★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK162 > 239.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人間的な交流に背を向ける (道徳の教科書を配布するなよな)
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/239.html
投稿者 クビーラ 日時 2014 年 2 月 28 日 03:59:57: piceTSQ8afvqc
 

今日もおかしな本文の表示だ。


人間的な交流に背を向ける
(道徳の教科書を配布するなよな)

 ユング心理学(Jungian Psychology

)は、人と人とのコミュニケーションに背を向ける心

理学である。人と人が対面する。その間に、何か

が介在する。人と向き合うときに、日本の古代の

帝王のように、衝立か御簾を間において対峙して

いるのである。ここで衝立か御簾とは、集合的無

意識とか元型とかと呼ばれる訳の分からないあり

もしない素っ頓狂な観念である。従って、ユング心

理学においては、人と人との触れ合いは皆無であ

る。
 このようなユング派の河合隼雄(Hayao

Kawai)が、道徳の副教材「心のノート」を作

成した。そのとき、押谷由夫という人物も「心のノ

ート」作成の協力委員のひとりだったと思う。昨年

から今年にかけての「心のノート」の改訂版の作成

にあたっても、中心的な役割を果たしている。押

谷由夫という人物は、河合と考え方が似ている

人物なのだろう。河合ファンであるかもしれない。

だから、押谷由夫もそうであろうし、「心のノート」

も「私たちの道徳」も、その執筆者達はおしなべて

河合隼雄的な考え方や生き方をしている人たち

なのだろう。
 要するに、「心のノート」も、その後継版「私たち

の道徳」も、あの不道徳で冷酷で非人間的な河

合隼雄色、ユング心理学の色彩に染まっている

のである。ということは、人と人とのコミュニケーショ

ンができない人物達によって、「心のノート」も、そ

の後継版「私たちの道徳」も執筆・作成されたと

いうことである。「心のノート」や「私たちの道徳」の

執筆者が、自分自身の経験に基づいて書いたも

のではないということである。観念から導き出され

た考えを著しているにすぎない。日常のちょっとし

たつまづきを経験したことによる心の痛み、苦しみ

、悲しみも何もない。他者と心の関わりを持ったこ

とから生ずる喜びや幸福感もない。他者とのコミュ

ニケーションを体験できない人物が執筆した「心の

ノート」や「私たちの道徳」を、子ども達に配っても

なんになろう。無益であるどころか、むしろ有害で

あろう。愛を知らなかった夏目漱石の恋愛を扱っ

た小説を(例えば、『それから』などを)、恋愛につ

いて学ぶつもりで読んでみたところで、何の足しに

もならない。むしろ害になるばかりである(「愛を知

らずして人生が語れるか、心の問題を論じること

ができるか」2月7日付け参照)。

 僕は、「心のノート」の後継版「私たちの道徳」

が、この4月から日本の子ども全員に配布される

のを阻止しようとしている。ところが、薄っぺらな愛

国心の持ち主であり(「不道徳で冷酷で非人間

的な河合隼雄が作成した『心のノート』の後継版

によって日本人のアイデンティティを確立するのか」

2月4日付け参照)、精神年齢が子どもの年齢

に等しい(「内なる悪を同化すれば、それは即ち

悪魔である」2月23日付け参照)安部晋三の内

閣の支持率が一向に下がらず、国会も安部晋

三内閣を退陣させることができないため、2月28

日には2014年度の予算案が衆議院を通過し

そうなのである。そうなると、「私たちの道徳」の配

布が確定したことになるだろう。ちょっと絶望的な

気分になってきた。

http://moriyamag.blogspot.com/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月28日 05:17:32 : YES5KY8mJY

国防教育をやるべきだね。

それと、武士道教育を小学校からせねばならんでしょう。

武士の恥は、命を惜しむ事、これが武士の最大の恥。

 モーリス・パンゲ「自死の日本史」、フランスの日本学者が書いたもの、
武士道を絶賛、ニーチェを超えるものだと。大層ももぴろぃ本。
「私情」「エゴイズム」の根底にあるもの、それは命惜しさであると、武士は
観念した。

平和主義者の腐った精神では決して読めない本だ。


02. 2014年2月28日 08:07:33 : jGBvShvpwg
どこが悪いのか具体的に述べて欲しい。
感情的な批判に聞こえる。

03. 2014年3月02日 14:20:57 : ywlUh2tU2c
小生も02氏に賛成だ。
中学生用「心のノート」を読んだが、別段偏った内容ではなかった。逆に言えばあまりにも当たり前すぎて、この程度の内容ならわざわざ時間を割いて教えなくとも自然に習得することばかりと思った。
それともこんなありきたりなことを学校が教えなければならないくらい、家庭での徳育がなってないということなのか。

この「心のノート」を一番読まなければならない連中は、政治屋、糞完了、厄人、刑罪連の連中などで、裏でこす汚いことをやっている人非人にこそ、必読させる必要がある。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK162掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧