★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 850.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国会はISDSがTPPに盛り込まれるか確認せよ(植草一秀の『知られざる真実』) 
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/850.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 2 月 23 日 07:42:28: EaaOcpw/cGfrA
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-237d.html
2014年2月23日 

TPP閣僚会合がシンガポールで開かれている。

大筋合意ができるのかどうかが焦点とされている。

まるで、日本がTPPを推進する立場にあるかのような報道が観察されるが、自民党は2012年12月の総選挙で、

ウソつかない。
TPP断固反対。
ブレない。
日本を耕す!!自民党

のポスターを貼り巡らせていた。

TPP反対が自民党の選挙公約であった。


自民党は主権者に対して、6項目の公約を掲げた。

@ 政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。

A 自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。

B 国民皆保険制度を守る。

C 食の安全安心の基準を守る。

D 国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。

E 政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。


関税については、

コメ、小麦、乳製品、砂糖、牛肉

の5品目について関税を維持することを主権者に約束した。

これが、関税交渉における「聖域」である。


ところが、安倍晋三氏は、詭弁を展開して、昨年3月15日、TPP交渉への参加を表明した。

安倍氏の言い分は、

「自民党が選挙で約束したのは、

「「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する」

ことであって、関税撤廃に聖域を設けないことが「前提」とされなければ、TPP交渉に参加することは公約違反ではない」

というものだ。

詭弁もよいところで、このように、信頼関係を平気で踏みにじり、言葉の綾で、相手を平気で裏切る行動を取ることができるのは、一種の詐欺師である。


2010年6月に、突然、消費税増税方針を提示した菅直人氏。

補正予算編成にメド着いた段階で首相を辞任すると約束しながら、内閣不信任案が否決されると、首相の座に居座った菅直人氏。

2011年9月に首相に就任すると、「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」と明言しながら、消費税増税に突き進んだ野田佳彦氏。

皆、同じ系譜に属する、いわば「詐欺師集団」である。


安倍首相が、日本の関税について、5品目の関税を確実に守り抜くなら、関税についての公約は守ることになる。

「聖域なき関税撤廃」を前提とはしなかったが、交渉の結果、聖域はなくなった、などと言うのは、詐欺師の手口であって、主権者との信頼関係を尊重する行動ではない。

問題は関税だけでない。

最大の問題はISD条項だ。

ISD条項とは、TPP発効後、外国資本が日本政府に対して、投資を行ったが、日本の制度によって期待した利益を上げられなかったと世銀傘下の仲裁機関に提訴する場合、この仲裁機関の判断が強制力を持つという仕組みだ。

国家主権の上にTPPが位置することになり、日本の主権は侵害される。

自民党はこの点を踏まえて、ISD条項に合意しないことを主権者に約束した。

ISD条項は、日本の主権を損なうものなのだ。

したがって、TPPがISD条項を含むものである場合、日本のTPP参加は理論的にあり得ないことになる。

これが、最重要の点検項目である。


甘利経財相がシンガポールのTPP閣僚折衝に参加しているが、何よりも重大なことは、TPPにISD条項が盛り込まれるのかどうかについての確認である。

TPPにISD条項が盛り込まれる方向で交渉が進んでいるなら、日本が交渉に参加する意味はない。

なぜなら、日本はISD条項を含むTPPには、主権者と自民党との契約により、参加できないからだ。

メディアと国会は、まず、この点を明確にするべきだ。

ISD条項が盛り込まれるのに、日本がTPPに参加しようとしているなら、主権者と国会は、直ちに日本政府をTPP交渉の場から退場させなければならない。

このような「基本」が確実に守られているのかどうか。

国会論議における野党の追及が甘すぎるように思われる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 東シベリア共和国 2014年2月23日 07:49:16 : QqaweTpPsH2MQ : YYivQ6JYPo
それは漏れ無くついてくるでしょう・・・

02. 2014年2月23日 09:55:19 : YxpFguEt7k
佐藤ゆかり氏
「TPPのデメリットは知財と紛争解決(ISD条項)… なぜASEAN+6を選ばないんですか?…TPPよりもより成長率が高い包括的自由貿易を選ぶべきではありませんか」
http://www.youtube.com/watch?v=XJtWmYBNKck#t=5m30s
※とくに14分45秒あたりからのグダグダおよび佐藤ゆかり氏の断言をお楽しみください。

FTAAP(エフタープ)が最終目的地なんですね。
佐藤ゆかり氏は今、どう思われているのでしょうかね。

植草氏、がんばってください。応援しております。


03. 2014年2月24日 02:33:55 : 8jJYCy26GU
いつ不公正のシンボルともいえる韓国や中国が参加するかもしれないTPPなんですから、
ISDSは絶対必要です
そうしないと貿易問題が韓国の最高裁で決済されてしまうケースとかが出てしまう。

04. 2014年2月24日 23:17:18 : tekt4pxGQE
韓国は日本とTPPの事前協議をすることがもう決まっているんじゃなかったかな?家電メーカの凋落が著しい日本で韓国製の家電品が入ってきたら危機ではないかと思うんだがそういう方面からの議論が少ない。これは不思議なこと。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20140219000600882


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧