★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 156.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
子どもたちの未来のために民主主義を取り戻す/宇都宮けんじ 最後の訴え
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/156.html
投稿者 gataro 日時 2014 年 2 月 09 日 00:21:27: KbIx4LOvH6Ccw
 



2014年02月08日
子どもたちの未来のために民主主義を取り戻す/宇都宮けんじ 最後の訴え 
http://utsu-ken.seesaa.net/archives/20140208-1.html

この選挙は、選挙権をもつ人のためだけにあるのではない!
 この社会で選挙権を持たずに生きる人びと、子どもたち、
 そして未来の子どもたちのための選挙です!

1891088_254412508060702_65932934_n.jpg


 宇都宮けんじ、新宿西口街宣| 最後の訴え(2014年2月8日)






 みなさんこんばんは。東京都知事候補の宇都宮けんじです。
 今までのみなさんの応援演説を聞きながら、大変胸が熱くなりました。ありがたい応援です。名護市長・稲嶺進さんのメッセージも大変ありがたいです。大島の被災者の方の言葉も大変ありがたいです。さらに、この雪の中、寒い中、集まっていただいているみなさんの心も大変ありがたいです。

 この選挙戦、とうとう最後の日を迎えました。ここまでたたかってこれたのも、私を支える選対のボランティアのみなさん、多くの市民のみなさん、多くの報道のみなさん、さらには政党のみなさんのおかげであると、あらためて感謝しています。ありがとう!

 今日、東京は20年ぶりの大雪のようです。この雪の降る中で、ふと浮かんだ言葉があります。それは新島襄の言葉です。新島襄は、NHKの大河ドラマ「八重の桜」の八重さんの旦那さんです。同志社大学を創った彼はこのように言っています。

 「真理は寒梅の如し 敢えて風雪を侵しても開く」

 この言葉は、私が同志社大学の付属高校で講演したときに、そこの校長先生が私に贈ってくれた言葉です。私の活動──サラ金クレジットの被害者救済の活動──は、新島襄さんと良く似ているというのです。

 その寒梅はいま、咲いています。寒梅は風や雪に逆らって咲きます。それは真理と似ています。正しいことというのは簡単に達成することはできません。しかし、雨や雪に逆らって耐えてこそ、その中で正しいものをつかみ取ることができる、そういう意味だと思います。

 こうした雪の中でたたかってこそ、勝利を獲得できる。新しい社会を築ける──そういうことを言っているのだと思います。

 この雪の中でこそ、私たちは熱く燃え上がらなければだめなのです。この雪の中でこそ、闘志を燃やさなければだめなのです。そうしてはじめて、勝利は獲得できるのです。はじめて真理を獲得できるのです。そう思い、ふといま、この言葉を思い出しました。

 この選挙戦は、1%の富裕層のための都政から、99%の都民のための都政を確立するための選挙です。都民の手に都政を取り返す選挙です。14年間続いた石原都政、猪瀬都政を根本的に変えていく選挙です。さらには、安倍政権の暴走にストップをかけるたたかい。戦争の道ではなく、平和憲法を守り、平和のもとで暮らす、そうした社会をつくるための選挙です。

 この選挙は、選挙権のある人だけが主人公ではありません。
 私たちは先週の日曜日、若いお父さんやお母さん方と一緒に、ベビーカー練り歩きのデモ行進を行いました。小さなお子さんが、銀座の練り歩きに参加していました。そこに参加した小さな子どもたちこそ、この選挙の本当の主人公ではないでしょうか。

 私たちは、子どもたちの未来のために、貧困のない社会をつくる必要があります。
 子どもたちの未来のために、原発のない社会をつくる必要があります。
 子どもたちの未来のためにこそ、平和憲法を守り、戦争に反対する必要があります。
 子どもたちの未来のためにこそ、民主主義を取り戻す必要があります。

 今回の選挙は、新しい政治を始める歴史的な第一歩となる選挙です。市民の力で、そして市民と労働組合と政党が連帯した力で、新しい政治を始められるかどうか──それが問われています。
 このような取り組みは、過去の歴史を振り返ってみても、はじめてのことではないでしょうか。

 都知事選の候補者には、著名人や知名度がある人がなるのではありません。そういう候補に頼っていては、本当の民主主義は育ちません。運動の中でこそ、スターをつくり出さなくてはだめなのです。日本の市民運動は、市民運動の中から候補者を出し、候補者を当選させる力を蓄積していかなくてはだめなのです。そうでなければ、社会は根本的に変わりません。

 民主主義を取り戻すとは、市民運動の中から本当のリーダーを押し出し、都知事にしていく、あるいは国会議員にしていくということです。そうした政治をつくりあげないと、根本的な社会の転換はあり得ません。その最初の選挙が、今回の都知事選挙です。

 東京が変わっていけるかどうか、東京都政で本当に民主主義が確立できるかどうか──。これがいま、問われています。都民の手に都政を取り返せるかどうか──これが問われています。

 この都民の手に都政を取り戻す、民主主義を取り戻す、この可能性はでてきています。この17日間のたたかいで、私は確かな手応えを感じています。運動のひろがりを感じています。都民のみなさんの自覚を感じています。これまでの選挙とは違う手応えを感じています。市民が少しずつ成長してきていることを肌で感じています。

 東京を変えていきましょう。東京から始めましょう。東京が変われば、日本が変わるのです。東京の新しい政治は、日本の新しい政治の始まりです。市民が主導権を持てる時期が来たのです。

 私たち一人ひとりは非力ではあっても、決して無力ではない。そのことを学んでいるのです。一人ひとりがつながれば、少しずつでも大きな力になります。非力が集まって大きな力になれば、社会を変えることができます。一人ひとりの力で、社会を変えることができます。そういうことを経験できる最初のチャンスです。

 このことを学べば、急速に日本の市民運動は変わっていくと、私は考えています。市民運動が広がれば、政権を変えることができます。安倍政権をぶっ倒すことができるのです。そういう力を私たちは持っているのです。

 そのためには、私たちは、一人ひとりの力、一人ひとりの非力をつなげる能力を持つ必要があります。しなやかな能力です。意見の違う人とも話し合ってつながる能力が必要です。さまざまな団体をつなげる能力が必要です。しなやかさが必要です。分裂に分裂を重ねているのではだめなのです。イデオロギーや政治的立場を乗り越えて、つながる能力がいま、求められています。そういう市民運動、市民の力は、着実に育ってきていると感じます。

 これは一つの革命です。新しい革命です。新しい政治をつくり出す運動です。市民運動が新しい政治をつくり出しつつあるのです。そのことを問われているのが、今回の選挙です。

 私はこの市民の力を信じたいと思います。都民のみなさんの力を信じたいと思います。そのためにも、なんとしてでも、明日の選挙を勝ち抜かなければなりません。私たちの力を示すときです。

 そして、私たちの力を示すのは、未来の大人──いまは小さな子どもたちのためです。将来の主人公のためです。この子どもたちがすくすくと育って、すくすくと学んで、そして安心して教育が受けられるように。安心して働き、家庭を持つことができる、そして幸せな生活を送ることができるように。

 私はこの東京が、お年寄りも若者も、障がいのある人もない人も、女性も男性も、誰もが希望を持って生きられる──。そういう東京をつくりたい。そのためにはまず、明日の選挙に勝たなければなりません。ぜひ、これからお帰りになったら、もうひと回り、ふた回り、声をかけてください。支持を拡げてください、もう、そこまで来ていると思います。私も今日の12時まで、全力を上げてがんばり抜きたいと思います。

 もう一度最後にお願いします。

 稲嶺進さんから、先ほど読み上げたような素晴らしい応援のメッセージをいただきました。
 沖縄はお金の力に屈服しませんでした。お金で魂を売ることはしませんでした。稲嶺候補は圧勝しました。その沖縄県民の意志、名護市民の意志を、また安倍政権は踏みにじって辺野古移転を強行しようとしています。稲嶺さんは、ぜひともこれを止めるためにも、宇都宮に勝って欲しいと訴え、応援をしてくれています。

 私たちは、これに応えようではありませんか。明日、勝って、沖縄にそう報告をしようではありませんか。そして、新しい政治をつくりましょう。私はみなさんと一緒に、新しい歴史をつくることができる、そうした瞬間に立ち会えることを、大変嬉しく思っています。

 そのためには、もうひとふんばりです。歴史をつくりましょう。歴史的なたたかいは、あともう一歩のところです。最後までがんばりましょう。

 ありがとうございました。
 寒い中、ありがとうございました。

 私たちの力を示しましょう。
 ありがとうございました、がんばりましょう。
 私たちの力をしましましょう。
 人間は強いんだということを示していきましょう。
 みなさんのおかげで、こころが大変熱くなっています。
 ありがとうございましたー。

 ♪けんじ!けんじ!けんじ!…

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月09日 00:27:58 : jBfrJPAqpk

 お疲れさまでした。  子供たちや、青年達が、希望の持てる、日本になりますように・・・

02. 2014年2月09日 00:45:51 : x3RVIjO0u2
フクシマの子供たちの今も未来も関係なく、
新潟の子供たちの未来も考えることなく、、、

原発再稼働一直線の政治を目の当たりにしながら、
「原発だけではない・・」
東京の子供たちの未来のために、東京都民のくらしのために選挙を行った、愚かな人たち

「脱原発」は最大争点ではないで、「原子力ムラ」は大喜びです。
宇都宮支持者は、東京の犠牲になったフクシマを忘れた、利己主義者たち、恥いよ


03. 2014年2月09日 01:26:05 : 4y7HUwtwEE
悪政治家を見分ける一つの方法は、子供をダシにしているかどうかです。

子供とその記号をまとう女性は、闘争の対象ではなく保護の対象なので、モロに子供を選挙運動に使う政治家とは、そういう人間心理を逆手にとってつけ込もうとする詐欺師である、と断定して構いません。

どんな仮面を被っていても。


04. 2014年2月09日 01:55:32 : 3BmTgc9OjQ
民主主義が大事なら、共産党とは手を組まないことだがなあ!

05. 2014年2月09日 02:13:14 : ECjBPk5zrM
もっと素直に宇都宮さんの訴えを聞こう。
本当に日本を変えたいのなら、宇都宮さんを支持しよう。
99%の人の味方は誰だ。
もちろん原発再稼働阻止は、大きな問題だ。
だけどそれだけではない。格差の拡大、それによる貧困問題。餓死者も出ている。
それに真剣に取り込んでくれるのは宇都宮さんしかいない。
これは、都の役人に任せっきりでいい問題ではない。
石原ー猪瀬都政の時、どうだったか。
都知事がはっきりと方向性を示さないといけないのだ。

06. 2014年2月09日 02:13:41 : D5gqEFhwoc
宇都宮へのネガキャンは激しさを増すばかりだな。

07. 2014年2月09日 02:31:26 : D5gqEFhwoc
そういえば反原発デモが盛り上がってた頃、1%対99%の戦いという言葉がよく聞かれたな。
結局のところ脱原発を1%の人にすがる愚かな構図が見えてしまったわけだが。
結局上からのお慈悲とお恵みを期待するのが日本人のメンタリティと言うことか、

08. 2014年2月09日 03:41:47 : W2KODMxWXk
"We are the 99%" ってのは、 リーマン・ショック後の不況とその処理に対する不満から生まれた "Occupy Wall Street" 運動のスローガンだよ。

脱原発や脱貧困とは全く関係のないアメリカの市民運動のスローガンをパクりだね。

所得上位1% と残り99%との比較ってのは、アメリカ社会の隔絶した所得格差を表すバロメーターとして昔から使われていたが、日本では誰かがちゃんと検証した数字じゃないだろ。

ま、誇張した政治的レトリックとして使われている分には見過ごしてもよかったんだが、「日本人のメンタリティーとは」なんて論じられて、それを反日本共産党勢力を攻撃するためのレトリックとしてつかわれるとね、「あなた、バカですか?」って反論されちゃうからね。気の毒だから先に教えておくよ。


09. 2014年2月09日 04:30:38 : unSKAWZ5fQ
07さん、同感です。

一部の人たちの「細川・小泉氏は実現出来る力(権力)を持っているであろうから選ぶ」という、「強い王様」選びのような発想は、封建時代から意識はあまり変化していないように感じた。
また、スローガン(具体策がないので政策ではない)が一つだけであると言うことが、イコール「本気度」や「強い気持ちの表れ」であると感じるメンタルな錯覚には唖然とした。
しかし、どれもこれも実は本音ではなく、単なる「アカ」や「共産党支持」と思われたくないというだけの事かもしれない。

私は宇都宮氏を、自民党だらけの都議会においてもなお、脱原発を実現出来うる知恵・能力・行動力をお持ちだと思うし、どのような組織が応援していても、ご自身の考えで判断される強い信念をお持ちだと思う。
共産党の傀儡のように仰る方もおられるが、そんなヤワな方ではなく、これについては全く違う。

原発利権に絡むような闇の勢力が、最も恐れ、何としても表舞台に立たせたくない人物こそ、宇都宮氏なのである。

宇都宮氏を支持します。


10. 2014年2月09日 11:33:28 : D5gqEFhwoc
まぁ共産党推薦と共産党員を混同させて共産党そのものに見せる手法だな。

11. 2014年2月09日 14:36:48 : 0do9rHG3EM
>>02. 2014年2月09日 00:45:51 : x3RVIjO0u2

「脱原発」は当たり前なのよ

その先を言ってんだな

しかしここまで100に及ぶ投稿の中、宇都宮関連はたった二つなのにこの攻撃

まさに狂気に近い

別に共産党員でもサポーターでもないが、論理性もなんにもないおバカな暴言にあぜんとする

>>10.様

その通りですね

宇都宮さんは共産党では出てません


12. 2014年2月10日 01:42:34 : OMCZtQMc3c
宇都宮さんとその仲間たちは心でしっかりと結びついている
選対事務所の連帯とお互いの思いやりは、ツイキャスで見ていて感動ものだった。

小泉がこう言っている
 
小泉純一郎 J.Koizumi ?@J_Koizumi_Japan ? 46分
 「今日の荻窪・八王子・町田の街頭もスゴかった。だけど、街頭の反応と世論調査とどうしてこんなに違うのか。何度も選挙をし、街頭演説をしてきた僕から見るとこれなら圧勝のはずだが、調査結果は一位ではない。おかしい。」
http://www.asyura2.com/14/senkyo160/msg/798.html

最初はマスコミが真実を伝えないとのこちら側の言い分を、そのまま引用して信用を買おうとしているだけかと思った。
しかし、さらにその裏があった可能性がある。
マスコミ及びアベ政権による報道規制だけではなく、共産党とグルになって邪魔をしているという刷り込みである。

共産党は自民党の別働隊という考え方だ。
確かに共産党が誠意ある民衆の味方の政党であれば、なぜ、検察の裏金を追求しないのか、検察審査会の怪しさについて検証しないのか、なぜ福島の方々を帰還させることに反対しないのか、なぜ内部被曝問題を甲状腺がんを放置しているのか、という疑問は多いにある。

今回の敵は小泉を操る金融マフィアだけではなく、上記について、常に疑問に思っている、心清き正義感の強い原発反対の志を同じくする人達だ。

その人達に小泉をして、宇都宮さんを共産党からの信用ならない回し者と、曲解させるという手の込んだ扇動を図った。
いわゆる反原発を訴える方々の分断であり、勝負をさせた結果の憎悪の発生である。そして、みなさんの努力にほかならないが、細川票を上回るという快挙を成し遂げた。

心底やつらマフィアが恐れているのは、エジプトのような多くの多くの市民の湧き上がる情熱とうねりだ。国家を転覆させてしまうような。

奴らにとって幸いなことに、ここ日本ではそんなヒューマニズムはなかったし、国を動かすような市民運動は生まれてこなかった。

だが流れが変わった。
原発反対、特定秘密保護法案反対、TPP反対と、普通の一般の人たちが立ち上がっている。
共産党憎しの茶番劇を仕掛けられて、後退してはいけない。

初めて(と思う)灯った松明の火を、つないでいかなければいけない(これは小沢さんの言葉だ。)

その力が宇都宮さんを囲む方々にはあると、確信した。

狂信的になって攻撃を仕掛けてくるものもいるかもしれない。

そういうやつは無視が一番。

頭を冷やさせれば、また、決して事態が予断を許さない展開をみせてくることになれば、きっと目覚める。

思いを、その心を持続させて欲しい。
次のチャンスはきっと来る。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧