★阿修羅♪ > 国際9 > 522.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
担当官と兵士でエボラと戦うオバマ大統領(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/522.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 10 月 18 日 18:08:50: igsppGRN/E9PQ
 

担当官と兵士でエボラと戦うオバマ大統領
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-d70c.html
2014年10月18日 マスコミに載らない海外記事


Paul Craig Roberts
2014年10月17日

エボラはアメリカにとっては問題ではないと、国民は安心させられ続けているが、CNNは オバマが、エボラ担当官を任命したと報じている。http://www.zerohedge.com/news/2014-10-17/meet-americas-new-ebola-czar 担当官は医療専門家ではなく、バイデン副大統領に、大統領首席補佐官として仕えているインサイダー弁護士だ。

エボラ陰謀論がエボラよりも早く蔓延しているのも無理はない。そして、我々が知る限り、陰謀は本当の可能性がある。

アメリカ政府の不誠実さについての専門家、イリノイ大学の法学教授フランシス・ボイルは、最もエボラ大流行に悩まされている、二つの西アフリカ国家、シエラレオネとリベリアには、アメリカの細菌戦争研究所があると指摘している。ボイル教授は、主として赤道直下のコンゴに馴染みの深い病気が、一体どうやって、何千キロも離れた、西アフリカに至ったのだろうかと問うている。

ワシントンの対応は、それ自体一風変わっている。オバマ政権は、4,000人のアメリカ兵士を、西アフリカにエボラと戦うために派兵した。兵士はエボラと戦うための訓練も受けていなければ、装備もしていない。一体なぜ4,000人のアメリカ人を、流行伝染病に曝すのだろう? こうしたワシントンの的外れに見える決定は、兵士達をエボラに曝し、ワクチン、あるいは治療法を、兵士達で試験できるようにしているのだという疑惑を生んでいる。

西アフリカが、中国が投資している地域であることに注目している評論家もいる。彼等はワシントンが、この国々を占領する口実に、エボラを利用したり、中国を追い出す為に、伝染病を流行らせたりしたのではないかと疑っている。新たなアメリカ・アフリカ軍は、中国のアフリカへの経済浸透に対抗すべく立ち上げられた。

エボラに対処する上での、アメリカ公衆衛生当局の無能さが、こうした理論を手助けしている。本当の陰謀はたっぷりある。“単なる陰謀論に過ぎない”と言う人々は、陰謀という言葉の意味を調べる必要がある。ある評論家が言った通り、アメリカ疾病管理予防センターCDCのエボラ対応は、実に馬鹿げている。

CDCの治療プログラムは、現在の病原菌にあてはまっていないように見えるエボラに関する想定を元にしたものだ。ダラスで亡くなったエボラ患者を手当てしていた看護婦は、CDCに、自分には症状が現れていると報告したのに、普通の民間飛行機に乗ることを認められていた。彼女は同じ飛行機の132人の乗客を病気に曝し、この乗客達は、以来、何千人もの人々と接触している。デイリー・メールは、病院に隔離する為、看護婦を私有航空機に搭乗させる人々のかたわらにいる、防護服も着ずに筆記板を抱えたアメリカ人の写真を公開した。http://www.dailymail.co.uk/news/article-2794854/what-thinking-mystery-man-without-hazmat-suit-seen-helping-2nd-ebola-nurse-board-plane-atlanta-joining-them.html

アメリカ公衆衛生当局は、伝染病流行国から、アメリカへの旅行者に隔離を課していない。アメリカの航空会社は、アメリカに新たな伝染病を持ち込むリスクにもかかわらず伝染病流行国と行き来する便を運行し続けている。

アフリカ諸国の方が、覇権超大国よりも遥かに良い仕事をしている。この諸国は国境を閉鎖し、飛行機での旅行を禁じ、感染した患者と、患者に接触した人々を追跡している。http://hosted.ap.org/dynamic/stories/A/AF_EBOLA_AFRICA_CONTAINMENT?SITE=AP&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT&CTIME=2014-10-16-14-24-38

賢明な予防措置をとる代わりに、オバマ政権は、エボラ担当官を任命し、4,000人のアメリカ人を、伝染病が猛威をふるっている地域に派兵する。

アメリカ国民が自国政府を信じていないのも無理はない。

共和党は、何でも民営化し、外注することを望んでいるのだから、一体どうして、ワシントン政府を閉鎖し、我が国の統治を、より能力のある国に外注しないのだろう?

注: こういうビデオもある。http://jonrappoport.wordpress.com/2014/10/17/ebola-hoax-hidden-purpose-of-the-operation/

更新情報: http://www.globalresearch.ca/a-liberian-scientist-claims-the-u-s-is-responsible-for-the-ebola-outbreak-in-west-africa/5408459

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2014/10/17/obama-fights-ebola-czar-soldiers-paul-craig-roberts/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年10月18日 20:54:40 : mAKWjxKjsw
兵士の派遣はなんでだろう、と思った。
アメリカ人の護衛と保護じゃないのか。
外人医療スタッフが、菌を市場で撒き散らしている、と現地の住民が言いだして、
8人が誘拐されて殺害されている。
また、病院が襲われそうになって、現地の軍が出動したりもしている。

でも4000人は多いよね。
すでに数ヶ月前には「今収束しなければ、手に負えなくなる」と国連が言っていた
そして今日、国連が「失敗した」と言っているらしい。
もう軍事作戦が必要な段階にあるのかもしれない。
その前に国境の封鎖、アメリカ人の完全撤退が必要だ。
これは陰謀論ではない。人類を守るために必要になればやるだろう。
映画でよくあるでしょう。
宇宙人のいる町を軍が焼き払うっていうシナリオが。

君たちの陰謀論には賛同しかねるが。


02. 2014年10月19日 04:03:16 : jXbiWWJBCA
アフリカでは、国民が、政府への信頼を喪失し、流言飛語を信じる人々が多いことがエボラ蔓延を助けている。格差社会のアメリカでも、同じことが起きるか。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO75645020U4A810C1000000/
エボラ熱は「政府のウソ」 政治不信が感染を助長
(1/2ページ)2014/8/15 7:00
政府は、エボラ熱の患者の血液を売りたがっている。宗教儀式のために手足を切断しようとしているという声もある。また、医療関係者はエボラ熱のウイルスを自分たちに注射するのではないかと考えたり、塩素系消毒薬が体にかかるとエボラ熱に感染すると疑心暗鬼する者もいる(この消毒薬は至る所にまかれている)。ウイルスは、寄付を募るために政府が発明したのだと信じる者さえいる。

 こうした考えは致命的だ。防護服を身に着けることなく、また医療アドバイスに従うことなく、エボラ熱の犠牲者を埋葬すれば、そのたびに、感染拡大の可能性が高まる。シエラレオネ、リベリア、ギニアでは既に少なくとも670人の死者が出ている※。しかも、死者が報告されるペースは速まっているようだ。命を救うためにアドバイスしても、村民がそれをかたくなに受け入れようとしない現状に、医療関係者はいら立ちを感じている。
■「この地域の人口を減らそうとしている」

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO77906420T01C14A0I00000/
世界の中でも「最貧国」といわれる西アフリカ諸国の国民は政府への不信感が強く、感染症対策の妨げになっている。今回のエボラ拡大は、多くのアフリカ諸国が抱える問題点を浮き彫りにしている。
■武装した暴徒が医療施設襲…


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ