★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 478.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
地道なドサ周りのような選挙活動が必要、トロール漁のように大量の票を取れる妙法はないのが実態である。いぬぶし秀一
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/478.html
投稿者 TORA 日時 2014 年 2 月 14 日 14:46:42: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu305.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora
--------------------------------------------------------------------------------
やはり、地道なドサ周りのような選挙活動が必要なのではないだろうか。
トロール漁のように大量の票を取れる妙法はないのが実態である。いぬぶし秀一

2014年2月14日 金曜日

◆敢えて言う。保守層の自己満足選挙からの脱皮が課題だ! 1月31日 いぬぶし秀一
http://blog.goo.ne.jp/inuhide/m/201401

選挙戦も9日目、ちょうど半分が過ぎた。ひょんなことから今回の都知事選挙に深く関わることになったが、この選挙の前半戦を自戒を込めて総括してみたい。

 前半戦の田母神俊雄候補の選挙は、一言で言えば「イベント型」選挙だった。高所作業車という新兵器に石原慎太郎元知事やデヴィ夫人を乗せて大型ターミナル駅で演説をする、という手法である。そして、その聴衆の多くが、田母神候補を応援するコアな保守層の方々だった。

 確かに「泡沫候補」と思われないためにも、当初はこの手法は大切だったかもしれないが、そろそろ「地上戦」に移らないと結果が見えてしまうのではないだろうか。

 山手線の各駅で、熱心に演説を聴いてくださる方々、実はどの駅でも同じ顔ぶれに出会う。渋谷、新宿、池袋、東京、有楽町、新橋と、失礼ながら「回遊魚」のように、田母神候補の追っかけをしている方々が、とても多いのだ。これでは、陣営の自己陶酔選挙になってしまう。

 常駐している選対担当者に「選挙で当選したことのある」者が私を含めて二人しかいないということも、影響しているのかもしれない。僭越ながら、選挙戦には、選挙で当選した者にしかわからないことが数多くある。

 今日は、候補者や街宣部隊主力が伊豆大島に出かけているので宣伝車が空いている。そこで、区議会議員当時の各区の仲間に頼んで「所謂、選挙戦」を展開した。

 江東、北、墨田、江戸川、中央、港、品川、大田区と一日で8区を回ったのだ。最後の大田区は私が担当して、商店街に宣伝カーを乗り入れ、徐行しながら、各商店主の名前をスピーカーで呼びかけ、支援をお願いする。防衛省官舎の下から演説をし、古巣の方々にお願いをする。団地を回り演説をする。そして、締めは、蒲田駅前で私一人で街頭応援演説。

 同乗していたベテランのウグイスさんが「今日は、やっと選挙らしい選挙ができました」と呟いた。はたして、何が票に結びつくのか。選挙に王道はないとも言われる。ただ、選挙管理委員会が実施したアンケートによれば「知人から頼まれた」というのが、投票行動の上位にあるのだ。

 やはり、地道なドサ周りのような選挙活動が必要なのではないだろうか。インベント型選挙も必要だろう。美女軍団を壇上に立たせるのも効果があるかもしれない。しかし、トロール漁のように大量の票を取れる妙法はないのが実態である。

 インターネットでも街頭演説でも、1票1票の丁寧な積み上げが数百万票になるのではないだろうか。街に出て、壇上を降りて、多くの見知らぬ人々と語り、苦悩をうかがい共有する、それこそが、田母神俊雄候補のような「本物」に求められていよう。

 政治屋候補や、弁護士さんには出来ない「心優しい」選挙を後半戦では戦い抜いて頂きたいものである。

 そこで、コアな支援者の皆さんにお願いである。田母神候補の演説を同じ方が何度聴いても票は増えない。その時間を、どうかご自宅周辺へのポステイングにあてて頂きたい。お知り合いに電話をかけて頂きたい。

 私に「生意気だ」と怒るのは、選挙が終わってからにして、今は田母神都知事実現のため、ご一緒に戦おうではないか。


◆田母神俊雄候補、大田区スミからスミまで! 2月5日 いぬぶし秀一
http://blog.goo.ne.jp/inuhide/m/201402

今日は、11時から田母神候補が大田区に入られた。選対の中で唯一「選挙で複数回当選した経験者」としては「これが選挙だ!」という姿を見せなければならない。今回の選対の中心は、日本文化チャンネル桜というインターネットTVの関係者と、頑張れ日本全国行動委員会という市民運動のグループだ。この主たる応援団の出自が、今回の選挙をいささか特殊にしている。

 前者は「映像派」である。票になるかどうかよりも「絵になる」イベント型選挙の傾向がある。確かに「泡沫と見られない」ためには、ある程度のハデな演出は必要だとううが、そればかりでは「野次馬」が集まるだけで票にはならない。

 後者は、日頃、NHKなどの問題で街頭抗議活動などを行なっているコアな方々がお手伝いを頂いている。ただ、抗議街宣と選挙は大きく違う。例えば、街宣では、いかなる旗でも幟でも自由に使えるが、選挙では大きな規制がある。抗議街宣では「名も知らぬ保守系弁士」が、何時間でも自己陶酔演説をしても、勝手に盛り上がればいいだけで問題はない。が、選挙では聴衆は「候補者」の話を聴きに来ている。

 さらに言えば、市民運動の場合は、いかなる服装で、いかなる言動でも問題は少ないが、選挙では例えボランテイアの方であっても、端正な服装、最大限の笑顔と大きな声が求められる。

さあ、大田区である。まずは大森駅前で街頭演説。本来なら、もう少し早い時間大田区入りされて、都民の台所である大田市場を歩いて頂きたかったのだが、なぜか品川駅、五反田駅からスタート。この辺もセオリーとは違うが、いたしかたない。

 演説の後、石原慎太郎元知事の事務所があった、山王商店街の「桃太郎(練り歩き)」だ。これは、幟をあげて歩く姿が「桃太郎」の一団に似ていることからつけられた業界用語である。ただし、あまり大掛かりになると「気勢をはる行為」として公職選挙法違反となるので、注意が必要だ。

 同行するボランテイアさんと共に、所轄書の刑事さん(選挙違反担当)、同じく警備課の私服警官(雑踏整理)、所轄と本庁の公安刑事さん(妨害左翼担当、及び陣営におかしな右翼活動家がいないか監視)と、相当数の警察官が歩く。

 商店街は、本当に反応がいい。途中、大田区議会の同志である荒木秀樹氏も自宅から飛び出て応援をしてくださった。彼の推薦するお蕎麦屋さんで昼食を取り、また桃太郎に出発。

 さらに、大森の防衛省官舎の下から、自衛官の奥様たちにご挨拶。ご主人である自衛官がお留守にも関わらず、ベランダから奥様たちが手をふってくださる姿には、いつもながら涙である。

さらに、軍団は、雑色商店街、水門通り商店街、西糀谷商店会、糀谷商店街、萩中通り商店街等、区内でも私の支持層が多い商店街へ向かう。モミクチャにされながら、トイレ休憩を東六郷二丁目町会会館でとらせていただいたが、ここでは温かいお茶の接待を頂き、ありがたかった。

 次なる場所は、中小企業の街大田区ならではの工場地帯への訪問。製造業の工場で油にまみれて働く従業員さんに言葉をかけ、工事会社の事務所を訪問、さらに、自動車整備工場を訪れ、中小企業の問題をヒヤリングした。

 途中、大田区を離れ品川戸越銀座商店街で桃太郎をし、再び蒲田駅西口へ。多くの「応援弁士」の間で、私も「短く正しい選挙応援演説」をさせて頂いて、大田区でのミッションを終わった。

 はたして、有権者の反応はいかに。審判まで残り3日。


(私のコメント)

ネット選挙が公認されるようになってまだ月日も経っていませんが、今回の都知事選挙を見ても、やはりまだ組織票を固める事が大切であることが分かる。小泉氏の圧倒的な知名度と実績とマスコミの取り上げがあっても、やはりどぶ板選挙を行わなければ細川氏は宇都宮氏にも敗れる。確かに知名度と人気があれば浮動票を集めて当選できる事もある。しかしそれは例外だ。

田母神氏の選挙は、選挙本部長がチャンネル桜の水島氏なのでメディアを利用した空中戦が主体であり、知名度も舛添氏や細川氏に比べれば田母神氏は劣るので空中戦だけでは勝てない。やはり地上戦も必要であり、地方議員などの応援が無ければ地上戦が戦えない。しかし田母神氏には政党の支持も無く、地方議員の応援も難しかった。

田母神氏の陣営にはわずかに維新の会の大田区議会議員のいぬぶし秀一氏が加わって地上戦を行った。維新の会の石原代表にしても橋下代表にしてもワンマン型の政治家であり、空中戦型の政治家であり、どぶ板選挙や桃太郎などとは無縁の政治家だ。初めての選挙なので多くのボランティアが集まっても烏合の衆であり、選挙のベテランが居なければ戦えない。

残念ながら石原氏の選挙応援も個人的なものであり、東京選出の維新の会の議員の応援は区議会議員のいぬぶし秀一氏ともう一人の二人しかいなかった。選挙経験者が居なければいろいろな選挙手続きも出来ず、役所への顔も効かない。田母神氏の陣営には多くの保守系の著名人が集まったのだから選挙のベテランもいるだろうと思っていたら、若手の区議会議員しかいなかった。

当選が確実と思われる舛添氏には都議会議員や区議会議員が押し掛けてきて票集めをしてくれますが、細川陣営でも当選が難しいとなると見切りをつけて去って行く議員が多かったようだ。東京都知事には予算の権限が絶大だから、区長をはじめとして地方議員も選挙で恩を売っておく必要があるからだ。

残念でならないのは、維新の会が自主投票になり、橋下代表も野党再編で民主党に阿って左旋回してしまった。石原代表の個人応援だけでは党組織が生かせない。しかしそれでも61万票の得票で中国や韓国を震え上がらせることに成功した。ウォールストリートジャーナルにも大きな記事となっている。もし舛添都知事が政治資金スキャンダルで辞任するようなことがあれば、再選挙は田母神氏は宇都宮氏と一騎打ちになるのだろうか? 

新たな都知事選挙はもう始まっているとも言えますが、橋下代表は左旋回で保守層を裏切り、石原代表は高齢で次の選挙での応援は難しいだろう。そうなると「田母神新党」で真の保守政党を作らなければなりません。田母神氏に票を入れたのは20代の若者が中心であり自民党もこの現実を認識して保守政党として脱皮してほしいものですが、村山談話も河野談話も自民党で作られたものだ。自民党はリベラル政党であり保守政党ではない。

私自身は、ブログでの応援しかできませんでしたが、田母神氏の街頭演説の文字起こしや百田氏の応援演説の文字起こしや動画の紹介しかできませんでした。特に動画での選挙活動のルポは3分程度にまとめてアップすれば、後は何もしなくとも評判になればアクセスが集まり多くのコメントが付けられる。

田母神氏がどのような選挙を戦ったかは、いぬぶし秀一区議会議員のブログでよく分かりましたが、さまざまな妨害活動もあり、選挙活動も公職選挙法も分からないボランティアでは、選挙のプロがそろった陣営に負けてしまう。マイクの妨害やほめ殺しなどもあったようですが、在日韓国人の妨害だろうか?


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月15日 04:30:16 : c8uYroBnUM
宗教法人を作ると良いよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧