★阿修羅♪ > 国際9 > 449.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
APECで中日首脳が会うか否かの意義は誇張されている:日中は「冷たい平和」と割り切り安定を確保すべきという論説
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/449.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 9 月 25 日 01:13:30: Mo7ApAlflbQ6s
 

PECで中日首脳が会うか否かの意義は誇張されている
人民網日本語版 2014年09月24日15:42

 日本メディアによると、日中経済協会の「過去最大規模」の代表団200人余りが22〜27日の日程で訪中し、「日中首脳会談の実現に向けた地ならし」をしている。安倍首相は11月に北京で開催されるAPECでの習近平国家主席との会談実現を、目下突出した外交目標としている。日本側は両国首脳会談が中日関係緩和の鍵だと喧伝し、世界の人々に信じさせようと試み、ボールは中国側にあるとしている。(環球時報社説)

 中日首脳会談を後押しする日本経済界の意図は恐らく良いものだ。だが、いわゆる「首脳会談が中日関係立て直しの鍵」との指摘が偽りの命題であることは、誰もが分かっているはずだ。安倍政権は自らの対中強硬政策と中日が正常な上層部交流を行えないこととの因果関係を逆さまにしている。

 中日首脳が会うか否かは、両国関係の最大の鍵では決してない。安倍氏が世論の注意をこの気がかりに向けているのは、自らが中日関係に対して行った一連の破壊行為を人々に忘れさせ、靖国神社参拝、反中戦線の構築といった自らの悪い行為を中日関係の新たな出発点として受け入れさせるためだ。安倍氏は自らを中日関係正常化の推進者に見せかけ、今まで会談の要求に応じない中国側に中日関係膠着の責任を負わせようともしている。

 中日関係立て直しの鍵は、安倍政権が挑発的な対中政策を改め、中日間の溝を解決、管理・コントロールする安定したルールを構築する誠意を示すことだ。安倍氏はずっと裏表を使い分け、口では中日関係改善を語り続ける一方で、行動では率先して中国と対立していると広く解釈される別の手を講じている。安倍氏はずるい手と虚偽をもっともらしく見せかけることができるうえ、自らのゲームになぜ歩調を合わせないのかと相手を非難するタイプの人間だ。

 現実に即して言えば、中日関係の冷え込みを速やかに一変するのは困難だ。安倍政権が続く限り、両国関係のこうした大きな枠組みに恐らく変化はない。中日は気をしずめて、「冷戦」よりはましなこの「冷たい平和」に両国社会を適応させ、両国関係の新たな安定を構築する必要があるだろう。

 安倍政権の率いる日本は中国の友人にはなり難い。ならばわれわれは落ち着いて、友人ではない隣国になればいい。この状態が一定期間続くようにし、両国社会に省察と改めて相手を見る時間を与え、中日が改めて友好へ向かうことへの願いを積み重ねればいい。
 冷たい平和を維持するには、両国が冷戦へ踏み出さないことを確保する必要がある。特に軍事衝突は発生させてはならない。このために両国は釣魚島(日本名・尖閣諸島)地域で各自の法執行機関の行動ルールについて暗黙の了解にいたり、特に航空機の衝突を防止する必要がある。

 両国の経済協力と人的交流は互恵的なものであり、両国政府共に引き続き奨励すべきだ。政治的冷え込みの経済・文化交流への影響をできるだけ減らすことについては、両国社会共に全体としてはっきりとした認識を持っている。今年日本を訪れた中国人観光客は昨年と比べ80%以上増加したことが、これをよく物語っている。もしこうした認識を持ちながらも、両国の経済交流がやや減少するのなら、両国は自然な流れに従い、その代償を引き受けるべきだ。

 「冷たい平和」は「良くない」中日関係とは限らない。それは中日関係の激しい起伏を回避するための現実的な安定方法だ。「冷たい平和」は中日両社会の相手側の友好への期待を効果的に下げ、両国が相互間の問題や摩擦に耐える力を強化することができる。中日は確かに「徹底的に冷え込む」過程を経てから、両国が友好的隣国となる可能性を改めて大切にすることを必要としているのかも知れない。

 両国は現在「氷を砕く」真の原動力が不足しており、口先だけにとどまっている。ならばむしろ、冷たい平和の信頼性を維持することに力を向けた方がいい。両国が最も避けるべきは、緩和がならず、怒りにまかせて敵となることだ。現在中国は様々な国際問題に多忙であり、日本とのもつれは少々構っていられない。だが日本側は頑なに中国を凝視しており、その外交活動の圧倒的部分は中国の注意を引き、日本との摩擦の処理を中国に強いようとするもののようだ。従って、中日間の緊張を悪化させ続けないための鍵は、安倍氏が瀬戸際で踏みとどまることができるか否かだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2014年9月24日

http://www.japanese.peopledaily.jp/n/2014/0924/c94474-8787284.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月25日 08:14:58 : FUtnN1arpo
基本的には敵性国家なんだから、付き合いは表面だけで良いんだよ。隙を見せれば食われるんだから、そのつもりで付き合うんだよ。

02. 2014年9月27日 15:12:14 : QKj2V8oUfM
中国はこれから地獄に突入する。

藁をもつかむ切羽詰まった破滅寸前の国とは思いっきり距離をとること。

友好など望むべきもない。

・ 空気 → 毒ガスなみ
・ 水  → 汚染で農業用水ですら使えない。
       地表水は枯渇し、長江も源流から枯渇の兆候。
       都市では地下水が無くなるのも時間の問題。
・ 国土 → 沙漠化が猛進
       無謀な都市化で農地は激減
・ 土壌 → 超深刻な汚染。1000年以上かけても浄化は無理。
・ 気候 → 内陸部は熱波。重慶など連日40℃以上。
・ 人間 → 倫理や道徳が無い人間の国に投資をしたら人類はいかに
       めちゃくちゃになるか。反省や罪の意識がなくすべてを
       他人のせいにする国民が国を運営したらこのザマ。
       もう腐って消えるのを待つしかない。

日本は環境面での援助すら絶対にやってはならない。鳥取大のバカ爺が
植林した木も片っぱしから伐採するような奴ら。環境装置を無償提供
しても技術をパクり外国に輸出。逆に特許侵害で日本を訴えるような
けだもの以下のマインドを持つ国。それでも友好のために協力などという
世にも稀なバカ大国日本。

       


03. 2014年9月27日 15:34:13 : DHNWAtVLjG
投資をどんどん引き揚げながら何をしに行ったんだか、ただの中国観光団だろう。

04. 2014年9月27日 18:48:03 : zVjgCd1qNE
03さんへ
どんなに中国が嫌いでも
日本経済が壊滅する以上
近い将来中華系資本がドーッと日本に押し寄せてきます
これはもう避けられない

中国のバブルは確かに崩壊はするでしょう
しかし高度成長の間に中華系の経済人は
物凄い銭を溜め込んでいる
バブル崩壊後は海外投資の時代になる
翻って日本は?
日本はすでに過去の資産を食いつぶす時代になってしまっている

中華系の商売人は手強いよ


05. 2014年9月28日 06:48:54 : FUtnN1arpo
>04

世界一債権(銭)を溜め込んでいる日本に何がどうするんだって?


06. 2014年9月28日 10:25:58 : okgCVPMn1Q
日本の海外資産て
これから取り崩しの時代になるの

それと中華系の資産て
表に出てない部分が物凄いのよ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ