★阿修羅♪ > 国際9 > 788.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「配慮欠き、火に油」=預言者風刺画を批判−国際記者団体  時事通信
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/788.html
投稿者 ダイナモ 日時 2015 年 1 月 14 日 16:09:40: mY9T/8MdR98ug
 

 フランスの風刺週刊紙シャルリエブドが最新号で、「私はシャルリ」と書かれたプラカードを持つイスラム教預言者ムハンマドの絵を表紙に掲載したことについて、ジャーナリストでつくる国際NGO「プレス・エンブレム・キャンペーン」(本部ジュネーブ)は発行に先立つ13日、「緊張緩和が求められる時に配慮を欠き、火に油を注ぐ」と批判する声明を出した。

 同団体は声明で、「過激主義者に屈しないとの主張は理解するが、何でも表現していいわけではない」と指摘。「表現の自由は相互尊重の中で制限される」と訴え、「プロの記者は中傷や侮辱を避けなければならない」と強調した。


http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015011400536  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年1月14日 16:45:37 : nJF6kGWndY

さすがにバカばかりではないということか


02. 2015年1月14日 20:09:01 : jEEdcgU0II
>>本部ジュネーブ

ガス抜きであり、アリバイつくりだにゃ〜


03. 2015年1月14日 22:30:58 : JplyOClWyc
マホメットらしき人物が、涙を流して「私はシャルリー」と書かれたプラカードを持っている。

頭上には、「すべてが許される」とある。

https://localtvwtvr.files.wordpress.com/2015/01/charlie13n-1-web.jpg?w=770


強烈な風刺精神は認められるが、どこにPECが指摘する「中傷や侮辱」があるのか、分からない。

PECのシャルリー・エブド批判も、表現の自由の範疇にあることは確かだ。


04. 2015年1月14日 22:31:55 : xhe5lHbFLI
移民反対運動が、元祖ユダヤ人にまで及ぶことを恐れたユダヤ新聞屋団体かな

05. 2015年1月15日 04:36:34 : 9Nc9eDPJlA
強烈な風刺の精神?
「中傷と侮辱」の意図しか伝わってこないけどね。

06. 2015年1月16日 12:50:38 : dRkZyQEXSY
おや、表現の自由を制限しようと画策する

ニセイスラム教徒が来ている。

どこに中傷と侮辱の意図があるの?

説明、プリーズ!


07. 2015年1月16日 13:30:21 : 9Nc9eDPJlA
>おや、表現の自由を制限しようと画策する
>ニセイスラム教徒が来ている。

こういう短絡思考にはげんなりするな。
まぁ放っておいてくれたまえ。

おいらにも言論の自由を。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ