★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK160 > 703.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2014.02.03 大阪都構想が劇的に破綻した、混乱に輪をかける“出直し大阪市長選”で橋下維新はどうなる
http://www.asyura2.com/14/senkyo160/msg/703.html
投稿者 gataro 日時 2014 年 2 月 04 日 11:19:03: KbIx4LOvH6Ccw
 

2014.02.03 大阪都構想が劇的に破綻した、混乱に輪をかける“出直し大阪市長選”で橋下維新はどうなる(リベラル21)
〜関西から(130)〜
広原盛明
(都市計画・まちづくり研究者)
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2673.html


 2014年1月31日、東京都知事選の真っ最中に大阪都構想が劇的に破綻した。大阪都構想の制度設計案を協議する府市法定協議会で、維新提案の「特別区区割り案」が維新以外の公明、自民、民主、共産の反対で葬られたのである。法定協議会が開かれる前夜の30日、たまたま大阪市内で会合があって市関係者から「公明は条件付きの○印をつけるのではないか」との情勢分析を聞いたばかりだったので、驚いた。


 東京ではもはや橋下維新にはほとんど関心がないといわれるが、大阪ではまだまだ府民・市民の関心が高く、維新の消長は大阪の政治地図を大きく塗り替えるだけの影響力を残している。そのせいか2月1日、2日の各紙は1面トップでこのニュースを大きく扱い、維新と公明が完全に決裂してもはや修復不可能になったこと、橋下維新が大阪都構想の挫折で進退きわまったこと、橋下市長がこの危機を打開するため“出直し市長選”に打って出ることなどをこもごも伝えた。


 しかし、橋下維新が瀬戸際にまで追い詰められたことは、東京にも無関係のことではない。2月1日は日本維新の会の党大会の日で、野党再編に向けての方針が採択されたが、挨拶に立った橋下共同代表の話は野党再編には一切触れず、大阪都構想と出直し市長選のことに終始した。突然のことで呆気にとられた国会議員も多く、話を聞いた国会議員団幹部は「出直し選で負けたら、維新の運動論は終わりに近い」と危機感をあらわにしたという。


 橋下氏は当面は党務に距離を置き、選挙戦に専念する構えだというが、2011年ダブル選で圧勝した当時の維新人気はもはやなく、市長選の結果次第では橋下氏の一層の求心力低下は避けられない。橋下氏が前向きな野党再編にブレーキがかかり、結いの党などとの合流に消極的な石原共同代表ら旧太陽の党系議員の発言力が相対的に強まるからだ。太陽系の平沼代表代行は党大会後の記者会見で出直し選について問われ、「推移を見守っていきたい」と冷淡そのもの。党大会には「東西対立」が指摘される党の結束を演出する狙いもあったが、議員団からは「橋下氏は支離滅裂」との声も漏れ、ほど遠い結果で終わったという(時事ドットコム、2014年2月1日)。


 でも冷静に考えてみれば、橋下維新の表看板である大阪都構想はもうとうの昔から“死に体”だった。昨年末の堺市長選の敗北、続く岸和田市長選での連敗、そして大阪府都市開発株式売却議案の否決に伴う府議会少数与党への転落とワン・ツー・スリーのパンチを浴びせられ、維新はすでにKO寸前の状態になっていたのである。そこへ最後の最後まで期待をつないでいた公明の離反で引導を渡され、大詰めで止めを刺されたというわけだ(衆院選での公明への選挙協力と引き換えに、大阪都構想の実現に協力するとの“密約”があったというが)。


 橋下市長が「起死回生」の一打として出直し市長選に打って出ることに関しては、各党の反応が面白い。「自分の意のままにならないからといって辞めるのなら勝手にどうぞ」(公明)、「何を争点にして出直し選をするつもりか。対抗馬を立てない方が維新の独り相撲の様子が浮き彫りになる」(自民)、「橋下氏と松井氏が再選しても議会の構成は変わらず、議論の状況は同じだ。大義のない選挙はすべきではない」(共産)と、各党とも一様に冷ややかな反応だ(毎日新聞、2014年2月1日)。


 各紙とも出直し市長選には厳しい疑問符をつけている。2月1日の読売新聞は、「ダブル選の実施、理解得られるか」との解説を載せ、「橋下、松井両氏が法定協での協議決裂を宣言し、他会派との対決姿勢を鮮明にしたのは、このままでは維新結成の原点である都構想が頓挫しかねないと判断したためだ。事態を打開する『出直しダブル選』も現実味を帯びるが、思い描くスケジュールが進まないからといって、選挙に持ち込めばさらに反発を招く可能性がある」と指摘する。


 私が思うに橋下氏の出直し市長選発言は、橋下氏や維新の置かれた苦境の裏返しにすぎず、最後の「悪あがき」以外の何物でもないということだ。各紙とも指摘するように、出直し市長選をやっても議会構成は何ら変わらないし、たとえ出直し市長選で再任されたとしても、市長任期が伸びるわけでもない。残任期間はあくまでも2015年11月までなのである。だから、出直し市長選で大阪都構想が生き返るわけでもなければ、事態が劇的に好転するわけでもない。つまり出直し市長選は、橋下維新にとって「起死回生」の一打にはならないのである。


 それどころか、選挙には多額の費用がかかる。また来年度の予算編成作業が大詰めを迎えているこの時期、突然の市長選は予算編成を遅らせて市民生活に多大の支障を生じさせるなど、どれ一つとってもいいことがない。大阪都構想が葬られた「腹いせ」に成算のない出直し市長選に打って出るなど、こんな馬鹿げた仕打ちは税金の無駄遣いそのものであって、「民意」を問うこととは何の関係もないのである。


 大阪の有識者からも厳しい批判が寄せられている。作家の高村薫さんは「常識では考えられない」といい、「都構想に大阪市民や府民の関心があまりない中、どういう理由で独り相撲をするのか。政治を私物化しないでほしい」と批判する。ジャーナリストの大谷昭宏さんも「首長の横暴はやめてもらわないと困る。再選されて戻ってきても。大阪市議会の会派構成は変わらない。粘り強く話をして、自分の政策を実現していくのが首長の本来のあり方だ。莫大なお金を使って選挙をやることも市民を愚弄している」と激しい(毎日新聞、2014年2月2日)。


 橋下氏は、どうやら地方自治の構造や精神を誤解(曲解)しているらしい。地方自治体は首長と議会の二元制であって、首長に全ての権限が委ねられているわけではない(そうであれば、橋下氏の好きな独裁体制になる)。首長の提案に対して市議会や法定協議会が「ノー」を示すのも“民意”であって、そのことで首長の意思が制限されるのは当然のことなのだ。これが健全な地方自治の構造であり、議会制民主主義の機能であって、これを理解できない首長は早々に退場しなければならない。


 そういえば、橋下市政が折り返しの時点を迎えた昨年12月に、毎日新聞のオピニオン欄で片山善博氏(元鳥取県知事)と上山信一氏(橋下市政のアドバイザー)の大型対談があった。この時の上山氏の言葉がいまの橋下氏の言動を余すところなく説明しているように思う。それは「都構想とは突き詰めれば大阪市を解体し、市議会の選挙区を変える政治、権力闘争だ。一気にやる必要がある。2015年4月に期限を切ったチキンレースで、圧勝か玉砕しかない」(毎日新聞、2013年12月20日)というものだ。


 チキンレースとは、別々の車に乗った2人のプレイヤーが互いの車に向かって一直線に走行するゲームのことだ。激突を避けるために先にハンドルを切ったプレイヤーはチキン(臆病者)と呼ばれて蔑まれる。どちらか(あるいは両方)がハンドルを切らなければ正面衝突して死ぬかもわからない危険極まりないゲームだ。それをこともあろうに大阪都構想をめぐる権力闘争にたとえ、結果は「圧勝か玉砕か」の二者択一しかないというのだから、橋下氏は出直し市長選という“暴走車”で突っ走り、市議会各派がハンドルを切って暴走車を避けることを期待しているのだろう。


 だが、こんな“暴走車”に大阪市政を任せることはできない。2月2日の各紙は1面トップで一斉に「橋下市長辞職、出直し選へ」の見出しを掲げ、出直し市長選が3月に行われると伝えた。だが各党はまともに相手にせず、“独りレース”をやらせることも検討しているといわれる。それも一つの妙案だろう。競争相手が出場せず、観客が集まらなければ、暴走しても意味がない。各党が対立候補を立てずに無投票選挙に持ち込めば、出直し市長選の政治的意義は消滅する。橋下候補は得意の街頭演説に出る必要もなく、市民の税金を無駄遣いした揚句、選挙事務所で独り「当選バンザイ!」を叫べばよいのである。


 それにしても、松井知事は辞職しないが、もし橋下氏が敗れれば「2人とも政界を去る」との橋下市長の言明は限りなく重い。いよいよ大阪を府民・市民の手に取り戻す時がやってきたのである。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月04日 12:33:45 : hzfPu0VGeE
おい、ガタロー。宇都宮がフライングだったことを証明する落合惠子の動画への返事がないぞ!
「宇都宮さんからの伝言です。『落合さんが出るならわたしは降ります』」
これ、宇都宮が最初から出るつもりであった証拠だろ。そして落合がそういわれて、宇都宮が出るつもりなのに「出ます」なんて言えるか?
おい、ガタロー、どうなんだよ。これのどこが宇都宮のフライングでない証拠なんだよ。はっきり答えろ! この卑怯者!

02. 2014年2月04日 18:17:00 : NmBc1cOWqE
橋下徹という名前を2度ならず3度までも書かせようとするか。

こんなときに言う言葉。

仏の顔も2度、3度。

普通の神経を持った者なら怒り出す。そうだ怒れ。


03. 2014年2月04日 20:07:30 : YxpFguEt7k
森田実氏
「公明党はあくまで対話によって解決しようと努力してきました。今回のことは橋下氏に忍耐力が欠けていた結果です。反省すべきは橋下氏のほうだと思います。いま考えるべきは政治とマスコミの関係です。節度ある関係が必要です」
https://twitter.com/minorumorita/status/430653131722989570

公明ヌキでどこまでやれるのか注目です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK160掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧