★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK160 > 332.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
都知事選、不正選挙に要注意1〜米の不正選挙の手口 日本を守るのに右も左もない
http://www.asyura2.com/14/senkyo160/msg/332.html
投稿者 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 日時 2014 年 1 月 29 日 06:35:33: 4hA5hGpynEyZM
 



来る2月9日には東京都知事選がある。



一昨年12月の衆院選、昨年の東京都議選・参院選と同様、そこでも不正選挙が行われる可能性が高い。



今回は、どのような不正の手口が使われるのか?



まず、これまでの日米の不正選挙事例を明らかにする。



いつも応援ありがとうございます。


まず、アメリカの不正事例である。



『オルタナティブ通信』2013年7月8日「参議院選挙・・・選挙で議員が選ばれるので、民主主義国家であるという虚偽」から転載する。

1、前ブッシュ大統領は最初の大統領選挙において、民主党のゴア候補にわずか、500票差で勝利した。


しかし、大統領選挙中の2000年11月、ブッシュの弟ジェフが州知事の地位に座るフロリダ州では、5万7700人の黒人の市民に対する選挙登録が拒否され、投票する権利が奪われていた。


その理由は西暦3000年に殺人事件を「起こした」、西暦2700年に強盗事件を「起こした」という重犯罪歴による市民権=選挙権の「剥奪」であった。


投票権を奪われた黒人は民主党支持者であった。


この件に関し合衆国連邦公民権委員会は、ブッシュが「意図的に黒人の投票権を奪ったもの」と非難声明を出している。


黒人に正当な投票権が認められていれば、ブッシュは大統領にはなれなかったものであり、ブッシュ政権は非合法なクーデター政権であった。


非合法に政権を略取したブッシュが、アフガンとイラクにおいて、何等大統領としての権限が無いにも関わらず、戦争を行い、多数の死者を出している。


これは非合法な殺人事件であり、ブッシュは直ちに殺人犯として逮捕、立件されるべきである。


2、1970年、フロリダ州デイド郡選挙で投票終了3分後にチャンネル7は、ある候補者が9万6499票獲得と報道した。


3分で10万票近い集計は物理的に不可能である。
これは「当選者が最初から決まっており」、その決められた当選者の獲得票が、最初から「何者か」によって決められている事、それが事前にマスコミに渡され「この当選者と獲得票数を報道するように」と命令が行われている事を明確に示している。


3、1988年11月2日、米国ABC放送は、米国中間選挙の投票「前日」に「当選者と、その獲得票数、選挙結果」を報道した。


4、2004年の米国大統領選挙では、黒人が投票所に行けないよう黒人居住区周辺の至る所で道路封鎖が行なわれ、事実上、黒人から選挙権が剥奪された。


5、米国大統領選挙ではディーボールド社の選挙投票マシーン等が使用されている。
2004年の、ブッシュ大統領が選出された大統領選挙では、ガハナーという地域で638人が投票すると、この選挙投票マシーンは「自動的にブッシュに4258票と加算の表示を行った」。


3600票も水増しされ、投票は全てブッシュになっていた。


この「選挙マシーン」を開発したボブ・ウロセビッチ、トッド・ウロセビッチ兄弟は、現在、選挙マシーン製造メーカーのカウンシル・フォー・ナショナル・ポリシー社に「所属し」、新しいマシーン開発を行っている。


この企業の経営者ハワード・アーマンソンは、黒人奴隷制度復活論者として「有名」である。


黒人居住区での道路封鎖による黒人の投票妨害と、このマシーン製造は「連動」していた。


6、2004年、大統領選挙で、米国ヤングスタウンでは、25の選挙マシーンでケリーに投票すると、「不思議な事に」全て「ブッシュ」と表示される事態が発生した。


また、ケリーの支持者の多い地区では投票のために10時間以上、行列で待たされる事態が発生した。長時間、待たされ嫌気がさし、投票をやめて帰宅する人間が続出した。
なお、ブッシュの支持地区では、こうした行列は「全く無かった」。


また、ニューメキシコ州では、民主党支持者の多い地区の投票場で、「投票用紙ではない紙」が渡され、それで投票した人達の「投票が全て無効になった」。


この選挙において、ノースカロライナ州カーテレット郡では、4500票の入った「投票箱」が「いつの間にか消滅した」。


さらに、オハイオ州フランクリン郡では、マイティ・テキサス・ストライク・フォースという武装組織が投票所前で、マシンガン等で武装して待機し、「民主党に投票した人間を、その場で射殺する」と拡声器で、投票時間の開始から終了まで継続して投票に訪れた人々を「脅迫」し続けた。


オハイオのウォーレン郡では、投票途中で、突然、国土安全保障省の人間達が姿を現し、投票マシーンを持ち去ってしまった。


その結果、大部分の人間達が、投票不可能になってしまった。
この圧倒的多数の選挙民が「投票出来なかった」地域での「開票結果は、投票していない人々の圧倒的多数がブッシュに投票した事により、ブッシュの圧勝」であった。


オハイオ州マホニング郡では、ケリーと投票すると自動的にブッシュと表示される「選挙マシーン」が使用されていた。
このマシーンでは、「ケリー」に投票しても「ブッシュ」と表示され、「ブッシュ」に投票しても「やはりブッシュ」と表示され「票が集計されて行った」。


この民主党が強いオハイオ州では、投票された用紙が58000票「行方不明」になった。


7、1996年、ジョージア州のマックス・クレランド民主党・上院議員の選挙では、「投票マシーン」を用い、民主党に投票すると6割が自動的に共和党になる事態が発生した。


同年、チャック・ヘーゲル上院議員は、自分の選挙で、ヘーゲル自身の経営する企業が製造した投票マシーンを使用した。「不思議な事に」投票結果は100%全て、ヘーゲルに「票を投じていた」。「歴史上初めて」全投票を獲得し圧勝するという「偉業を成し遂げた」ヘーゲルは、議員として再選された。
2013年、このヘーゲルが米国・国防長官である。


米国において選挙は「最初から何者かによって結果が決められている事」、選挙によって政治に民意が反映する事など、「一切無い」事が分かる。


日本の参議院・衆議院選挙での「集計マシーン」は、どのように開発されているのか。


自民党総裁選挙=事実上の首相選出選挙での都道府県連で使用されている集計マシーン、かつて政権を取っていた際の民主党総裁選挙=首相選出の集計マシーンは、「どこの企業が製造し、どのアメリカ企業の技術によって、ライセンス生産されていたのか」。


選挙で議員が選ばれるので、民主主義国家であるという小学校の教科書の記述を大人になっても信じている者達は、童話のピノキオが実在人物であると信じ続けている者達である。


次稿では、日本の不正選挙の手口を露にします。



都知事選、不正選挙に要注意1〜米の不正選挙の手口 日本を守るのに右も左もない
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2014/01/002691.html
----------




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年1月29日 13:41:33 : X4FzgzfItk
世耕副官房長官がアメリカへ行って
不正選挙の手口を学んできたんだろう
ムサシを国会で追及すべき、

02. 2014年1月29日 15:11:45 : 4WuEoagkJ2
アメリカって憐れな国だ……あ、日本もか
でも日本のがまだマシじゃないか?
こんな時代が来るとわなぁ、不正なんかないと信じてた、ウブだった…
二大政党制ってのはダメだな

03. 2014年1月29日 18:37:54 : QBrYpzDGwo
    不正選挙の手口を学んで来たのは良いが、彼らがどうやってそれを行動に移すのか、に着目すべきだ。
  不正選挙を貫徹するには、役所である選挙管理委員会の性向を熟知した人間が必要だ。
  例えば、官、学合同の研究組織があればどうか。早稲田大学マニフェスト研究会がある。北川という知事経験者が主宰となり、地方自治体の選挙の実態、特に開票作業について研究している。
  名付けて「コンマ1秒の選挙制度改革」である。
  そして調査と称して各自治体の開票状況をつぶさにデータ化し、秒単位で一位から100位までランク付けして公表したのである。
  役人というのは上から命令が来るのを待ち、仕事をする組織である。公僕所以であるが、「上」というのが有権者、納税者ではないところがミソである。
  役人の意識する「上」とは、専ら霞が関や当該機関の長である。予算を官僚主導で獲得したらその分け前を采配出来る地位と立場のある幹部公務員が役所にとっての「上の人」であって、予算の出資元である納税者が自分の雇用主であるという認識は公務員には無いと言って良いだろう。
  そこで、例えば開票時間を計り、報告しろと上から指示が来ればその通りに実行する。「え?そんな必要あるの?」などと異議でも唱えようものなら、ブラックリストに乗り、上司の命令不服従で処分も免れない。
  何しろ、コンマ1秒であるから尋常ではない。結局のところ、いくら工夫しても上位に登りつめるのは容易でない単位である。焦りは強いだろう。何しろ、横並びを理想とするものの、ランクが下位に落ちれば管理責任を問われる(と信じる)のだから。
  要するに、有る意味暇なのである。大したことではないことに夢中にさせられて、凄い仕事をした気になるのが役所である。
  だが果たして、これだけでは済まない。頃合いを見計らい、速やかな開票をするには機械の導入がベストであることを示唆されることにより、予算の付けられる自治体は導入する。またそれが「上」からの評価となって出世に繋がるのだ。
  北川元知事がこうした利権構造にどの程度関わっているかは不明であるが、木を見て森が見られない役所という風土を利用すれば利権の誘導は難しいことではないというのは明らかである。
  例えそれが選挙というシステムを大いに歪める可能性のあるものであったとしても、そんなことは「知ったこっちゃない」という空気で動いているのが行政なのだろうが、何としても「上」とは主権者、納税者以外にない、と公務員が認識するよう、方向付けを徹底するべきだろう。

04. 2014年2月02日 17:11:21 : Zvl1VPcsHs
不正選挙裁判をむりやりおわらせようとする

斎藤裁判長


この国はもはや
国家とは呼べない'

不正選挙を否定するものももはやほとんどいない


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK160掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧