★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK159 > 607.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
進次郎氏、舛添氏支援に「党が胸を張れるか」(スポーツ報知) 
http://www.asyura2.com/14/senkyo159/msg/607.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 1 月 18 日 10:00:00: igsppGRN/E9PQ
 

進次郎氏、舛添氏支援に「党が胸を張れるか」
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20140117-OHT1T00120.htm
2014年1月17日18時42分 スポーツ報知


 小泉進次郎復興政務官は17日、東京都知事選で、党を除名された舛添要一元厚生労働相を推薦する都連方針を了承した党執行部の対応に疑問を呈した。「党が胸を張れるか、率直にぶつけていくことも所属議員の務めだ」と党本部で記者団の質問に答えた。

 17日の党青年局研修会での講演では、舛添氏について「野党で一番苦しかった時に『自民党の歴史的使命は終わった』と言って出て行った人だ」と批判。「ずっと自民党を応援している国民が、支援する姿勢をどう見るかだ」と語った。

 細川護熙元首相を支援する父親の小泉純一郎元首相が脱原発を争点に掲げていることには「何を重視して投票するかは有権者が決めることだ」と指摘。「私は都知事選に関わることなく、政府の一員として被災地のために全力を尽くす」と強調した。

 一方、自民党は石破茂幹事長名で党所属の全国会議員に舛添氏への支援を求める文書を送付。「アベノミクスの成果が各地域に広がっていく正念場の時期に政権をつまずかせるわけにはいかない」と協力を要請した。ただ舛添氏の除名の経緯に触れて「党本部として推薦などの機関決定の対象とはなり得ない」と付け加えた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年1月18日 10:11:01 : DnGoAieEdw
でも親父の脱原発に賛同してもいない。

02. 2014年1月18日 10:13:57 : FYWqz7qby2
舛添にはなんみょうファシズムの危険を感じる


03. 2014年1月18日 10:29:44 : U8UptGKVoD
かっこいいねえ。
でも裏を返せばキレイ事を言ってるだけのイメージどおりのさわやか青年議員のウケの良さばかりが臭ってくる。
このさわやかさに魅かれストーカーが小泉家に入り込む珍事もあったように進二郎君は自民党の客寄せパンダとして効果抜群なわけだが、復興政務官としては親父さんの暴走に引きずられて影が薄い、というより板ばさみというほうが適切か。
したがい求められる台詞も一見筋の通ったような物言いに聞こえるが、よくよく聞いてみると当たり障りの無い他人事を言っているだけ。
してみれば親父さんの今の行為は舛添のそれより遥かに重大、党に対して後足で泥を引っ掛ける、なんてものじゃなくバキュームカーの汲み取りポンプから糞尿をぶちまけているようなものではないか。
いや、それを俺は責めているのではない。もっとやれと思っているのだが愛息の進二郎君は親父の大暴走には言葉を噤んで言おうとはしない。
だが進二郎君よ、君は自民党員なのだから親子の情を超えてでも元党員のこうした行為に対して猛批判すべきではないのかね?
それをしない君はやはり甘ちゃんの客寄せパンダ、政治は闘争であるが常だった親父さん世代の迫力胆力に遠く及ばない。
その点、君の親父さんは大向こうにウケるのは無難なことを言ってたらダメだってことをよおく知っている。
ここ一番、誰になんと言われようが自分が正しいと思ったらかつての敵だろうと組む。
キレイ事をくっ喋っていたら仁義なき戦いに駆逐されてしまうぞ。


04. 2014年1月18日 16:54:25 : luwBNWlcW6
進次郎氏対応、悩める自民 「舛添氏応援せず」改めて強調 都知事選
2014.01.18

 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、自民党が小泉進次郎内閣府兼復興政務官への対応に苦慮している。進次郎氏は党が支援を決めた舛添要一元厚生労働相を応援するどころか、「応援する大義はない」と批判を繰り返しているからだ。父の小泉純一郎元首相も「脱原発」を旗印に出馬表明した細川護煕(もりひろ)元首相への全面支援を宣言しており、自民党執行部にとっては親子ともども頭痛のタネになっている。(力武崇樹)

 「(舛添氏は)野党で一番苦しかったときに『自民党の歴史的使命は終わった』と党を出た。ずっと離れずにいた自民党員、有権者がこの姿勢に『自民党の背骨』があると見るかどうかだ」

 進次郎氏は17日の党青年局の研修会でこう語り、舛添氏を支援しない方針を改めて強調した。

 舛添氏は自民党が下野した後の平成22年に離党し、除名処分を受けた。進次郎氏の発言は当時の「遺恨」を取り上げたものだ。

 しかし、進次郎氏にいわれるまでもなく、舛添氏支援に抵抗感を抱くのは他の議員も同様だ。

 都知事選勝利のために遺恨をのみ込んで支援を決めただけに、研修会では東京都議から「進次郎氏の発言は影響が大きい。発言を慎んでほしい」と非難の声が上がった。

 これに対しては、進次郎氏も「(これからは)政務官としての職責を淡々とこなす」と引き取ったが、「さまざまな思いをぶつけるのも所属議員の務め」とも語り、持論を曲げなかった。

 党執行部は当初、進次郎氏の人気の高さを見込んで、舛添氏の応援弁士に投入することも検討していた。しかし、支援どころか、進次郎氏は「舛添不支持」発言を繰り返している。

 選対幹部は「進次郎氏は内閣の一員だ。政府・自民党の方針に反するべきではない」として菅義偉(すが・よしひで)官房長官に注意するよう求めたが、菅氏は16日の記者会見で「(舛添氏を)応援してもらえればありがたい」と述べたのみ。そもそも党執行部も、進次郎氏に翻意を促す気配はない。

 舛添氏の除名処分を取り消さず、都連推薦にとどめるなどした党の曖昧な対応への後ろめたさも一因だが、進次郎氏が舛添氏批判を繰り返すのを放置し続ければ選挙戦にも影響が出かねない。

 業を煮やしているのが、候補者選定で中心的役割を担った萩生田(はぎうだ)光一総裁特別補佐(衆院東京24区)だ。16日の都連会合では「都連が望まない候補者を応援する自民党国会議員があってはならない」と進次郎氏を強く牽制(けんせい)した。

 進次郎氏は今のところ、「父は父、私は私」として細川氏を応援しない考えを示している。党執行部は進次郎氏を処分することで同情票が細川陣営に流れる恐れもあるため、静観する構えだが、進次郎氏に対しては「いずれ自民党を背負うつもりなら、組織人としての対応を学ばせるべきではないか」(幹部)との厳しい声もあがっている。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140118/plt1401181331003-n1.htm


05. 2014年1月18日 23:04:26 : FxHmKbXuYv
石破も反論できないようだ。

苦しい時に新進党から逃げ出した過去もあるし。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK159掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧