★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 646.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
(事実上の基本合意)TPP譲らされた日本 尖閣安保人質に日本守勢 東京新聞
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/646.html
投稿者 長間敏 日時 2014 年 4 月 26 日 09:57:03: 2ZipGG.4HfBgM
 

2014年4月26日 07時19分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014042690071953.html

 日米両政府は二十五日、首脳会談を受けた日米共同声明を発表した。環太平洋連携協定(TPP)で「前進する道筋を特定した」と宣言し、両国が他の交渉参加国に早期妥結を呼び掛けることも確認していて、事実上の基本合意といえる。米側の要求で盛り込まれ、安全保障分野で日本側の希望が通ったことと引き換えになった。(金杉貴雄)

 二十四日の首脳会談に向けた日米首脳の交渉は、オバマ米大統領の書面インタビューが二十三日付の読売新聞に掲載されたところから事実上始まっていた。

 日本側は事前交渉で、オバマ氏が集団的自衛権の行使容認を支持し、沖縄県・尖閣諸島を日米安全保障条約の適用範囲だと明言することを要請。この二点で、米国は日本側に知らせる前にオバマ氏のインタビューで満額回答をしたのだ。

 だが、米国の日本に対する配慮の姿勢は、TPP交渉で農産品の大幅な関税引き下げなどを狙い、攻め立てる地ならしだった。

 オバマ氏は二十三日に来日すると、安倍晋三首相がすし店で催した夕食会で即座にTPPを持ち出した。時折、思い出したように「すしはおいしい」と言う以外はTPP一辺倒で「あなたは内閣支持率が60%あり、40%の私より高いのだから妥協してほしい」と首相に譲歩を迫った。牛肉や豚肉の細かい関税率は全て頭に入っていた。

 首脳会談では、両首脳の机上に事務協議で詰めた共同声明案が置かれていた。集団的自衛権と尖閣は日本の希望通りの表現が書かれ、TPPへの言及は「一定の前進があった」などわずかだった。

 首相には満足な内容だったが、最後に共同声明の発表について「まだ話し合いが続いている。結果を反映させますか?」と持ちかけると、オバマ氏は即座に「今出さなくてもいいというなら交渉させよう」と交渉継続を“通告”。そして「成果を出せなければ、ワシントンで訪日は失敗と言われる。このままでは共同声明は出せない」とも口にした。

 長時間協議をしたばかりの甘利明TPP担当相、フロマン米通商代表部(USTR)代表の再協議と声明発表の見送りが決まった。オバマ氏は「二人が眠そうだから、コーヒーを飲ませて、ぎりぎりまでやらせよう」と笑えない冗談を飛ばした。周囲は凍り付いたが、会談後に協議会場に現れたフロマン氏は本当にコーヒーを持っていた。

 日本側には「共同声明の発表がなくなる」との危機感も広がった。TPPは安全保障と異質の政策だが、日本は押し込まれ「道筋を特定」「大胆な措置をとる」など新たな文章が加えられていった。

 声明の発表は、オバマ氏が羽田空港をたつ二十分前。TPPへの言及は和訳文で八行に膨らんでいた。「合意」「決着」の文字はない。しかし、首相周辺は「日米は事実上の基本合意だ」と認めた。「基本合意」とは、米国側に追随していくしか選択肢がなくなったという意味でもある。
(東京新聞)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月26日 10:21:53 : nJF6kGWndY

TPPで多少農業に関して妥協しても、ほとんど問題ない

と言うか、消費者は選択肢が増え、国内畜産や農業が減れば自然環境にとってはプラス面が大きいな


02. 2014年4月26日 11:58:41 : xJzUg0haYo
つまりだ
最初からアメリカによって仕組まれていた
オバマの来日日程を一泊にするか二泊にするかと言うところから仕組まれていた
日本側からアメリカにお願いごとをする度に
アメリカは日本にTPPでの譲歩を迫った
穿った見方をすれば
アベが靖国参拝した時から
日本を追いつめるこのシナリオが練られていたのかも

03. 佐助 2014年4月26日 16:22:22 : YZ1JBFFO77mpI : wpmCg8U5S6
世界信用収縮恐慌の渦中に関税ゼロにすると金融恐慌の打撃から脱出できなくなる。だが、「関税強化は世界的金融バブルの打撃を軽減するが経済現象の停滞は免れない」世界信用収縮恐慌から早期脱出する手段は,産業革命である。キン本位制は為替の変動を沈静化させるが,経済は回復しない。従って円安・株価回復や輸出でも経済は回復しません。このような時に集団的自衛権や経済特区では世界信用収縮恐慌は歯止めより,金融恐慌の打撃が急加速します。

姿を現したドル一極からユーロ・円三極への移行が根因で,あらゆる経済指数(生産・販売・雇用(高齢化,人手不足,過疎化)・投資(株価)・貿易・公共事業)など,すべてが3分の1に縮小する世界信用収縮恐慌の渦中を認識できない政治家とマスコミ。

2006年の包括関税引下げ交渉は行き詰まり、二国間の交渉に中心が移った。そしてTPPでも二国間の交渉から,関税引下げ交渉は,これは第一次世界信用大恐慌前後と同じ状況に突入していることを意味する。かくして、ドルと株の暴落で、第二次世界金融大恐慌の妖怪の姿は、誰の目にも見えてくる。

消費者の購買力を縮小させたまま、売上を越えた借金を、不動産価値で支えていた有名企業は、政府のてこ入れにもかかわらず、2015〜17年に消滅する。そして、生き残った企業も、既存店の売上や国内販売の売上高の低下を解消できないまま、経済指数三分の一以下という長期不況に突入しなければならない。

株価は、2007年以降のバブルの底から、米国は4倍に上昇し、日本は倍となり、四分の一になっていた平均株価は二分の一戻した。 2014年、米国株式の暴落が遅延されれば、最後の大ジャンプを2015年以降に発生し世界は,信用収縮恐慌から抜け出せなくなる。

しかも世界で唯一、民間銀行が紙幣を発行している香港が、ドルと固くリンクしているため、ドルが暴落により、2011年12月から一気にバブルが弾けている。

日本と中国は、溜め込んだドルで、一杯買込んでいる米国国債を解約し、キンを買う度胸はないと断言できる。世界のエコノミストの中に、紙幣とキンを交換する第一次金本位制を復活させるべきだと主張する人はゼロである。再び、国と国の貿易赤字の決済にキンを使うべきだと主張している人もゼロである。そしてキンを大量に保有する国の通貨が世界通貨であることは、それ自身矛盾し、信用の膨張が避けられない。

世界信用収縮恐慌から早期脱出する手段は戦争であるという妄想をもつ人はビックリするほど多い。なにしろ日本は、朝鮮戦争特需やベトナム戦争特需を体験しているため、戦争による景気回復を待望する妄想は、鍵もかけないで放置されたままである。そのために平和憲法を変えて核武装し、世界の憲兵の仲間入りをしたいという流れが、いまや多数派となりつつあることは非常に残念だ。

ナチスドイツと軍国日本が、第一次世界金融恐慌から早く脱出できた決定的で、普遍的な要因は、世界の金融システムから隔離された「経済鎖国」のセイである。「経済鎖国」とは何か? それは、貿易と外国からの投資を制限することだ。しかし「経済鎖国は、世界的金融バブルの打撃を軽減する。だが、経済現象の停滞は免れない」ということになる。

ベストは増税やTPPよりも国民のキンの輸出入と売買を禁止し、日銀のみの買上げ実施。世界の保有キンは、ドルとユーロと円に、ほぼ三分割され、世界通貨は三極支配体制になります。そして産業革命を10年前倒しするとドル暴落も世界信用収縮恐慌は収束します。産業革命の本命の燃料電池を加速させると太陽電子電池が加速するので人類は素晴らしい世の中を満喫できる。


04. 2014年4月26日 17:04:29 : KJSEn7PoKM
 TPP交渉の問題点は「農業問題」だけではない。
日本の基盤がドンデン返しとなるのだ。
 かって、何処かのアホ首相が「日本の3度目の開国」と、さも、新しく素晴らしいことが始まるがごとくほざいたが、その全てにアメリカが介在していた。
日本は常に「アメリカにムリヤリ口を捩じ開けられ、毒薬を飲まされて来た」のだ。
それを「開国」と言うなら、「鎖国」の方がまし。
TPPは「地獄への扉」となるから。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧