★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 416.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
NHK経営委の言動、非難せぬ政権に懸念 海外メディア  朝日新聞
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/416.html
投稿者 ダイナモ 日時 2014 年 2 月 13 日 12:08:34: mY9T/8MdR98ug
 

 英フィナンシャル・タイムズ紙は4日、「安倍首相の介入でNHKの姿がぶれる」と題する記事を配信。「東京裁判は広島などで日本が受けた虐殺をごまかすためのもの」という趣旨の都知事選の応援演説での百田氏の発言を報じ、首相が選んだ両経営委員の考え方により、日本で何がまともな保守主義と考えられているか、その境界線が試されている、と表現した。

 記事を書いたジョナサン・ソーブル東京支局長は「多くの海外メディアが関心を持って見るのは、靖国参拝以降、右傾化に向かう安倍政権であり、NHKの一連の問題も、その一環として捉えられている。ひとつの放送局の問題ではない」と語る。経営委員の言動が規則や法律上問題であるかを問う以前に、そのような歴史観の人物を選んだ安倍首相が世界をどう見ているのかが焦点だという。

 公共放送の使命は公平中立な報道だ。その難しさは英BBCでも共通、とソーブル氏は話す。「私の知る限り、BBCにはこのような人物はいない。仮に彼らと同じような歴史認識で問題発言をしたならば、当然罷免(ひめん)もありうるし、大きな社会問題となるだろう」

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は11日の社説で、籾井会長や百田氏の発言を取り上げ、「なぜ日本政府は明快に非難しようとしないのか」と安倍政権の姿勢を批判した。「米政府当局者たちも、首相がナショナリストなのか改革者なのか疑問に感じている。報道の独立を支持し、破壊的な歴史否認主義を拒絶するかどうかを明確にできるのは首相だけだ」と論評した。

 AFP通信は5日に配信した記事で、長谷川氏が新右翼の活動家に寄せた追悼文を引用。「識者の間でNHKが安倍首相の政策に従順になるのではと懸念の声が増えている」と伝えた。

 英紙インディペンデント(7日)は、百田氏の発言を、南京大虐殺記念館の写真と共に配信。安倍首相に選ばれた人物と紹介した。集団的自衛権の行使容認を目指す安倍首相の意向は国内で半数以上の反対が推測されるが、「公共放送を味方につけることは間違いなく有効だろう」と論じた。


http://www.asahi.com/articles/ASG2D5SV0G2DUCVL01V.html?iref=comtop_6_01  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月13日 12:17:17 : G4jH7GRqJ1
やっぱ朝日新聞を潰さにゃ駄目だな。
朝日が反日論説を世界にバラまいて、それを世界の左翼新聞が真似して論説を
書く、それを逆輸入して朝日が世界の論調はこーだとやる。
 戦後レジームからの脱却、つまり、戦勝国側が作った歴史認識、日本=悪玉
英米支(戦勝国)=善玉・解放軍、こんな大嘘な歴史認識から、そろそろ脱却
しよ〜ってのが、戦後レジームからの脱却だ。当然、戦勝国陣営からに反発は
ある。がしかし、それでもやらなければならない。戦後すでに70年だ、
いつまでも虚偽の歴史を書いてはいけない。

02. 2014年2月13日 12:17:34 : MVYCJsqOSE
海外メディアがどうのこうのよりも朝日新聞お前が書け。 

03. ダイナモ 2014年2月13日 13:01:07 : mY9T/8MdR98ug : SFB6e5PgNo
>>02

朝日新聞はこの件に関し、明確に批判してきた。 お前が気が付いていないだけだ。


(社説)NHK 公共放送の信用を憂う
2014年2月7日05時00分

 作家として、学者として、どんな思想をもち、主張をするのも自由だ。だが、公共放送の経営に携わる者としては、相応のバランス感覚が求められる。

 だからこそ、放送法はNHK経営委員の資格要件として「公共の福祉に関し公正な判断」ができることを定めている。

 この2氏はその要件に見合う人物か。強い疑問を感じる。

 百田尚樹氏は東京都知事選の特定候補の応援演説に立ち、他の候補たちを「人間のくず」と繰り返しおとしめた。

 長谷川三千子氏は、新右翼の活動家野村秋介氏の追悼文集に昨秋に寄せた文面が報じられ、問題になっている。

 両氏を任命したのは安倍首相だ。菅官房長官は、選挙応援や思想信条の表現は「放送法に違反するものではない」として問題視しない見解を示している。

 しかし、同法は、経営委員が政治的影響力をふるうリスクを想定し、一定の歯止めを設けている。一つの政党に属する委員の数が多くならないようにするなどの制限がある。

 経営委員に個別の番組作りに関与する権限を認めていないのも、歯止めの一環だろう。

 委員の行動を縛る定めがないからといって、公共放送の責任者の立場を忘れ、何をやってもいいということにはならない。

 公の場で他候補を中傷した百田氏の振る舞いは、放送法以前の問題だ。経営委員より前に、社会人としての品格と判断力が問われるべきだろう。

 野村氏は93年に朝日新聞社内に短銃を持ち込み、社長らとの懇談の場で自らに向け発砲し、命を絶った。長谷川氏は「『すめらみこと いやさか』と彼が三回唱えたとき〈中略〉今上陛下は(「人間宣言」が何と言はうと、日本国憲法が何と言はうと)ふたたび現御神(あきつみかみ)となられた」と記した。

 任命したのが委員の要件に照らして適切といえるのか、政権は見解を明確にすべきだ。

 NHKはホームページで、「公共放送とは何か」を説明している。「国家の強い管理下で行う」国営放送と違い、「国家の統制から自立して行う」のが公共放送だとしている。

 だが、NHKは政府からの独立を保つのが難しい構造を抱えている。首相が経営委員を任命し、その委員会が会長を任免する仕組みだからだ。

 だからこそ、公平さへの信頼を保つには、政権とNHKが互いに適正な距離感を保つ緊張感と、双方の自制努力が要る。

 視聴者と職員が長年築いてきた信頼を損ねてはならない。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S10966527.html?iref=comkiji_redirect


04. 2014年2月13日 13:07:09 : Z4nyzUxg7w
> 公共放送の使命は公平中立な報道だ。その難しさは英BBCでも共通、とソーブル氏は話す。「私の知る限り、BBCにはこのような人物はいない。仮に彼らと同じような歴史認識で問題発言をしたならば、当然罷免(ひめん)もありうるし、大きな社会問題となるだろう」

第二次世界大戦は「イギリスががドイツへ宣戦布告して始まった」[注]が真実だが、それをイギリスではあたかも「ドイツがイギリスへ宣戦布告した」と言わないと「公平中立な報道」とならないようだ。

もし、BBCが「ドイツがイギリスへ宣戦布告した」と言うと、「歴史認識で問題発言をした」となり、「当然罷免(ひめん)もありうるし、大きな社会問題となるだろう」と言うことのようだ。
つまり、イギリスでもBBCは真実を報道できない。

[注] 第二次世界大戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6
9月3日にイギリス・フランスがドイツに宣戦布告。9月17日にはソ連軍が東からポーランドへ侵攻し、ポーランドは独ソ両国により独ソ不可侵条約に基づいて分割・占領された。


05. 2014年2月13日 13:31:59 : JtW399YiA2
百田は日本軍の虐殺否定するためにアメリカを非難してるんだろうな・・・。

06. 2014年2月13日 13:39:56 : 77Kno4ENaM
アメリカは本当のことを言われて困惑している。
イギリスは日本のことをナチスのことと混同している。
朝日売国新聞はそんなニュアンスの違いを知ってか知らずか日本の自由と人権を犯そうとしている。

アメリカは今でも「ヒロシマとナガサキへの原爆投下は戦争を早く終わらせ百万人のアメリカ軍兵士の命を救うためだった」と教えられ信じている人間が大多数を締める。オリバー・ストーンが昨年そのウソを暴いて見せたが新しい見方は一般大衆にまで未だ浸透していない。政府は分かっているからホントのことを日本からも言われ発言自体を否定することは出来ずに非難だけした。

イギリスの新聞読者つまり一般人は東京裁判など知らないから、ニュルンベルク裁判に置き換えて判断する。日本とナチスは軍事同盟を結んでいたんだから同じことだと。 そして日本が「右傾化」していると書かれていれば、ドイツのネオナチの台頭と同じで日本もネオナチがあるのかケシカランと思う。新聞の3面記事で思うのはその程度。

朝日売国新聞は、英米のいくつかの新聞記事を並べて見せて、背景も事情も説明せずに、海外が非難しているという‘事実’があるとして、そこから巧みに自由剥奪が正当であるかのように誘導する。記事にこうつづく・・・

「彼らと同じような歴史認識で問題発言をしたならば、当然罷免(ひめん)もありうるし、大きな社会問題となるだろう」
イギリス記者の言葉をうまく借用して、日本でもこうするのが当然だと言う。
日本では思想・信条の自由があり、言論の自由がある。それを朝日売国新聞はサラっと否定して当然かのように勘違いするように誘導する。

朝日売国新聞は、憲法で保障された人権を否定する。


07. 敵の敵は味方 2014年2月14日 16:16:10 : hmBe2yPzfgxTI : vr5Cl4Dl4I
この記事のコメントはネトウヨばっかだな 笑う

朝日新聞社を含めマスコミは御用ばっかなので
ネトウヨの諸君の非難は的外れだ。

朝日新聞の紙面は海外の記事の引用に過ぎない。

ネトウヨの諸君は海外記事は読まないのか。

ということは、井の中の蛙大海を知らず、
いつまでも井の中で好き勝手言ってれば 笑


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧