★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 564.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
猪瀬直樹氏の16倍の金受け取った渡辺喜美氏 検察のシナリオ(週刊ポスト)
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/564.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 24 日 16:08:04: igsppGRN/E9PQ
 

猪瀬直樹氏の16倍の金受け取った渡辺喜美氏 検察のシナリオ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140424-00000018-pseven-soci
週刊ポスト 2014年5月2日号


 みんなの党・前代表の渡辺喜美氏が化粧品大手「DHC」の吉田嘉明会長から受け取っていた「8億円問題」。検察関係者がいう。
 
「渡辺氏は、猪瀬直樹前都知事と同じように、個人的な借入金で“逃げ切り”を図ろうとしている。だが、渡辺氏は猪瀬氏の16倍もの大金を受け取った。猪瀬氏と同様の決着では、世論が許さない。国会閉幕後の6月、本格的に捜査に着手する予定だ。猪瀬氏とは違ったシナリオで捜査し、渡辺氏を追い詰めるつもりだ」
 
 検察が渡辺氏追及の切り札と考えているのが、「政党交付金」である。政党助成法によると、税金でまかなわれる政党交付金は純粋に政治目的に使用されねばならず、借金の返済に当てることは禁じられている。
 
 だが、渡辺氏の借金返済のタイミングに、疑念が生じているのだという。
 
「渡辺氏が最初に借りた3億円の返済を始めたのが、みんなの党本部に政党交付金2億5000万円弱が振り込まれた9日後。その後も政党交付金が振り込まれるたびに、渡辺氏は数千万円を返済している。渡辺氏は個人的な借入金の返済に、党の交付金を使ったのではないか。しかも、それは交付金の使途報告書に記載がない」(同前)
 
 返済原資が政党交付金であれば政党助成法違反。公選法違反より重い刑だ。
 
「もし交付金に切り込めれば、他にも党代表の立場で交付金を好き勝手に使ってきた議員を追及できる。渡辺氏の件はその試金石になる」(同前)
 
 特捜部の面目躍如なるか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月24日 19:31:16 : dThatLohfc
みんな 渡辺氏借り入れ「違法性なし」
4月24日 18時13分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140424/k10014004351000.html

みんなの党は、渡辺前代表が化粧品会社の会長から借り入れていた資金に関する党の調査結果をまとめ、渡辺氏みずからの選挙に使われた事実はなく、個人として借り入れ利息も支払っているとして、公職選挙法や政治資金規正法に違反する事実はなかったとしています。

みんなの党は、渡辺前代表が化粧品会社の会長から合わせて8億円を借り入れていた問題を受けて、違法性があるかどうかなどを巡って外部の弁護士などを交えて調査を行い、結果をまとめました。
それによりますと、借り入れた資金は渡辺氏みずからの選挙に使われてはおらず、公職選挙法に違反する事実はなかったほか、個人として借り入れ利息も支払っていることなどから寄付とは認められず、政治資金規正法違反も存在しなかったとしています。

一方で、渡辺氏は、借り入れた8億円のうち、5億円を妻の口座に移して保管し、高額な支出や運用の事実は見られなかったことが妻の口座の通帳から確認できたとして、これまでの渡辺氏の説明に即した裏付けが得られたとしています。

さらに今月になって妻の口座に残っていた4億6500万円を化粧品会社の会長への返済に充てており、それ以外は飲食や会合などの費用に使われていたとして、渡辺氏は「党首や党首夫人として党勢拡大や情報収集に使った」と説明しているとしています。

浅尾代表「違反ないこと証明できた」

みんなの党の浅尾代表は、記者会見で、「私も含め、みんなの党では、三谷倫理委員長以外、報告書の作成にタッチしておらず、非常に客観的なものだ。報告書によって、公職選挙法違反や政治資金規正法違反に当たることがないことが十分証明できたと思う」と述べました。

渡辺前代表のこれまでの説明

みんなの党の調査で「法律に違反する事実はない」とされた渡辺前代表の資金の問題、渡辺氏は当初からあくまで個人としての借り入れだと説明していました。

先月27日の記者会見では「純粋に個人を応援してくださるという趣旨のお金であると理解しました。当然のことながら、これは違法性の認識などは全く持っておりません」と話しました。

使いみちについては「時期が選挙の直前だからといって、選挙資金としてお借りしたわけではありません。個人として政治家として生きていくもろもろの費用として使わせてもらった」と説明していました。

ただ、具体的な使途については酉(とり)の市で熊手を購入したということ以外は明らかにしませんでした。

その後、化粧品会社の会長が、おととしの衆議院選挙の前、渡辺氏からメールで「公認候補は60人くらいになりそうです。あと5億ほど必要になります」などと融資の依頼があったことを明らかにすると、渡辺氏は文書で反論します。

その中で渡辺氏は、メールの内容は確認できないとしたうえで、資金については党に貸し、党の収支報告書に記載していると説明し直しました。
さらには、みんなの党から分裂した結いの党の関与を示唆し「江田憲司氏の仕掛けた権力抗争です」と批判しました。

しかし、辞任を表明した今月7日の記者会見では権力抗争と思っているのかと問われると、「いちいちコメントしない」と述べ、資金の使いみちについても「党の選挙関係費用や政策策定の費用、また党勢拡大に資するために私が情報収集ならびに意見交換などのための費用として支出してきた」と話しました。

また当初、手元には残っていないとしていた資金についても、「使ったのは5000万円ほどで残りは政界再編などに備えて妻の口座に移して管理していた」と説明を改め、「5億円はそっくりそのままではありませんが、それに近い額が端的にいうと妻の口座にあった」と述べていました。

専門家「国民の納得得られない」

政治資金に詳しい日本大学の岩井奉信教授は、借り入れ金の多くが渡辺氏の妻の口座に移され一部が使われていたことについて、「奥さまに譲渡したと見なされかねず、場合によっては税務上の問題が生じかねない。資金を調達した目的や使いみちがはっきりせず説明責任を果たしたとは言えない」と指摘します。

そのうえで「政治資金規正法の理念は資金の出どころをはっきりさせることにあり、今回の問題は政治とお金の流れについて公明正大にするという法律の趣旨に反しており、真面目な政治家からすると納得がいかない。当然、国民の納得も得られないだろう」と話しています。


02. 2014年4月24日 22:24:32 : ETYUvyAfbT
検察特捜部に面目などあるのか。

こんな腐った組織にはガス抜き以上のことは出来ない。


03. 2014年4月24日 23:57:30 : FfzzRIbxkp
政党助成金ロンダリングの 舛添 と

税金で選挙買収の 石破も もれなくセットで トリガーする 政治とカネ 

じゃぶじゃぶ


04. 2014年4月25日 15:59:20 : BIgfJMRMNE
こいつは他の5者からも借りてるじゃん。
何のカネだよ。

これも熊手か?


05. 2014年4月25日 17:43:00 : 02eNveNVRY
アジェンダ→オジャンだ
責任野党ですから逮捕は免れるでしょう
でもキヨミはオジャンだ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧