★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 422.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
首相発言を削除 政府の秘密法議事要旨 公開議事録から判明(東京新聞) 
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/422.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2014 年 2 月 13 日 13:38:25: AtMSjtXKW4rJY
 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014021302000146.html
2014年2月13日 東京新聞 朝刊


 政府は十二日、特定秘密保護法に関する有識者会議「情報保全諮問会議」(座長・渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長)の初会合の議事録を情報公開法に基づく本紙の公開請求に対し公開した。議事録によると、安倍晋三首相が核持ち込みなどに関する日米間の密約問題について、過去の自民党政権の対応を反省する発言をしていたのに対し、政府がすでにホームページで公開している「議事要旨」では削除していることが分かった。

 初会合は一月十七日に開催。公開された議事録で明らかになったのは、首相の日米密約に関する発言。首相は「自分は(二〇〇五年に)官房長官、(〇六年に)首相となるのだが、(密約)文書を一回も見せられたことはない。説明もされていない」「ずっと何年も何年もそのままだったことはおかしい」と指摘。「何回かこれをどうするべきかと議論されなければならなかった」と過去の自民党政権での対応を反省していた。その一方で、「この法律(秘密保護法)で変わっていく」と法律の必要性を正当化した。

 渡辺座長は一九七〇年代のスパイ事件(レフチェンコ事件)で、後藤田正晴官房長官(当時)から関与した読売新聞記者の解雇を求められたと明かし「政府の言うとおり処分したと思われないよう、時期をおいてから異動させた」と述べた。

 議事録はA4判で全十四ページ。昨年のアルジェリア人質事件に関する首相発言の一カ所を黒塗りにした以外は発言者の名前も含め公開した。

 政府が自ら公開している議事要旨は実際の三分の一の五ページに圧縮され、発言者も非公開となっている。首相の密約に関する発言や政府から記者の解雇を求められたとの渡辺氏の発言も削除されている。

 秘密保護法は特定秘密が政府の意のままに指定され、国民の知る権利を侵害する恐れがあると懸念されている。有識者会議の議事録全文は「機密性の高い事柄を議論する場合もある」として非公開にされた。情報公開請求しなければ全文を開示しない政府の姿勢に不信感が募りそうだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日高見連邦共和国 2014年2月13日 13:46:30 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>情報公開請求しなければ全文を開示しない政府の姿勢に不信感が募りそうだ。

まともな人間なら、既に不安感が爆発してるってっ!!!!!


02. 2014年2月13日 13:51:53 : qNukXrxH8I
さっそくかいw
言わんこっちゃない。みんな自分の都合の悪いところは隠すに決まってる。
機密性が高い、と付け加えれば理由は立つからな。
ま、もっともナベツネが有識者会議の座長やってる時点でお里が知れたようなもんだが。

03. 2014年2月13日 14:29:39 : nNPddbW4SY

秘密保護法は乱用され、権力を行使する側の責任が曖昧になる。

開示が60年後では責任ある当事者はほぼ死滅している。

証拠隠滅を行ってもお構いなし。結果的に無責任体制に堕落し日本は滅ぶだろう。

日本は反省のない国だと国際的に名誉ある地位をしめることは出来ないだろう。

安倍のお陰で国連憲章改正論議などすっ飛んだだろう、常任理事国入りなどとっく

の昔に放棄したのかな(笑)


04. 日高見連邦共和国 2014年2月13日 14:40:05 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>03さん

>秘密保護法は乱用され、権力を行使する側の責任が曖昧になる。

去年12月の“アへ顔首相”の答弁を思い出されたし。

『“私は”、そういう判断はしません』

案外このバカ首相、正直者なのかもしんない。(笑)
だって、このトボケタ答弁、

『“私以外”はそういう判断をします』って言ってるようなもんジャン!!!


05. 2014年2月13日 15:01:08 : kXX0mVDAHo
 
処刑の対象が確定しますたw
ムッソリーニのように街頭で逆さ吊りですw
   ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014021302000135.html

首相、立憲主義を否定 解釈改憲「最高責任者は私」

2014年2月13日 朝刊

 安倍晋三首相は十二日の衆院予算委員会で、集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の変更をめぐり
「(政府の)最高責任者は私だ。政府の答弁に私が責任を持って、その上で選挙で審判を受ける」と述べた。
憲法解釈に関する政府見解は整合性が求められ、歴代内閣は内閣法制局の議論の積み重ねを尊重してきた。
首相の発言は、それを覆して自ら解釈改憲を進める考えを示したものだ。首相主導で解釈改憲に踏み切れば、
国民の自由や権利を守るため、政府を縛る憲法の立憲主義の否定になる。 

 首相は集団的自衛権の行使容認に向けて検討を進めている政府の有識者会議について、「(内閣法制局の
議論の)積み上げのままで行くなら、そもそも会議を作る必要はない」と指摘した。

 政府はこれまで、集団的自衛権の行使について、戦争放棄と戦力の不保持を定めた憲法九条から「許容
された必要最小限の範囲を超える」と解釈し、一貫して禁じてきた。

 解釈改憲による行使容認に前向きとされる小松一郎内閣法制局長官も、昨年の臨時国会では「当否は
個別的、具体的に検討されるべきもので、一概に答えるのは困難」と明言を避けていた。

 今年から検査入院している小松氏の事務代理を務める横畠裕介内閣法制次長も六日の参院予算委員会
では「憲法で許されるとする根拠が見いだしがたく、政府は行使は憲法上許されないと解してきた」と従来の
政府見解を説明した。

 ただ、この日は憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使を認めることは可能との考えを示した。横畠氏は
一般論として「従前の解釈を変更することが至当だとの結論が得られた場合には、変更することがおよそ
許されないというものではない」と説明。「一般論というのは事項を限定していない。集団的自衛権の問題も
一般論の射程内だ」と踏み込んだ。

 元内閣法制局長官の阪田雅裕弁護士は、首相の発言に「選挙で審判を受ければいいというのは、憲法を
普通の政策と同じようにとらえている。憲法は国家権力を縛るものだという『立憲主義』の考え方が分かって
いない」と批判した。

 横畠氏の答弁にも「憲法九条から集団的自衛権を行使できると論理的には導けず、憲法解釈は変えられ
ないというのが政府のスタンスだ。(従来の見解と)整合性がない」と指摘した。

-----------------------------------------------------
<立憲主義> 国家の役割は個人の権利や自由の保障にあると定義した上で、憲法によって国家権力の
行動を厳格に制約するという考え。日本国憲法の基本原理と位置付けられている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


06. 2014年2月13日 16:29:37 : JtW399YiA2
安倍は官房長官時代、アメリカの公文書が開示され密約が確認されてるのに「密約は無かった」と発言してる。

>「自分は(二〇〇五年に)官房長官、(〇六年に)首相となるのだが、
>(密約)文書を一回も見せられたことはない。説明もされていない」
>「ずっと何年も何年もそのままだったことはおかしい」
意図的に調査・確認しなかった張本人が厚顔無恥も甚だしい。


07. 2014年2月13日 16:38:51 : BIgfJMRMNE
秘密保護法の成立前から、こんな事になるのは予想が出来た。



[12削除理由]:言葉遣い

08. 2014年2月13日 20:18:20 : QDBLmr1yHA
あったことをなかったことにするのは安倍の得意技日本の得意わざになってきた。

従軍慰安婦も南京大虐殺もなかったなかった。資料は消去し。記録から抹消する。

その言い分は調査したが証拠は見つからなかった。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧