★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 492.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
次期内閣危機管理監に内定した西村泰彦前警視総監は機密漏洩の常習者だった(藤本順一が「政治を読み解く」)
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/492.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 2 月 14 日 17:20:00: igsppGRN/E9PQ
 

次期内閣危機管理監に内定した西村泰彦前警視総監は機密漏洩の常習者だった
http://fujimoto-junichi.blogspot.jp/2014/02/blog-post_14.html
2014年2月14日 藤本順一が「政治を読み解く」


 安倍内閣は退任が決まっている米村敏朗内閣危機管理監の後釜に西村泰彦前警視総監(58)を充てるそうだ。3月1日、正式就任となる。米村氏は退任後、発足したばかりの東京五輪組織委員会に入り、治安や交通対策などを陣頭指揮する見込みだ。

 周知の通り、内閣危機管理監はこれも発足したばかりの日本版NSCの事務局長と並ぶ日本の安全保障体制の要となるポジションだ。歴代4人の警視総監経験者が就任しており、西村氏についても警察時代、主に警備畑を歩き、沖縄サミットやAPECなどの大規模な国際会議を成功させた実績があり、順当な人事だろう。

 ただ、95年の警察庁の国松長官銃撃事件が起きた際には警視庁警備一課長として責任が問われたてもいる。記憶を辿れば、当時、公安モノを得意とする某実録小説の書き手を中心に集まったマスコミ関係者の宴席で国松長官狙撃犯とオウムとの関係を吹聴していたのを思い出す。

 周知のとおり、安倍内閣は日本の安全保障体制を強化するため日本版NSCを創設し、併せて特定秘密保護法を成立させた。賛否はともかく、もし当時に逆上ってこの法律が適用されたならマスコミに公安、捜査情報を漏らしていた西村氏はあるいは摘発の対象になっていたかもしれない。

 それはともかくこのところの安倍官邸の人事には綻びが目立つ。たとえば、安倍内閣が
集団的自衛権の行使に道を拓くために内閣法制局に送り込んだ小松一郎長官(62)は、「検査入院」を理由に国会開会から一度も答弁に立っていない。病名は不明だが、昨年11月の臨時国会では「政府の憲法解釈の変更は可能」との見解を示したものの、如何せん外務省出身で憲法論には素人。歴代内閣法制局猟官や最高裁判事経験者、憲法学者などから猛反発をくらいノイローゼ気味だとの噂も囁かれている。

 あるいはもっとお粗末なのがNHKの会長人事だ。連日、国会やマスコミが取り上げていたから説明はいらないだろう。籾井勝人会長は従軍慰安婦問題などの一連の発言を謝罪、取り消し、原発番組への介入でも批判に晒されている。

 三井物産副社長から日本ユニシス社長に転じた華麗なるキャリアだが、公共放送のトップに据えたのは間違いだった。聞けば、生まれも育ちも著者と同じ北九州・筑豊地方の炭鉱経営者の倅だそうだ。隣町には麻生太郎財務相もいるからお下品なしゃべりは土地柄のせいもあろう。ご容赦願いたい。余談だが、東京都知事選でお騒がせした舛添要一氏や家入一真氏も同郷だが、これも故郷自慢にはなるまい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 佐助 2014年2月14日 18:26:44 : YZ1JBFFO77mpI : wpmCg8U5S6
作家の百田尚樹氏や西村泰彦前警視総監らみんな,自分の考え,意見は常に絶対正しいという考え方をすてて,多数決の原理に従うということが,民主主義と理解しているから,どうにもならん。彼らには民主主義なんか一欠けらもないんです。

人間というものは,特に日本人は,失敗することによって大きく成長するものである。すなわち多数の人が正しいと判断したものを,ひとまず,正しいと見なし,出世や名誉のために従っているにスギナイ。彼らにはこの建前と本音を旨く使い分けているのです。

これは,日本が独特に作り上げた多数決従属主義者で対米従属や労働組合には協力主義などに代表される。彼らは自分にプラスなら味方・正義・善であり、マイナスなら敵・不正義・悪だと判定している。彼らには三権分立や民主主義なんかどうでもよいので,自分のために相手を利用する,そして従属して名誉を勝ち取っていく跋扈。日本人の25%はこの思想だと思われる。


02. 2014年2月14日 18:50:33 : BDDFeQHT6I
家入一真氏は故郷の誇りとすべき人物だろう、少なくとも政治の裏話を書き散らす藤本某よりずっと立派だ。

03. 2014年3月04日 23:03:14 : d0FNn9S7Ms
▼国松長官の耐久力は異常。パイソン3発喰らって生きてるとかどこのタイラントだよ
1995年3月30日午前8時半ごろ、東京都荒川区南千住6のマンション「アクロシティ」で、出勤のため自宅から出た国松孝次警察庁長官(当時)が狙撃され、4発中3発が腹などに命中。犯人は自転車で逃走。使用された銃は米コルト社製38口径「パイソン」とみられ、弾は殺傷力の強いホローポイント型マグナム弾。国松長官は一時意識不明の重体だったが、2カ月半後に公務に復帰した。
http://watch2ch.2chblog.jp/archives/2537362.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧