★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 387.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
本澤二郎の「日本の風景」(1602) <集団的自衛権を痴漢行為に譬える日本テレビの見識>
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/387.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 4 月 19 日 10:04:27: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52067924.html
2014年04月19日 「ジャーナリスト同盟」通信

<集団的自衛権を痴漢行為に譬える日本テレビの見識>

 アホみたいなことを書かねばならない。日本テレビは民放を代表するテレビ局である。国民に奉仕するための電波を利用させてもらっているはずなのだが、時には途方もない政府宣伝に走る。「読売ナベツネの息がかかっている」といわれているが、それにしても戦争の出来る日本改造の象徴である集団的自衛権の行使を正当化させる宣伝に、何と痴漢行為でもって説明していた。

<痴漢に襲われたアメリカ人女性>

 マンガの世界を想像しないと、日本テレビの政府広報はとても理解できない。これは数日前に本当にあったことなのだ。夕刻のニュース番組で、だった。
 日本テレビ記者と思われる人物が、必死で集団的自衛権のことを説明したのだが、その際に「痴漢行為のようなものだ」といって、その場面を想定させて説明を始めた。偶然に見てしまった。こんな幼稚な記者を養成してきた日本テレビは、電波法に違反しているのではないのか、と思ったほどである。

 考える必要など無いだろう。世界最強の軍事大国・アメリカを美しい女性に譬え、そんなアメリカ人女性を妖艶だと思い込んで、痴漢が襲いかかるというのだ。どう憶測をたくましくしても、健康な人間の想像力を超えている。だが、ひょっとして狂った政権が存在、それを支える平和政党という現在を考えると、日本テレビ編集者の頭脳のすばらしさを象徴しているのかもしれない?

 獰猛な野獣に襲いかかる?一般にはありえない。いや狂気・カルト人間はいるはずだから、という想定なのであろう。

<恋人を助ける正義の日本人男性>

 恋人役は無論日本人男性である。しかも、ナベツネ好みの正義の男性である。
 獰猛な野獣に痴漢行為するという空想の世界で、日本人男性が助けに行く、という感動場面を紹介する日本テレビ記者である。
 これには本当に腰を抜かしてしまった。

 もっともゼロではない?朝鮮半島を抑え、中国大陸へと侵略戦争を強行、その挙句の果てに真珠湾攻撃、最後は「神風特攻隊」で若者の血を奪った先祖をいただく日本である。彼らを靖国神社で祀る狂気の日本である。靖国参拝するために2度目の首相になった安倍が、今いるではないか。
 そんな安倍のための宣伝ゆえの、日本テレビの狂った智恵なのだろう。

 集団的自衛権の行使は、これから日本はアメリカの用心棒になって、再び日本人の若者の血を流したい、というものだ。そのために「平和貢献」「アメリカを守る正義の日本」というのであろうが、茶の間のおじさんとおばさんはどう思ったのだろうか。

<憲法で政府に戦争を禁じている日本>

 近代国家は憲法によって政府の行動を監視・抑制する立憲主義の立場を取っている。いかなる政府が誕生しようが、憲法は戦争をしてはならない、と禁じている。
 これは立派な憲法である。世界に冠たる憲法である。極右・軍国主義者・国家主義者といえども、戦争は出来ない。この縛りを誰も突破することは出来ないのである。
 しかも、アメリカが自衛隊に助けを求める事態などゼロである。アメリカがイラクやアフガンで戦争を起こした場面で、自衛隊を使いたいということは想像ができる。実際にあった。この場合は、日本テレビ流にいうと、アメリカが痴漢行為の犯人である。日本はアメリカ人男性の痴漢行為の共犯者になってしまったのだ。

 永田町に40年ほどになるが、安倍が利口者という自民党内の評価を聞いたことが無い。その反対である。安倍にまとわりつく人間もそうである。暴利を手にしたい野心家・財閥の面々ばかりだ。しかし、そうであっても憲法は、安倍の戦争体制構築を禁じている。
 北岡という極右学者を動員しても、憲法の壁を登ることは出来ない。司法界も声を上げるしかないだろう。

<日本記者クラブを抜けた友人>

 余談だが、日本テレビの有能な記者は、しばらく日本記者クラブに所属していたが、気が付いたら辞めていた。ナベツネ支配に怒ってのことだろう。
 彼はリクルート事件で特ダネ映像を手にした。野党の爆弾男に現金を持ち込んできて、国会質問を止めようとした劇的な映像である。こんな映像はNHKでは想像も出来ない。
 ところが、ナベツネが襲いかかってきて、特ダネの全てが放映されることはなかった。彼はこの重大な場面を、大分経ってから筆者に打ち明けてくれた。その後に大学の論文集にも書いている。
もしも、特ダネが全て放映されていれば、歴史が動いていたはずである。残念でならない。其れと比較すると、集団的自衛権を痴漢行為に譬えて、安倍支援に躍起の今の日本テレビは、国民を裏切っていることになる。

2014年4月19日8時10分記

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月20日 11:39:20 : wJZnV3B0jk
昔の新聞記者は正義感もあって気骨な人も多かったと思う。しかし今は日本記者クラブと言う日本独自の悪い官僚的な組織をそのままにしているせいか、それを悪用する官僚や官邸が腐敗の元となって記者のレベルを最低にしている。マスコミ改革が急務です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧