★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 731.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
舛添都知事が手柄自慢 「保育所に国有地活用」の詭弁とウソ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/731.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 2 月 20 日 07:30:00: igsppGRN/E9PQ
 

舛添都知事が手柄自慢 「保育所に国有地活用」の詭弁とウソ
http://gendai.net/articles/view/news/148092
2014年2月19日 日刊ゲンダイ



みんなダマされている/(C)日刊ゲンダイ


「やっぱりパフォーマンス先行の猪瀬前知事と同じスタイルになるんですかねえ」
 東京都の舛添要一知事について、都庁内でさっそくこんな嘆き節が出始めた。


 彼らが指摘するのは、舛添が先週14日の記者会見で「保育所整備に国有地を活用する」と打ち出した件だ。舛添は都知事選の公約で「待機児童解消で都有地を活用する」としていたが、この日、「都有地はいいところがなかったので、国有地を活用することにした」と公約修正。そのうえで、こう力説したのだ。


「私は厚労相だったので国の立場は知っている。きょう、国と話をして、国の保有地を安い地代で使っていいとOKをもらってきた」


 この発言、厚労大臣経験者の自分だからこそ、リーダーシップが発揮でき、安い賃料で国の了解をもらえたかのように聞こえる。実際、新聞各紙やNHKは「国有地活用 国からOK」などの見出しで、舛添の“新政策”として目玉扱いしていた。


 ところが、国有地の保育所利用は目新しい話でも何でもないのだ。都の担当者でさえ「昭和の時代からやっている」と言うし、財務省は2010年8月から国有地を定期借地で保育所に貸す制度をスタートさせていて、昨年末現在で17件の実績がある。むしろ国側は保育所用地として国有地を積極活用して欲しがっていて、昨夏、関東財務局が都内の区市町村に直接説明して回ったというのだ。


「舛添知事がおっしゃっているのは、従来からある制度の活用ということで、新たな制度を作るわけではありません。安い地代? すでに今の制度で『権利金不要』『公租公課を減額』にして初期投資を抑えるしくみになっています。財政法9条に国有財産の売却は『適正な対価』というのがありますし、東京都だけ特別安くということにはなりません」(財務省国有財産業務課)


 他の自治体も使っている既存の制度を、自分の“手柄”としてアピールする――。厚労相時代、新型インフルで深夜に会見し医療現場を混乱させたことが問題になったが、舛添の「オレが、オレが」のパフォーマンス体質は、まったく変わっていないのだ。


 舛添を持ち上げたメディアも問題だ。国有地の保育所利用が既存の制度であることを伝えたのは、東京新聞だけだった。ちょっと調べれば分かるのに、メディアもまんまとダマされた。先が思いやられる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月20日 08:22:50 : NOXPaKXfIw
>メディアもまんまとダマされた。

何 言ってるのだろうねw それぞれが確信犯なのに。

都合のよい言葉で騙されるのは愚民が一番多い一般人だねw


02. 2014年2月20日 09:34:53 : jXTGDRVIM1
なに言ってるんだ!
メデイアは枡添そのもので、表裏一体で国民を騙しつずけて、うまい汁を
すいつずけたいだけだよなぁ〜

「止めてよかった朝日新聞、代えて良かった東京新聞」


03. 2014年2月20日 14:08:21 : wJZnV3B0jk
今さら始まった事ではない、パホーマンスも口先男も昔から、マスコミと一緒になって都民を騙している。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧