をするよう努めている」と、ユニセフのフリシアは言う。

 こうした協力態勢が重要であることは確かだが、西アフリカの人々が抱く西洋医学への抵抗感を和らげるには至っていない。エボラ熱の蔓延を食い止める道は、はるかに遠い。

「資金がまったく足りない」と、フリシアは言う。「対応が早いほど、コストは安く済むはずなのだが」

 シエラレオネとギニアを合わせると、国民の70%以上がイスラム教徒だ。ラマダン(断食月)の終わりが近づいた先月下旬、医療関係者はエボラ熱の感染拡大に拍車が掛かるのではないかと不安視していた。ラマダン明けの祝日には家族や親族が集まるために帰省ラッシュが起こり、大勢の人が人混みにもまれることになる。

「まだ先は長い」とエプスタインは言う。「エボラ熱の流行は、あと数カ月は続くだろう」

From GlobalPost.com特約

[2014年8月12日号掲載]
 
「第3の端末」iPadに見えた限界 (ビジネス)
間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実 (コラム&ブログ)
少子化の原因は「性差別」ではなく厚労省にある (コラム&ブログ)
奇襲攻撃でソウルを制圧せよ (ワールド)
日本は「貿易立国」を卒業したが、安倍政権はそれを知らない (コラム&ブログ)
日本向け極薄コンドームはどこへ消えた? (ワールド)


 
http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/25/ebola-doctor-liberia_n_5711915.html
エボラ熱の未承認薬「Zmapp」投与のリベリア人医師が死亡
Reuters | 執筆者: Reuters
投稿日: 2014年08月26日 08時08分 JST 更新: 2014年08月26日 08時10分 JST EBOLA 
[モンロビア 25日 ロイター] - リベリアのブラウン情報相は25日、エボラ出血熱に感染し、未承認の治療薬「ZMapp」の投与を受けていた医師アブラハム・ボーボー氏が死亡したと明らかにした。

エボラ出血熱の感染が拡大している同国では、入手した「ZMapp」をボーボー氏を含む医師3人に投与。当初は良好な反応を示していたとしていたが、ボーボー氏は24日に死亡した。

リベリアでエボラ出血熱に感染し、米国に帰国後、病院で治療を受けていた米国人医師と医療スタッフの2人は、ZMapp投与を受け、前週無事に退院した。ZMappの効用をめぐり楽観的な見方が広がったが、ボーボー氏の死でこうした期待が後退する可能性がある。


 
エボラ熱感染の英国人男性に未承認薬「Zマップ」投与
2014年 08月 27日 06:12 JST
[26日 ロイター] - 西アフリカのシエラレオネで看護師として働き、エボラ出血熱に感染した英国人のウィリアム・プーリー氏(29)に未承認の治療薬「Zマップ」が投与された。プーリー氏が入院している英ロンドンの病院が26日発表した。

プーリー氏は、ボランティアとして働いていたシエラレオネのエボラ医療センターで感染。24日英国に搬送され、ロンドン北部の病院に隔離された。

病院は声明で「プーリー氏は慎重な検討の末、Zマップの服用を決断し、25日に服用を開始した」と述べた。

前週には、Zマップを投与された米国人患者2人が回復し、退院。同薬の効能への期待が高まったものの、リベリアではエボラ熱に感染した医師が同薬の投与にも関わらず死亡している。


03. 2014年8月27日 14:36:53 : nJF6kGWndY

途上国経済にとっては、小さいとはいえ、下押し圧力は続くな

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052970204431804580116682670031878.html?mod=wsj_nview_latest
エボラ禍、深刻化の様相―リベリア大統領の試練 
By DREW HINSHAW
原文(英語)
2014 年 8 月 27 日 11:51 JST

エボラウイルス感染者を病院に連れて行く防護服の看護師(モンロビア) Agence France-Presse/Getty Images
 リベリアのエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領は26日、同国のエボラ出血熱危機は今後数週間で悪化する公算が大だと述べた。同大統領はウォール・ストリート・ジャーナルの質問にEメールで答え、「エボラ熱の流行はまだピークに達していないようだ」としている。西アフリカの小国リベリアの政治、経済を揺るがしているエボラ熱は、任期切れまで2年を残した75歳の大統領のキャリアを左右しかねない状況だ。

 西アフリカ諸国に広がっているエボラ熱による感染者は2615人で、うち1426人が死亡。そのうち半分近くがリベリアで占められている。サーリーフ政権は対応の鈍さを批判されており、当局はウイルスを封じ込める苦しい闘いに直面している。

 エボラ熱の発生によって、アフリカで初めての女性大統領となったサーリーフ氏の外国での見方と、国内での複雑なイメージとの間に格差が生じた。同氏は米国の複数の大学から賞や名誉学位を与えられている。女性の権利向上に寄与したとして2011年にノーベル平和賞を受賞した女性3人の1人でもある。ロックシンガーのボノ氏はかつて、彼女を「最もタフな精神と最も優しい心」を持つ人だとしていた。ジョージ・W・ブッシュ、クリントンの両元大統領も彼女に関して同様の愛情のこもった発言をしている。

 しかし、国内では14年間にわたる内戦からの復興の遅れに対して不満が強まっている。一部の国民は、エボラ熱は外国からの支援金獲得を狙った政府の陰謀ではないかと疑っている。かつてサーリーフ政権に参加していたが、その離脱後に大統領を厳しく批判するようになったティアワン・ゴングロー氏は「このような疑惑が出るのは政府の(エボラ危機)管理が信頼されていないからだ」とし、「政府は『エボラ熱がこの国で発生している』と言っているが、国民はこれを信じていなかった」と語った。

 大統領は、リベリア人がエボラ熱の存在を否定しているとの報道は誇張されているとし、「国民のほとんどは政府の言うことに耳を傾けている」と述べた。また、「メディアは政府の言うことに耳を傾けず、不適切な対応をしている一部の市民のことを大げさに取り上げており、これは基準にならない」と強調した。


診察台に横たわる男性(リベリア・ドロタウ) Getty Images
 医師などの医療従事者も、政府の危機対応を批判している。彼らは、ゴム手袋や防護服など基本的な医療品があれば、死者数はもっと少なかっただろうとしている。こうしたものがないため、感染の恐れがある中で、医師らは素手で患者の治療に当たっている。エボラ熱ウイルスは汗や血液などの体液を通じて感染する。

 サーリーフ大統領は、エボラ熱の感染拡大を防ぐための措置は機能しているとし、「危機終息も視野に入っている」と語った。

 拡大を抑制するため、リベリア当局はドラスティックな措置を取っている。当局は首都モンロビア郊外の二つの人口密集地区を隔離状態にし、学校を閉鎖してエボラ熱の症状を呈した人を監視するためのセンターにした。一部の市場も閉鎖され、政府職員のほとんどは強制的に休暇を取らされた。

 大統領は「国民のほとんどにとっての最大の不安は、この病気が命ではなく生活を奪うことだ」とし、「心を痛めているのは、国境の閉鎖、検問所の設置、必要最小限のものを除いた役所の閉鎖など、感染拡大と闘うために取らなければならない手段で、これはビジネス、商業活動の中心に打撃を与えている」と述べた。

 サーリーフ氏は2005年、アフリカ初の女性大統領に選ばれ、すぐにアフリカで最も有名な人物の1人になった。しかし、サーリーフ政権を悩ませているのはエボラ熱だけではない。昨年は全国大学入学資格試験をパスした学生は1人もいなかったのだ。

 同氏はEメールの中で、自分が大統領に就任してからリベリアが獲得してきたものがあると述べた。国内総生産(GDP)の90%を失った14年間の内戦後の復興は始まったばかりだ。同氏は「エボラ熱の発生前でも、リベリアの回復は非常に勇気づけられるものではあるが、まだ脆弱だったことを忘れてはならない」としている。

 一方、世界保健機関(WHO)は26日、エボラ熱感染が広がっているシエラレオネの活動拠点から8人のスタッフを一時撤退させたことを明らかにした。WHOは、同地に派遣した防疫専門家がエボラ熱に感染した事態を検討しているという。WHOは、今回の措置は一時的なものだとし、シエラレオネの首都フリータウンのスタッフはこの検討が完了するまで現地にとどまるとしている。

 感染した専門家の名前は明らかにされていないが、現在治療を受けており、数日中にシエラレオネを離れるという。

関連記事
コンゴでもエボラ出血熱、西アフリカとは別ウイルス
エボラ熱感染の米国人2人が退院
リベリア、夜間外出禁止令―エボラ熱拡大阻止で
医師らに広がるエボラ熱―感染防ぐ手袋が不足


04. 2014年8月28日 00:47:29 : Fz9HdhePO6
埼玉県でデング熱感染者が発見されたニュースとか聞くと、
国内エボラ出血熱感染者第1号も近々なんじゃないか?

嫌な予感がしてならない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ