★阿修羅♪ > 国際9 > 373.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
仏オランド大統領 元パートナーが暴露した“寝室の修羅場”(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/373.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 07 日 07:38:05: igsppGRN/E9PQ
 

     破局…(AP)


仏オランド大統領 元パートナーが暴露した“寝室の修羅場”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/153174
2014年9月7日 日刊ゲンダイ


 仏オランド大統領の元パートナー、トリルベレールさんが今月3日、暴露本を出版し、大きな話題になっている。パートナーがいるのにオランドが仏女優、ジュリー・ガイエと恋仲になったことから、オランドには秘密で出版の準備を進めていた。

 雑誌「パリジャン」によると、トリルベレールさんには前払い金として10万ユーロ(約1360万円)が支払われたという。で、面白いのが、以下のシーン。オランドの浮気写真が雑誌に掲載され、彼女から問い詰められ、白状したシーンである。

     ☆

「いつ始まったの?」

 私はプライベートのアパルトマンに続く階段を駆け上った。フランソワ(オランドのこと)はすでに寝室にいた。私たちはベッドの、いつもの場所にそれぞれ腰掛けた。私は一言しか言えなかった。

「で、どうなの?」

「で、そのとおりさ」

「そのとおりって その女と寝たってこと?」

「そう」と、腕を枕にして半分横になって、彼は白状した。

「どうやって始まったの? なぜ? いつから?」

「1カ月前」と彼は言った。

 私は平静を保っていた。激高したり、怒鳴りもしなかった。ましてや、後で噂がたったように、皿を割って何百万ユーロもの損害を出したなんてことはない。本当のことがだんだん見えてくると、彼は関係はもっと古かったと認めた。1カ月が3カ月になり、6カ月、9カ月になり、とうとう1年になった。

     ☆

 いやはや、ここまで書かれたら形無しだが、興味深いのは、たとえ大統領でも浮気がばれたときの反応は同じだということだ。同書ではオランドが「金持ち嫌い」と言いながら、貧困層を「歯なし」と蔑み、その言葉を面白がっていたことも暴露されている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月08日 13:03:55 : nJF6kGWndY

フランスらしいな

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A8
ジュリー・ガイエ(Julie Gayet、1972年6月3日 - )はフランス・シュレンヌ出身の俳優。
2014年1月、フランス大統領フランソワ・オランドとの不倫疑惑が報じられた[1]。これにより、事実婚のファーストレディ・ヴァレリー・トリールヴァイレールはオランドとの関係を解消した。
ガイエは、この報道はプライバシー侵害であるとして、この不倫を報道した芸能誌を告訴しており、当局はプライバシー侵害の容疑で予備捜査を始めている[2]。


02. 2014年9月09日 17:36:48 : os1BNxySy6
まったくフランスの政治家(政治家だけじゃないかもしれないが)ってのは恥知らずだな、この手のスキャンダルが政治家の致命傷にならない社会ってのは半分以上崩壊しているんだろう、家庭とか家族とかは人間社会の基礎、これが維持出来ない人物が政治家としてやっていけるのは社会全体が腐っている証拠だ。

03. 2014年9月09日 20:58:05 : AQLSPLIkCw
02さんが言われるように、フランスは腐っています。かつてアラン・ドロンの奥さんだった、ナタリー・ドロンの解説を紹介します。

ナタリー・ドロン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%B3

(一部転載します。)

68年10月、マルコヴィッチが殺害され、遺体が発見される。ドロン夫妻は重要参考人として召喚され(ナタリーはイタリアでの映画撮影中を理由に拒否)、特にアランは容疑者として何度も取調べを受けているが、結局真犯人不明のまま、事件は迷宮入りに。この「マルコヴィッチ事件」は大きなスキャンダルとなり、アランのマフィアとの癒着、ドロン夫妻とマルコヴィッチの「三角関係同居」、マルコヴィッチが上流階級相手に「社交場」を経営しており、その常連客がジョルジュ・ポンピドゥー大統領夫妻だったなどが連日報じられることとなった。

●マルコヴィッチはナタリーの愛人で、アランとの結婚後も関係が続いたとか。道徳なんてありませんね。このマルコヴィッチ事件ですが、当方はフランス政府の諜報機関が殺したと思っています。ところで第五共和政二代目大統領のジョルジュ・ポンピドーがどうして出てきたのか。ドゴールの突然の退陣により大統領の座が転がり込んできたのですが、その直後に判明とは。

ここで、IRIBイランイスラム共和国・国際放送ラジオ日本語のサイトから、結婚について書かれた記事をリンクします。本文は長いので、リンク先に行ってご覧ください。

2014/05/22(木曜) 17:24
西洋諸国で見られる非公式の婚姻の実態 
http://japanese.irib.ir/component/k2/item/45376-

●西洋諸国が没落しているのは、社会規範の崩壊に原因があると言えるでしょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ