★阿修羅♪ > 国際9 > 440.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ウクライナ空手チャンピオン、ウクライナ保安庁の拷問を語る(ロシアの声)
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/440.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 22 日 23:33:15: igsppGRN/E9PQ
 

ウクライナ空手チャンピオン、ウクライナ保安庁の拷問を語る
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_09_22/277634289/
17:37 ロシアの声


長年ウクライナ代表として戦ってきた空手世界チャンピオン、ピョートル・ギリョフ氏が、「右派セクター」による監禁と拷問について物語った。

7月24日、氏はドネツク共和国設立の是非を問う住民投票の組織を手伝ったとして、極右組織「右派セクター」の戦闘員らに監禁された。

氏は2ヶ月間にわたり監禁された。この間ドネツク当局はキエフと交渉を重ね、解放を求め続けた。これがついに実を結んだ。

ギリョフ氏は、スポーツによる鍛錬がなかったら、2日間にわたり殴られ続け、51日間にわたりドネプロペトロフスクで隔離されてなお、生きる意志を燃やし続けることは出来なかっただろう、と述べている。

「私は拉致され、2日間車に揺られた。この間ずっと私は苛まれた。そして私の処遇について裁定が行われた。私を組織に明け渡すためにどうするか、という彼らの会話を覚えている。「彼はスポーツマンだ。従って、頑健だ」。私はこの間ずっと、私は宇宙人の集まりに迷い込んでしまった、と感じていた」と解放後のギリョフ氏。

二日目が終わる頃にはもう身動きひとつ取れなくなっていた。それでも意識は失わなかった。彼は恐れられた。迫害者の手には銃が握られていた。

「私は怖くなかった。怖くなったのは、脅迫が始まってからだ。息子と妻を捕らえた、私の見ている前でばらばらにしてやる、と言われた」。

怖い体験をしたが、氏は故郷の街に戻って再び義勇軍を支持するという。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月23日 15:47:27 : no31X615y2
ウクライナに関するこうした真実を日本のメディアが国民に知らせなければならない。

02. 2014年9月23日 16:31:10 : 0HsW5b4boE
とても勇敢な人ですね。
俺なんかにはとても真似できない。
しかし平和な世界は、こういうひとたちが支えていることは忘れてはいけませんね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ