★阿修羅♪ > 国際9 > 464.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
移動式の精製装置で石油をISが生産しても販売できなければ無意味なわけだが、米も販売黙認の疑い(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/464.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 30 日 07:52:15: igsppGRN/E9PQ
 

移動式の精製装置で石油をISが生産しても販売できなければ無意味なわけだが、米も販売黙認の疑い
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201409290000/
2014.09.30 02:04:54 櫻井ジャーナル


 IS(ISIS、ISIL、IEILとも表記)はサウジアラビアをはじめとするペルシャ湾岸産油国をスポンサーしているが、それだけでなく、制圧した油田地帯で移動式の精製装置をトルコから入手、1日に200万ドル分の石油を生産、販売していると言われている。販売先と噂されているのはトルコやイスラエル。ロシアとの石油/天然ガス取引でもめているウクライナも有力候補だ。

 勿論、生産しても売れなければ仕方がない。その販売をARAMCOが請け負っているとする情報も流れていた。ARAMCOは、SOCAL(スタンダード石油カリフォルニア)、テキサコ、スタンダード・オイル・オブ・ニュージャージー、ソコニー・バキューム(後のモービル)が出資、重役の多くがCIAとつながっていると信じられている。

 アメリカ政府がその気になれば、石油の販売ルートを断つことは難しくないだろう。例えば、1951年にイランがAIOC(アングロ・イラニアン石油)を国有化した際、会社側は石油の生産と輸送を止めることで対抗している。ISの場合、生産はしているが、輸送は大きな問題。

 まずオープン・マーケットで売却しようと試みるが、失敗。そこでイタリア石油公団のエンリコ・マッティ総裁に接触、当初の感触は良かったらしいが、裏でAIOCはマッティと取り引きすることに成功、イランとの交渉は決裂した。次にイランが接触した相手がソ連だった。

 AIOCの後ろ盾はイギリス政府。そのイギリスで1951年に政権が労働党から保守党に移り、ウィンストン・チャーチルが首相へ返り咲いてイランへの介入を強める。そして、アメリカのアレン・ダレスに接触してクーデターに向かった進み始めた。

 アメリカでは1953年に共和党のドワイト・アイゼンハワーが大統領に就任、ジョン・フォスター・ダレスが国務長官に、アレン・ダレスがCIA長官になる。この年の3月にアイゼンハワー政権はクーデター計画を承認、「エイジャクス(アイアース:トロイ戦争の英雄)作戦」が練り上げられ、8月に実行された。

 つまり、石油を生産できてもアメリカ政府がその気になれば、カネにすることは困難だということ。今でも基本的に同じだ。ISが石油で資金を調達しているとするならば、それはアメリカ政府が容認していることを意味している。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ