★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK162 > 909.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「お金がすべて」というのでは、身も蓋もない・・・(いかりや爆氏の毒独日記)
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/909.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2014 年 3 月 18 日 09:15:38: AtMSjtXKW4rJY
 

http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/3d744c96c3426146a00f8f2557ab51fd
2014-03-18 08:29:13


明け烏:

お言葉ですが、

>日本の精神文化を、今はすっかり消えうせたが、「恥の文化」として紹介している・・・昔は女性の貞操観念から自ら売春婦ですと名乗り出る人はいなかったのかもしれない。

自分が娼婦だったと名乗り出ることがないのは万国共通、どこの国だって同じですよ。

何故、韓国だけでこんなに出てきたかと言えば名乗り出れば、幾ばくかのカネになるからです。つまり自分が売春婦だったと名乗りでればカネが稼げるという歴史上にもまったくなかった条件が韓国で顕現したということではないでしょうか?

また、これを逆に言えば、「恥の文化」があろうが、なかろうがカネになるなら名乗り出る人間はいくらでも出てくるということだと思います。現在の日本は勿論、戦前の日本でだって、何百万円かになれば恥も外聞もなかったと思いますよ。

いかりや:

「お金がすべて」というのでは、身も蓋もない、正直言って不愉快。

いまさらこんな事は書きたくないが、

「新自由・主義」とは聞こえはいいけれど、すべての規制となるものをはずして自由に競争することを「是」とする社会、なんのための競争かと言えばお金と名誉だろう?

新自由主義=金銭至上義である所以です。結果として、大量の貧しい人をつくりだす格差社会となる。

新自由主義は競争を煽って、何重にも篩(ふるい)にかけて大量の貧しい人を創り出す装置、結果として貧富の格差が拡大する。

強烈な競争社会、今の韓国をみてください。

韓国人の7割以上の人が機会があれば韓国から脱出したいと言っている。日本は韓国のあとを追うような社会になってほしくない。

以下の「日本人論」も所詮はカネがすべてという文脈、読むに耐えられない。

明け烏:

大好き!「日本人論」ノ(1)

1970年代は「日本人論」の花盛りであった。山本七平の「日本人とユダヤ人」から始まり、様々な論説が日本人のユニークさを強調して止まなかった観があった。当然のことだが、読者がこういうものを希求・渇仰するからこそ、それに応えるべく書かれたわけで、すると何故、日本人が「日本人論」を待望したのかを明らかにしておく必要があるだろう。

思うに東京オリンピックから大阪万博を経ての高度経済成長であまりに簡単にそして奇跡のように生活が豊かになり、笑いが止まらぬほどカネが儲かるのが狐につままれたようで自分でも信じられなかったというのが第一の理由ではなかろうか。これだけ上手くゆくのはどこかに理由があるはずだ、夢のように日本だけがこれだけウハウハになる根拠は何なのだろう。それを誰かに具体的な形で示してもらって安心したかったのである。

しかし、アメリカで亡くなった作家の千葉敦子氏のいうように、アメリカが反共の防波堤として軍事と外交を一手に引き受け、また朝鮮・ベトナムの2つの戦争の補給基地とすべく無尽蔵にドルを日本に注ぎ込んだという非常に歴史的に特殊な条件が重なったからでそれ以上ではない、という厳しい意見は敬遠された。心情的に面白くないからである。

日本人がユニークで優れているという口触りの良いお世辞がまったくなかったからである。(また岸信介が早坂茂三に涼しげに言ったといわれる「日米安保を結んで、軍事費を最小限に抑えられたことが現在の繁栄に繋がっている」という言葉も相当に正鵠を射ている。無論、完全に無視されたが)

そして「南京大虐殺の幻」をはじめとした聖戦論が実はこれらの「日本人優等・ユニーク論」から発生していると私は思うのだが、これについてはまた次に。

大好き!「日本人論」ノ(2)

古来、戦争は大きな利権や資源を獲得する、あるいは地政学的に有利な土地を占領する、あるいは被占領地住民の財貨を掠奪し、あるいはその土地の女を強姦する、さらには被占領地の住民を奴隷として本国に連れ帰って労働力にする、これらを目的として行われるもので、歴史上例外はまったくなかったと言いうると思う。例外があるのならば「歴史に学ぶ」という概念は意味をうしなってしまうはずだ。

日本軍(主として陸軍)が満州事変からの中国侵略で得ようとしたものは麻薬利権であった。この麻薬利権からのカネが東条英機一派の力の源であったし、満州経営の原資でもあった。涎がでるほど旨みの大きいビジネスだったのだ。

満州の麻薬王、里見甫が戦後復活して「電通」の経営者たりえたのも、満州で得たカネが膨大であったからであろうし、戦後、右翼運動や台湾義勇兵の資金として三上卓や児玉誉士夫などが密輸船を仕立ててせっせと密輸したものが麻薬であったこともこれらを裏付ける。日本人だけが何らの利権もなしに戦争を起こすなどというのは有り得ぬことなのだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年3月18日 09:33:55 : 2LoTfLYvLI
>日本軍(主として陸軍)が満州事変からの中国侵略で得ようとしたものは麻薬利権であった。この麻薬利権からのカネが東条英機一派の力の源であったし、満州経営の原資でもあった。涎がでるほど旨みの大きいビジネスだったのだ。
-------------
ままりにも一面的な見方だな。
そんな見方で歴史や人生やを理解するとすれば、可哀そうとゆぅしかない。
東條にしろ誰にしろ、戦後に比べれば戦前の人々のほぉがはるかに上等な人間だ。
馬鹿な戦後左翼は、戦前の人々を馬鹿かアホか悪党か、でしか見る目をもたない。
人間のレベルが知れるのだ。


02. 2014年3月18日 18:06:16 : YSXYpwGLZE
当時の中国は国共内戦中で日本の軍部としては簡単に攻め落とせると打算していたのだろう。ところが蒋介石の嫁がアメリカ議会に泣きつき膨大な軍事援助をせしめるのに成功した。大陸の戦争が泥沼化して痺れを切らした海軍がアメリカ相手の戦争を始めて二正面作戦になってしまった。アメリカの干渉を計算に入れていなかったのはひどい失態ですよね。


03. 2014年3月19日 03:10:12 : msF0cFEAEA
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/738.html#c19

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK162掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧