★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 880.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
勘違い自民党政権 「弱小切り捨ての蜘蛛の糸」 を切れば 仏教国家は自滅する(自民党的政治のパンツを剥ぐ) 
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/880.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2014 年 2 月 23 日 19:55:28: AtMSjtXKW4rJY
 

http://blog.livedoor.jp/pat11/archives/51548857.html
2014年02月23日


田中康夫はここをついている
日本の企業の70%は税金を払っていない

その理由はかんたんだ
担保一杯銀行から高利でカネを借りてしまい
その土地・資産担保が どんどん目減りし
もはや
銀行に金利を払う為に「借金」をするという
わけのわからんことになっている
これが実態だ

こうして 弱小企業&国民は スイカの赤い皮を食いつくし
もう 緑皮を見るような 懐具合だ

更に弱小国民の殆どは マンション住まいだが
借金を払い終えたマンションには 担保価値はない
どこもカネを貸さない
から孤独死が 自然の流れとなってしまう

こんな中 インフレにし 金利をあげれば
弱小企業は倒産ラッシュで 銀行も連鎖する

こんな中 増税で弱小国民からカネを巻き上げれば
節約できる最後の手段は 電気水道食事しかない
もうそこまできている

経済成長率悪化の根本原因は
担保金融制度という社会システムの収縮からオキテいる

弱小企業 弱小国民を 髪の毛や爪 と勘違いしているのが
自民党政権であり安倍政権だ
が真実は
経済成長率に最大の寄与をする 血の通った器官じゃないか

飽くなき欲望の虜となった カネモチ企業が自民党と結託し
更にカネを貯めこめば
動脈硬化を起こし 国家が死に至る
こうして 日本国家は自滅の道を歩んでる


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月23日 20:27:24 : 1sxjKJ1KKI
国が滅ぶ言ってるけど、滅ぶのは下っ端だけなんだよね。
だから誰も動こうとしないし、改革もしない。

02. 佐助 2014年2月23日 21:31:51 : YZ1JBFFO77mpI : wpmCg8U5S6
貧乏人,弱者にチャンスが必ず訪れる

日本は世界信用収縮恐慌と通貨の暴落で,経済指数(生産・販売・株式・雇用・投資・貿易)を、三分の一以下に縮小させる。この恐怖の体験を日本は避けられない,日本だけが、90年代に経験した失われた10年間の苦痛を、再び20年以上も経験しなければならない。理由は,国内市場の縮小を海外市場の拡大によってカバーされた、蜃気楼化された経済指数が正体だからだ。日本は、最大の打撃をこうむる。そして大企業の交代劇が見られます。今回は金持ちも貧乏人も弱者などそしてフアンドも,世界信用収縮恐慌の二番底・三番底のパニックから逃れることは出来ない。政治経済の指導者とマスコミが対策を既得権益護持のために黙殺するからです。


さらに2000年代の工業後進国は2020年迄に、欧米日の先進工業国に追いつき追越します。小企業が大企業を追い抜き、後進工業国が先進工業国に追いつけるのです,そして中小企業と後進国に、追いつき追い越すチャンスが増加する。ようするに弱者にチャンスが訪れます。2025年まで回復しません。脱原発しないと2040年の産業革命まで沈静化しません。

しかも,日本のマスコミと政治経済の指導者は,流行もテクノロジーも永遠に欧米日がリードし、百年たっても追いつけない,まさかと黙殺します,すなわち流行もテクノロジーも永遠に日欧米が中心で、これまでどおり、日欧米で発生する現象は数年遅れて新興国でも発生する。当然バカマスコミはそれでも黙殺します。

日本人が、流行からテクノロジーまで、欧米に追いつき追い越したと傲慢になり「もはや日本は欧米から学ぶものはない」と主張して原発などにあぐらをかき,開発に遅れをとるからです。そしてカジュアルの時代は、工業人口比率が50%以上の後進工業国が、先進工業国を追いつき追い越すのです。カジュアル期の20年間は、新スタイリングだけでなく、新テクノロジーの変化と普及も加速されるが,日本の大企業やマスコミ政治経済の指導者は黙殺します。

例えば,原発や既存のエンジンでの排ガス減少に固執し、実用化は遅延される。資本主義経済には「新発明が既存の既得権やシステムを否定する時、新発見は握りつぶされる」という寓話があります。

第二次産業革命を発生させる革命的テクノロジーの発明は、肥大化した企業によって拒絶され遅延される。その結果として、肥大化した企業の凋落を加速させ、産業の旗手が交代するのを、人類は体現することができるのです。

だが、燃料電池などの産業革命が加速すると日本商品の世界的優位性の法則は作用し、技術から流行まで、新しい革命的な商品は、長期大不況の中でも、奇跡的に成功することが認識される。そして、産業ごとのトップ企業の交代が加速されることが認識される。だが産業革命は遅延されますので,景気が回復する時間を長期化するのです。サービス中心の産業国家になるでしょう。ほぼ確実です。山河国土は消えることはありません。チャンスが来るのです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧