★阿修羅♪ > 国際9 > 767.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《怖いもの知らず》 銃撃されたフランスの新聞社、来週も発行へ!部数も100万部に大幅増!関係者「とにかくやる」
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/767.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 1 月 10 日 16:44:05: igsppGRN/E9PQ
 

【怖いもの知らず】銃撃されたフランスの新聞社、来週も発行へ!部数も100万部に大幅増!関係者「とにかくやる」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5114.html
2015/01/10 Sat. 15:00:16 真実を探すブログ



銃撃されたフランスの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」が100万部の大増刷を決定しました。コラムニストの一人は来週も予定通りに発行する意向を表明し、普段の10倍以上となる部数を印刷すると明らかにしています。ただ、事件直後ということもあり、これに反対する意見もあるようです。


あれだけの事件が起きた後なので、イスラム系の勢力も注目していると思われます。そうなると、内容次第では更に揉める可能性が高く、フランスの治安を考えるとあまり良くないです。
少なくとも死者が実際に発生しているわけで、言論弾圧に屈するとか関係なく、会社として一時中断するのは当たり前の事だと私は思います。


☆仏風刺週刊紙、来週も発行=「愚行に勝つ」、100万部印刷へ
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150108-00000176-jij-eurp
引用:
難を逃れたスタッフが8日に集まり、今後の運営について協議した。コラムニストは「(発行は)極めて厳しい。誰もが悲しみや恐怖に苦しんでいる。ただ、愚かな行為が勝利する結果にさせないために、とにかくやる」と述べた。
 事件で世界的な関心を集めたことから、来週の部数は大幅に増やす見込み。シャルリー・エブドの弁護士は100万部を印刷すると述べている。 
:引用終了


☆パリ新聞社テロ フランス各地で10万人以上が参加し追悼集会(15/01/08)


以下、ネットの反応















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年1月10日 17:30:47 : monsRhldUY
仏で人質事件、強行突入で容疑者3人死亡 人質4人も死亡
2015.01.10 Sat posted at 11:05 JST

(CNN) フランスで発生した2件の立てこもり事件で、フランス警察当局は9日、2カ所の現場でほぼ同時に強行突入を行い、風刺週刊紙本社襲撃事件の容疑者2人と女性警官殺害事件の容疑者1人が死亡した。拘束されていた人質のうち4人の死亡が確認され、残りの人質は救出された。女性警官殺害事件の容疑者の女は現在も逃走中で、警察が行方を追っている。

フランスの風刺週刊誌シャルリー・エブドの本社を襲撃し、逃走していたサイド・クアシ容疑者(34)と弟のシェリフ・クアシ容疑者(32)は9日、セーヌエマルヌ県ダマルタンアンゴエルの印刷会社に人質を取って立てこもった。

2人は警察に、殉教者として死にたいと語っていたという。現場周辺では、子どもたちが学校に待機し、道は封鎖され、店のシャッターは閉じられた。

そして午後5時前、複数の発砲と少なくとも3度の大規模な爆発が発生。その直後に容疑者らが立てこもっている建物の屋上に人の動きがあり、建物近くには救急医療用ヘリコプター1機を含む4機のヘリが着陸した。

その後、容疑者2人は死亡し、拘束されていた人質の男性1人が無事に救出されたと発表された。

一方、クアシ兄弟が立てこもった印刷会社から約40キロ離れたパリ東部ポルトドバンセンヌのユダヤ教食料品店でも同様の立てこもり事件が発生した。

仏当局によると、立てこもったのはアメディ・クリバリ容疑者(32)で、クリバリは8日、パリ南西に位置するモンルージュでアヤ・ブメディン容疑者(26)とともに女性警官を殺害した容疑者と見られる。目撃者によると、クリバリはクアシ兄弟の釈放を要求していたという。

そして、ダマルタンアンゴエルでの強行突入の数分後、複数の爆発と発砲があり、20人ほどの武装警官が店に突入した。イスラエル政府筋によると、オランド大統領はイスラエルのネタニヤフ首相に人質4人が死亡し、15人が救出されたと伝えた。パリ検察によると、人質が突入前に殺害されていたという。

ブメディン容疑者は現在も逃走中。

またイエメンの報道官は9日、短文投稿サイト「ツイッター」上で、イエメン政府が同国に拠点を置くアルカイダ系テロ組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」とシャルリー・エブド誌本社襲撃事件と関連について捜査を開始したことを明らかにした。
オンライン誌「ジ・インターセプト」の創業者ジェレミー・スケイヒル氏は、AQAPがシャルリー・エブド襲撃事件を指揮したとする犯行声明を出したとしているが、CNNは独自にこの情報を確認できていない。

http://www.cnn.co.jp/world/35058846.html


02. 晴れ間 2015年1月10日 20:57:24 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
問題を整理しましょう。

『シャルリエブド』は、全国的にカンパを募り、刊行を継続する意志を表明しています。
編集部の場所も、襲撃された元の建物から、別の新聞社『リベラシオン』の建物に当面間借りするようです。
『リベラシオン』は左派系の有力全国紙。当初はサルトルの創刊ですが、後に社会党などの中央左派系の新聞。(共産党の『ユマニテ』が弱小紙になったので、相対的に有力になっているでしょう。)
間借りでも、当然、警察の警護付きなので、それは税金が使われるということでもあります。(『シャルリエブド』の襲撃の際は、警護の警官が射殺されたわけですが。)

日本人の多くは、『シャルリエブド』とフランス人の強硬な姿勢を中々理解できないのかもしれません。
どうしてそこまでするのかというと、やはり自由というものはそのように闘いながら獲得し守り通すべきものだからです。
これは多分、近世のルネサンスから啓蒙主義の時代の、そのまた延長にあるからでしょう。
宗教的蒙昧の否定は当然です。

カルトに支配された政権を戴き、神事を行う天皇を税金で養い、マスコミが自由を擁護せず、日々大政翼賛報道にいそしむ国とは、全く異なる国のあり方だと思って下さい。その違いが分からないと、近代民主主義が分かりません。

襲撃犯人の動機については、まだ分かりません。
ただ、フランス社会で、特に移民系の貧困層や若年者の一部に、深い絶望感や疎外感があるのは事実でしょう。犯人の兄弟は孤児として育っているし、もう一人の黒人も犯罪歴があります。刑務所繋がりもあるみたいです。
イスラム過激派が、そういう層の人間を狙ってリクルートし、洗脳しているのでしょう。
宗教ではなく、日本で言う格差、フランスで言う「不平等」が、事件の真因ではないかと、私は推測しています。

だから、イスラム云々というのは、正しくないでしょう。


03. 2015年1月10日 21:43:25 : fVqcXXvBYw
「フランスの治安を考えると良くない・・・死者が実際に実際に発生している」から「言論弾圧に屈するとか関係なく、会社として一時中断するのは当たり前」と言う真実を探すブログの主張は、風評被害を助長するからとして、「美味しんぼ」への圧力を正当化した議論と一脈通ずるものがある。

見出しの「怖いもの知らず」は、風刺を逆手に取った賛辞かと思えたが、マジで言っていたのでは、興ざめだ。

マスコミ報道を鵜呑みにすることほど、真実から遠ざかる行為はない。

シェリフ・クアシ容疑者は、BFMTV との電話インタビューで「(自分は)アンワル・アウラキ師によって訓練された」と述べている。

http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/766.html#c7

フォックスニューズによれば、アンワル・アウラキが、FBIに協力していたことを示す公文書が残っている。

アンワル・アウラキが、アルカイダと繋がりが出来た時にも、依然としてFBIに協力していた。

>Enemy or Asset? FBI documents show radical cleric Awlaki communicated with federal agent in '03

The documents further support claims that Awlaki, who eventually went overseas and linked up with an Al Qaeda affiliate, worked with the FBI and was likely a U.S. government asset.

"I have little doubt that President Obama assassinated a terrorist that was an asset of the U.S. government," Judicial Watch President Tom Fitton said.

http://www.foxnews.com/politics/2014/10/01/enemy-or-asset-fbi-documents-show-radical-cleric-awlaki-communicated-with/

さて、真実を探すブログは、クワシ兄弟が、フランスの情報当局のブラックリストに載っていた、監視対象者であったことが判明している。

米国もテロリストとしてマークしていた。

この監視網を、かい潜って、一体だれが、自動小銃カラシニコフや対戦車ロケット弾を、彼らに渡すことが出来たのか?

彼らが着用していた戦闘用カグールは、RAIDと寸分違わぬものだったと言う証言もある。

一体だれが、何時、どこで、どの様な方法で、彼らに供給することが出来たのか?

まだ確定的ではないが、新聞社に侵入して、まっすぐ編集会議室に向かった節がある。

クアシ兄弟は、一体どの様にして、これらの情報を得たと言うのか?

一つ一つ解いて行かなければならない問題は山積している。


04. 2015年1月10日 21:45:50 : fVqcXXvBYw
>>03 訂正

さて、真実を探すブログは、クワシ兄弟が、フランスの情報当局のブラックリストに載っていた、監視対象者であったことを知っているだろうか?


05. 2015年1月10日 21:51:17 : monsRhldUY
仏週刊紙、次号も予定通り「宗教批判緩めない」
2015年01月10日 21時15分

 【パリ=石黒穣】本社が銃撃され編集長らが犠牲となったフランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」は、14日に予定通り次号を発行する準備を進めている。

 本社を襲った容疑者兄弟の脅しに屈することなく、これまで通りに批判のこもったイラストを掲載する方針だ。

 同紙のイラストレーター、コリン・レイさんは、仏紙リベラシオンに、「宗教をめぐる批判は緩めない」と語り、イスラム教についても、風刺するイラストを描き続けることを宣言した。9日に治安部隊に射殺された容疑者兄弟は、シャルリー・エブド紙がイスラム教を揶揄(やゆ)するイラストを載せたことを銃撃の理由としていた。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20150110-OYT1T50123.html


06. 2015年1月10日 22:05:31 : fVqcXXvBYw
表面的には、一昔前の極左過激派集団やイスラム教徒が行ったように見えても、テロの本質は、国家によるテロであることだ。

フランスには、象徴的な意味合いにおいても、シャルリー・エブド紙を、テロの標的とする動機はなかったのか?

フランスは、統治のために、イスラム教徒を民衆の団結の輪から分断して争わせ、互いの力を削いで、弱体化させる政治的な意図を持ってはいなかったのか?

民衆による表現の自由を一番恐れているのは、フランスと言う国家ではないのか?

いま日本が向かっている方向と、この事件を契機としてフランスが向かおうとしている方向は、同じである様に見える。


07. 晴れ間 2015年1月10日 23:57:43 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>06

フランスは「国家=国民」の国です。
「統治のために・・・分断」とは、どういう意味ですか? 誰が誰を統治するのですか? 国民主権の国ですよ。

かつて、植民地帝国の時代には、植民地統治のために現地人を分断支配していました。しかし、現在のフランスで、国民主権の国家で、誰が誰と誰を分断支配するというのですか。

現在、グローバリズムの進展による新自由主義の圧力の中で、西欧の社会民主主義的な政策は困難になりつつあります。国民国家が国民を守りにくくなっています。
しかし、アメリカ的な新自由主義は、フランスでは貫徹しにくいだろう、と私は思います。
貧困化した労働者階級は、移民排撃に向かい、移民排撃を主張する極右政党を支持するようになってきています。共産党は極小政党になり、もはや勤労者を守れないからです。
しかし移民排撃と分断は「国家?」が命じていることではありません。
フランスの移民系の人々こそが、共和国の理念を堅持せねば自分たちが守られないと感じていると思います。

フランスのイスラム系住民は500万人〜600万人に上り、ユダヤ系すら上回っています。
フランスは血統で成り立っている国ではなく、共和国の理念(自由、平等、人権、民主主義)で成り立っている国です。
明日の統一行動では、テロに対する「国民統一(団結)」の意志が示されるでしょう。

「共和国」とはそういうものです。国民が主権者です。革命を繰り返しながら作り上げられてきた国家体制です。
日本のような天皇制や世襲政治の国、「お上にお任せ」の国ではありません。

金持ちはいますし、貧富の差もあります。しかし、重税を嫌がる富裕層が国外に逃げたがるほど平等を志向している国でもあります。(所得税の最高税率は70%。つい最近までは75%でした。)



08. 2015年1月11日 01:04:32 : Av9sznb6wr
これはフランスにとっての聖戦
テロは飛んで火にいる何とやら

09. 2015年1月11日 08:29:14 : TPrSS8FnxM
>>07

>>06を書いた者だ。

国家観やフランスに対する認識が、当方とかなり隔たりがあるので、話がかみ合わないと推測する。

だから、君の批判に対して反論はしない、悪しからず。

>>03>>04)も書き込んだので、そこもソースを含めて読んでほしい。


10. 晴れ間 2015年1月11日 09:56:28 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>09

国家の性格、国家と国民の関係が、フランスと日本とでは全く違うんですよ。それを抜きにして「国家」を論じても意味ないでしょう。(米国も違います。米国は国民国家とは言えないでしょう。)

クアシ兄弟はすでに逮捕歴があり、フランスの治安当局もイスラミストの危険人物としてマークしていました。アメリカでも危険人物リストに載り、両国は情報を交換していました。
犯行現場では警官が警護についていました。それをかいくぐっての今回の犯行です。
二人はベルギー方面に逃亡しようとしていたようです。ヨーロッパ中に彼らのネットワークがあるということです。

foxnews などアメリカの三流メディアではなく、フランスの一流メディアを参照して下さい。
反論は要りません。主観も重要ではありません。事実だけが重要です。


11. 2015年1月11日 10:28:20 : TPrSS8FnxM
>>03に関して、その後、判明したこと。

>まだ確定的ではないが、新聞社に侵入して、まっすぐ編集会議室に向かった節がある。

新聞社は、通りからは、そこがシャルリー・エブドであることは、分からないとシュピーゲル誌が伝えている。

犯人は、入口で、受付二人の内、一人を殺害して、3階にある編集会議室に真っ直ぐ向かっている。

クアシ兄弟は、テロ実行前に、シャルリー・エブド新聞社を模した建物で、訓練を受けた可能性が高い。

一発勝負で、このように鮮やかに遂行してしまうことは、ベテランの特殊部隊要員であっても、かなり難しい。

クアシ兄弟は、テロ実行前に、シャルリー・エブド新聞社の何所で、何時、編集会議が行われていたか知っていたことは確実だ。

>>10

>foxnews などアメリカの三流メディアではなく、フランスの一流メディアを参照して下さい。

foxnewsの記事を読んでいない。(米国)公文書と書いたことも理解していない。

>反論は要りません。主観も重要ではありません。事実だけが重要です。

どこが、事実ではないのか?

事実を基に推論することは、司法でも使われている手法だ。

いい加減なことを言うべきではない。


12. Silverfox 2015年1月11日 10:49:15 : DiI5lSKh.N61A : Z28gxvkzxU
>>07
>フランスの移民系の人々こそが、共和国の理念を堅持せねば自分たちが守られないと感じていると思います。

正にその通りでしょう。
しかし、その共和国の理念で結束していた当時のフランスは、植民地からの搾取の上に国家が経営されていたのです。
遠くにあって、出会う機会が少ないか皆無であった植民地とは異なり、今の搾取の対象の移民は、隣に住んでいる人々として毎日否応なしに目にするのです。
そうすると、昔からのフランス人はかつての「共和国の理念」というものが、植民地支配の上に成り立ったものであるという矛盾に気づくようになったはずです。したがって、それが果たして素晴らしい理念なのかどうか、理屈では素晴らしいと思っても、と思うようになるのです。
その分裂した意識を利用しようと思う人が居るかどうかですが。


13. 2015年1月11日 11:30:49 : PjZdQMgIPY
ずっと論議されている方々。

あなた方が議論している内容は、
911直後のウサマ・ビンラディンや、
ボストン・マラソン直後のアラブ系兄弟を
公表情報のままに信じているか、信じているふりをしている愚行では。

トタールの会長がロシアと取引した直後にに事故死させられた事や
今回、フランス大統領が「ロシア経済制裁はおかしい、解除しよう」と公表したとたんこの事件が発生したこと
これらにわざと無視を決め込んでいはしないか。


14. 晴れ間 2015年1月11日 11:58:05 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>12
「共和国の理念」というものが、植民地支配の上に成り立ったものであるという矛盾


そのくらいのこと、誰でも知ってますよ。
植民地主義を最も支持したのは、共和派です。王党派やボナパルト派ではありません。入植して土地を手に入れたい者たち、貧乏人と無産者が、植民地化を欲したのです。

フランス社会党も「よい植民地化」論の立場でした。植民地を野蛮の状態に置くよりも、フランスが文明をもたらす方が現地の人のためになるという考え方です。
でも、結局、植民地は放棄せざるを得ませんでした。
自由と平等、人権という国民国家の理念が、植民地支配と相容れなかったからです。

そういったこと全てを含めて、その反省の上に立って、今日のフランスがあるのです。
旧植民地人とその子孫が、差別されながらも、なぜフランスに居続けるのか。貧困と蒙昧の父祖の地よりも、フランスを選ぶのか。フランス国籍を持ちたがるのか。
その理由は、旧植民地出身の移民の方々に聞いて下さい。



15. Silverfox 2015年1月11日 12:46:46 : DiI5lSKh.N61A : Z28gxvkzxU
>>14

>そういったこと全てを含めて、その反省の上に立って、今日のフランスがあるのです。

その通りなら移民がフランス社会に受け入れられているはずですね。

>旧植民地人とその子孫が、差別されながらも、なぜフランスに居続けるのか。貧困と蒙昧の父祖の地よりも、フランスを選ぶのか。フランス国籍を持ちたがるのか。
その理由は、旧植民地出身の移民の方々に聞いて下さい。

別に移民がフランス社会を嫌っているとは言っていませんが。


16. 2015年1月11日 14:07:37 : pBipN2KXDo
 

フランス人「表現の自由を守れ!」 ではここで、、フランスの児童ポルノ規制をご覧下さい©2ch.net

1 : エクスプロイダー(新疆ウイグル自治区)@転載は禁止 ©2ch.net:2015/01/11(日) 07:30:41.96 ID:1TEio1wR0 ?PLT(12001) ポイント特典

https://www.scribd.com/fullscreen/203374735

要約すると、
・18歳未満のエロはアウト
・18歳未満に見えるエロもアウト
日本のエロゲ、エロアニメ、エロ漫画どころか、R18指定されていないゲーム、アニメ、漫画の多くも違法
実際に淫獣聖戦3ツインエンジェルのフランス人のプロデューサーと販売会社の代表者が違法と判断された

※18歳未満とされた登場人物の参考画像
http://twinangels.rdy.jp/cara/ai02.jpg
http://twinangels.rdy.jp/cara/mai01.jpg
http://twinangels.rdy.jp/cara/saeko.jpg
破毀院(フランスの最高裁)「他の成人の登場人物と比較すると背が低いこと、成人であると推定されるような身体的特徴がないこと、その表情が非常に低年齢の幼児のように見えるといった点を特に考慮すると、まぎれもなく幼児の特徴を備えている」

罰則は、5年以下の懲役又は7万5000ユーロ(1ユーロ=140円とすると1050万円)以下の罰金
常習的又は対価を支払っての閲覧、単純所持の場合は、2年以下の懲役又は3万ユーロ以下の罰金
加えて、
・公民権停止
・5年以内の運転免許の停止
・運転免許の取消と5年以内の再取得の禁止
・5年以内の出国禁止
・児童と日常的に接触する職業・ボランティアの禁止
・再犯予防のための特別追跡監視措置
といった付加刑がある

京都大学教授、曽我部真裕氏曰く
「罰則が厳しすぎるし、規制される側は社会の多数派からの偏見を受けやすい小児愛者という性的少数者
 そもそも、立法目的が「小児愛とのたたかい」といった抽象的なレベルで行われていて、
 理論によって規制強化の流れに歯止めをかける構図にはなっていないだろ
 この点、日本では事情が異なるけど、それによってフランスのような道をたどるとヤバい」


91 : ローリングソバット(四国地方)@転載は禁止:2015/01/11(日) 10:47:16.85 ID:WN30snmz0
フランス、全然表現の自由守ってないじゃん
自分らにだけは好き放題言える権利があって、
相手にもそれを強制できるって思ってるだけじゃん

92 : ダイビングフットスタンプ(関東・甲信越)@転載は禁止:2015/01/11(日) 10:47:35.13 ID:62/IjAEzO
児童ポルノ規制なんて当然だが
風刺を売りにするなら今回の件も
「結局ペンは剣によって護られた」「銃弾には銃弾を」
くらいの風刺をすべき
これを受け入れられない分際の社会なら表現の自由なんてもんは分不相応

4 : リバースパワースラム(庭)@転載は禁止:2015/01/11(日) 10:49:29.35 ID:1xmHBq9R0
ムハンマドのホモセックス絵は良いって意味がわからんな

109 : ビッグブーツ(和歌山県)@転載は禁止:2015/01/11(日) 12:20:22.94 ID:0tH4e4iF0
>>92
権力の元ではペンは剣よりも強し
〜アルマン・ジャン・デュ・プレシー・ド・リシュリュー
フランス宰相、自身の政敵の処刑命令書にサインをしながら〜

120 : リバースパワースラム(栃木県)@転載は禁止:2015/01/11(日) 13:20:27.69 ID:96S85FAn0
「道徳の起源はルサンチマンである」 - ニーチェ -

121 : ラ ケブラーダ(家)@転載は禁止:2015/01/11(日) 13:22:12.27 ID:Ufpvq7ds0
ジャンヌ・ダルクが対英百年戦争で指揮官として大活躍したのは
まだ18歳未満の少女時代だから、下記のような英雄像は
児童ポルノとして猥褻物確定だろw
http://evolution-control.com/trademarkg/images/Travel%20-%20Tours%20-%20Vacations%20-%20Festivals/Honeymoon%20in%20France%20-%20October%202008/Paris/slides/Jeanne%20d%27Arc%20statue%20close-up.html

ジャンヌ・ダルクの英雄譚は、ある種のマニアにとっては
暴力ポルノそのものだから、もうフランスはジャンヌ・ダルクを
おもてに出さないほうがいいぞw 恥ずかしいし猥褻だからw

-----------------------------------------------------------------


17. 晴れ間 2015年1月11日 16:17:59 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>15

下らない屁理屈で絡みつくのは止めて下さい。
時間の無駄なので、あなたは無視します。


18. 2015年1月11日 17:38:48 : xhe5lHbFLI
日本だったら漫画誌(反テロデモ)もイスラム側もヘイトと呼ばれて弾圧されてるところですね
結局日本では意見表明自体が罪なんだろうけど

19. Silverfox 2015年1月11日 19:31:19 : DiI5lSKh.N61A : Z28gxvkzxU
>>17
反論できなくなったら無視か。
無知とは哀れなものだ。

20. 2015年1月12日 13:23:39 : MJJRIGFQmE

☆☆シャルリー・エブド襲撃事件


迷探偵ポアロ推理「人物再登場・人間喜劇」
本当のフランス人は冗談気質か、間抜け気質か?

@売り上げ発行部数増加のためにシャルリー・エブド社が偽旗アクターを雇ってしくんだ芝居。
A運動不足フランス国民がみんなで散歩をするために考え出した。
B「実は全部嘘でした〜」と数百万人のフランス国民が冗談のフラッシュ・モブのつもりで始めたが、世界中が本気になり引っ込みが付かなくなっている。
Cフランス国内反原発運動家が世界原発利権黒幕のイスラエルがイスラムを使って濡れ衣を着せて、反原発潰しに動くという事前情報をつかみながら、わざと偽旗テロをやらせて多数証拠を掴み、イスラエル当局と直接裏取引をしている。

※パリ警察に捜索願が届く→あの警官
 警官にとどめの場面で、死んだと思われていた警官が、撃たれたのは空砲と判明したので、どこかでひょっこりと姿を現すのは時間の問題なので、捜索願が数件出されているという。
 一件は米国偽旗アクタースピルバーグ劇団スカウト部、一件はシャルリーエブド社宣伝貢献ボーナス担当、一件はパリ警察病院整形手術担当医、一件は本当の想定被害者シリア人なりすまし工作員… 
今あの死んだふり警官≠ヘどこにいるのだろう〜


21. 2015年1月12日 14:11:24 : 3yngLSaAb6

シャルリー・エブド社側も、テロリスト達も黒幕は同一組織ではなかろうか

22. 2015年1月12日 16:28:38 : soWh5t2z1M
>そういったこと全てを含めて、その反省の上に立って、今日のフランスがあるのです。

フランスはいつ旧植民地に謝罪したのかな?


23. 2015年1月12日 19:27:53 : f58tiqci7Y
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-ac91.html

「シャルリー・エルボ襲撃後の“言論の自由”という偽善」

シャルリー・エルボ編集部襲撃は、パリ中心部における12人の非業の死に震え上がらせ、人々に衝撃を与えた。武装した男達が銃を発砲して、既に負傷している警官を殺害した、何百万人もが目にしたビデオ画像は、水曜の出来事のとんでもない実情を伝えている。

銃撃直後から、国とマスコミは、国民の恐怖と混乱につけこもうとしている。またしても、テロの政治的破綻と、本質的に反動的な性格があからさまになった。テロは、テロリストがしでかしたことを 独裁政治と軍国主義への支持をかき立てるのに利用する国家権益に役立つのだ。2003年、ブッシュ政権がイラクを侵略した際、フランス大衆の反対が余りに圧倒的だった為に、ジャック・シラク大統領率いる政府は、アメリカ合州国からの膨大な政治的圧力を受けながらも、戦争に反対せざるを得なかった。それから12年後の現在、フランソワ・オランド大統領は、フランスを“対テロ戦争”におけるアメリカ合州国の主要同盟国へと懸命に転換しようとしており、パリの襲撃事件は彼の思うつぼだ。

こうした取り組みで、オランドは、このような場合、大衆の感情操作と、大衆の政治的見当識障害を起こさせる為に全力を振り向けるマスコミを、頼りにすることが可能だ。資本主義者のマスコミは、情報の抑圧と、一部だけ真実の話や、真っ赤なウソを巧妙に組み合わせて、広範な大衆の極めて卑劣な本能に対してのみならず、大衆の民主的、理想主義的感情にも訴えかける様に計算された物語を作り上げるのだ。

シャルリー・エルボ誌襲撃は、出版の自由と、自由の喪失や生命に対する脅威の恐れ無しに、自らの思うことを表現するというジャーナリストの民主社会における不可侵の権利に対する攻撃だという主張が、ヨーロッパやアメリカ合州国中でおこなわれている。シャルリー・エルボの漫画家や編集者殺害は、ヨーロッパやアメリカ合州国で極めて大切に護持されていることになっている言論の自由の原理に対する攻撃だと宣言した。シャルリー・エルボ襲撃は、そこで欧米の“自由”に耐えられないイスラム教徒による、また一つの暴行として描かれる。ここから“対テロ戦争”、つまり、中東、中央アジアや北・中央アフリカに対する帝国主義者の猛攻撃は、避けることのできない必要事だという結論が引き出されてしまう。

偽善の民主主義を大騒ぎするさなか、中東での戦争で、少なくともジャーナリスト15人の死に、アメリカ軍は責任があるという事実への言及は皆無だ。“言論の自由が攻撃されている”と言い続ける中、2003年のバグダッドのアル・ジャジーラ事務所空対地ミサイル攻撃で、ジャーナリスト三人が死亡し、四人が負傷したことへの言及は全くない。

2007年7月の、バグダッドで働いていた、二人のロイター・ジャーナリスト、カメラマンのナミール・ヌール-エルディーンと運転手のサイード・チマグの殺害に関して、一言も書かれても、言及されてもいない。二人は、東バグダッドへの任務に派遣されたアメリカのアパッチ武装ヘリよって、意図的に標的にされたのだ。

アメリカ国民も諸外国の国民も、アメリカ人兵士、ブラドリー・チェルシー・マニング伍長から入手した機密情報を、ウイキリークスが公開したおかげで、武装ヘリコプターの一機から撮影された、二人のジャーナリストやイラク人集団の血も涙もない殺害光景のビデオを始めて見ることができたのだ。

そして、アメリカ合州国とヨーロッパは、ウイキリークスによる言論の自由の行使を一体どのようにして護ろうとしただろう? ウイキリークスの創設者で発行者のジュリアン・アサンジは、容赦ない迫害の対象になっている。アメリカ合州国とカナダの主要な政治・マスコミ人士連中は、彼を“テロリスト”と非難し、彼の逮捕を要求しており、あからさまに、彼の殺人さえ主張する連中までいる。アサンジは、アメリカとスウェーデンの諜報機関がでっち上げた詐欺的な“強姦”の罪で追われている。彼はロンドンのエクアドル大使館に逃げ込むことを強いられたが、そこは、もしアサンジが大使館から一歩踏み出せば、直ちに逮捕する、イギリス警察によって常時監視されている。チェルシー・マニングについて言えば、彼女は現在、反逆罪のかどでの懲役35年で獄中にある。

これこそ、北米とヨーロッパの偉大な資本主義による“民主主義的”言論の自由と、ジャーナリストの安全に献身する実証だ!

国やマスコミが紡ぎだすいいかげんで偽善的な言辞は、シャルリー・エルボや殺害された漫画家やジャーナリストを、言論の自由の殉教者、そして容赦なく因襲を打破するジャーナリズムの民主的伝統の代表としてあがめられる者として奉じることを要求している。

・・・

単刀直入かつ率直に言えば、シャルリー・エルボが、下劣で、ひねくれて、下品な性格だからといって、社員達の殺害が許されるものではない。しかし、“私はシャルリー”というスローガンが採用され、抗議デモのスローガンとして、マスコミによって大々的に宣伝されている中、国やマスコミのプロパガンダに飲み込まれていない人々は、“雑誌社への暴力攻撃には反対だが、我々は‘シャルリー’ではなく、彼らと共有するもの何もない。”と応酬する義務がある。

マルクス主義者は、大衆に対する宗教の影響力を克服しようとする戦いに決して無縁ではない。だが彼らは、信仰が、困窮や絶望的な苦難といった状況によって維持されていることを理解した上で、この戦いを進めている。宗教は、あざわらうべきでなく、カール・マルクスがした様な形で理解し、批判すべきなのだ。

・・・


24. 2015年1月13日 09:35:55 : 81W1TMuCOo
皮肉が大好きなフランス人だが今度こそはと思ったが相変わらず懲りないな。

25. 2015年1月13日 20:15:39 : pBipN2KXDo
 
【社会】京都と大阪の道路標識に落書き フランス人の芸術家が関与認める [転載禁止]©2ch.net
beチェック

1 名前:武蔵野メンバー ★@転載は禁止 2015/01/13(火) 14:32:51.85 ID:???0
01/13 12:34
京都と大阪の繁華街にある道路標識に、落書きがされているのが次々と見つかり、警察が捜査している。
フランス人の芸術家の男が、FNNの取材に応じ、関与を認めている。
京都市の中心部にある進入禁止の標識には、キャラクターがマークの一部をかじっているように見える
シールが貼られている。
2014年の末から、京都と大阪でこうした標識へのいたずらが相次いでいる。
FNNの取材で、フランス人の芸術家の男が関与した疑いがあることがわかった。
男は「警察が、もし僕に『やったのか?』と聞いてきたら、YESと答えるよ」と話した。
男は、標識は権力のシンボルで、標識を壊さずに、法律に対して異議を唱える作品だとして、90カ所に
シールを貼ったと話している。
男は「僕の作品があれば、みんなもっと標識に注意を払うようになる。だから僕は、安全のためには、
いいことだと思う」と話した。
警察は、標識のシールの撤去を進める一方、道路交通法違反の疑いがあるとみて調べている。
(関西テレビ)

www.fnn-news.com: 京都と大阪の道路標識に落書き フランス人の芸術家が関与認める
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00284286.html


35 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 14:45:55.84 ID:tzwEx2uz0
>>1
これは下手したら、混乱して事故の原因になるな。
http://i.imgur.com/gAvkYuq.jpg


45 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 14:47:38.23 ID:GNT3GmW30
>>35

これは酷い
事故を誘発する

46 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 14:47:40.49 ID:qxj5A0d+0
なにこれ、風刺画もそうだけど、白人の、自分たちのやってることはすべて正しい、

みたいな考え反吐が出るわ、もめごとの原因はすべて白人のような気がする


87 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 15:02:29.43 ID:EGbOg80q0
だからがんばれよイスラム教徒は

凱旋門やベルサイユにキリストのマンコ絵の落書きを描きまくる 表現の自由 これは芸術表現なんですね

器物破損とかいうなら紙に描いたそれやフランス人の酷い揶揄絵を貼りまくる フランス中の街中に
それでこそだろ

102 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 15:08:10.00 ID:x/khu8NA0
他人の物に対して書き加え表現していいという自由はどこにも存在しない。
道路交通法だけでなく器物破損の罪をも犯している。この人間は二度と日本の土地に
足を踏み入れさせてはならない。

105 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 15:08:18.13 ID:S2eP672Z0
この後、本物に似た偽物の標識があちこちに付けられ、事故が多発することになったと言う。
また本物にシールが貼られた標識も偽物と思われ、無視され、事故の要因に…

とか考えつかないからフランス人はバカなのだ

106 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 15:08:48.72 ID:WQ2lZd6G0
フランス人って芸術だの自由だの調子乗ってるけどさあ

イスラム人が怒る訳だわ コイツらモラルない

118 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 15:11:50.39 ID:gvuEpP3C0
道路交通法違反と器物損壊罪で反省の色なしか。

まあ、法を無視してもよいという輩には、法を無視した処罰でもいいのでは?

173 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 15:33:20.39 ID:Ll68W/De0
つかまってないようだから、日本のバカがマネするね
だって捕まらないし、おなじように「みんなが標識に注目するように」といえばいいことになる
つまりテロ行為正当化の前例をつくってしまった
幾らバカでも道路標識に落書きする奴はいないのに、フランス人が扉を開けてしまったね
これが正当性があるというならもう標識の意味が無い
あと車を乗ってるのに注目させるため?アホかと
一通を見過ごして進入なんてするのは老人だけだろ

174 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 15:33:30.20 ID:lz7XFza00
社会秩序を守るための道具が権力の象徴にしか見えないなんて
フランス人は狂ってる

日本のように市井が築いてきた暮らしは
フランスや西洋のように上から押し付けられたものばっかりの国じゃ理解できないのだろう

175 :自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止:2015/01/13(火) 15:35:39.19 ID:nKjl9LPu0
>>170
日本人は、一応、標識と認識して
元の標識の意味を忖度しようとするけど

外人が沢山来て、レンタカーに乗ったりもするんだぜ
危険極まりない

330 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止 :2015/01/13(火) 18:53:07.75 ID:Fcs5eUn80
フランス人芸術家の言い分
「標識は権力の象徴。それに抵抗するためにやった」
「ペイントはダメだけどシールは剥がせるから問題ない」
「標識に注意が向くのでむしろ安全に寄与している」

336 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止 :2015/01/13(火) 19:01:46.51 ID:b8SdTcnt0
ルーヴル美術館の展示物にいたずら書きしても
こいつと同じ屁理屈で大勝利できるわなw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ