★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 679.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
第七十七回 もはや、戦後ではない、かも? 魚住 昭(週刊現代)
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/679.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 27 日 09:03:27: igsppGRN/E9PQ
 

第七十七回 もはや、戦後ではない、かも?
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38966
2014年04月27日(日) 魚住 昭 週刊現代


おととい、娘(7歳)のクラスメートのIちゃんが家に遊びにきた。私はいなかったが、妻の話では、庭でしばらく遊んだ後、近くの小さな公園に行ったそうだ。

その公園には満開の桜の木が2本あって、薄桃色の花びらがひらひら宙に舞っていた。
Iちゃんと娘はそれを手でキャッチしようと夢中で追い駆けた。でも、なかなかつかめない。

ふたりは一計を案じ、自転車で桜の下をぐるぐる走った。車輪を回せば風が巻き起こって花びらがもっと散ると考えたからである。

でも、風は吹かない。それがわかったので、今度は着ているパーカーを脱ぎ、頭上の桜の枝に向けてパタパタ扇いだ。が、風はそよともしない。とうとうふたりは大声でワーッと叫びだした。どうやら声が風になって桜の枝を揺らしてくれると考えたらしい。

「もう、大騒ぎ。子供って次から次へといろんなことを思いつくのよね。ああ、楽しかった」

夕方、帰宅するなり、妻は晴れやかな笑顔で言った。その顔を見て私も幸せな気分になった。心配事はたくさんあるが、とりあえずいま、わが家は平和である。

と思いつつ夕刊を開くと「武器輸出新三原則を閣議決定」という見出しが目に入った。政府が原則禁止していた武器輸出を事実上解禁するという。

東京新聞は「日本の武器を世界に売り込む考えだが、憲法九条の『戦争の放棄』の理念は崩れ、戦後積み上げてきた平和主義の信頼感に基づく外交力を失うことになりかねない」と批判していた。

そう。平和主義の崩壊と言っていい。でも、輸出解禁の狙いは単に国産武器を外国に売りつけることだけだろうか。引っかかりを感じたので元航空幕僚長の田母神俊雄さんの本を取り出した。

安倍首相の真意を知るにはタモちゃん本を読むのが一番だ。ふたりの考え方は、歴史認識から核武装に至るまで双子のように似ている。しかも田母神さんは首相の本音を明け透けに語ってくれる。

まず昨夏発売の『安倍晋三論』(ワニブックス刊)である。田母神さんによれば、自衛隊は防御に偏り、攻撃力が極端に低い。なぜなら自衛隊は専守防衛で、日本が攻撃されたら米国に反撃してもらうことになっているからだ。

米国に守ってもらっていれば、最終的には米国の言いなりになり「国策の自由が奪われた」国に住み続けなければならない。

その米国の狙いは日本の弱体化だ。20年前、日本の国民1人当たり名目GDPは米国を抜いて世界一になろうとしていたのに、今ではずいぶん落ちこんでいる。

これは米国の圧力に屈して「改革」「自由化」を進めた結果、終身雇用や年功序列の「日本式経営システム」が機能しなくなったからだ(この辺りはあくまで経済の専門家ではない田母神さんの自説である。念のため)。

この状態から抜け出すには軍事的に自立するしかない。では、そのために何をしなければならぬのか。そう問いかけたうえで、彼はちょっと意外な結論を導き出す。

「憲法改正? いや、違う。憲法改正ができればそれに越したことはないが、今すぐにでもできることがある。それは『武器輸出解禁』である」

なぜかというと日本では、武器は自衛隊にしか売れない。逆に言うと、企業は自衛隊の発注なしに作れない。だから企業は武器開発に先行投資しない。将来自衛隊が買ってくれる保証がないからだ。

だが、と彼は言う。もし外国に武器が売れるなら先行投資ができ、もっと高性能の武器を大量生産できるようになる。「お下がり」のような米国製戦闘機を言い値で買わされることもなくなり、国産に換えられる。

軍艦、ミサイルなども国産化すれば大きな公共事業になり、数多の企業を潤す。戦闘機の開発生産だけで6000社以上の会社の参画が見込まれ、早ければ10年後に自衛隊はほとんど国産装備の軍≠ノ生まれ変われるという。

彼は『日本核武装計画』(祥伝社刊)にもこう書いている。
何しろ戦闘機や護衛艦など主力兵器は単価がバカ高い。それを作ったら売れるぞとなったら、三菱重工や川崎重工、富士重工だけでなく、東芝やNECなどの電機・IT機器メーカー、機体や船体の素材や部品の製造技術を持つメーカーも色めき立つ。

「各社は競って先行投資をし、同時に営業マンを海外出張させるだろう。もともと70年前にゼロファイター(零戦)で世界を驚嘆させた日本の技術力である。(中略)世界が驚くような凄いものを短期間でつくってみせるはずだ」

つまり、武器輸出解禁で自衛隊の装備は米国製から純国産化の方向に転換し、従来よりはるかに巨大で裾野が広い軍需産業が日本に出現するというのである。

田母神さんによれば、もうひとつ、武器輸出には大きな利点がある。輸出相手国への影響力の拡大だ。ある国が武器を買えば、部品の供給や技術支援に武器生産国の協力が必要になる。だから武器生産国は相手国の軍事能力・国策に影響力を行使できるようになる。

現状だと日本は絶対に米国と喧嘩できない。米国の技術支援がないと戦闘機を飛ばせないからである。武器を売った米国は日本から万が一にも攻撃されず、しかも日本に対し絶対的優位に立てる。

「このように国産の武器を海外に売ることは自主防衛への道であると同時に、国は安全になり、外交交渉でも有利になり、おまけに儲かる。いいこと尽くめ」なのだと田母神さんは説いている。

安倍政権の狙いもたぶん同じだろう。武器輸出で日本は再び軍事国家になり、将来的には米国の手を借りずとも国際的な「富と資源の分捕り合戦=v(『安倍晋三論』)に自力で参加できるようになる。集団的自衛権の行使という免罪符さえあれば、いつでもどこでも戦争ができる国になる。

何とも勇ましくおぞましい話である。彼らの眼中には先の戦争で死んだ人々の無念と、残された家族の悲しみはまったくないらしい。あるのは、他国に舐められてたまるかといった夜郎自大な国家意識だ。この分だと核開発に踏み切る時期もそう遠くないだろう。

田母神さんや安倍首相の言動を見るにつけ、私はハーメルンの笛吹き男の伝承を思い浮かべる。13世紀ドイツの街ハーメルンに現れた男が子供らを笛の音で誘い、何処かへと連れ去った事件である。

一説には、130人の子が男について洞窟に入り、戻らなかったという話の起源は、子供らが戦争に駆り出された辛い記憶だという。

同じような未来が子供たちを待っているのかもしれない。もう戦後ではなく戦前だ。これから動乱の時代が始まると思う。私が子供にしてやれるのは、いまの平和を存分に楽しませてやることぐらいしかないのだろうか。わが身の非力さに歯噛みする思いだ。

『週刊現代』2014年4月26日号より


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月27日 09:21:17 : cpTvE0a5H6
>田母神さんによれば、もうひとつ、武器輸出には大きな利点がある。輸出相手国への影響力の拡大だ。ある国が武器を買えば、部品の供給や技術支援に武器生産国の協力が必要になる。だから武器生産国は相手国の軍事能力・国策に影響力を行使できるようになる。
現状だと日本は絶対に米国と喧嘩できない。米国の技術支援がないと戦闘機を飛ばせないからである。武器を売った米国は日本から万が一にも攻撃されず、しかも日本に対し絶対的優位に立てる。


これがまず嘘だね
もう兵器は一国では造れない時代

まあ、戦車とかなら造れるだろうが、本当に日本企業だけでドイツやアメリカに勝てるか?
絶対に勝てない
勝てる仕組みがない。それを一から作るなんて不可能

今の動きも、アメリカの要請
下請けになるだけだよ

====================
田母神と統一協会の関係を見ても、石原と一緒
利用されてるんじゃない。完全に犬


02. 2014年4月27日 09:31:38 : Kdaz8FeI4U

 戦後ではなく、戦争の始まりにならないことを願います!

03. 2014年4月27日 09:36:38 : 0v68crCmMg
西洋の絵を掲げたりして・・・ 馬鹿じゃねぇの

04. 2014年4月27日 10:39:12 : tK37LXb8vk
>>03
いい絵じゃねぇかよ
日本よ悪しかれと祈るネトウヨも大喜びだわwww

05. 2014年4月27日 10:56:58 : eKZpomYzT2
>>03

ハーメルンは日本じゃないからな。

「日本の法螺吹き男」の絵なら
「スシ、クイネェ〜♪」でお馴染み
テレビ画面によく出るからよく見てみ。



06. 2014年4月27日 18:51:40 : EPFNWcPVGI
沖縄はずっと戦後だ
腰抜けの政治家のせいでな!

07. 2014年4月27日 20:40:25 : se3uTzhrn6
フランスのGDPは日本の半分くらい、北欧は三割以下だ、って何かで読んだような気がする。

08. 2014年4月27日 23:44:18 : JGZJgrkRH
義気輸出はアメリカの儲け産業の筆頭。フランスもけっこう設けている。
日本も続きたいという気持ちなのだろう。そのために武器という言葉を使わず防衛装備と言い返る。

しかしそれで今いくらかはある日本及び日本人に対する信頼もがくっと落ちることになる。


09. 2014年4月28日 20:29:59 : dQmKIWJ75Y
「いま子供にしてやれるのは」と書かれているが今の時代の支配的なものの言い方

では「いま子供にしてあげれるのは」となる。こいう「やさしい時代」に今の子供

は育っている。(一部の児童虐待を除く)

政治の世界だけが現代文化からかけ離れた時代錯誤の変人がのさばっている。

田母神というのはこういう時代錯誤の化け物の典型なのだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧