★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 791.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“特区”とは、つまるところ強欲資本家たちが画策したファストトラックではないのか?(神州の泉)
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/791.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2014 年 4 月 30 日 15:37:38: AtMSjtXKW4rJY
 

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2014/04/post-0a76.html
2014年4月30日


今の20代、30代のお父さん、お母さんが小学生のお子さんに「特区ってなあに?」と聞かれたときは何と答えるのだろうか。若いお父さん、お母さんも一瞬戸惑って、「ちょっと待ってね」と言いながらスマホなどで「特区」を検索する。

すると、特区の説明には『実態に合わなくなった国の規制が、民間事業者の経済活動や地方公共団体の事業を妨げています。』などと書いていあった。そこで、たとえばお母さんは自分でもしめしめと思いながら、お子さんに分かるように説明するかもしれない。

お母さん:「あのね、日本には古いルールがたくさんあって、お父さんたちが働いている会社などはこのルールが強すぎて、仕事やほかの会社とのお付き合いがやりにくくなってるんだよ。だから、やりやすくするためにね、ルールを変えるんだよ。そのために“特区”をつくってなるべくはやくやろうとしているんだよ。」

それでもこのとき、頭のよいお子さんが次のように突っ込んで来たら、若いお母さんはどう答えるのだろうか。

あたまのよいお子さん:「お母さん、それなら今特区を作らないで、最初から日本全部を特区でやればよかったんじゃないの?」

そこでお母さんは深く考えずに「それが一番よかったんだけどね。多くのおとなたちは、今のようなものがよかったんだろうね。」というかもしれない。だが、“あたまのよい”お子さんはそれでは納得しないだろう。

この話には前提としてこういう暗黙の了解がある。それは規制でがんじがらめの既存体制には、規制利権に群がる官僚や族議員、ステークホルダーたちが頑強に巣食っていて、企業や人々の自由を極度に束縛し、全体として息苦しくなっている。だから人々の首を絞めている規制を思いっきりゆるめるか、とっぱずしてしまおうという文脈に直行する。

厄介なことは、この話もじつはかなりの部分で真実であるということだ。だが、あたまのよいお子さんはもっと根本的な疑問をお母さんに問いかけている。つまり最初から世の中全体をルール(規制)のない状態で出発したらどうなのか、なぜルールがあるのかと問いかけているのだ。

つまり、あたまのよいお子さんは「そもそも規制は何で出ていたの?」と、規制の目的を存在論的に問いかけているわけだ。この問いかけに対して、規制が人や企業を苦しめているとか、もっと縛りを緩めるなどという説明は全く見当外れなのである。お母さんは歴史的に規制がなぜ必要だったのかをきちんと説明しなければならない。

つまり、規制(ルール)のない社会は、その始まりからして腕力の強いものや財力の強いものが一人勝ちし、腕力のない者や財力のない者は底辺に追いやられ、搾取され酷使されて地獄の苦しみをなめてしまう。そのような弱肉強食社会は国民のためにルールを設けて防ぐ必要があったんだよという説明から入るべきだった。

強い者が当たり前のように独り勝ちして、他の人々を搾取(さくしゅ)したり睥睨(へいげい)したりする社会とは、日本国憲法第14条の『法の下の平等』におもいっきり反しているという説明から入って、規制の存在論的な目的をお子さんに説明する必要がある。お子さんがもっと大きくなったら“レッセフェール(自由放任主義)はヤバいのだ”という説明もできるわけだが。

お子さんに説明する場合、規制は必要だが時代遅れのところや行き過ぎた足かせの部分もあるので、それを直していくんだよというのならまだましである。だが、規制の発生的な要因を全く説明しないで、規制がよからぬものだ、足かせ手かせだという規制悪玉論から入ってしまうと、ことの本質を見誤ってしまうことになる。

じつは今の日本人が、安倍政権が唱道する規制緩和によって企業活動を賦活化させ、企業利益を上げてやれば、それはとりもなおさず国民にもよい形で跳ね返ってくると言われて、なるほどなと思っているのであれば、実際そう思っているのだが、大多数の国民は先の頭のよいお子さんが投げかけた素朴な疑問のレベルにさえ達していないという話になる。

安倍成長戦略には本質的に二つの巨大なごまかしがある。

その一つで最大のものは、規制の存在論的な必要性をわざとスルーして、企業優遇だけのための規制緩和を善とする発想だ。これは規制の本来の目的、国民の生存権や法の下の平等を担保する非常に大事な制度であるという視点が欠落しているのだ。

この本質と、規制が既得権益者たちに悪く利用されているのは別個の問題であるのだが、規制緩和推進論者たちは、規制そのものが健全な経済社会にとって悪であるという、じつにお粗末かつ乱暴な論法に持って行く。しかも国民はその乱暴なロジックにすっかり取り込まれているのだ。

もう1つは、規制を緩めて企業の活動を促進してやれば、利潤を得た企業はそのおこぼれを国民にも分け与えてやることができるのだという、いわゆるトリクルダウンセオリーである。この効果は歴史的に見て確認されたとは言えない。特に小泉政権以降は企業が利益を内部留保や投資、株主配当に回し、外にはほとんどこぼれていない。第一、人間さまが企業のおこぼれを預かるなどという考え方が馬鹿にしているではないか。

今回のテーマは、構造改革特区であれ、総合特区であれ、国家戦略特区であれ、日本における“特区(特別区域)”計画とは、せんじ詰めていうならば既存体制を迅速(じんそく)に破壊するための最短戦略として用いられているというのが、素直な感想である。

これは米国でよく使われるファストトラックの概念に近い。ファストトラックとは目的を迅速に達成するために審査等を優先的に実施したり、各種手続きを簡素化する制度。原義は優先、急行、出世、追い越し車線、といった意味があるそうだ。

イメージとしては、時間をかけて慎重にクリアーしなければならない諸手続きを追い越して、最短距離(ショートカット)で目的地に到達することである。妙な言い方だが、これは池波正太郎の「鬼平犯科帳」に出てくる、盗賊の“急ぎ働き(いそぎばたらき)”とそっくりだ。

ぐずぐずしていると気付かれてお上の御用になってしまうから、迅速に盗人(ぬすっと)の仕事をやってしまおうということである。小泉政権、菅政権、安倍政権がやっているそれぞれの「特区」も全く同じで、人々の目を欺いているうちに一気にやってしまおうという魂胆である。だから菅政権時の総合特区(アジアヘッドクォーター特区も含めて)は3・11のショックドクトリンを使っているのだ。

だからこそ、国家戦略特区も国民に目をつけられる前に「急ぎ働き」でやってしまおうということである。これは特区計画の本音がファストトラックであること示している。この観点から国民をペテンにかけている最中の権力筋は奈須りえさんの存在を非常に疎ましく思っているはずである。奈須さんは政府による詐欺構造を見抜いて人々に警告を発しているわけだから、権力の上にいる人たちは頭からめらめらと怒りの蒸気を立ち昇らせている。

つまり、神州の泉は先進国における特区計画自体が詐欺の構造で出発しているとみている。その理由は、行政改革を進めるうえで、狭い日本にわざわざ特区を設けなくても、国会で議論して現行の制度体系を変えて行くことこそが順当な流れだと思っているからだ。

そこで、さきほどのあたまのよいお子さんの素朴な疑念に戻るが、なぜ限定的なエリアを特別エリアとして囲い込み、そこだけを治外法権的な政治特区として規制緩和や税制改革のモデルにし、それが上手く行ったら、同じことを他地域にも拡大して全体を変えて行こうとするのだろうか。

一番腑に落ちないのは、現今のさまざまな規制や制度群は一朝一夕にできたものではなく、長い時間と試行錯誤を経てできているという事実があるのに、そこを無視してわざわ迅速にショートカット手法で一気に変えなければならない理由があるのかということだ。

ここから、安倍首相や竹中平蔵氏が、ことあるごとに“スピーディ(迅速)に”という言葉を濫発する理由が見えてくる。それは規制緩和詐欺という「急ぎ働き」を突貫工事でやるためなのだ。

規制ができあがるまでは、然るべき理由と試行錯誤、それ相応の時間を費やしている。それだけのエネルギーを費やしてできあがっているものには、それがなければならなかった強い理由があったということになる。その理由を充分に吟味せずに、たんに経済成長の阻害要因となるから、拙速に規制を緩和するというのは絶対に筋がとおらない。

規制緩和を見直す場合は、それができあがった時間に匹敵する時間をかけて慎重に行うべきだ。ここに“迅速緩和”という考えを入れたら、それは強盗か詐欺の発想以外にないのだ。

政権が打ち出している規制緩和には、非常に危険なロジックが潜んでいる。レッセフェール(自由放任主義)による弱肉強食社会の阿鼻叫喚を防ぐために規制が考えられ、それは国家機能の重要な属性となっている。この部分を完全に捨象し、企業絶対優遇の規制緩和論で進めている現行成長戦略は国民に対する、政府による戦争行為とみなすしかない。

これに対して奈須りえさんたち、ほんの一握りにもならない方々が最前線で戦っているというのが現状なのだ。だが、前にも述べたとおり、国民全体が先述のあたまのよいお子さんよりもはるかに知的認識レベルが低いために、最前線にいる国民防衛軍は不利な状況になっている。

何度でも言い続けるが、奈須りえさんの警告に1人でも多くの国民が耳を傾けないと、気付いたときには身動きができなくなる。そうなってしまえば、国民生活が逼迫(ひっぱく)するなどというレベルにはなく、富裕者層以外の99%の国民がホームレスに近い難民状態か、究極的な貧窮状態に移行する。

↓市民政策アナリストで国家戦略特区を追求されている前大田区議会議員 奈須りえさんのオフィシャル・ブログ
http://ameblo.jp/nasurie/

↓奈須りえさんの記事一覧
http://blogos.com/blogger/nasurie/article/
(国家戦略特区による「規制緩和」についても、市民の立場で専門的に発言されているが、市民有識者では類例がないのでは?)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月30日 16:51:32 : nJF6kGWndY
>なぜ限定的なエリアを特別エリアとして囲い込み、そこだけを治外法権的な政治特区として規制緩和や税制改革のモデルにし、それが上手く行ったら、同じことを他地域にも拡大して全体を変えて行こうとするのだろうか。

どうせ上手く行かないと言って、既得権者が反対して進まないからだろ

特区だけなら、失敗しても止めれば犠牲は少ないということだ

まあ、それでも労働関連の既得権を守るために、反対する勢力は官民で強いから

なかなか進まないわけだ


02. 2014年4月30日 16:51:46 : 2D6PkBxKqI
日本人が小澤・竹中・小泉・安倍の正体に気付いて怒り狂った時がマルクスの予言通りの共産国家ができる時さ

アホ日本人が小澤・竹中・小泉・安倍騙されるのが共産革命への最短距離だな


03. 2014年4月30日 16:59:45 : nJF6kGWndY
>規制(ルール)のない社会は、その始まりからして腕力の強いものや財力の強いものが一人勝ちし、腕力のない者や財力のない者は底辺に追いやられ、搾取され酷使されて地獄の苦しみをなめてしまう

既得権者は、大体、全ての既存の規制は善であるという前提で議論を進めるが

そうではなく、

規制は時代や状況に合わせて変えていかねばならないし

多くの場合、規制で競争から守られた既得権者の利益(消費者の損失)にしかなっていないという現実を、

頭のよいお子さんに説明してやった方が良いだろうなw


04. 2014年4月30日 18:17:07 : rPsrPIvK36
いろいろ湧いてきているようですがとりあえず韓国の特区の様子見たらいかがでしょう。うまく行っているようなら日本でもやればよい。ただ私は反対ですが。

05. 2014年4月30日 18:56:25 : D5gqEFhwoc
特区はうまくいかないという前例が、いくつもあるにもかかわらず。
既得権と攻撃して緩和したあげくうまくいった例がどれほどあるのだろう。
規制緩和論者はあらゆる既得権を悪として新たな既得権を作るに過ぎない
規制緩和に賛成するわけだ。

労働者の既得権は消費者の損失と言っている者もいるが、
労働者=消費者、既得権者=消費者でもあるので
多くの場合、規制緩和は最終的に消費者の損失になっていると言う現実を
頭の悪い規制緩和論者に説明してやった方が良いだろうなw



06. 2014年4月30日 21:30:25 : FfzzRIbxkp
○立憲デモクラシーの会のシンポジウムで南山大学の大竹先生のお話を抜粋。

「・・政治が法律に基づいて統治が行われるのではなく、
 経済的合理性やテクノロジーの論理に基づいて統治が行われる傾向というのが
 近年増えてきている。
 法律は単にその道具になってしまうという状況が起きている。」

ほかにも興味深いご指摘が満載です。IWJで視聴できます。


07. 2014年5月01日 14:50:19 : 2lMFoaHdfA
日本にある『岩盤規制』の本家は記者クラブマスコミ
本元は、起訴権も捜査権も持つ検察に仲間の裁判所
権化は、地域独占の電力業界 加えて公益法人に与えられた独占利権。
ばくち利権に天下り利権。彼らの利権には全く影響しない。

こんなものには全く手を付ける方向はない。全くない。

『岩盤規制』とはお前らのことだよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧