★阿修羅♪ > 国際9 > 526.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシア、ガス供給再開へ前進 ウクライナと条件合意:首脳会議 ウクライナ東部、分割認めず:ヘレテイ国防相更迭
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/526.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 10 月 20 日 05:36:44: Mo7ApAlflbQ6s
 


ロシア、ガス供給再開へ前進 ウクライナと条件合意
首脳会議 ウクライナ東部、分割認めず

 【ミラノ=石川陽平】ウクライナとロシア、独仏の4カ国は17日、ミラノで首脳会議を開き、懸案だったロシアからウクライナへの天然ガスの供給再開へ前進した。ウクライナのポロシェンコ大統領が会議後、「新たな契約の基本的な条件で合意した」と表明したが、最終的な合意は持ち越した。同日朝には英国やイタリア、欧州連合(EU)も含め、ウクライナ危機を集中的に協議し、同国東部の分割は認めないことで一致した。

 4カ国の首脳会議終了後、ポロシェンコ大統領は記者団に、ロシアとの天然ガス供給の契約について「資金の不足分を補うための交渉が終わりつつある」と述べた。首脳会議を引き継ぐ形で、両国のエネルギー担当相が17日、詰めの交渉を続けた。ウクライナは6月、輸入代金の滞納を理由にロシアから天然ガスの供給を停止されていた。

 ポロシェンコ大統領は「基本的な条件」の詳細を明らかにしていないが、9月26日にロシアとEUを交えた交渉で提案された内容に沿ったものとみられる。ウクライナが年末までに31億ドル(約3300億円)の滞納金を支払う見返りに、2015年3月末までに50億立方メートルのガス供給を受ける冬季限定の契約になる見通しだ。ポロシェンコ大統領は「21日にガス問題で合意することを期待している」と語った。

 EUは天然ガス需要の3分の1をロシアに依存し、その多くをウクライナ経由のパイプラインで輸入している。ロシアからウクライナへの供給停止が長引けば、ガス需要が増える冬場に、ウクライナが自国市場向けにガスを抜き取り、欧州へのガス供給が減少する懸念も出ていた。

 17日朝には16〜17日のミラノでのアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に合わせ、4カ国と英イタリア、EUの首脳がウクライナ東部の和平定着を目指す首脳会議を開いた。9月5日にウクライナ政府と東部の親ロシア派武装勢力が合意した、停戦を柱とする和平計画の履行が重要だとの考えで一致。親ロ派が実効支配するウクライナ東部の独立は認めないことでも合意した。

 特に、東部で親ロ派地域の確立を狙っていると批判されるロシアのプーチン大統領の発言が注目された。キャメロン英首相によると、プーチン大統領は「(東部を半ば独立した状態に保つ)凍結された紛争も、ウクライナの分割も望んでいない」と表明。ファンロンパイEU大統領も記者会見で「プーチン氏は東部はウクライナの一部だと明言した」と指摘した。

 ただ、17日朝の首脳会議でも、今後の和平定着に向けた道筋を巡り、ウクライナや欧州とロシアの深い対立は残った。レンツィ・イタリア首相は「多くの相違点がある」と指摘。17日夕には事態打開に向けウクライナ、ロシア両大統領が直接会談したが、最終合意には至らなかった。

 ウクライナ情勢を巡りプーチン、ポロシェンコ両大統領が会ったのは、8月26日にベラルーシで開いた首脳会談以降、初めて。両氏は6月に仏北西部で開いた第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦70周年記念式典で、独仏首脳に仲介される形で会談した。

[日経新聞10月18日朝刊P.9]

==================================================================================================
ウクライナ国防相にポルトラク氏

 【モスクワ=共同】ウクライナ最高会議(議会)は14日、ステパン・ポルトラク氏(49)を新たな国防相に指名したポロシェンコ大統領の人事案を承認した。
 ポルトラク氏は東部の親ロシア派武装集団に対抗するため内務省部隊を改組した「国民防衛隊」の司令官。親ロ派との戦闘で疲弊した政府軍の立て直しが急務となる。
 ポロシェンコ氏は12日、ヘレテイ前国防相を更迭した。

[日経新聞10月15日朝刊P.6]

※ 強制辞任させられたヘレテイ前国防相は、ロシアが核兵器を使用したと発言し内部からも顰蹙を買い、8月下旬の東部の闘いでは“逆転の大負け”を食らった責任者。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年10月20日 20:33:23 : hbgwONDPdU
まあポロシェンコの人と成りを知れば、プーチンにとっては組易しと計算していた人物だと思うけどね。
図らずもそうなった。というかポロシェンコはヤヌコビッチ政権のときも閣僚にいた日本でいうところの中曽根康弘みたいなやつだから、こうなることは推して知るべしってわけだ。
政権は半ば中折れ状態だが、キエフの国会前ではこの中折れ状態に憤る民族主義者たちが抗議のデモをかけているようだ。
ポロシェンコ政権にとって本当の危機は国内のこうした民族主義右派のコントロールが利かなくなりヤヌコビッチの二の舞になることだが、もともと右派ネオナチが多い同政権に代わってさらに過激な連中が乗っ取ればさすがに米国も支持などしない。
ネオコンおばはんのヌーランドでさえ、現首相のヤツェニュクのほうがクリチコのような脳筋右翼よりマシだとクリチコの入閣を認めなかったくらいだから、ポロシェンコの苦悩は察して余りある。

02. 2014年10月21日 14:17:01 : nJF6kGWndY

そう簡単に分割とはいかないだろうな

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0IA08420141021
ロシアが2008年にウクライナ割譲を提案=ポーランド元外相
2014年 10月 21日 13:17 JST
[ワルシャワ 20日 ロイター] - ポーランドのシコルスキ元外相は、同国が2008年にロシアのプーチン大統領からウクライナの割譲を提案されていたことを明らかにした。米政治情報サイトのポリティコの19日付インタビューに答えたもので、同氏は9月まで外相を務めていた。

ポリティコによるとシコルスキ氏は、同国のトゥスク首相(当時)がロシアを訪問した際にプーチン大統領から話を持ちかけられたと発言。「プーチン氏はわが国に対し、ウクライナの割譲に参加することを希望していた」と述べた。

プーチン氏は「ウクライナは作りものの国家であり、そもそも西部のルボフはポーランドの街だ。共に、正常な状態に戻そうではないか」とも述べたという。ルボフは第2次大戦前、ポーランド領だった。

トゥスク氏は、会話が録音されていることを認識していたため提案については回答しなかったが、その後も関心を示すことはなかったという。

インタビュー内容が公開された後、シコルスキ氏はツイッターで「発言の一部は誇張されている」と述べた。

トゥスク氏の後任であるコパチ首相は20日、同国のテレビ局で「そのような提案がプーチン大統領からあったとすれば、これはスキャンダルだ」と主張。「わが国の首相は、他国を分割するなどという恥ずべき行為には決して加わらないだろう」と強調した。

ポーランド外務省とロシア政府からのコメントは得られていない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ