★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 159.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
本澤二郎の「日本の風景」(1595) <武器輸出大国目指す危険な安倍・財閥路線>
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/159.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 4 月 12 日 10:15:19: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52067252.html
2014年04月12日 「ジャーナリスト同盟」通信

<武器輸出大国目指す危険な安倍・財閥路線>

 安倍・国家主義政権は、異様な政策を次々と演出している。そろそろ国民は、事態の深刻さに気付くべきだ。野党もしっかりとそこを追及すべきである。国家主義を否定した日本国憲法の下で、堂々と国家主義政策が進行しているのだから。原発についで、財閥が求める武器輸出大国へと舵を切ってしまった。集団的自衛権の行使も、この国家主義路線と連動している。社会の木鐸を任じる新聞テレビの無責任日本の今を象徴している。

<平和主義放棄の国家主義へ>

 安倍内閣は2014年4月1日の閣議で、従来の平和基本路線として機能してきた武器輸出3原則を放棄、代わって防衛装備移転3原則を決定した。原発・核に特化した財閥は、同時に武器弾薬の生産に集中している。それに沿った政策の大転換である。
 米産軍体制下で武器生産技術を手に入れた東芝・三菱・日立の原発御三家を筆頭に、武器生産に取り組んできた財閥が、家電関連生産で限界を悟ると、アメリカやロシアに負けまいとして、武器輸出での生き残りを図ろうというのだ。
 中国を意識した対応でもある。財閥の野望と安倍・国家主義の野望は一致している。財閥傀儡政府の日本は、事実上、平和主義を放棄しているのである。

<日本は非武装国家>

 日本は9条憲法で、侵略戦争の反省と謝罪を世界に示して、国際社会に復帰した。この大事な平和戦略を放棄して、再び国家主義へと舵を切っていることに気付くべきなのだ。
 新聞テレビは、このことを国民に報道する責任を負っている。警鐘を鳴らし続ける義務がある。東アジアを軍拡の嵐に巻き込まないために。軍拡は各国経済を確実に悪化させる。社会を疲弊させる。一人武器弾薬メーカーが太るという危険な軍事経済を約束させる。
 ソ連崩壊への過程に踏み出す日本でもある。ただでさえ1千数百兆円もの借金大国の日本である。繰り返すが、非武装国家の武器輸出・軍拡路線は、日本国憲法に違反するものである。
 憲法をないがしろにする安倍内閣は、ワイマール体制を崩壊させたナチスそのものである。自民党の村上誠一郎の「ナチスの愚を繰り返すな」という切実な叫びは、正に正義の主張である。

<武器輸出3原則放棄の安倍内閣に狂喜する財閥・三菱>

 4月10日付の防衛省新聞は、1面トップに「防衛装備移転3原則を閣議決定」と大々的に報じた。そもそも武器輸出3原則による武器禁輸政策は、憲法の平和主義にのっとったもので、三木内閣が打ち出したものである。近隣国の日本軍拡批判に配慮したものだった。そのまともな平和路線を、安倍内閣は大転換したことになる。
 日本最大の武器弾薬メーカーの三菱財閥は「平和貢献・国際協調主義に基づくもの」とうそぶくコメントを出した。さらに「防衛装備の海外移転に道を開くもの、日本の国際的プレゼンスの向上、防衛生産・技術基盤の強化につながる」と狂喜するコメントも付け加えていた。「当社として可能な貢献に努める」と豪語する見解まで披歴している。
 財閥の窓口である経団連会長の米倉弘昌は「大いに歓迎する」との談話を発表した。武器弾薬メーカーの広報官ともいえる帝京大学の御用学者も「日本の新たな国際貢献」とうそぶいた。

<原発と武器の輸出大国でいいのか>

 防衛大臣の小野寺も「武器輸出による日本の平和貢献」と力説した。怪しい人間ほど平和という言葉を好む。後ろめたいのだ。要するに、中国包囲網に武器輸出で「貢献する」と言っているのである。
 中国で車や家電を売りさばいて利益を上げてきた財閥は、東京では中国をワル者に仕立てて、武器輸出・原発輸出・改憲軍拡の日本へと改造するという国家主義・財閥の野蛮な戦略を強行しているのである。
 日本理解には財閥研究が不可欠だが、悲しいことに隣国では全く認識されていない。無知・無能が事態を悪化する元凶である。己を知ることが大事だが、同時に相手をよく知ることも重要なのである。

<戦争の出来る日本改造の鍵を握る公明党創価学会>

 いま日本国民とアジア諸国民は、最大の岐路に立たされている。この鍵を連立政権が握っている。ズバリ言うと、公明党・創価学会である。筆者が太田国交相を批判するゆえんである。山口公明の覚醒を求める理由でもある。
 財政を破綻させた自民党政権は、もはや過去の記憶に残るだけである。創価学会の支援のない自民党は弱体政党にすぎない。そのことを創価学会は認識していない。ゆえにズルズルと安倍・国家主義に追従して、戦争の出来る日本改造の事実上の主役を演じている。
 このことは、彼らの戦後の宗教活動の全てを全面否定することなのである。それでもいいのか、と問いかける筆者である。公明党が安倍・国家主義を支えている、ここに問題の本質が潜んでいる。

<財閥の意のままの安倍内閣>

 ともあれ、安倍・国家主義は財閥の意向を100%反映する政権なのである。財閥は倫理ゼロ、ひたすら暴利を求める。そのためには何でもする。不条理をいとわない悪魔の勢力と決めつけたいほどである。
 悪魔に操作されている新聞テレビである。学問の世界にも彼らの意思は届いている。
 このことに無関心を装ってきた外国の研究者も、お粗末すぎまいか。

2014年4月12日6時25分記


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月12日 10:21:39 : 2LoTfLYvLI
本澤二郎って、ほんま中国が喜びそうなことばかり言ってるね、
武器輸出なんてどこの国もやってるじゃん、自分で手足を縛って、喜ぶのは
外国だ。
 ったく、つける薬がないとはこのことだ。裏切り者・売国奴だ。

戦勝国に都合の良い「憲法の平和理念」なるものを押し付けられて、そのまま
伏し拝んでる馬鹿日本人ってとこだな。


02. 2014年4月12日 11:55:04 : dzSvvl4VUI
01>売国奴はおまえだ。軍拡がソ連を崩壊させた。借金大国の日本に軍拡するだけのカネはない。

それよりお前はいつになったら自衛隊に入隊するのだ。北京特攻を命令する。

二度と帰るな。

[32削除理由]:アラシ

03. 2014年4月12日 12:30:32 : 7CacKTUh7k
安部晋三「私はジスカールデスタン一族の操り人形だった」
麻生太郎「私はジスカールデスタン一族の操り人形だった」
石原慎太郎「私はジスカールデスタン一族の操り人形だった」
習近平「私はジスカールデスタン一族の操り人形だった」
朴クネ「私はジスカールデスタン一族の操り人形だった」
金正恩「私はジスカールデスタン一族の操り人形だった」
ボカサ「真似してんじゃねえわ!それ俺の回顧録だよ!!」
ベルギー原発村=二百家族はフクイチ後の脱原発の流れでかなり損してきてるんじゃないの?
そうなるとそれを取り戻すには戦争でもしないとウラン需要が作れないような気がする。


[32削除理由]:アラシ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧