★阿修羅♪ > 国際9 > 631.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図 」ロバート・D・カプラン (著)(朝日新聞出版)
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/631.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2014 年 12 月 05 日 21:10:47: V/iHBd5bUIubc
 

地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図 単行本 – 2014/12/5
ロバート・D・カプラン (著), 奥山真司 (監修), 櫻井祐子 (翻訳)朝日新聞出版

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023313513/kktw-22/ref=nosim

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
知り合いのツイッター見ていたら、ツイートのフォロアーの方がとりあげてました。
今日発売らしいですけど、まだ購入してません。
どなたか書評をお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ちなみに内容は、アマゾンにあるように、以下のとおり

 「“世界で次に起こること"が浮き彫りになる
 世界的なインテリジェンス企業「ストラトフォー」の地政学チーフアナリストが未来を徹底予測! 」
 だって!
 なかなかカッコウのエエこと言うてますが、まさか自作自演の諜報産業じゃないでしょうね(笑)
 まだ、読んでないのですみません。
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
どんな内容?

今まさに起きている、東欧をめぐるロシアと西側諸国との争いを予言!
●なぜウクライナはロシアを変えうる存在なのか?
●欧州債務危機はなぜ起きたのか?
●シリアはなぜ国家としてのアイデンティティが弱いのか?
●中国の勢力はどのように拡大していくのか?
●なぜ米国は、イラク・アフガニスタンよりもメキシコを重視すべきなのか?etc...

地理と歴史をひも解くことで、“世界で次に起こること"が浮き彫りになる――
世界的なインテリジェンス企業「ストラトフォー」の地政学チーフアナリストが未来を徹底予測!

【目次】
日本語版によせて
序章 失われた地理感覚を求めて

●第1部 空間をめぐる競争
第1章 ポスト冷戦の世界
第2章 地理の逆襲
第3章 ヘロドトスとその継承者たち
第4章 ユーラシア回転軸理論
第5章 ナチスによる歪曲
第6章 リムランド理論
第7章 シーパワーの魅惑
第8章 空間の危機

●第2部 21世紀初めの世界地図
第9章 ヨーロッパの統合
第10章 拡大するロシア
第11章 大中華圏
第12章 インドのジレンマ
第13章 中軸国家イラン
第14章 旧オスマン帝国

●第3部 アメリカの大戦略
第15章 岐路に立つメキシコ
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年12月08日 19:59:24 : EwoYODPdfE
早い話アメリカが没落する。ローカルパワーに堕ちる。イギリスなど問題外の存在となる。長い期間を設定すればそうなるだろう。

当方そこまで生きているわけではないが。


02. taked4700 2014年12月17日 19:47:01 : 9XFNe/BiX575U : yXVkh7dyko
>欧州債務危機はなぜ起きたのか?

私見ですが、アメリカや日本などの国家財政悪化国との競争があったためでしょう。つまり、国が借金をして経済を支えている国と競争するためには自分たちも国の借金に頼らないと競争ができないということです。

アメリカの強さは、各自治体が基本的に財政的な独立性を確保していることで、日本のように中央からの交付金頼みではない点があります。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ