★阿修羅♪ > 国際9 > 433.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相、プーチン大統領と電話協議 対話継続で一致:小野寺前防衛大臣と岡本行夫氏がTV番組で非親米・親露で怪気炎
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/433.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 9 月 22 日 02:16:37: Mo7ApAlflbQ6s
 


 先週木曜日(18日)夜にBSフジで放送された「プライムニュース」は安倍政権の外交政策をテーマにした内容だったが、出演していた小野寺前防衛大臣と岡本行夫氏が対露外交をめぐり非親米・親露的解説を行っていたのは面白かった。


● 小野寺氏:安倍首相はぐずぐず言わずにすっぱと決めるプーチン大統領とは気が合うが、あれこれ説明することに終始するオバマ大統領との関係はイマイチ。

● 岡本行夫氏:ロシアのクリミア再編入は仕方がないこと。対露政策は同盟国のおつきあいでじっししたもの。米国の対露政策により日ロ関係にしわ寄せがきている。(小野寺氏は、力による国境の変更は対中国政策との兼ね合いで批判が必要と補足)

両氏とも、日本政府が打ち出した対露制裁(3回)の内容は実効性がないものとし、9月頭まで防衛大臣を務めていた小野寺氏は、制裁!制裁!と叫んでいる欧米諸国の資源関係企業や銀行は水面下でロシアとのビジネスを進めており、日本だけがまじめに制裁を行って割を食うことがないよう注意を払っていたとも説明。

 訪日したオバマ大統領にあれだけコケにされたら当然だが、従米主義者の権化のような岡本氏までがそのような発言をしていることを考えると、安倍政権は、今後さらに従米非親米(面従腹背)の度合いを深めていくのだろう。

※ 参照投稿

「【外務省の本性】内閣官房参与の岡本行夫氏(元北米1課長)は過去に松尾元室長とクルーザーヨットを共同所有」
http://www.asyura2.com/0311/war43/msg/874.html


==================================================================================
安倍首相、プーチン大統領と電話協議 対話継続で一致
2014/9/21 17:56 (2014/9/21 18:39更新)

 安倍晋三首相は21日、ロシアのプーチン大統領と電話協議した。

 電話協議は21日夕から約10分間だった。日本政府によると、電話協議は大統領側が呼びかけた。大統領が60歳の誕生日を迎えた首相にお祝いの言葉をかけると、首相は謝意を示した。両首脳は日ロ関係やウクライナ情勢について意見を交わし、日ロ間の対話を継続していくことで一致したという。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS2100J_R20C14A9000000/?dg=1


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月23日 16:05:46 : I4dD6lhDLQ
プーチン訪日キャンセルはパッと決まりました。
アメリカの圧力とかw。

02. 2014年9月24日 12:04:01 : IHgenQOegw
択捉島に新空港、韓国には強い日本もロシアには沈黙

北方領土に新空港完成、ロシアが実効支配強化
強気の露大統領…返還の可能性ちらつかせながらも、基盤施設を次々に建設
顔色うかがう安倍首相…韓国には強く抗議しても、露大統領には沈黙

 22日、ロシアは択捉島で新空港の完成式典を開いた。長さ2300メートルの滑走路を備えており、ボーイング737型機の離着陸も可能だ。ハバロフスク、ウラジオストクとの間の定期便も運航される。択捉島は、日本政府が返還を要求している北方領土の一部。旧ソ連は、1945年に日本が降伏すると、北方領土を占領した。


 ロシアは、戦闘機・戦闘爆撃機の離着陸も可能な新空港を作って実効支配を一層強化したが、日本政府は特に反応を見せていない。独島(日本名:竹島)に観光施設を一つ作っただけでも抗議してくる日本政府が今回沈黙しているのは、領土返還の可能性を残しておくことで延々と実利を取るという、ロシアの外交戦略に足かせをはめられているからだ。


 ロシアだけでなく、旧ソ連も「領土返還の可能性」という外交カードで日本を揺さぶった。旧ソ連は、56年の日ソ共同宣言を通じ「平和条約が締結されれば、歯舞と色丹の2島を引き渡す」と表明した。当時、日本国内には4島一括返還論が持ち上がっていた上、旧ソ連も60年に在日米軍撤退を2島引き渡しの条件に追加したことから、交渉は中断した。日本は交渉の突破口をつくるため、冷戦中にもかかわらず旧ソ連に10億5000万ドル(現在のレートで約1142億円、以下同じ)の借款を提供し、石炭・鉄鉱石などの資源を大量に買い入れた。


 ロシアも同じ手法を駆使した。ボリス・エリツィン大統領の訪日(93年)、小渕恵三首相の訪ロ(98年)を通じ、北方領土の一部引き渡しを約束した56年の日ソ共同宣言を再確認した。当時、日本は10億ドル(約1090億円)に達する旧ソ連の負債を帳消しし、ロシアに対する経済支援も強化した。ところがロシアは、土産を受け取っただけで、平和条約や領土返還に関しては交渉すらしなかった。


 ウラジミール・プーチン大統領も、第1期政権(2000−08年)中、極東地域開発への日本の参加を求め、2島引き渡しの可能性に言及した。しかし後任のドミトリー・メドベージェフ大統領は、10年に北方領土を電撃訪問して「領土引き渡し不可論」を公に語った。


 安倍晋三首相は、昨年4月に再び政権を取った後、プーチン大統領との首脳会談を通じてシベリア開発への日本企業の投資を約束する共同声明を発表するなど、領土返還交渉のために総力戦を展開している。安倍首相は5回も首脳会談を行ったが、プーチン大統領は、逆に北方領土の実効支配を強化している。


 ロシアのメディアは「新空港はプーチン大統領の指示で作られた」と報じた。ロシア国防省は4月「国後島と択捉島で16年までに新たに160の施設を建設し、軍事的役割を強化したい」と発表した。昨年2月と今年8月には、1000人を超える兵力を投入し、島の近辺で大規模な海上演習を実施。さらにロシアは、1兆ウォン(約1045億円)相当の資金を投じ、港湾・道路・住宅を建設する事業も進めている。


 共同通信は「ロシア政府は北方領土問題に関する打開策を現時点で日本側に提示していない」「安倍晋三首相の『独自外交』の限界が露呈した形」と分析した。東京の外交消息筋は「ロシアが領土返還の可能性に言及するので、日本は大きな声を上げられず、ロシアの顔色をうかがうだけの立場になっている」と分析した。


東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/24/2014092401700.html


03. 2014年9月25日 23:23:48 : Wr5cvCffrE
ロシアの声より 岸田害相の声明

「ロシアは停戦合意を基礎に、ウクライナの主権と領土一体性を完全に尊重しつつ、危機の平和解決に向けて建設的な行動をとらねばならない。それに向けてロシアが積極的かつ具体的な措置を講ずるならば、先日来取られている措置は修正あるいは撤廃される可能性がある」

なんなんだよ、これは
「ウクライナの東・南部で戦っている独立派を黙らせろ」
「そうしたら制裁を解除してやるし、会ってやってもいいぞ」
ということでしょうねえ

こんなのは言語道断、プーチン・ロシアに対する完全な侮辱であり、挑発ですね。
もうね、ふざけすぎて、日本国民として恥ずかしいくらいだ。
こんな生意気でバカな政治家は、もういらない。
スペツナズを日本に潜入させて、全員○しちゃってくださいwww
これは、私的な感情も少しはあるが、日本の国益の為です。


04. 2014年9月30日 21:31:51 : AiChp2veWo
彼は良く見えるが、ダメです。見ればわかる。わかる人は少数でもわかるんです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ