★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 889.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
習氏のメンツと日中関係:中共は安倍首相靖国参拝も受容、水面下で進む日中関係改善
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/889.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 2 月 24 日 05:32:34: Mo7ApAlflbQ6s
 

[風見鶏]習氏のメンツと日中関係

政治部次長 高橋哲史

 元参院議長の江田五月氏は、幼いころの数年間を中国河北省の石家荘ですごした。終戦を挟んだ混乱期である。物ごころがつくかつかないかの年齢だったが、ひとつの鮮烈な記憶が心に焼きついている。
 ある夜、のちに社会党の書記長となる父の三郎氏が傷だらけで帰ってきた。背中はみみず腫れになっている。「八路軍に日本軍国主義の手先とののしられ、むちでたたかれた。持ちものもすべて取られた」
 「八路軍」とは中国共産党が農民らを組織してつくった軍隊で、人民解放軍の前身だ。当時はどこの馬の骨ともわからない無法者の集団と恐れられていた。

 八路軍に対する三郎氏の見方はすぐに変わる。
 兵士が「あなたを誤解していた」と謝罪し、奪ったものを返しに来たのだ。「彼らは単なる農民の一揆ではない。ちゃんと組織され、統制のとれた軍隊だ」。江田氏は三郎氏がこう話していたのを覚えている。
 「三大規律八項注意」。共産党を率いた毛沢東が定めたとされる軍紀だ。
 「指揮に従って行動せよ」「民衆のものは針一本、糸一筋も取るな」。兵士たちはおきてを破れば、事実上の党主席の地位にあった毛のメンツをつぶしてしまう、とたたき込まれた。

 いまの共産党に、かつてのような規律のただしさは感じられない。
 幹部らが手を染める汚職のひどさは目を覆わんばかりだ。それでも指導者のメンツを保つため、その指揮に従って行動するという原則だけはしっかり守られているようにみえる。

 「止まっていた日中の交流事業はまもなく再開しますよ」。日本政府の関係者がそっと教えてくれた。
 1月に予定していた中国の青少年やメディア関係者が来日する計画のことだ。安倍晋三首相が昨年末に靖国神社を参拝したあと、中国側が「内部の事情」を理由に延期を通告していた。
 ところが、中国側は間をおかずに再開を申し入れてきた。日本側の窓口である日中友好会館の会長を務める江田氏に確かめると、3月再開の方向で「段取りを進めている」という。

 何があったのか。日中関係筋が解説する。
 「習近平国家主席は安倍首相の靖国参拝に激怒した。それを知った担当者はただちに交流事業の延期を決めた。しかし、直後に『習主席が昨年10月に示した方針に変わりはない』との情報が伝わり、あわてて再開に動いたようだ」
 共産党は昨年10月に北京で「周辺外交工作座談会」を開いた。この会議の重要性は出席者の顔ぶれをみればわかる。党総書記の習氏ら7人の政治局常務委員をはじめ、関係省庁や地方のトップが一堂に会する機会はめったにない。
 習氏はここで「わが国の発展のためには周辺国とのよい環境が必要だ」と発言した。日本との関係についても「経済や文化、地方」の分野で少しずつ改善するよう指示したとされる。

 沖縄県の尖閣諸島の国有化で滞っていた日中の民間交流はこの前後から、にわかに動き出した。
 元駐中国大使の宮本雄二氏は「中国の感覚では、党の総書記が重要会議で示した方針は簡単には変えられない」と話す。安倍首相が靖国神社に参拝したからといって、出したばかりの大方針をただちに改めたのでは習氏のメンツがつぶれるというわけだ。
 日中首脳会談が実現するめどは立たない。しかし経済や環境に不安を抱える中国は、日本との交流を絶やしたくないのが本音だ。それは、凍りついた日中関係を少しでも溶かすきっかけになるかもしれない。

(政治部次長 高橋哲史)

[日経新聞2月23日朝刊P.2]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月24日 07:06:58 : mYcFnQydWI
単純に安倍がいなくなるだけの話ですよ

02. 2014年2月24日 07:52:15 : rAZs4KvhOE
中国はこういうところは大人、と言うか実利主義だから、それなりに話し合いは可能だと思う。

03. 2014年2月24日 08:12:45 : 5sBUiUuGU2
また日中が接近しようとするとネトウヨ石原一味が難癖をつけて亀裂を生み出す。
これの繰り返し。
日中関係は石原ネトウヨ一味がいる限り良くはならないだろう。

04. 2014年2月24日 08:20:34 : WJkyHCq5OY

難癖をつけて亀裂状態を続けるべきである。
シナと貿易やって、中国ばかりが発展し、日本では失業者増大、賃金低下、
倒産、損ばかりだ。シナとは、ほどほどのつき合いがよろしい。

靖国参拝は、たとぃ世界から孤立しGDPが半減しようとも、やらねばならない。

経済主義はいけない、経済よりも、日本の文化や伝統・国柄を守ることの
ほぉが、千倍も大切のことある。


05. 2014年2月24日 08:53:37 : GSDC8gygnU
あれのどこが伝統だよ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧