★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK162 > 800.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の大量移民受け入れを提唱した代表者は在日官僚  日本や世界や宇宙の動向
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/800.html
投稿者 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 日時 2014 年 3 月 15 日 07:46:40: 4hA5hGpynEyZM
 


国賊の日経と日本を破壊しようとしている在日韓国人の元法務省官僚についての恐ろしい情報を発見しました。2009年の日経ビジネスの記事です。
新自由主義の竹中平蔵も同類でしょうが、日本に大量移民を受け入れさせ、日本を破壊しようとしている代表的人物は、元法務省官僚の坂中英徳という在日爺だったのです。
驚いたことに、日本の法律を司る法務省にまで坂中のような在日工作員が潜伏していたのです。しかも、入国管理局を指揮っていたのですから、ぞ〜〜〜っとします。韓国人をどんどん不法入国させられますね。
政治家を操るのは官僚です。各省庁には多くの在日官僚が反日活動を展開しています。そういう連中が総理や閣僚に助言し、反日政策、移民政策を断行させようとしているのです。
このように、在日工作員が日本の政治を動かしています。在日工作員は日本を乗っ取ろうとしています。
彼らは、在日韓国人による在日韓国人のための日本にしたいのです。在日工作員が推し進める移民政策は、朝鮮半島と中国からの大量移民です。彼らは、NWOのグローバリストです。しかも、グローバリズムを推進しながら、日本での韓国人の支配力を強めようとしています。彼らは日本国民にとって非常に危険な存在です。
日本の国会には数多くの在日帰化議員がいます。本当に日本は危険だらけです。
これからは、通名禁止にして、国会や各省庁、役所に潜む在日工作員や犯罪者を明らかにしてもらいたいものです。通名の見分け方はこちらから:http://channelshikishima.blog89.fc2.com/blog-entry-76.html 

<坂中 英徳について>
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20091126/210668/
(転載)
(2009年の日経ビジネスの記事)
国際移住機構(IOM)の報告によれば、2000年、世界人口の3%に相当する1億7000万人が母国を離れて暮らす「移民」だ。2050年にはこの数が2億3000万人に増加すると推計されている。

 国際間経済取引の拡大、先進国の高齢化、民族紛争――。こうした要因を考えれば、それが正式ルートであろうと“裏口”であろうと、人々が国境を越えて移動することを止めることはできない。移民が移住先で及ぼす影響から、どの先進国も無縁でいられなくなるのが現実だ。

 一方で、世界に類を見ないスピードで進行する日本の高齢化。2055年には総人口は今よりも3割減り、9000万人を割る。10人に4人が65歳以上という超高齢化社会がやってくる。女性や高齢者、ニートなどの眠る人材を掘り起こすだけで、経済大国の地位をどこまで維持できるかは疑問が残る。

 日本では不法就労の外国人による犯罪や研修生制度を巡るトラブルの増加などから、外国人が増えることに対する不安は強い。だが、外国人に対して積極的に統一的な方針を打ち出してこなかったからこそ、こうしたトラブルが起きている側面もある。

 「国民はイメージとして心の中に想像されたものだ」。ナショナリズム研究の名著、『想像の共同体』の中で著者のベネディクト・アンダーソンは指摘している。

 「外国人労働者」ではなく、未来の日本人となることも前提とした「移民」政策を今こそ――。
国内外の識者に聞くインタビューの第1回は、元法務省・東京入国管理局長の坂中英徳氏。

(聞き手は小瀧麻理子=日経ビジネス記者)

----「今後50年間で移民1000万人受け入れる」など積極的な移民政策を唱えています。現実を無視した暴論であるという批判は少なくありませんが、なぜ移民政策にこだわるのですか。

坂中 英徳(さかなか・ひでのり)氏
1945年5月、朝鮮・清州市生まれ。70年慶應義塾大学大学院卒業後法務省入省。75年に同省入国管理局論文募集で在日韓国人・朝鮮人の法的地位の安定性を唱え、後に「坂中論文」と呼ばれる「今後の出入国管理行政のあり方について」が優秀作となる。同局入国在留課長、名古屋入国管理局長、東京入国管理局長を経て2005年3月に退職


坂中: 確かに未曾有の規模の移民受け入れを公言し、様々な反響がありました。

 役人時代は外国人からも「鬼のように怖い」と言われていたそうで、そんな私が移民と言い出すから一部ではびっくりもされているようです。

 最初に言っておきますが、私も心情的には日本人が大半を占める、小さくてまとまりのある日本が好きです。日本列島の中で1200年以上、同じ文化を共有する者同士で暮らしてきた日本人が、異なる民族といきなり親密な関係を結ぶのは容易ではないと思います。

 ただ、34年間入国管理行政に携わってきた中で、日本もほかの先進国と同じように、「移民」政策ということを正面から考える時期に来ている、そして日本に時間の猶予はない、ということにたどり着きました。
華やかな日本と、外国人が暮らすもう1つの日本

----きっかけがあるのですか。

坂中: 原点はやはり在日韓国人・朝鮮人の問題です。

 入省した翌春の1971年、大阪入国管理事務所で実務研修を受けました。当時、大阪城の近くにあった事務所の窓口で毎日、在留外国人に対する「審査事務」をやるのです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:坂中の呆れた日本破壊戦略・・・移民国家宣言です。本当に恐ろしい在日(元)官僚です。
http://www.the-journal.jp/contents/sakanaka/

坂中についてのさらなる情報:
http://hosyusokuhou.jp/archives/36948216.html




日本の大量移民受け入れを提唱した代表者は在日官僚  日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51921253.html
----------




 

コメント
 
01. 2014年3月15日 08:21:44 : MNjpiV6wi2
>1945年5月、朝鮮・清州市生まれ。
あ〜これだけで在日認定してる訳ね。この時期は朝鮮半島は日本の一部で、日本人もいっぱいいたよ。出身地で話をするなら、ときどきコメント欄にでてくる「満州人脈」との関連で話した方がまだましだろうね

02. 2014年3月15日 09:14:17 : oYuYx3K5VU
それだけ在日、在日と騒ぎたいなら浦和レッズのサポーターと同じことをしたら。

まあ内容はここに書いていることも同質だが。


03. 2014年3月15日 10:55:40 : 57OGOb5V3Q
> 日本の大量移民受け入れを提唱した代表者は在日官僚

「ゆとり教育」で日本を崩壊させようとした文部官僚も在日官僚だと言われています。公的には日本人になっていますが、言動は「韓国・朝鮮人の生活が第一」です。
韓国・朝鮮人が日本に住む限り、日本は甚大な被害を被ります。
大量移民受け入れ、1000万人の韓国・朝鮮人を受け入れたら、日本は完全に朝鮮やくざ支配の国になります。

[1] 寺脇研
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E8%84%87%E7%A0%94
また、在任時には、いわゆる「ゆとり教育」「脱偏差値」「学校週5日制」「総合的な学習の時間」「生涯教育」などの旗振り役として同省の立場を国民に伝える役割を果たしたため、「ミスター文部省」と呼ばれた[3]。

そのため、「ゆとり教育」を中心としたこれら一連の政策への批判が高まるとともに、個人としても批判を受けることが多くなった。元産経新聞論説委員の高山正之からは、小尾乕雄・鳩山邦夫と並んで、日本の教育を崩壊させた戦犯だと批判されている[11]。

また2007年には、在日コリアンの子弟を主な対象とするインターナショナル・スクールコリア国際学園の設立準備委員に就任し[14]、開校後は理事を務めている。ちなみにこの学校は、3ヶ国語の育成や大手進学塾との提携をしている。また、朝鮮学校の高等学校等就学支援金対象除外に反対する「無償化連絡会大阪」の賛同人も務めている[15]。

[2] ゆとり教育の裏に朝鮮人(寺脇研) 悪意の極み リンクや動画などまとめ
http://forjapan.jugem.jp/?eid=689
ゆとり教育で日本を破壊しようとしたのは、日本国籍の隠れ朝鮮人­元文部官僚の寺脇研です。
かれは文部省でゆとり教育を計画推進し­、日本人の学力低下を実現する一方、自身は文科省退職後、国際コ­リア学園(在日朝鮮人用学校)の理事に就任し三ヶ国語を教える程­のエリート教育を行い、日本人の上に君臨する朝鮮人を目指す様指­導しています。
かれは、文化庁在職時に、反日映画パッチギに国費­で補助金を出し、さらに朝日新聞と共同で、パリのルーブル美術館­で【日本の文化は全て朝鮮起原展】を国費を使って開催しました。
­(お茶、お花、折り紙、剣道、等々、果ては武士道まで) 
法務省には支那人、朝鮮人の帰化を日々猛烈な早さで認め(年2〜­3万人のペース)日本を支那、朝鮮人の支配下に置こうとしている­、法務官僚、坂中英徳やその後継隠れ朝鮮人が多数おり、夫婦別姓­法の準備も完了しています。
今日本は官僚組織、司法、警察、まで­朝鮮、支那に侵蝕されています。
なによりも、政権が朝鮮人政権民­主党です。
(菅直人、小沢一郎、岡田克也、ら首脳部はほとんど朝­鮮人種である事はもう周知の事実。)


04. 2014年3月15日 11:46:04 : 3w4DIjOXsE

日本国籍でない者が公務員(官僚)になれるのかよw

05. 2014年3月15日 11:48:52 : aHFznFyPMc
日本国の無防備さが曝け出された。

外国人移民20万人だか30万人など、どう考えても有り得ない話だ。

小沢一郎氏の民主主義政治への認識はわたしも一番合意するのだが、
ここ阿修羅の小沢信仰はネトウヨの(わたしもそう言われるが)阿部信仰を上回る
くらいの盲従ぶりだ。
 その小沢氏を検察司法の闇に引きずり込んだのも第三国の日本三権への潜入エイリアン。いったい小沢信仰のみにひたすら救いを求めている皆さんは、親中、親韓、在日、親米或いは反米、どういう定見をお持ちなのかさっぱり理解に苦しむ。

国家機構そのもののセキュリティーの仕組みは民主主義国の日本には存在しないだろうが。

その分、日本国内は侵入潜入者の謀略、策謀に任せるままになってしまった。
NHKを含むマスゴミがよい例だ。

諸刃ではあるが阿部政権にはそのセキュリテイーを確保する仕組みなどは熱心にやるでしょう。NSCにはそういう機能を充分持たせるべきでしょう。


アンネの問題も複雑だねえ。半島、大陸、アメ、共産が入り乱れてもう訳のわからない国情になっているだろう。

その最たるものがここ阿修羅掲示板。

 この掲示板の投稿者も色分け、評価が必要だろう。掲示板に長く、投稿者を沢山知っている方によるランク付け作業をお願いしたいな。


 


06. 2014年3月15日 13:41:39 : wJZnV3B0jk
戦後日本が負けたのを逆手に取って、それを利用してきた朝鮮人、日本が本当に嫌なら自分の国に帰ればいい、嫌な人は帰っている。残った人間は、日本の方が暮らし安く何かと援助して貰え、自国にもどっても今以上の生活が出来ないのが解っているから、通名してまでいるのだろう。通名制度はやめるべき、中国であろうと朝鮮であろうと、そのままの名前を使えばいいではないか、すべての面で混乱の元である。

07. 2014年3月15日 14:00:04 : ykz2dAKg06
 つい2、3日前だ。日本嫌いで有名な韓国人が自国をどう思っているかに関する報告が出た。それによると韓国人の70%近くが、二度と韓国に生まれたくないと思っているそうで、他国への移住者がドンドン増えているそうだ。それに対して日本人の90%以上がまた日本人として生まれ変わりたいと思っているそうだ。「そりゃそうだろう」と思わないだろうか。
 だから韓国・朝鮮人に「自国に帰ればいいだろう」なんて言ったって無駄。絶対帰りたくないんだから。法律による強制が必要なのだ。かくまで工作員天国にしてしまった政治の責任をさかのぼって追求すべきなのだと思うが、それにつけても不思議なのは、日本人のための政治をしているはずの与党がこの点に関して危機感も見せず何の思い切った手も打とうとしないことだ。
 

08. 2014年3月15日 16:14:53 : OOUYwNEqzM
いわゆる「在日」より帰化した者の方がずっと多いし、どの業界にも少なからず入り込んでいる。日本社会で実権を持っているのは朝鮮系だ。政界も朝鮮系が牛耳っている。アメリカのユダヤ勢力が日本の朝鮮勢力を操っている。日本はユダヤと朝鮮の二重の支配を受けているんだよ。

09. 2014年4月15日 17:03:27 : mTbgvBL20Q
こいつは朝鮮人だが、いわゆる在日ではない。
戦後日本国籍を選べた層の朝鮮人の2世。


10. 2015年1月11日 22:54:49 : JgM0gKCnlQ
保守速報

493
移民政策の元凶は坂中英徳、コイツは在日韓国・朝鮮人の法的地位安定を唱えた<坂中論文>を出したヤツで、 日本の移民政策に関するブレインとされる

2014年03月14日13:20
http://hosyusokuhou.jp/archives/36948216.htmlさんより抜粋引用


392. 名無しさん@ほしゅそく 2014年03月14日 00:39 ID:EGhX3KG90
竹中平蔵が移民についてどんな発言をしたか知らないが、
俺の知ってる移民政策の元凶は 坂中英徳(ひでのり)って野郎だ。

コイツは在日韓国・朝鮮人の法的地位安定を唱えた<坂中論文>を出したヤツで、
日本の移民政策に関するブレインとされる。 

自民党の外国人材交流推進議員連盟がかってまとめた
「日本の総人口の10%(約1000万人)を移民が占める多民族共生国家」を
今後50年で目指すと大言壮語した売国奴だ。

もちろんこの推進議連がまとめた移民案も坂中が作った。

さらにコイツは、2010年12月にドバイで開かれた<世界経済フォーラム>の分科会で、
<今後50年で移民1000万人を受け入れる>との<政府提言>を発表した。 

当然、この<政府提言>もコイツが作った案であり、テメエの案をテメエで
<政府提言だ>として発表したわけだ。 

以上より理解して頂けたと思うが、今回の20万人受け入れにも、その元凶となっているのは
坂中だと思う。 ともかくコイツは異常なヤツで、そこに異常な政治屋がくっついている。 

かつては中川秀直がマブダチだった。 秀直は引退したが、先の都知事選でも小泉と
ゴチャゴチャやっていた。 マークすべきは、自民党・外国人材交流推進議員連盟。 
坂中英徳の主催する移民政策研究所。 それと経済財政諮問会議・専門調査会のメンバー。 

【前スレ】http://hosyusokuhou.jp/archives/36937869.html 
【移民】 ”日本の大転換” 毎年20万人の移民受け入れへ、政府が本格検討


491. 名無しさん@ほしゅそく 2014年03月14日 01:27 ID:o6nDflG10
>>392
坂中英徳ってちょっと調べたら真っ黒だな。


1945年 日本統治時代の朝鮮・清州市生まれ←

1970年 慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了 同年 法務省入省

1975年 入国管理局論文募集で「今後の出入国管理行政のあり方について」が優秀作となり、
その後在日韓国・朝鮮人の法的地位の安定を唱えた「坂中論文」と呼ばれる政策提言を法制化し実現していく。 大阪入国管理局次長

1993年4月1日 法務省入国管理局参事官
1994年4月1日 法務省入国管理局審判課長
1995年4月1日 法務省入国管理局入国在留課長 1
997年4月1日 仙台入国管理局長
1998年4月1日 福岡入国管理局長
2000年4月1日 名古屋入国管理局長
2002年4月1日 東京入国管理局長
2005年3月31日 依願退職 同年、代表として脱北帰国者支援機構を立ち上げる。

あと 一般社団法人移民政策研究所 ここのHP見たら、
坂中英徳が移民議連に出した提言も朝鮮人のための移民政策だって丸分かりだ。
またクソ○鮮人がうらで糸引いてやがる。

(略)


フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK162掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧