★阿修羅♪ > 国際9 > 835.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
パリ銃撃テロに“冷淡な”米国:兵士や警察官を動員してムスリムの頭をハンマーで叩くようなことはやめよと語ったオバマ大統領
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/835.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 1 月 23 日 14:20:19: Mo7ApAlflbQ6s
 


 自作自演テロの家元とも言える米国国家機関やそれを後ろからサポートしている米国メディアが、自分たちのことを棚に上げ、フランス政府を批判したり、パリ銃撃事件の構図に疑問を投げかけたりしている姿は滑稽だが、パリ銃撃事件の“背景”を垣間見ることができる動きの一つでもある。

 象徴的な出来事は、フランスで開催された“全国家的反テロデモ行進”に高官を派遣しなかったことである。在仏米国大使の参加でお茶を濁したオバマ政権に対し、米国国内からも非難が起き、オバマ政権も判断の誤りを認め謝罪した。

 オバマ大統領は、先週16日、英国のキャメロン首相と会談後の共同記者会見で、「大量の兵士や警察官を動員してムスリムの頭をハンマーで叩くようなことはやめ、彼らを取り込むことをやらなければならない」と語った。

 ABCやCNNなど米国の主要メディアは、パリ銃撃テロ事件を報じながらも、「事件は謎だらけ」、「全体の構図がまったく不明」などとコメントし、フランス当局の捜査発表に疑義を呈している。

(米国メディアが“真実化”に勤め“対テロ戦争遂行”を煽った9.11を含む様々なテロについて、同じように、「事件は謎だらけ」、「全体の構図がまったく不明」と言うことができる)

 このような言動から、米国政権や米国主要メディアは、パリ銃撃テロについて、米国に事前通告もなく行われた “官製でっち上げテロ”と判断していると推測できる。

 パリ銃撃事件が正真正銘のムスリム過激派テロであれば、9.11後の米国を思い起こせばわかるように、「大量の兵士や警察官を動員してムスリムの頭をハンマーで叩く」行動はある程度やむを得ないと言うほかないであろう。
 米国は頭を叩くにとどまらず、アフガニスタンやイラクに膨大な数の爆弾を投下したり重武装兵員で蹂躙したりすることで20数万人の命を奪い続けてきた。

 むろん、ドイツやロシアさらには日本や中国など各国の情報機関も、パリ銃撃テロが“官製でっち上げテロ”であることはわかっている。しかし、それらの国は、米国ほどイヤミに満ちた言動を行うことができないのである。

 テロ発覚から1時間で露呈するほどほどわかりやすい“官製でっち上げテロ”を見破れないような政府は、自国の統治さえ覚束ないと言えるだろう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年1月23日 16:33:17 : nJF6kGWndY

大体、人はみな、他人の愚行は冷静に指摘できるものだ

02. 晴れ間 2015年1月23日 19:23:01 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
私は、やはり陰謀説は取りませんね。
唯一ひっかかるのは身分証明書くらい。

フランスの週刊誌 le Nouvel Observateur のWebサイトが、陰謀説を否定しています。
警察の説明では、身分証明書は、犯人が逃亡中に事故った車を乗り捨てて逃げるとき、車内に取り残したバッグの中に入ってたそうです。画面では、運動靴を拾ったり、たいそう慌てています。

この記事の記者は、犯人は多くの人と顔を合わせており現行犯だったことを根拠にしています。目撃者が大勢いたということです。
犯人は別人で、警察が身分証明書だけを車内に置いた、ということはあり得ない、と。

http://tempsreel.nouvelobs.com/charlie-hebdo/20150115.OBS0052/charlie-hebdo-ce-que-vous-pouvez-repondre-aux-arguments-complotistes.html

陰謀論が盛んなのは、英米だけでなくロシア、トルコもそうらしい。

襲撃そのものがフランスの特種部隊の自作自演だと言ってる人もいるようですが、あれだけのことを演技でやれますか?
そういう国もあるかもしれないけれど、フランスは考えにくい。少なくともフランス人の大半はそう考えない。
まあ、発想の違いと言えば、それまでですが。

陰謀論って、それを言ってる人たちや、それが出てくる社会に何か特徴があるのかもしれません。


03. 2015年1月23日 19:25:07 : xni5yVaf3k
>>02

特種部隊 → 特殊部隊


04. 2015年1月23日 20:19:00 : LBtbDXFoS6
トルコのトピックス エルドアン大統領が“現代のロレンス”に対する団結を呼びかけた
http://blog.goo.ne.jp/sachiko-lale/e/d05661432ed25e28fc5dd5f303085788?fm=rss
(以下上記より、転載)

イスタンブルで開催された「イスラム協力機構」(OIC)の会合で、エルドアン大統領は、「イスラム諸国は、中東を崩壊させようとしたイギリスの将校“アラビアのロレンス”の継承者たちを打ち破らなければならない」とスピーチしました。

大統領はエチオピア、ソマリア、ジブチ歴訪に先だって、テロ行為は“決してムスリムともイスラム諸国とも結びつかない”と語りました。「ムスリムが沈黙し、宗派が信者の後ろに控えていたら、よそ者が入り込んでくる」と大統領は言いました。

アラビアのロレンスのほうが通りがよいイギリス士官T.E.ロレンスは、第1次大戦中、オスマン帝国軍と砂漠でゲリラ戦を戦ったアラブのリーダーたちに助力しました。エルドアン大統領は、中東に干渉する西洋のシンボルとして、ロレンスの亡霊を引っ張り出したのです。「私たちは異なる言語を話し、異なる土地に住み、異なる民族をルーツとしていますが、いま、テロと人種差別に対して違いを越えて団結しなければなりません」と大統領は言いました。

エルドアン大統領はまた、ムスリムのメンバーを入れずに、ムスリム世界の問題を解決しようとする国連の安全保障理事会を批判しました。「常任理事国5か国にムスリムの国がありますか? そんなやりかたが公正でしょうか」

「私たちは56か国です。国連加盟国のほぼ3分の1はイスラム国です」とエルドアン大統領はOICの会合で語りました。


05. 2015年1月23日 20:33:11 : qJHlvVBlh2
  私は、あちらこちらに陰謀があるのではと思ってますし、日本ほどでないにせよヨーロッパのマスコミの偏った報道もないとはおもってませんが、私たち日本人とは違った歴史、土壌によって培われた思考の表れのためだったりします。
 しかし、ある特定の陰謀を想像して癖のある思考をすることとよって、全く事実から遠ざかった結論を引き出してしまう可能性も高くなると思います。

 もしその陰謀を考え実行した勢力が、例えば、複雑な差し迫った状況から内密に一斉に逆の勢力に加担したなら、私たちが最初に想定した陰謀は、違った形で現実化されます。

 現在のような、流動性の高い世界状況であれば、ますます、そうした様々な陰謀のネットワークを固定することの危険性が高まると思います。

あっしらさんの見立ても考えられるでしょうが、もっと違う角度から解釈することも可能ですし。

ームスリムの頭をハンマーで叩くー に関しては、普通にイスラム教徒と過激派が違うものと捉えられてます。

今回の11日の行進では、 すでにードイツと米国の蜜月の終わりーがあった後、今回は、オランドとメルケルの団結が強調されてのは確かです。

あっしらさんの トマピケテいの考えの実行性の限界の意見に、日本人である私は直感的に納得してしまったのですが、その視点と通じると思うのですが、私は、操作しようとする権力側の発想をなぞるよりも、操作されたくない、民衆側の思考が大切だと思います。



06. 晴れ間 2015年1月24日 10:47:11 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>02


私が>>02で挙げた雑誌の別の記事は、陰謀論者のサイトの特徴をよく整理しています。それによれば、

=============================================
陰謀論者の、一部のアドレスは、「反ユダヤ主義」のサイトのもの。
他のアドレスは、オカルティスム、オカルト術者のサイトのもの。
明確に定義できないサイトも多い。しかし他のコミュニティ、特に「ファッショ領域」のコミュニティとの境界が相互浸透的であることも多い。さらにはその指揮下にあることもある。
これらのサイトは、記事や文の断片を互いに交換しているが、記事の書き手は、(一つのサイトを除き)極少数である。
==============================================

その次に、代表的な陰謀論サイトが具体的に挙げられています。
この記事は、Conspiracy Watch とも接触したところ、自分たちの分類が後者の調査ともほぼ一致していることを確認した、としています。
http://rue89.nouvelobs.com/2015/01/23/charlie-hebdo-sont-sites-parlent-complot-257284

阿修羅のカルト板の住人が反ユダヤ主義と歴史修正主義をむき出しにしていることも、これと同じですね。
陰謀脳の人たちと私とでは話が合わないのも、そこに原因があるようです。

陰謀論者が飛びついているサイトや文献は、誰がどのような意図で流しているのものなのか、を考えてみる必要があると思います。

それから、反ユダヤ主義の本家本元は、その始まりからキリスト教会(特にカトリック)です。ユダヤ人差別の主犯は、キリスト教徒です。
がオカルトで結びついているのでしょうか。
オカルト脳も、宗教的蒙昧も、互いに近いのかもしれませんね。
シャルリエブドが闘っていたのは、その種の蒙昧です。


07. 晴れ間 2015年1月24日 10:55:14 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>06

一部、文が飛んで抜けました。
最後の3行の前に「キリスト教 = 反ユダヤ = 親ナチ(歴史修正主義)」を入れる。


「キリスト教 = 反ユダヤ = 親ナチ(歴史修正主義)」がオカルトで結びついているのでしょうか。


08. 晴れ間 2015年1月24日 11:07:37 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
フランスのインテリ層にユダヤ人が多いのは事実です。
しかし、そうしたユダヤ人(ユダヤ系)の多くは、信仰はもっていません。宗教的実践はしていません。無宗教、または無神論者も多いです。

宗教的蒙昧にとらわれたままでは、知の探究はできません。高学歴者や知識人どうしの付き合いはできません。既成のものに批判的な精神をもつ社会改革派との価値の共有もできません。

それに、混血が進んでいますから、ユダヤ性にこだわる人は減っています。


09. 晴れ間 2015年1月24日 11:48:32 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
こちらのサイトも貼りますね。

http://www.conspiracywatch.info/


エマニュエル・タイエブ氏、フィガロ紙に答えて、
-----「陰謀論は弱者の政治的武器である」。-------

陰謀論者の皆さんは、「弱者」なんですよ。
社会的弱者ではなくとも、オツムが「弱者」。
「他人よりも何かを知っている」と思いたい誘惑に駆られていませんか。

フィガロ紙で全文読めます。


10. 2015年1月24日 14:30:19 : tYEyIuqs7Y
「王様は裸だ!」と指摘されるのがそんなに怖いのか?

キリスト教を見下しながら、フィガロ紙という権威にすがる姿は滑稽だ。

これは逆に言えば「売女マスコミは強者の政治的武器である」ってことだぞ。

晴れ間は大本営発表、売女マスコミ(The Presstitute Media)を盲目的なまでにありがたがる「蒙昧」。

この者こそが権威に従順な「弱者」なのだ。


11. 2015年1月24日 15:06:19 : GpIz7OFQSv
ディピカルなオツムよわ〜が直ぐにで出てくる可笑しさ。

12. 晴れ間 2015年1月24日 21:04:56 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>09

E. タイエブは研究者であって、フィガロ紙の記者ではありません。
陰謀研究の専門家。
リヨン政治学院で教鞭を取る政治学者、社会史家。

フィガロのサイトもリンクしておきます。
http://www.lefigaro.fr/actualite-france/2015/01/22/01016-20150122ARTFIG00046-emmanuel-taieb-la-theorie-du-complot-est-l-arme-politique-du-faible.php


同氏の他の文献。
「陰謀主義者のレトリックの五つの規則」
http://www.conspiracywatch.info/Les-cinq-regles-de-la-rhetorique-conspirationniste_a1123.html

「『再政治化する』陰謀論者のパロル」
http://www.conspiracywatch.info/Repolitiser-la-parole-complotiste_a1125.html


学術研究に対して、文献を読みもしないでヤジを飛ばしているのか、クダを巻いているだけなのか。みっともないですよ。
自分とは異なるものに対して、開かれた精神(エスプリ)を持たないと、進歩も自己の成長もありません。


13. 2015年1月25日 00:54:12 : LBtbDXFoS6
>>12

日本語が御上手なあなたのように、フランス語が上手な日本人がそうそういるわけじゃないんですよ。

せめて英語のリンクにしておいてください。


14. 2015年1月25日 05:02:34 : I1dXExxYp2
嘘が一つでも混ざっていたら全体が嘘なんだよ。
真実なら嘘は混ざらない。
反動の無い銃、小銃弾を受けても衝撃を受けない人間、頭を撃たれて血の出ない死体。
そういうものが存在する以上、事件の実相は説明通りではない。
こういうのを巷間、陰謀という。

15. 晴れ間 2015年1月25日 17:04:04 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>13

あなた、皮肉ですか?
私の母語は日本語です。子供の頃から読書好きで、国語(日本語)の成績もよかったです。母語ができないと、外国語もできません。


タイエブ氏の陰謀論研究については、数日中に要点をコメントします。(今、時間がありません。) 学術研究ですから、その方面の専門用語や概念がポンポン出てきます。


>>14
>嘘が一つでも混ざっていたら全体が嘘なんだよ。

そうですよ。だから私も陰謀論者、偽旗論者の話がウソだらけ、デマとガセネタだらけだということに気づいたので、彼らの言うことは全く信用しなくなりました。

陰謀論への反論は、>>02>>06の記事が具体的に行っています。
それらを読んで下さい。(私は翻訳の面倒なんて見ませんよ。必要なら専門業者に頼んで下さい。)


16. 2015年1月25日 20:34:22 : EDFCKjGj9Y
フランス語は英語への自動翻訳で読んだらいいですよ。
以前、晴れ間さんでない方が紹介してくれた仏語サイトを自動翻訳で読みましたが大意を分かるのに問題なかったです。

あと、これは英国人の書いた陰謀論批判の本の紹介です。(実はだいぶ以前からブックマークしてました)
私個人は陰謀論否定ではありません。仮説だと思っています。

http://blog.ohtan.net/archives/51407463.html
1 始めに

 イギリスの著述家兼キャスター兼ジャーナリストであるデーヴィッド・アーロノヴィッチ(David Aaronovitch。1954年〜)が 'Voodoo Histories: The Role of the Conspiracy Theory in Shaping Modern History' という本を上梓しました。
 陰謀論を批判した本です。
 その内容のあらましをご紹介しましょう。

2 陰謀論批判

 「・・・陰謀論(conspiracy theory)についての、これまでのものより良い定義は、偶然のあるいは意図的でない事柄の原因を意図的な当局の行為に帰せしめること、であろう・・・。・・・
 <その例として、>シオンの議定書(Protocols of the Elders of Zion)、真珠湾攻撃とローズベルトの第二次世界大戦参戦への意欲との関係、ケネディの暗殺ないしケネディとモンロー<の関係>、ダイアナ妃の死、等々があげられる。
 <更に、>1984年の反核活動家の<英国人>ヒルダ・マレル(Hilda Murrell)の死、2003年の<対イラク戦の正当化につながったイラクの大量破壊兵器能力情報に疑念を呈した英国人>デーヴィッド・ケリー(David Kelly)の死、9.11同時多発テロ、イエスの血統に関する神話とダヴィンチコード(Da Vinci Code)も<陰謀論の例として>あげられる。
 2001年の世界貿易センターの崩壊がらみのでっちあげの話が一番面白い。
 <陰謀論者の>多くは、テロリスト達は、米国政府によって仕立て挙げられた諜報的手先たる「闇ネットワーク」ないし「秘密チーム」に属する騙されやすい人々であると考えている。
 ・・・この陰謀論の興味深いところは、連中が抱く、アラブ人が自分達自身の力でこれを成し遂げたという考え方に対する「絶対的な侮蔑」だ・・・。
 ・・・陰謀論の一つの特徴は、連中がそれ以前の陰謀論を足場として用いて自分達の「理論」を宣伝することだ。

(略)

 左翼からも右翼からも陰謀論は出てきているし、宗教的なものも世俗的なものもあるし、ボトムアップのものもトップダウンのものもあると。・・・
 現在、ガザにおける<世俗的な>ハマス主導の政府とイランの<宗教的な>神制政治が、どちらも偽造されたシオンの議定書を再臨させている。
 陰謀論は、・・・敗者によって書かれる。疲れ果てた異議申し立て者達にとっては、全能で情け容赦のない敵の幻影を作り出すことは、トレードオフや妥協の伴うところの民主主義的政治というやっかいな営みからの、至福の解放をもたらしてくれるからだ。・・・

(略)


17. 2015年1月26日 01:30:10 : LBtbDXFoS6
>>15

いや、マジでフランス人の方かもしれないと思ってたものですから。すみませんでした。
最近はアニメや漫画とかがきっかけで日本語学習に目覚め、流暢な日本語を読み書きされる方も多いと聞きましたので。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下品で無分別で人種差別的だったシャルリ・エブドの風刺画
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/d4fef905ef2336fbe34cdf221cfe67af

やはりあの雑誌の風刺画は味わいも可笑しみもないものだったようですが、その雑誌を風刺した風刺画を描いた16歳の少年は(このブロガー氏はアラブ系移民ではないかと推測されてますが)『テロ扇動罪』でフランス政府に逮捕拘留されているそうです。(少なくとも「風刺画家」としてはその少年の方が、ずっと上手のようですが)

そもそも、フランスには下記で弁護士さんが調べて書かれているように、人種や宗教でも差別的な表現を禁じる法律がちゃんとあったというのにシャルリーには適用されなかったようです。この法律できちんと取り締まっていれば、この惨事は起こらなかったかもしれません。


街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋 再びヘイトスピーチ(人種等差別的表現)規制は問題の解決になるのか?
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2015/01/post-642c.html

(以下一部分を引用)

フランスは、1972年、人種差別撤廃条約の批准後、表現の自由に関する1881年法を改正し、強力な人種等差別表現規制を設けた。

禁止される行為は「出生または特定の民族、国民、人種もしくは宗教への帰属の有無を理由とする、人又は人の集団」に対する差別表現である(表現の自由法24条、32条、33条)。

表現方法は、「公共の場所または集会において行われた演説,訴えもしくは威嚇」,「公共の場所または集会において販売され,もしくは陳列された販売用または頒布用の著作物,印刷物,図画,版画,絵画,紋章,映像その他,著作,言語あるいは映像の媒体となるあらゆるもの」,「公衆の面前に貼り出された貼り紙またはビラ」,および「公衆に対する電子技術によるあらゆる伝達手段」(法23条)など、全ての表現行為を網羅していると言ってよい。

つまり、「宗教は含まれない」とか「風刺は許される」などという安易な理解を許さないほど、フランスの人種等差別表現規制は徹底している。
(引用終了)

つまり、「ダブスタ」ということでしょうか。


18. 晴れ間 2015年1月26日 23:49:59 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>17

フランスで、「表現の自由」は絶対無制限ではなく、法律で規制されています。
人種差別や人間の尊厳を侵害するもの、憎しみを煽るものは禁止です。
法律は、発言の場等々により細かく規制しているようですが、私は細かなことは知りません。

人種差別は禁止です。テロや殺人を唱えることも禁止。
ただし、「涜神」は禁止の対象ではありません。涜神無罪で、刑事罰の対象にはなりません。神を信じるか否かは信者のみに関することで、信者でない者が信仰や特定の神を強制されることはありません。

フランス共和国の基本原理、国家の性格が「世俗」(非宗教、ライック)だからです。
もともと共和政は、宗教勢力(カトリック)との闘いを通して確立されてきたので、国家への宗教の介入は許しません。同時に、国家も個々人の信仰にも、宗教団体にも関与しません。互いに不干渉です。
統一教会や創価学会が禁止されたのは、人間の理性を狂わせるカルトだと認定されたからです。理性が狂えば、人間は自由ではありません。

シャルリエブドの漫画にはユーモラスなものも多いですよ。
テロの犠牲者12人のうち3人は、長年フランス共産党の機関紙ユマニテにも寄稿していた人たちでした。
人種差別反対、反戦平和の雑誌です。

イスラムの預言者等(その他宗教的権威)を冒涜するのは、フランスから「バカ」を放逐するため、と当事者は言っています。「バカ」とは宗教的蒙昧の状態にある人たちのことです。批判や風刺の対象は、蒙昧そのものなので、人種差別や憎悪には当たりません。(蒙昧を憎んで、人を憎まず、です。)

アマゾンで沢山のシャルリエフド本やグッズが販売されています。
http://www.amazon.fr/s/ref=nb_sb_ss_i_0_7?__mk_fr_FR=%C3%85M%C3%85%C5%BD%C3%95%C3%91&url=search-alias%3Daps&field-keywords=charlie+hebdo&sprefix=charlie%2Caps%2C508


19. 2015年1月29日 09:53:08 : pBipN2KXDo
 
フランス警察、「テロ称賛」発言で8歳の男児を事情聴取 警察「テロの意味は」 男児「分かんない」©2ch.net

1 名前: リバースパワースラム(WiMAX)@転載は禁止 ©2ch.net 2015/01/29(木) 09:37:13.91 ID:WxOUJNiy0 PLT(15444) ポイント特典

仏警察、「テロ称賛」発言めぐり8歳児を聴取
2015年01月29日 09:19 発信地:ニース/フランス

【1月29日 AFP】南仏ニース(Nice)で28日、学校でテロリズムを称賛する発言をしたとされる
8歳の男児が、30分近くにわたり警察の聴取を受けたことが、地元警察関係者の話により明らかになった。

?地元の公安関係者によれば、男児は通っている学校で、今月7日にパリ(Paris)で発生した
風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)本社襲撃事件の犠牲者12人を追悼する黙とうが
行われた際、参加を拒否した。

?担任の教師は、男児が事件の容疑者らに対する「連帯感」を示す言葉も口にしたと話している。
公安関係者によると、男児の言動を懸念した校長から通報を受けた警察は、「8歳児がなぜそうした
過激な考えを持つようになったのか理解するために」男児とその父親を呼んで事情を聴いた。

?同関係者は一方で、男児が刑事告発されたわけではないと強調し、「男児は自分が言っている
ことの意味を分かっていないようだ」と説明している。男児の弁護士がツイッター(Twitter)に
投稿したコメントによれば、男児は警察に対し、「僕はテロリストの仲間」と発言したことを認めている。
ただし、警察が「テロ」の意味を知っているかと尋ねたところ、男児は「分からない」と答えたという。
http://www.afpbb.com/articles/-/3038049


8 名前: フライングニールキック(大阪府)@転載は禁止 :2015/01/29(木) 09:44:16.33 ID:cMacGZX50
フランスってこんなアホな国だったの??

9 名前: 足4の字固め(茸)@転載は禁止 :2015/01/29(木) 09:44:22.63 ID:9NokwXZR0
こういう発言も許容しないと「表現の自由」とは到底言えんだろ

10 名前: 雪崩式ブレーンバスター(SB-iPhone)@転載は禁止 :2015/01/29(木) 09:45:37.51 ID:t9PmBF8E0
テロが元々フランス発祥だしな

12 名前: ミッドナイトエクスプレス(福岡県)@転載は禁止 :2015/01/29(木) 09:45:56.93 ID:KK0tcpKw0
国家まるごと迷走中だな

17 名前: 張り手(家)@転載は禁止 :2015/01/29(木) 09:48:04.89 ID:KKMO3mzF0
>男児は警察に対し、「僕はテロリストの仲間」と発言したことを認めている。

どこの鳩山邦夫だよw

「僕のともだちのともだちはアルカイダだじょ!」(国会での公式発言)


20. 晴れ間 2015年1月30日 22:00:27 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
陰謀論について。

France2、1月29日20時のニュースが、フランスでの陰謀論の広がりを取り上げていました。陰謀論者(高校生)へのインタビューを番組で短時間放送。
フランスで陰謀論の担い手(賛同者)は、中学生や高校生。公式のニュースはあまり信用せず、夜はネットで情報収集するというタイプ。ただし、課外活動ではサッカーなどに励む一方、学業優秀とはとても思えない層の中高生。

まあ、フランスでは、陰謀論の担い手は、低学力層の子供たちのようです。

ニュースの扱いから見て、真面目な大人や知識層は、陰謀論には一顧だにしていないのではないかと思われます。

陰謀論は社会現象としては面白いので、いずれ暇を見つけて調べてみようと思います。


21. 晴れ間 2015年1月31日 12:45:33 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
>>20

私が言いたいことは、フランスでは陰謀論は低学力?で未熟な中高生の間で流布しているに過ぎないのに、日本では大の大人が論じているということです。

この違いは、政治と国民の関係を反映しているのではないでしょうか。

政治的民主主義が不在、もしくは弱すぎて、国家や政治家やマスコミの言うことを信じられない日本。(大多数はお上に従順で疑うことを知らないが、一部の覚醒したらしい人たちは疑心暗鬼に陥らざるをえない日本。)
政治に国民の意志が反映されない国、日本。
日本の有権者の多くは今も「政治的弱者」のままなのでしょう。



22. あず子 2015年1月31日 22:08:59 : FbHay3iNqHnXE : HYLPx4wCUU

フランスのテロがどうだかは良く知らないが・・・。

陰謀論だ陰謀論者だの

味噌もクソも十把一絡げに標識付けて悪いイメージを作り、

一般人がお役人に反論しないようにと、手の者が一生懸命。

ワールドニュース見ていたら、

フランスのマスコミもそういう姿勢だった。

そういうのを見てしまうと、かえって怪しい


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ