★阿修羅♪ > 国際9 > 691.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北朝鮮のインターネットが使用不能 先週末から  朝日新聞
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/691.html
投稿者 ダイナモ 日時 2014 年 12 月 23 日 09:55:45: mY9T/8MdR98ug
 

 北朝鮮のインターネットが21日から22日にかけて使用不能になったことが明らかになった。米メディアが一斉に伝えた。AP通信などは、インターネットを監視している専門家の話として、先週末から北朝鮮の通信網に問題が発生し始め、「その後は次第に悪化し、現時点では完全にダウンしている」と報じている。

特集:米映画会社にサイバー攻撃

 米通信社ブルームバーグは、「だれかが北朝鮮をサイバー攻撃しているのかどうかはわからないが、これまで見たことがない異常な状態が起きている」との専門家の談話を伝えた。

 オバマ米大統領は北朝鮮のハッカー攻撃への対抗策をとると明言していた。米国務省のハーフ副報道官は22日の会見で「(対抗策をどうとるか)具体的には公表しない」と語った。一方で、「大統領が語った通り、我々は多くの対抗策を考えている」とも強調した。

 北朝鮮には四つの公式通信網があり、いずれも中国を経由していると伝えられる。米政府は中国政府に対し、北朝鮮がサイバー攻撃をする能力を遮断するよう協力を求めているが、今回の北朝鮮のインターネットダウンとの関連は、現時点では分かっていない。(ワシントン=奥寺淳)


http://digital.asahi.com/articles/ASGDR2QDNGDRUHBI006.html?iref=comtop_6_01  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年12月23日 10:13:14 : ytIWoEzSFI
北朝鮮の対外向け放送、朝鮮の声のホームページが見られなくなっています。

このページは表示できません

•Web アドレス http://www.vok.rep.kp が正しいか確かめてください。
•検索エンジンでそのページを探してください。
•数分待ってから、ページを最新の情報に更新してください。


02. 2014年12月23日 16:51:46 : tQomazAtrg
北朝鮮のネット障害、朝鮮中央通信など一部が接続可能に
2014年 12月 23日 12:41 JST
http://jp.reuters.com/news/pictures/articleslideshow?articleId=JPKBN0K106K20141223&channelName=topNews#a=1
1 of 1[Full Size]
[ソウル/シンガポール 23日 ロイター] - 北朝鮮でインターネットに接続できなくなっていた問題で、23日の午前、朝鮮中央通信(KCNA)や労働党機関紙、労働新聞など、一部のサイトが閲覧可能となった。しかし、北朝鮮政府系の他のサイトはダウンしており、ネット接続が完全に回復したわけでなく、不安定な状況。

インターネットをモニタリングしている会社ディンは「今後数時間は、接続不能となる前のつながりにくい状況に戻るかどうかがカギ」としている。

この問題をめぐり、米国務省報道官は記者会見で、接続遮断の原因がサイバー攻撃かは確認できないと述べている。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0K106K20141223?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29


03. 2014年12月23日 17:25:51 : tQomazAtrg
北朝鮮のネット接続不能 未明から=サイバー攻撃か 2014/12/23 09:30

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が運営するインターネットサイトが、23日午前1時から接続不能な状態になっている。

 北朝鮮メディアを24時間モニタリングしている韓国の聯合ニュースでは、前日とこの日午前1時まではどのサイトにも問題なく接続できた。
http://img.yonhapnews.co.kr/basic/article/jp/20141223/20141223102636_bodyfile.jpg
接続不能な状態になっている北朝鮮サイト=(聯合ニュース)
 その後、状況は一転。午前8時現在、朝鮮中央通信や朝鮮労働党機関紙の労働新聞などのホームページには全くアクセスできない。対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会の韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」や北朝鮮の公式ポータルサイト「ネナラ(わが国)」などは午前6時ごろから、つながったり切れたりの不安定な状態が続く。

 一方、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報や、在米同胞が運営する北朝鮮寄りネットメディアの民族通信など、北朝鮮が直接運営していないサイトには円滑に接続できる。

 ニューヨーク・タイムズなど米メディアは22日(現地時間)、北朝鮮のインターネットは19日夜から不安定な状態だったが、完全に接続不能になったと報じた。

 オバマ米大統領は先週末、北朝鮮の関与が疑われる米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントに対するサイバー攻撃に関し「相応の対応」を公言したが、今回のネット接続不能との関連は明らかでない。北朝鮮の対応も注目される。


mgk1202@yna.co.kr
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2014/12/23/0300000000AJP20141223000600882.HTML
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/23/2014122300995.html

接続不能の北朝鮮サイト 労働新聞など一部は復旧か 2014/12/23 11:54

【ソウル聯合ニュース】23日未明から接続不能となっていた北朝鮮が運営するインターネットサイトのうち、一部が復旧したようだ。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」のウェブサイトは同日午前11時ごろから、同紙のPDFファイルが掲載されるなど通常通り運営されている。

 朝鮮中央通信のサイトは接続可能となったが、写真が1枚だけ掲載されており、完全に復旧されていない。


hjc@yna.co.kr

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2014/12/23/0300000000AJP20141223001400882.HTML
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/23/2014122301822.html

接続不能だった北朝鮮運営サイト 完全復旧 2014/12/23 14:42

【ソウル聯合ニュース】23日未明から接続不能となっていた北朝鮮が運営するインターネットサイトが復旧した。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」のウェブサイトが同日午前11時ごろから接続できるようになったほか、朝鮮中央通信のサイト、韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」なども正常に接続できることが確認された。

 労働新聞や朝鮮中央通信など、アドレスに北朝鮮を表すドメイン「.kp」がつくウェブサイトは同日午前1時ごろから接続不能の状態に陥った。

 ニューヨーク・タイムズなど米メディアは22日(現地時間)、北朝鮮のインターネットは19日夜から不安定な状態だったが、完全に接続不能になったと報じた。

 米政府がソニーの米映画子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントに対するサイバー攻撃を北朝鮮の犯行と断定し、オバマ大統領が北朝鮮に対し「相応の対応を取る」と言及した後に今回の事態が起きたため、一部では米国による報復攻撃の可能性があるとの観測も出ている。
http://img.yonhapnews.co.kr/basic/article/jp/20141223/20141223144427_bodyfile.jpg
接続が可能になった労働新聞のウェブサイト=23日、ソウル(労働新聞=聯合ニュース)
hjc@yna.co.kr

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2014/12/23/0300000000AJP20141223001700882.HTML
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/23/2014122302388.html


04. 2014年12月23日 17:45:16 : nJF6kGWndY

復旧したみたいだな

http://www.vok.rep.kp/CBC/


http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGZZA16VDKHV01.html
北朝鮮のインターネット接続が約10時間ぶりに復旧-米調査会社 

  (ブルームバーグ):数時間にわたり切断状態になっていた北朝鮮のインターネット接続が復旧した。ネットワークの監視・分析を手掛ける米調査会社が明らかにした。米政府は先週末、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)に対するハッカー攻撃に北朝鮮政府が関与していると非難していた。
ダイン・リサーチ(ニューハンプシャー州ハノーバー)が22日にツイッターに掲載した情報によると、接続は不安定になることもあるが、約10時間ぶりに復旧した。北朝鮮の2つの国営ニュースサイトは現地時間午前11時30分(日本時間同じ)時点で機能しており、そのうちの1つである労働新聞は金正恩第1書記のナマズ養殖場視察を報じた。
ダイン・リサーチのインターネット分析ディレクター、ダグ・マドーリー氏によると、北朝鮮には公式のインターネット回線が4本あり、いずれも中国を経由している。これらの回線は前日からたびたび通信不能になり、きょうは完全につながらなくなっていたという。
マドーリー氏は「北朝鮮に対するサイバー攻撃なのかどうかは分からないが、正常でないことは確かだ。北朝鮮では通常、接続は安定している。普通ではない状況だ。今までにこうした例は見たことがない」と述べた。
オバマ米大統領は先週、SPEが深刻な被害を受けたとして、対抗策を講じると述べていた。これを受けて北朝鮮は、米国が同国に何らかの報復措置を取った場合、「数千倍も甚大な」対抗措置につながるだろうと警告。SPEのシステムに侵入したと主張する「平和の守護者」の正体については把握していないとしている。
マドーリー氏は接続不能について、光ケーブルの切断によるものではないと分析。ケーブル切断なら即座に接続が切れるという。他に北朝鮮のルーターのソフトウエアのメルトダウンか、DoS攻撃(サービス停止攻撃)が考えられると同氏は述べた。
米国務省のハーフ副報道官は22日にワシントンで記者団に対し、北朝鮮へのサイバー攻撃の報道については確認できないと述べ、ソニーへの攻撃に対して米国が取り得る「対応策としてはさまざまな選択肢を検討している」とし、具体的内容には言及を控えた。
アーバー・ネットワークスのセキュリティー調査責任者、ダン・ホールデン氏は、北朝鮮が比較的単純なDoS攻撃を受けているようだと指摘。「米政府が何らかの行動を起こすとしたら、見え透いたことはしないだろう」と述べ、米国による攻撃の可能性は低いと分析した。ソニーが公開中止に追い込まれた「映画を見ることができなくて腹を立てた米国内の誰かが起こした可能性もある」と付け加えた。
原題:North Korean Internet Access Restored After Hours-Long Outage(抜粋)
記事に関する記者への問い合わせ先:ワシントン Jordan Robertson jrobertson40@bloomberg.net;ワシントン Chris Strohm cstrohm1@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先: Reed Stevenson rstevenson15@bloomberg.net Jillian Ward
更新日時: 2014/12/23 13:30 JST


05. 2014年12月23日 19:52:03 : tQomazAtrg
北朝鮮のネット障害、中国関与報道は「無責任」=中国外務省
2014年 12月 23日 18:39 JST
http://jp.reuters.com/news/pictures/articleslideshow?articleId=JPKBN0K10KX20141223&channelName=topNews#a=1
1 of 1[Full Size]
[北京 23日 ロイター] - 中国外務省の報道官は23日の定例会見で、北朝鮮でインターネットに一時接続できなくなった問題で、中国がネット接続の切断に関与しているとの報道を「無責任」と非難した。報道官は定例会見で、ソニーの米映画子会社へのサイバー攻撃をめぐり、中国は米国と北朝鮮に協議を促していると説明。

「われわれは、米国の最近の発言と北朝鮮のコメントに留意している。われわれは、米国と北朝鮮がこの問題で協議すべきと信じている」と述べた。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0K10KX20141223?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29

コラム:ソニーへのサイバー攻撃、北朝鮮関与なら金融制裁を
2014年 12月 19日 16:38 JST
http://jp.reuters.com/news/pictures/articleslideshow?articleId=JPKBN0JX0D620141219&channelName=jp_column#a=1
1 of 1[Full Size]
Kent Harrington

[18日 ロイター] - 映画製作会社は素晴らしい筋書きやスーパーヒーロー、特殊効果などを駆使して何とかライバルを出し抜こうと必死だ。だが米ハリウッドでさえも「事実は小説より奇なり」の例えが当てはまることを証明したのが、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが北朝鮮の金正恩第1書記をやゆするコメディー映画を作ってサイバー攻撃を受けたという今月の出来事だった。

米政府はこのサイバー攻撃の背後に北朝鮮がいると断定。さらにこのコメディー映画「ザ・インタビュー」を上映する映画館にテロ攻撃すると脅迫しているハッカーについても、北朝鮮との関係が取りざたされている。

ただ北朝鮮を非難するだけで、米国内で新たな防衛策を導入したり、対外的に積極的な対抗措置を講じなければ、米映画産業へのリスクを低下させる効果は乏しい。

さらにハリウッドの脆弱性よりずっと大きな問題は、米国の全般的な安全保障にある。

オバマ政権は既に、サイバー攻撃に対する米国の防衛態勢の不備を指摘している。ロジャース国家安全保障局長兼サイバー軍司令官は今年、議会における証言で、危険性が増大しつつあると警告。サイバー攻撃対応の分野では国防総省の能力が限られていると強調し、企業と政府のインフラを守るための先端技術への投資など幅広い措置を講じるよう求めた。

それでもソニーをめぐる今回の事件は、サイバー攻撃への防御力強化よりもずっと踏み込んだ対策が必要なことを浮き彫りにしている。

オバマ政権は過去の対応からみてソニーが大損害を受けた点について北朝鮮に外交ルートを通じて抗議する可能性が大きいが、それでは不十分だ。ソニーへのサイバー攻撃で北朝鮮にきっちりと代償を支払わせないままでは、企業秘密窃取やサイバー戦争計画策定といった面で既に明らかな中国やロシア、イランの反米姿勢を高めてしまう。それと同じぐらい重大な問題は、アジアにおいて最大の脅威である北朝鮮に対する米国の取り組みについて、日本や韓国、その他の同盟国が不信感を持つようになることだ。

ではどうすればよいかは、歴史が手掛かりになるだろう。北朝鮮の「金王朝」が行ってきた犯罪行為には必ず政府組織が絡んでおり、ソニーへのハッカー攻撃もまさにそうした構図が当てはまる。1970年代以降、北朝鮮は大使館や情報機関、関連企業などを使ってドル紙幣の偽造や麻薬密売などで資金を得てきた。その収入は指導層の豪華な生活に使われるだけでなく、核兵器と弾道ミサイルの開発にも注ぎ込まれた。それなのに外交的にソニーへのサイバー攻撃を指弾するばかりでは、また同じことが起きると考えるのが賢明だ。

しかし北朝鮮の弱点はその収入源にこそある。米財務省は昨年、北朝鮮の外国貿易銀行が核開発計画に資金を提供していたとして同行に制裁を発動。これは2007年に財務省が北朝鮮がマカオで不正なマネーロンダリング(資金洗浄)の拠点としていた企業に制裁を科したのと同様に同国に有効だった。

さらに北朝鮮にとって唯一の友好国である中国も、北朝鮮の口座凍結に動いた。中国は米国の銀行システムへのアクセスを守るために、制裁を受けた北朝鮮の外国貿易銀行との関係を絶ったのだ。

北朝鮮にもいくつか対策があるとはいえ、金第1書記と側近グループに痛打を与えるという意味で、金融制裁は効き目があることは、はっきりしている。

*筆者はロイターのコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0JX0D620141219?sp=true


06. 2014年12月23日 20:51:22 : aIjrukObbg
それにしても

ソニーは

何時からネオ紺に

なったのでしょうか?


07. 2014年12月24日 09:33:58 : t0bxKdozRI
サイバー攻撃をし返すなら全世界にその映画を無料配信でばら撒けばいい。

08. 2014年12月24日 15:04:22 : tQomazAtrg
北朝鮮のネット また一部接続できず=不安定な状態続く 2014/12/24 09:14

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が運営するインターネットサイトが24日も一部接続できない状態となっている。

 韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」は23日午後8時ごろから接続不能な状態になっている。また、対外宣伝サイトの「柳京」や金日成放送大学が運営する「わが民族講堂」も接続できずにいる。

 朝鮮労働党機関紙、労働新聞のウェブサイト「労働新聞」や「朝鮮中央通信」などは一時的に接続できなくなったが、約1時間後に復旧。現在は正常に接続できている。

 北朝鮮のインターネットサイトは前日も約10時間にわたり接続ができない状態に陥るなど、不安定な状態が続いている。

 一部では北朝鮮によるソニーの米映画子会社へのサイバー攻撃に対する米国の対抗措置であるとの見方もあるが、米国は否定も肯定もしていない。


csi@yna.co.kr

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2014/12/24/0300000000AJP20141224000700882.HTML
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/24/2014122400983.html


09. 2014年12月24日 17:33:36 : 5IEU03arSQ
北朝鮮とアメリカによる情報戦を誰がやった?やらないの結論をすぐ報じる日本のメディアは相変わらず脳タリンだ。
アメリカにとっても北朝鮮にとってもプロパガンダを含む諜報込みの情報戦をむやみに結論付けて良い悪いを言っても詮無い。
インターネットは言うなればアメリカの庭みたいなものであり、そこを抜ける情報は当然家主のアメリカ様にも筒抜けになるよう仕組まれている。
そんな真っ黒黒スケな世界でアメリカと北朝鮮が情報戦をやっているのを正しい正しくないの自明性で語って意味があるのかねえ。

10. 2014年12月29日 21:05:34 : yBZ5ptWw4o
北朝鮮のネット一斉ダウンから1週間 不安定な状態続く 2014/12/29 10:34

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が運営する主要インターネットサイトは、23日に一斉に接続不能となって以降、29日も接続が不安定な状態が続いている。

 聯合ニュースが29日午前9時半に北朝鮮の主要メディアのサイトに接続した結果、韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」をはじめ、対外宣伝サイトの「柳京」や「朝鮮の今日」には接続できなかった。

 これらのサイトはすべて中国にサーバーを置いているとされる。

 ただ、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞や朝鮮中央通信など北朝鮮の国別ドメイン「.kp」を使うサイトや、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報、在米同胞が運営する北朝鮮寄りネットメディアの民族通信など、北朝鮮が直接運営していないサイトには円滑に接続できる。

 北朝鮮に関係するサイトのうち、中国にサーバーを置いているとみられるサイトへの接続が不安定な状態になっているもようだ。

 北朝鮮の国防委員会は27日、政策局報道官談話で「米国がわが国のメディアにサイバー攻撃を加えた」と非難した。


sjp@yna.co.kr

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2014/12/29/0300000000AJP20141229001000882.HTML
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/29/2014122901330.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ