★阿修羅♪ > 国際9 > 834.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国史上で危険な5大盟友・・なかでも日本は最も「残酷非道」―米メディア
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/834.html
投稿者 eco 日時 2015 年 1 月 23 日 13:08:52: .WIEmPirTezGQ
 

米国史上で危険な5大盟友・・なかでも日本は最も「残酷非道」―米メディア
FOCUS-ASIA.COM 1月23日(金)3時50分配信

米国史上で危険な5大盟友・・なかでも日本は最も「残酷非道」―米メディア
米メディア「ナショナル・インタレスト」のウェブサイトは21日、米国史上において危険だった、あるいは危険な同盟国を5つ挙げ、なかでも日本は「最も残酷非道」であると評する文章を掲載した。環球時報が22日報じた。

文章は、歴史上米国の頭を悩ませてきた5大盟友として日本、ソ連、サダム・フセイン統治下のイラク、パキスタン、パフラヴィー朝時代のイランを挙げ、これらの「盟友」を地獄からやってきたとまで称している。

そのなかで日本については、米国とは浅からぬ関係を持っており、19世紀末から20世紀初めには共同で中国の義和団運動を鎮圧したほか、セオドア・ルーズベルト元大統領は日本をアジアとソ連のバランスを保つカギとみなしていたとした。また、第1次世界大戦時には日本が太平洋地域においてドイツに対抗する重要なパワーとされたが、1941年の真珠湾攻撃で米国人の心に永久に消え去ることのない痛みを与えたと論じている。

そして、日本は真珠湾攻撃で米国に死者2000人あまり、負傷者1000人あまりの損害を出させたうえ、米国統治下にあったフィリピンを含むアジア太平洋の複数国家に対して奇襲を仕掛け、米国に多大なパワーを消費させたとした。このほか、当時の日本軍による投降率はわずか1−3%と極めて低く、そのうち自分の意志による投降はわずか3分の1に留まり、残りはすべて重症や重病によって戦闘の継続あるいは自害ができないために投降を余儀なくされたケースであると説明。第2次世界大戦における米国のアジア太平洋地域での死傷率がヨーロッパの戦場の3.5倍に上っており、日本という「盟友」が「残酷非道」であることが言えると論じた。

(編集翻訳 城山俊樹)

最終更新:1月23日(金)3時50分FOCUS-ASIA.COM

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/407287/


The 5 Most Precarious U.S. Allies of All Time; No alliance is perfect, but these five states are the allies from hell.
 By Zachary Keck, January 21, 2015, The National Interest

1. Imperial Japan

As most Japanese celebrated the success of Pearl Harbor, the architect of the attack, Admiral Isoroku Yamamoto, reflected ominously, “I fear all we have done is to awaken a sleeping giant and filled him with a terrible resolve."

If only U.S. officials had demonstrated such prescience nearly a century before when they sent Commodore Matthew Perry to forcibly open up the hyperisolationist country. Although Perry was successful in his immediate objective, the United States ultimately got more than it bargained for in the exchange.

After shedding their initial reluctance, Japanese leaders embraced modernization with a fervor nearly unparalleled in human history. Underlying this drive was a desire to transform Japan into a great power so that it could never again be bullied by Western powers.

Although the bilateral relationship was never free of tension, particularly over China and immigration issues, the United States initially found much to like in an increasingly powerful Japan. For example, Tokyo joined American and European powers in helping to suppress the Boxer Rebellion in China. Even before then, Theodore Roosevelt used a rising Japan as a check against Russian power in Asia. Japan was also valuable in commandeering Germany’s Pacific holdings during WWI. Following the war, and despite continued tensions, Japan and the United States signed a number of important agreements at the Washington Conference of 1922.

Of course, all of this was more than outweighed by what followed, as tensions over China and Asia greatly intensified. This ultimately culminated in the attack on Pearl Harbor that killed over 2,000 Americans and wounded more than a thousand others. Imperial Japan followed up the surprise attack by conquering much of the Asia-Pacific, including the U.S.-controlled Philippines. It would rule over these territories with barbaric savagery.

Removing Japan from these lands?which fell primarily to the United States?proved no easy task. Imperial Japanese soldiers surrendered at appallingly low rates. According to some sources, only one to three percent of Japanese forces surrendered throughout the war, and only one third of these troops actually wanted to surrender (the rest were too sick or wounded to commit suicide or continue fighting.) As a result, most estimates suggest that America’s casualty rate in the Pacific theater was about three and a half times larger than in Europe.

http://nationalinterest.org/feature/the-5-most-precarious-us-allies-all-time-12075?page=show
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年1月23日 13:53:06 : fGNW9yIGfE
今はズバリ中共だろ

02. 2015年1月23日 14:23:14 : nJF6kGWndY

残酷かどうかは視点の問題だが

上の写真の面々の国が終末時計を大分進めてくれたのは事実だな


http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0KW09H20150123
人類滅亡まで「終末時計」あと3分、気候変動や核の脅威で
2015年 01月 23日 13:40 JST
[22日 ロイター] - 気候変動や核兵器などによる脅威が増しているとして、世界の終わりまでの時間を象徴的に示す「終末時計」の針が22日、2分間進められ、人類の滅亡を示す午前零時まであと残り3分となった。

終末時計の時刻が変わるのは3年ぶり。終末時計を創設、管理している米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」が明らかにした。

終末時計は1947年に設置。午前零時に最も接近したのは1953年で、米国の水爆実験を受けて滅亡まで残り2分となった。冷戦が終結した1991年には残り時間が17分となり、滅亡が遠のいていた。

米科学誌のエグゼクティブディレクター、ケネット・ベネディクト氏は記者会見で「歯止めのかからない気候変動と核軍備競争が、人類の生存に対して、深刻かつ否定できない脅威となっている」と指摘した。


03. 2015年1月23日 22:09:59 : uC8DKpjnU6
日本は負けたけど鬼畜米英ってのはその後の歴史が証明してる。
史上もっとも残虐非道な体制が現在世界を支配してるというのが
アメリカ以外の世界から見た真実だろう。

04. 2015年1月24日 00:22:58 : 7zJzEDlABI
今の話をせずに、昔の話でお茶を濁すのはもうやめろよな。
今どう思ってんだよ。危険だと思ってるのか、下種だと思ってるのか
そこを書かないと全く意味のないマスゴミ記事。

05. 2015年1月24日 00:34:36 : tYEyIuqs7Y
「ナショナル・インタレスト」は隔月刊の外交専門誌。名誉会長にヘンリー・キッシンジャー。
環球時報は『人民日報』の国際版。タカ派タブロイド紙。

つまりアメリカ支配層による日本国民に対する恫喝を中国を通して意図的にやっているということ。

アメリカ支配層にとって都合の悪い反応だったら、恣意的に引用した中国のせいにできる。

アメリカ支配層が、こういう観測気球を上げて日本の反応を見るということは、日本管理に迷いが生じているということ。

でも、今になって第二次世界大戦を持ち出すか…

らっきーデタラメ放送局★第112回『世界は八百長!世界の戦争シナリオ集!』
https://www.youtube.com/watch?v=LUR7dA6IHlc


06. 2015年1月24日 00:41:31 : WZGkOhZWCU
 野村大使がサボらないでタイプさせときゃよかっただけ。
宣戦布告が真珠湾攻撃開始後に届けられたんや。
ほんでその原因が大使の手抜きや。
これやったら小使いさんでも雇うた方がましや。
今の外務省も同じやな。

07. 2015年1月24日 00:49:23 : IwN0oPHP4Q
日本は最初から中に米英を飼ってたのだから
軍人が幾ら頑張ろうが
陥れられて負けたのです。
まんまと責任も取らされたのは
生き残った人達だし、
ちゃっかり戦争を計画した人らは
御釣り付きで残ってます。

08. 2015年1月24日 11:30:19 : 9RQWRqU7tg
正しいタイトルは、これだ。

●米国史上で危険な5大盟友・・なかでもイスラエルは最も「残酷非道」―米メディア

イスラエル・・・パレスチナ人を大虐殺しています。領土拡張も。
チリ・・・・・・ピノチェトがCIAの支援を受け、反体制派を次々と殺害。
南ベトナム・・・お寺の僧が次々と焼身自殺しました。
南朝鮮・・・・・パク・クネの父は、歴史上稀に見る残虐な独裁者でした。
サウジアラビア・未だに女性を石打刑で殺し続けています。

どうだ、文句あるか。


09. 2015年1月24日 12:42:32 : xhe5lHbFLI
残酷度の測定基準は何人のアメリカ人を殺したか、ということだろう

とすれば、敵対関係があった時に最も多数のアメリカ人を殺せたということは、
手も足も出なかった他国に比べて日本にとっては名誉じゃないの?


10. 2015年1月24日 17:17:11 : hiTvmQC9lw
日本が戦争をしていた時代の制度に戻したいのが安倍晋三。
憲法改正草案を見ればまるわかり。
靖国神社命。安倍の周りは全員そのたぐい。ただし今のアメリカには何も言えない。

戦争が出来る国にしたい。そのために愛国教育をしたい、そして国民を監視したいのは安倍晋三、橋下徹、石原慎太郎。アホーのそろい踏み。


11. 2015年1月24日 19:13:50 : MDes6F6TWo
War guilt information program を、極悪非道の種類の異なる原爆を落として人体実験やった国が、まだやっているということだろう。

自分が恐ろしいことをして、世界中を戦禍に巻き込んでいる国、それがアメリカ。

自国の犯罪行為を、ATMである日本に擦り付けているだけ。
リーマン後に発表されている数々の経済統計は、粉飾数値とずっと囁かれている。実態と全く合っていないのは、米国国民自身が既に気がついている。
もうすぐ米国は、崩壊する。その断末魔の破れかぶれが、こういった文章を書かせている。


12. 2015年1月25日 05:04:51 : I1dXExxYp2
いやアメリカには負けるわ。

13. 2015年1月26日 21:08:32 : Hk1maQHrA2

これが米国の本音だ。

だから徹底的に骨抜きにしてきた。


14. 2015年1月26日 21:59:29 : D2Un09nkFs
アメリカよー、お前が言うな(笑)

15. 2015年1月26日 23:38:06 : rLBhiuudmU

最も非道で極悪って、やっぱりアメでしょ。

原爆を2個も落としたり、東京大空襲で一般人を焼きつくしたり…。

人間のすることなの??


16. 2015年1月27日 07:28:00 : yJrwADVy0y
とぼけた戦争屋だ。
お前が世界中で戦争を仕掛けて、
これまで何の罪もない人たちを
それこそ何億人も傷つけて来たんだろうが❗️
これからだんだんクソコラ戦で武器を使わない
世界中の庶民に負かされて行くんだよ。
馬鹿が‼︎

17. 2015年1月28日 03:12:56 : xr5eZObUPU
よく反日教育と言われるが
一貫して反日教育をやっているのが米韓。
中国の反日教育は歴史が浅い。
GHQの指導が功をそうしたのか日本の教育も等しく反日になっている。

そんな教育のせいでアメリカ人は日本人が卑怯な民族だと思っている。
山本五十六は戦後100年経っても日本人に祟るのである。


18. 2015年1月28日 07:35:09 : Qk0z0gVGLY
その前にインディアンも殺しまくってるんだけどなあ。

世界中で戦争しまくってるし。ダントツだよな、アメリカ。

つうか真珠湾をわざと攻撃させてる時点でアメリカじゃないか。自国民もコロス。

アメリカ人を一番殺しているのはアメリカ自身じゃないのか?


19. 2015年1月29日 19:38:44 : 2Kkvvoo82U
日本が危険な盟友かどうかは今後分かりますが@安倍総理は首相談話で本音を表現すべきです.A安倍政権の有力な支持基盤である「日本会議」などのタカ派を失望させるような談話を出すのは正直でない方便であり偽善となるB日本のタカ派は太平洋戦争は日本の自存自衛とアジア解放の為の「偉大な聖戦」であり「侵略や蛮行」は一切やつていない。反日分子の「デツチ上げに過ぎない。と主張し言憲法は占領軍に押しつけられたものだとしてとして「自主憲法」成立を目指している。そして「従軍慰安婦の否定」。「南京大虐殺の否定〉。〈東京裁判の否定」。などを主張や論文や著書などで表現している。首相談話は日ごろの安倍総理と政権支持者の言動を正直に文章にすれば上記の様になると思うが。?

20. 2015年1月29日 19:42:43 : 2Kkvvoo82U
19>5行目「言憲法」は「現憲法」の語字です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ